活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

2017年 03月 30日 ( 1 )

ササユリ発芽調査を始めました・・・うみべの森

平成29年3月30日(木)晴れ・くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森(8:00~15:10)
 参加会員 11名〔岡田 小島直 小島俊 小牟田 田川 立石 谷口 傳 中川 長原 原田〕
c0108460_21351654.jpg

朝7時の気温12度 夕方6時の気温18度 気持悪いくらい暖かい日である

当然 たき火をする必要もない

*早く出てきた会員は ミーティングまでに 今日の作業の段取りをする

 ドリル・レシプロソー・電動運搬車等全ての電池に充電をする

c0108460_21244344.jpg

⊛「しおさい楽習館」の看板を 完成するため コンパネの裏から 原木名札をネジ留めする準備

c0108460_21241071.jpg
c0108460_21240438.jpg
c0108460_21244043.jpg

 作業小屋作りの足場を整理  コンパネ等を移動

*ミーティング

c0108460_21280512.jpg

*総会資料の作成・・・〔女性部〕

 傳さんが作成した資料を 公園事務所の事務器を借りて コピーして綴じて 30部作製

c0108460_21283190.jpg

*「しおさい楽習館」看板仕上げ・・・〔中川 小島俊〕

 コンパネの表の名札の位置を測定し その寸法を裏に写して印を付け

c0108460_21283627.jpg

その位置に25mmの木ネジで 表の原木名札を固定していく

c0108460_21280035.jpg

木工ボンドで張り付けてあるが 入り口の上に設置する予定なので 落下防止を2重にしている

これで看板は完成した

*作業小屋作り・・・〔長原 谷口〕〔小島俊〕〔小牟田 岡田〕

c0108460_21302217.jpg

 長原さんなどは 活動日以外の日も出てきて作業をしてくれていた

パイプに廃材の角材の柱などを取り付けて補強している

c0108460_21351154.jpg

垂木を壁の下地に張り付けて波板を張って壁にする

c0108460_21301810.jpg

パイプの柱のつなぎ部分は複雑であり 波板を複雑な形に切る必要があるので 1枚張るのにも大変苦労していた

屋根の波板は仮止めなので 小島俊さんが屋根に上り傘釘を 打ち込んで本止め作業をしていた

c0108460_21365372.jpg
c0108460_21454728.jpg

*ササユリ発芽調査・・・〔女性部〕

c0108460_21373527.jpg

 うみべの森全体を調査

c0108460_21390428.jpg

 小さな葉っぱだけではあるが その位置に竹の杭を打ち込み その周辺の草刈りもした

c0108460_21381888.jpg
c0108460_21381313.jpg

*ぼうけん山の階段補修・・・〔岡田 小牟田 立石〕

c0108460_21374057.jpg

階段が相当傷んでいるので 一段一段チェックし腐った横木は取り換えて桜道の登り部分を完了した

c0108460_21443136.jpg
c0108460_21442756.jpg

*ベンチ作り・・・〔中川〕

 流木に廃材の脚を取り付けてベンチ作り・・・10本桜周辺に置きたい

c0108460_21364990.jpg
c0108460_21391168.jpg
*ぼうけん山のナラガレのコナラの巨木は 公園事務所が業者に依頼して伐採した
 伐採木はシートをかぶせて燻蒸している
c0108460_21454348.jpg
*カブトムシの幼虫を盗まれたようである
 チップの山にネットを張り 杭を打ち込んで 止めていたが きつく打ち込んだ杭を引き抜き ネットをはずしてチップの山を掘られていた
 どれだけ盗られたかは不明であるが どうも業者の仕業のように思える・・・どこにでも悪い奴は現れる
 元のように復元したが 常に監視して居れないだけに 手の打ちようがない
c0108460_21463464.jpg

*ビオトープ入口のヤマザクラと
c0108460_21434557.jpg
c0108460_21465429.jpg
100年桜が咲き出した
c0108460_21450947.jpg
c0108460_21451302.jpg
c0108460_21434978.jpg



by TATE-misaki | 2017-03-30 21:04 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)