「ほっ」と。キャンペーン

活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

少数精鋭で多くの作業をする・・・孝子の森

平成29年2月21日(火) くもり・晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
9:20~15:20) 参加会員 6名〔岡田 徐 立石 久川兼 柚岡 渡邊〕
c0108460_20010033.jpg

昨日は爆風であったが 気温は18度と 暖かかった

今日は一変して 気温は5度で冷たい

c0108460_20012586.jpg

火曜日の活動日は集まりが悪くて 今日も6人であった

しかし ジョウビタキ会員は参加してくれた

c0108460_20053695.jpg
・・・シロハラも仲間に入りたそう
c0108460_20005944.jpg

徐さんが せんなん里海公園海岸で拾って来た「ハリセンボン」を洗って きれいに標本にした

c0108460_20004375.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

*広場横のフキノトウの収穫・・・〔全員〕

 フキ畑に沢山フキノトウが 顔を出している

c0108460_20021663.jpg
 

大きくなり過ぎたのもある これでフキ味噌を作る予定

c0108460_20012831.jpg
c0108460_20013015.jpg
c0108460_20021356.jpg

*里芋収穫 & 里芋焼き・・・〔久川〕

里芋を1株だけ掘ったが 12個ほど収穫できた これを全て濡れ新聞紙で包み 更にホイルで包んで たき火の中へ入れて焼き里芋

昼食後に頂いたが トロリとして美味しかった

*広場の階段周辺の小石掃除・・・〔渡邊〕

 坂道に小石が一杯で 子どもたちが 石車に乗る可能性が高く 広範囲に掃き きれいにした

c0108460_20043139.jpg

*広場からの階段作り・・・〔渡邊〕

 クヌギ谷道への導入部の道の途中が坂であり 土階段を作っていたが

それを全て原木を横木にした 階段を6段作った

c0108460_20063988.jpg

*広場からの登り階段の補修・・・〔立石〕

 クヌギ谷中腹の伐採木の幹を 階段横木用に運び降ろし

c0108460_20042898.jpg

 それを使って従来階段の 2倍の広さに作り替えた

c0108460_20061087.jpg
c0108460_20060782.jpg

周りの土を掘り起こして 整地したので中からミミズやイモムシが出てきた

ジョウビタキが監督に来て ついでに虫も頂いていた

c0108460_20053804.jpg
c0108460_20053416.jpg

*女竹採集・・・〔岡田 柚岡〕

 25日に高石ジュニアが来る

 その時 竹笛を作るので その材料の女竹を 山への入口周辺から採集してきた

*作業小屋の床張り・・・〔徐〕

 一人作業なので あまり捗らないが 廃材の床を利用して レベルを出しながら設置していった

c0108460_20074794.jpg

*枯れヤマザクラの芯で杭作り・・・〔久川〕

 芯を50cmくらいの寸法切りして 先端を尖らせて杭作り

c0108460_20075030.jpg

*枯れヤマザクラの芯の運び上げ・・・〔久川〕

 太くて長いのは 山道作りの土留め用に使う

広場に在庫していた全てを 山道補修用場所へ運び上げた

c0108460_20072460.jpg

*鉄くずの整理&軽トラで売りに行った・・・〔岡田 徐 柚岡〕

 あちこちに集積してある鉄くずを 軽トラに積みこんだ

 パイプ椅子や車輪などの かさばる物は ジスクグラインダーで切断して小さくした

c0108460_20063765.jpg
c0108460_20072645.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-21 18:15 | みさき里山クラブ | Comments(0)

