ブログトップ

活き生き in 岬町

「ウミホタル観察会」リハーサル in せんなん里海公園

平成22年9月8日(水)② 曇り
(17:30~18:30)…うみべの森
 今日の昼には十分水の出ていた第2ホースが
 完全に水が止まっている
 川のホース取り入れ口が水位が下がったため
 水上に出ている
 台風雨が少ないため水位が より下がったようである
 ホース先端を底に移動させ石で押さえ
 ヘドロ洗浄をして 何とか水が出るようにしたが
 これ以上雨が降らないとビオトープの水は枯れてしまいそうだ
 薄暗くなったビオトープの遊歩道は
 うかつに歩けないくらいにカニたちが動き回っている
 溝や池に住んでいるカニたちは夜は餌を探しに
 相当広範囲に歩き回っているようである
c0108460_23285143.jpg

参加会員…10名 公園事務所…2名
特別参加…「NPO法人まちづくり岬」 3名
c0108460_23374994.jpg
 
(18:30~20:00)…せんなん里海公園潮騒ビバレー休憩室前砂浜
9月18日(土)のウミホタル観察会のリハーサルを実施
森リーダーの準備した機材で当日と同じ順序で実施
波が荒いので重りの軽いウミホタル捕獲仕掛けは流される
どうにか1セットは十分な数を捕獲できた
c0108460_23293660.jpg

仕掛からバケツに網で受けて流し込む
餌についている分も網に移す
網の中のウミホタルを
スプーンで掬って氷と共にワイングラスに落とす
c0108460_23302082.jpg

水中で輝線を描きながらの姿が観察できる
種々の方法を試したが ワイングラスが一番きれいだった
c0108460_23311050.jpg

又 ワイングラスにライトを当てると
ゴマ粒より小さな生物を観察できる
c0108460_23304069.jpg

ガラス容器を使うので壊れた時のリスクも検討
…プラスチック製大型トレーにガラス容器は乗せることにする
見せる場所も砂浜→休憩室&休憩室前に変更
(軽食は階段で食べてもらうことになる) 
波が荒い時は 突堤からの捕獲を主にするよう変更する
…後半 山田先生も参加する
c0108460_23313913.jpg

(20:00~20:10)…あふれ滝
  「カニ放仔観察」
  滝に水がないので放仔は下まで行く必要がる
  斜面を下の水面まで下りていくカニは数匹確認できたが
  放仔まで観察できなかった 
c0108460_2332459.jpg

    「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_23331192.jpg

Commented by アカテ at 2010-09-09 08:54 x
着々と準備ありがとうございます。
これまではイベントのたびに
試行錯誤でやってきましたが
経験を生かした
綿密な打合せやリハーサルで
スムーズな進行になることと存じます。
遅くまでお疲れ様でした!
Commented by TATE-misaki at 2010-09-09 09:55
現在 森君が非常に燃えています
せっかく来てくれる参加者に
思い出の残るきれいなものを見せたいと
一生懸命です
「牛に引かれて…」のくちですが
こんなことで引っ張りまわされるのは
うれしいことですね
Commented by KAWA at 2010-09-10 19:55 x
皆さんの熱意がうれしいです。お役に立てず申し訳ありません。
Commented by TATE-misaki at 2010-09-10 23:24
ワイングラス方式を森君が会員に伝授しました
皆さん喜んでくれると思います
by TATE-misaki | 2010-09-08 23:34 | うみべの森を育てる会 | Comments(4)

岬町での第二の人生の楽しい日々