ブログトップ

活き生き in 岬町

イラガの幼虫と格闘

平成29年9月13日(水)晴れ
c0108460_18421713.jpg
我が家の果樹園?のブロック塀際に 10年ほど前に柿の自生苗が育っていた 
径10㎝ほどに育った時に 隣の地主が自分の土地に 柿の木を植えたらあかんと 勝手に伐ってしまった
c0108460_18411011.jpg
ブロック塀から外側50cmほどは 自分の土地だと主張していた
その傍に また自生苗が育ってきた 今年で径5㎝くらいになる
隣の地主が亡くなって世代が代わっているようで 前ほどやかましく言わないので そのままにしていた
その柿の木に ことしは実がなった まだ青いが大きな柿である
傍まで行こうとしたら チクリとやられた よく見たら イラガの幼虫が わんさと動き回っている
c0108460_18404149.jpg
葉も殆ど食べられてしまっている これでは柿の実に栄養は まわらない
c0108460_18462808.jpg

果樹用殺虫剤など準備していないので 普通の殺虫剤を撒布した
c0108460_18403977.jpg
しばらくしたら 何十匹も木からバタバタと落ちてきた
・・・何も知らずに木の下へ行っておればと思うとゾッとする
c0108460_18411368.jpg
*サラダレタスミックスを種蒔きしたのが 発芽率は非常に悪い 間引いて空いた場所に移植した
*菊菜とニンジンも発芽率がわるい・・・在庫の種を追加蒔きした
c0108460_18421593.jpg
*カブラは蜜植したので少し間引いたが 虫にやられているのが多い
 ・・・双葉の時に 300倍の竹酢液をかけてないので 青虫が大量に活躍しているようだ
    国産の竹酢液の入手先を探す必要がある
c0108460_18424617.jpg
*草芽搔き・・・週1回くらいは やっているので 今は草は全くないのに等しい
*ルドベキアの花の終わった茎を刈り取り 10㎝に寸断
c0108460_18424424.jpg
*トマトの収束・・・支柱や桟や杭を始末し トマト本体は10㎝に寸断
c0108460_18414690.jpg


by TATE-misaki | 2017-09-13 18:47 | 我が家のボランティア | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々