10日目の休暇

平成29年2月20日(月)くもり:爆風・雨
c0108460_15510485.jpg
ボランティア活動が9日間続いた
週に2回は昼まで寝て 体力を維持している私の身体構造から見て 少し疲れ気味かも
c0108460_15510577.jpg
今日は10日目の休暇日である 当然昼まで 一度も目覚めることなく 9時間熟睡した
・・・これで少しは体調は復元したはずだ
c0108460_15511867.jpg
起きた時は 爆風が吹きまくっていた 気温18度で 20m前後の風だと思う そのためあまり暖かいとも感じない
豆類が大きくなり過ぎているので(サヤエンドウは少しは収穫した) この強風で大丈夫なのか少し心配
c0108460_15452757.jpg
14時過ぎに風が収まって来たと思ったら 雨が降り出した 気温も14度に下がって来た・・・おかしな気候である
c0108460_15382237.jpg
畑に空きが出来たので 今のような寒い時に 芽が出るとは期待せずに 1月9日に種蒔きした
c0108460_15382044.jpg
それが 1カ月以上も経って ホウレンソウもサラダ菜も芽が出てきた いち早く春を感じているのかも知れない
c0108460_15492226.jpg
c0108460_15492398.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-20 15:52 | 休閑雑記 | Comments(2)

椿林の枯れ木伐採・・・うみべの森

平成29年2月19日(日)晴れ
(8:00~14:30) 参加会員 11名〔飯塚 小島直 小牟田 柴田 杉本 立石 長原 西台 原田 樋口 森〕
c0108460_17580951.jpg

快晴である ボランティア活動日和でもある しかし 早朝は冷たい たき火は必要である

c0108460_17584077.jpg

*ミーティング

c0108460_17502285.jpg

*ぼうけん山

ウラジロ飛行場周辺の穴処理・・・〔立石 樋口 森〕

 前回大きな縦穴を発見 大人が一人入りこめる穴である

c0108460_17505456.jpg

 埋め立てる予定であったが 深さが2m以上あり 径50cm以上 土の量が相当いる

c0108460_17502425.jpg

結局3mの伐採木3本を 穴に突っ込み 上部をつるで3本くくり 目印にした

c0108460_17505846.jpg

3角形の中の穴の上部には 伐採木を並べて蓋の代用にした

*伐採枝の整理 ・・・〔飯塚 小島直 西台〕

 10本桜周辺に伐採木の枝を 積み上げてあった

これを車で運び出しやすいように ハンノキ広場の入口まで 運び出した

途中地形は3段になっているので 一段ずつ運び降ろした

c0108460_17564292.jpg

*椿林の間伐・・・〔小牟田 柴田 杉本 立石 長原 西台 原田 樋口 森〕

c0108460_17515420.jpg

 椿林入口の通路横の 大きなヤマモモの二股の木の1本が枯れていて 危険なので伐採した

c0108460_17553161.jpg
c0108460_17515748.jpg

径35㎝あり 高さも15m以上ある

その周辺の いずれも径20㎝以上ある ハゼ2本 コナラ1本も 枯れていたので伐採した

c0108460_17560562.jpg
c0108460_17560839.jpg

それらを枝切し 幹は運べる寸法に切り 軽トラで4回往復して 公園内のチップヤードまで運び出した

c0108460_17574477.jpg
c0108460_17574185.jpg

*「しおさい楽習館」看板用玉切り・・・〔長原 立石〕

 径20㎝前後のヤマモモの原木を 5㎝の厚みにチエンソーで玉切り

 7個必要だが予備をみて13個作った

c0108460_17570036.jpg

 ヤマモモの幹の芯は 赤みかかっているが これも模様になるだろうと決定した

 これに文字を書くか 彫るかは 後日に決定したい

c0108460_17563900.jpg
c0108460_17580768.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-19 17:48 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

『里山ボランティア入門講座』第4回・・・孝子小学校&孝子の森

平成29年2月18日(土) くもり・晴れ
『里山ボランティア入門講座』第4回(9:10~15:20) 
参加会員 10名〔岡田 瓦葺 徐 立石 谷口州 中川 長原 久川兼 福永 渡邊〕

朝から曇っている 雨の心配はなさそうである

早い目に孝子小学校に行く

c0108460_22505938.jpg
・・・梅が咲き ウグイスでなくメジロが来ていた これもいい
c0108460_22505628.jpg

910~(孝子小学校教室)

会場の教室の設営

机と椅子が教室一杯に並んでいて非常に狭い感じである

10脚ほど壁側に間引き 15席ほどに調整した

プロジェクターの設定

930 参加者集まりだした 参加者 女性4名

1000 開講 あいさつ・・・渡邊副代表

「安全講習」 講師 長原氏・・・プロジェクターを駆使して わかりやすく説明

c0108460_22520306.jpg

 山の作業での基本的なルール

c0108460_22515939.jpg

 刈払機の構造と使用時の注意事項

c0108460_22513657.jpg

 刈払機使用時の実例事故の8例紹介

 便利な道具ではあるが 不注意な使い方は大事故になる

c0108460_22513231.jpg

1115 全員車で孝子の森へ移動

1125 「ノコギリの目立て講習」・・・講師 徐代表・実技 久川氏

 *切れないノコギリで丸太切り体験

c0108460_22531899.jpg

  そのノコギリを久川氏が目立てをする

c0108460_22531530.jpg

  丹念にリズミカルに刃のゆがみを 金槌で叩いて修正し

c0108460_22541978.jpg

古い使いこなした治具を使って 金やすりでリズミカルに研いでいく

c0108460_22541619.jpg
c0108460_22554721.jpg

見ているだけで驚きであり 楽しみである

 *目立て済みのノコギリで丸太切り体験・・・ビフォアー&アフターの違いに歓声

c0108460_22554363.jpg

 *久川氏は孝子の森のノコギリの目立てを継続

1140 「包丁の砥ぎ方講習&体験」・・・講師&実技指導 徐代表

 *砥ぎ方の基本(パイプハウス教室)

c0108460_22574687.jpg

   荒砥石 中砥石 仕上げ砥石の使い分け

   荒砥石と中砥石は水を掛け乍ら砥ぐ

   仕上げ砥石は水はかけない・・・泥のようなぬめりが砥ぎに有効である

c0108460_22574374.jpg

 *砥ぎ方の実演と体験(作業小屋)

   参加者の持参した数丁の包丁を実際に砥いで見せる

c0108460_22583613.jpg

各自に体験してもらい その都度細かい注意をして 包丁の砥ぎを仕上げていく

砥ぐ角度(包丁の種類により微妙に違う)

抑える指の位置(刃先より前に絶対出さないこと)

c0108460_22583244.jpg

1230 たき火を囲んでお弁当タイム

 (谷口州さんが炊いてくれた味噌汁付き おいしいのでお代わり続出 3杯目も居た)

1300 自前包丁砥ぎ実習

c0108460_22591372.jpg
c0108460_22591884.jpg

1340 刈払機体験・・・指導 長原氏

c0108460_23004216.jpg
c0108460_23022858.jpg
c0108460_23022407.jpg
c0108460_23030227.jpg

     (孝子の森の新しい会員 中川 瓦葺 福永 の3人も生徒になり実習)

      〔実習場の横では ウグイスカグラが咲き出している〕

c0108460_23030671.jpg

1420 自前包丁砥ぎ実習再開

c0108460_22595904.jpg

   1丁1丁講師が仕上げ具合をチェックし 仕上げ追加砥ぎなどをして 切れる包丁に仕上げていった

   包丁の欠けている部分は 講師がグラインダー削り 仕上げ砥石で完成した

c0108460_22595678.jpg

1450 コーヒータイム&本日の感想

 自分の身近な物への実習なので 非常に有意義であったようだ

別のボランティア活動している人は 安全講習にも高い評価であった

1500 片付けて全員車で下山

c0108460_23174220.jpg
 


# by TATE-misaki | 2017-02-18 22:42 | みさき里山クラブ | Comments(0)

クヌギ谷の伐採木の片付け・・・孝子の森

平成29年2月17日(金) くもり時々雨
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~14:30) 
参加会員 10名〔岡田 瓦葺 徐 立石 中川 長原 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕

早朝は少し小雨が降った 8時ごろから昼前までは曇りである 当然 定例活動日は中止ではない

孝子小学校に集まったのは9人 普段と変わらず当然のように山へ行く

孝子小学校の梅も咲き出したが 山への途中は花もなく寂しい

c0108460_18472515.jpg

*古い目立てよう道具に感心

 久川さんが 60年以上 使い込んでいる 目立ての古い道具を持ってきた

黒光りする見たこともない道具に 全員が感心していた

明日の「里山講座」で包丁砥ぎとノコギリ目立ての講習をする それの準備である

c0108460_18470845.jpg

*ラジオ体操

c0108460_18483291.jpg

*ミーティング

*クヌギ谷の伐採木の整理・・・〔岡田 瓦葺 中川 福本 柚岡 渡邊〕

c0108460_18501680.jpg

 2月3日定例活動日に 斜面の大きな木を何本も伐採した

伐採木の枝や幹が まだ片付いていない

c0108460_18493086.jpg

コナラの太い枝等はホダギ用に運び降ろした


c0108460_18501916.jpg

寸断していない枝も そのまま運び降ろした

大きな枝は山の上で 運べる大きさに寸断した

c0108460_18523199.jpg

階段補修用に使える幹は1.5mの長さに切断し 広場登り階段に使う予定

*山道周辺の伐採木を整理・・・〔立石〕

山道に使うべく準備していた材料が残った それらを杭も含めて全て運び降ろした

c0108460_18505090.jpg

*伐採枝の整理・・・〔岡田 中川 久川〕

大きな枝のまま運び降ろしたのを薪化に寸断し結束

c0108460_18530590.jpg

*枯れヤマザクラの芯を杭加工・・・〔久川〕

たき火の傍で先端を削った 削ったクズはすぐに焼却できる

c0108460_18504779.jpg
c0108460_18515227.jpg

*作業小屋の床張り・・・〔徐〕

 廃材の床材を高さを調整しながら設置していく

c0108460_18515079.jpg

作業はなかなか 根気がいるものである

壁との隙間は他の板を張って調整

c0108460_18534007.jpg
c0108460_18493359.jpg

*パイプハウス内の整理・・・〔徐 柚岡〕

柚岡さんが孫のために手づくりした机が不要になり 寄贈してもらった それを食器本棚の横に設置した

 昆虫の標本 木の標本等の整理

c0108460_18530813.jpg
c0108460_18522960.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-17 18:44 | みさき里山クラブ | Comments(0)

ぼうけん山山道の拡張作業継続・・・うみべの森

平成29年2月16日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:50) 参加会員 9名〔生熊 小島直 吉川 小牟田 杉本 田川 立石 中出 原田〕

早朝の気温は3度で少し冷えたが 昼頃には11度に上がり 風もないので小春日和である

作業を始めると 汗をかいている人が多かった

*ミーティング

c0108460_18153070.jpg

*廃材の薪加工・・・〔立石〕

 公園で腐食して使えなくなった 廃材などが持ち込まれている

これ等を半ドラで 焚ける寸法に切断する 使えるものは杭に加工した

c0108460_18153395.jpg

*電動丸ノコの治具作り・・・〔立石〕

据え置き型マルノコは刃が表面に出たままになっており 収納の時は危険である 廃材を利用して刃のカバーを製作

*プレゼント用斜め切りお雛様のチェック・・・〔女性部〕

配布先をチェックし 未配布準会員向けの配達担当を 再度決めて対応

*ぼうけん山山道の拡張作業・・・〔男性部〕

c0108460_18185686.jpg

 前回活動日からの継続作業

 土留め用伐採木の補強杭の追加打ち込み・ 手すり用杭の打ち込み・ 手すり用横木の伐採

 道の山側斜面を切り崩し 谷川の土留め部分に土を盛り均す

c0108460_18185471.jpg

 山側斜面には根が縦横に這っており これをクワやツルハシやノコギリで 切断しながらの作業になるので 作業も簡単には捗らなかった

掘り出す土は非常にいい山土で 瓦焼きに使ったのが 頷ける

c0108460_18192559.jpg

 従来の2倍以上に広げて ここで子どもたちが ウラジロ飛行機遊びが出来るスペースを確保した

c0108460_18192341.jpg

*ぼうけん山ウラジロ遊び谷川の整備・・・〔女性部 立石 中出〕

c0108460_18170651.jpg

 ウラジロ飛行機を飛ばすのに邪魔な木を前回活動日に伐採した

c0108460_18200629.jpg

伐採木はそのままになっていたので それらの枝切りをして数カ所に集積した 幹は長いままにして土留め用に使った

c0108460_18170306.jpg

整理し乍ら細い木も伐採していき 根笹も刈り取り それらを全て整理した

c0108460_18174531.jpg

この場所は今まで全く 手を入れてなかったので 伐採木もつるに絡まれて

c0108460_18194237.jpg

宙ぶらりんになっているのも何本かあり つるを切断しながら倒し 整理した


# by TATE-misaki | 2017-02-16 17:56 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

阪南大学生が来る・・・孝子の森・うみべの森

平成29年2月15日(水) 晴れ
阪南大学観光学部の学生が研究にやって来た・・・孝子の森 & うみべの森
(10:30~14:30) 参加会員 5名〔徐 立石 谷口州 福永 渡邊〕 

快晴 暖かくて小春日和

c0108460_20442721.jpg

昨日 急に 今日 阪南大学生が来るから 山を案内して欲しいとのスケジュールが入った

対応できる会員を急遽募り 孝子小学校で待機した

1056南海孝子駅着 学生たち3人がやって来た (1人は遅れて1118着)⇒孝子小学校に移動

c0108460_20443149.jpg

1110 あいさつ・自己紹介・ミーティング

c0108460_20460021.jpg
c0108460_20452540.jpg
 

観光学部の学生で ゼミの課題に「グランピングで町興し」を取り上げている

 《グランピング(Glampingとは グラマス(glamorous)+キャンピング(Campingの略で造語である

キャンプ場のサービスを高級ホテル並みにした高級キャンピング

テントはキャンプ場に設置してあり テントの中にはベッドと洗面所・ヒーターなどが付いている》

*岬歴史館見学

c0108460_20445651.jpg
c0108460_20445974.jpg
c0108460_20453043.jpg

1130 孝子小学校出発

c0108460_20455605.jpg

 伊豆賀林道ルート出孝子の森へ・・・途中 徐代表の植物の説明多々

c0108460_20465266.jpg
c0108460_20464854.jpg

1200 孝子の森広場到着・・・概略説明

c0108460_20473782.jpg
c0108460_20473323.jpg

1205 孝子の森散策

c0108460_20482257.jpg

 ヤマモモノ道北尾根ルート展望台クヌギ谷道広場

展望台の名前の由来 製作過程 展望を楽しみ 下山

c0108460_20482693.jpg
c0108460_20491185.jpg
c0108460_20490635.jpg

1235 孝子の森広場

 シイタケ畑 ハイジのブランコ ロープ登りなどの体験

c0108460_20494292.jpg

パイプハウスで「仁べのがらくた博物館」の説明

c0108460_20494627.jpg

《駅からの距離 テント設置場所 料理方法場所は問題ないが 水がないのが大問題》



1300 徐代表の車に分乗して下山⇒せんなん里海公園迄送る

1330 せんなん里海公園到着

 風車の丘で昼食

c0108460_20514630.jpg

 諸問題の検討

《せんなん里海公園うみべの森は駅から遠い他は立地条件は最高であるが

公園内なので営利活動は出来ない⇒候補地から消す必要が在る》

*うみべの森を少しだけ見学

c0108460_20513899.jpg

312日に学校で研究発表会がある》

1420 徒歩で淡輪駅へ行く

c0108460_20520477.jpg
 

 


# by TATE-misaki | 2017-02-15 20:42 | みさき里山クラブ | Comments(0)

雨が降ろうが作業は続く・・・孝子の森

平成29年2月14日(火) くもり・雨・晴れ
(9:20~14:50) 参加会員 5名〔徐 立石 谷口州 久川兼 柚岡〕
c0108460_20545609.jpg

午前中雨の天気予報である 9時台は曇っていた 冷たい

10時頃から雨が降り出したが 1時間ほどで止んだので活動は続行した

c0108460_21002225.jpg

会員の集まりも5名+1羽であった

c0108460_21033990.jpg
c0108460_21033807.jpg

*ラジオ体操

c0108460_20542636.jpg

*ミーティング

*伐採枝の片付け・・・〔立石 谷口州 柚岡〕

前回の活動日に伐採したコナラの 大きな枝を広場に集積してある これを寸断して たき火で焼却した

c0108460_20554017.jpg
c0108460_20553817.jpg

*山道階段補修用の杭作り・・・〔久川〕

 山桜の枯れ木の芯を集めてある  これを全て杭の長さにノコギリで切断 それらを斧で先端を尖らせていく

c0108460_21015629.jpg

 木の立っている姿を 活かしながら削るので 削る側がどうしても太くなる

c0108460_21015405.jpg

 木は逆に土に埋め込んではダメだとの 先人からの教えであるらしい

(我々も初めて知った 今までは細い方を削っていた)

 斧が同じ場所に打ち込まれ 瞬く間に削っていく

簡単な作業のようで 我々には真似のできない技術である

c0108460_21015156.jpg

*パイプハウスの片付け・・・〔徐〕

 18日の里山講座の準備である

c0108460_21002541.jpg

*大型食器棚の移動・・・〔徐 立石 谷口州 柚岡〕

1号物置に保管していた食器棚を パイプハウスへ運び設置した

c0108460_21005763.jpg

ロープ置き場になっていた場所のロープを移動し その後に設置

c0108460_21010240.jpg

本棚・材木見本・昆虫の標本等を飾る予定・・・不足な場合は再検討

c0108460_21010522.jpg

*作業小屋の床設置・・・〔徐〕 

 廃材の床を凸凹の土の上に設置するので水平を出すのが大変である

レンガや廃材の柱を置き 薄い板で調整しながら水平を出す作業

c0108460_21054668.jpg

*刈払機の移動・・・〔立石 谷口州 柚岡〕

作業小屋に刈払機置き場が完成している

パイプハウスに置いている刈払機13台を 作業小屋に運び込み全てを吊り下げた 

*山道の拡張作業・・・〔立石〕

 正面階段の上からクヌギ谷山道入口までの 20mを1m巾に拡張作業完了

c0108460_21045571.jpg
c0108460_21052069.jpg

*正面階段の整備・・・〔谷口州 柚岡〕

 階段の左右には小石が たくさん散らばっており歩くのにも石車になる可能性がある

小石を撤去し 階段1段もやり替えた・・・後1日この作業は続行が必要

c0108460_21045212.jpg
c0108460_21052313.jpg

*新年会のお餅が残っていた これをたき火のそばの熾火で焼いたが 焼き具合が非常に良く美味しかった

 昼前であったが 全員3個づつくらい食べて 昼の弁当もちゃんと食べられた

c0108460_21032560.jpg

c0108460_21054320.jpg
c0108460_21042217.jpg
c0108460_21042471.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-14 20:53 | みさき里山クラブ | Comments(2)

クリニック&ランチ

平成29年2月13日(月)晴れ
c0108460_17242860.jpg
よか天気である 朝は気温6度 昼でも8度である しかし風がな無いので暖かく
昼間は室内は煖房不用であり 車も窓を開けて走っても寒く感じない
c0108460_17242620.jpg
和歌山市内の西本クリニックには月1回ブロック注射をしてもらいに通っている
c0108460_17250155.jpg
この注射は私には合っていて 足のしびれや肋骨骨折の痛みなどは1~2日で治った 
そのため先生を信じ込んでいる 今は血栓の予防注射みたいなものだ
c0108460_17250922.jpg
今日は割合に空いていて 10:50に西本クリニック入り 採血と3カ所の注射をしてもらって 出てきたら11:40であった
c0108460_17250423.jpg
注射をした お駄賃に 同居人が 「きのくにレストラン」でランチを食べさせてくれた
コーヒー付き1000円で喫煙OKである 
c0108460_17254685.jpg
最近少し料理が下手になったように思っていたが 今日は完全に元に戻っていて おいしかった
(接客の従業員も3人とも元の従業員に代わっていた)
c0108460_17254971.jpg
トンカツの肉も柔らかくて ソースも山芋にネギをまぶして独特のもので 初めての食感である 
添え物の野菜やコンニャクの煮物も十分に味が浸み込んでいてうまい
c0108460_17255129.jpg
野菜サラダの和え物も非常に凝った物で これだけでお腹がふくれる感じがする  
800円前後のランチで ここまでやる料理長には頭が下がる 
ごはんも いい米を使っているのかうまい 今日は満点であった
(50席ある店内は ほぼ満席で 空いても直ぐに代わりが入って来ていた・・・常に満席である
 これを料理2人 皿洗い1人 接客3人 合計6人で切り盛りしている・・・これも感心である)
c0108460_17255171.jpg
「イオン和歌山」に寄り 孫の大学生の常備食の日新の冷凍パスタを8種類も買い込んで帰って来た
c0108460_17261962.jpg
c0108460_17261705.jpg

# by TATE-misaki | 2017-02-13 17:46 | 病院関係 | Comments(2)

賛助会員へのプレゼント用お雛様セット完成・・・うみべの森を育てる会

平成29年2月12日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森

くもりの天気予報であったが 気温5度で風もなく 暖かく感じる

花の広場へ行くと 一番の参加者はジョウビタキである

c0108460_18505920.jpg

我々の作業を監視されているようなものだ

*ミーティング

c0108460_18512067.jpg

 「しおさい楽習館」の看板造りのデザイン検討

 ・・・傳さん作成の6種類のデザインを検討

c0108460_18524035.jpg

  台座はコンパネなので 下地に空色のペンキを塗る

  縁取りは原木スライス板に 海に関係する生き物などの絵を描いてもらう⇒カニやタコなどの見本の絵を見てもらう

  右上と左下の空白には 絵を描いた名札を張る

  張る位置は うみ森が指定する(看板全体のバランスを重視)

  しおさい楽習館の中心文字は 径20㎝くらいの原木板に字を書くか 字を彫るか または枝で字を作るかは 中川さんに一任する

*ミニ斜め切りお雛様の仕上げ・・・〔柴田 女性部〕

 ヒノキの輪切りの台座を付けることにした

 台座はチエンソーで切断したものなので 面がギザギザである

電動ベルトサンダーを使い 上下の面と 側面のヒノキ皮も研磨した

c0108460_18530886.jpg

それを最終的にサンドペーパーで丹念に研磨した

c0108460_18532926.jpg

*お雛様のラッピング・・・〔女性部〕

 男雛女雛と台座を透明の袋に入れ 礼状を添えてラッピング⇒賛助会員27名へのプレゼントである

 早速配達可能な会員に手分けして分けた

c0108460_18561263.jpg

*原木のスライス・・・〔立石〕

 しおさい楽習館の看板用に 最低150個必要⇒径5~8㎝のビシャコの原木を主体に切断

c0108460_18572353.jpg

 年輪が細かくて 電動丸ノコ(チップソー120P)で切断すると 面がつるつるで研磨の必要もない

ゆとりを持って170個製作した

これでオープンセレモニーの参加者約150人全員に絵を描いてもらえる

c0108460_18574431.jpg

*ぼうけん山:炭竃跡周辺の整備・・・〔小牟田 杉本 谷本〕

 子どもたちにウラジロ飛行機で遊んでもらう道が狭いので 斜面に土留めを設置して 反対側の斜面を削って道を広げる作業

c0108460_18541392.jpg

15m以上の土留めになるので 杭を12本打ちこみ 伐採木を杭に並べ その内側に厚板を並べて土留めとする

c0108460_18544192.jpg

山側の斜面を削って 谷川の土留め部分を埋め込む作業なので大土木作業となった

少人数ではあるが この寒い時に汗をかくほど頑張り 後1回の作業で完了するところまで作業は出来た

c0108460_18555236.jpg

*味噌汁炊き・・・〔西台〕

 今日は寒いからと昼の時間は 味噌汁を炊いてくれた・・・温かい美味しい味噌汁付きでお弁当タイム

c0108460_18562938.jpg
c0108460_18565055.jpg


# by TATE-misaki | 2017-02-12 18:48 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)