ブログトップ

活き生き in 岬町

2017年 05月 05日 ( 1 )

第14回「子どもの日フェスティバル」in 阪南市文化センター(サラダホール)・・・うみべの森を育てる会

平成29年5月5日(金)晴れ
第14回「子どもの日フェスティバル」in 阪南市文化センター(サラダホール) (8:00~15:10)
c0108460_21465980.jpg
参加会員 19名〔飯塚 岡田 小島直 吉川 小島俊 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 谷口 傳 中川 中出 長原 西台 原田 森 渡邊〕

うみべの森を育てる会としての参加は9回目となる

c0108460_21465179.jpg

開会前1時間半前に集まり 会場準備&サポート内容の予習

c0108460_21472926.jpg



この日のサポートは 毎年多くの会員が集ってくれるので サポート体制は万全である

➀お散歩カニ・カメ・・・〔小牟田 谷口州 長原〕

c0108460_21473349.jpg

c0108460_21514767.jpg
お団子ブンブン・・・〔飯塚 小島直〕
c0108460_21525689.jpg

③牛乳パック駒・・・〔田川〕

c0108460_21475835.jpg

ストロートンボ・・・〔岡田 杉本〕

c0108460_21535167.jpg

ふわふわトンボ・・・〔柴田 森〕

c0108460_21525209.jpg

万華鏡・・・〔中川 原田〕

c0108460_22120367.jpg
c0108460_22142220.jpg

木の名札にお絵描き・・・〔吉川 小島俊 傳 中出〕

c0108460_21534726.jpg
c0108460_21552368.jpg
c0108460_21552849.jpg

「おもちゃ作り」総監督・・・〔渡邊〕

遊撃隊・・・〔西台 立石〕

7種類の「おもちゃつくり」を持ち込んで対応した

c0108460_21483603.jpg

10時開始とともに親子連れの切れ目がない

c0108460_21490013.jpg

全てのおもちゃつくりに挑戦する子もいた

c0108460_21490584.jpg

お絵描きでは 素晴らしい才能を持った 子たちも数人いた

c0108460_21570711.jpg
c0108460_21560401.jpg
c0108460_21561300.jpg
c0108460_21563618.jpg
c0108460_21564130.jpg
c0108460_21575078.jpg
c0108460_21571112.jpg
c0108460_21574731.jpg
 

天気がよすぎて来訪者は 昨年より やや少ないように思ったが

c0108460_21494155.jpg
 

準備の苦労の甲斐がある 子どもたちの うれしそうな笑顔を見られて 会員は全員が楽しそうであった

c0108460_21494642.jpg

5時間殆ど立ちっぱなしで 子どもたちへの対応は矢張り少々疲れる

交代しながらの弁当の わずかな時間が 休憩みたいなものである

そのため7日の定例活動日は休日とした

《反省点》

➀材料の持ち帰り持ち込みの 担当者名がチェック出来ていなかったので 材料が無いと少しバタバタした

②ふわふわトンボは 型も目玉も準備できていなかった⇒急遽買いに走った

③ストロートンボは ストローが不足して途中で買いに走った

④お絵描きは手を拭くウエットティシュを 各テーブルに備える必要が在る
⑤お散歩かには台座の寸法が足りなくて 準備した半分は使えなかった
 台座の正確なすんぽうと切り込みの寸法を明確にして準備する必要が在る

⑥おもちゃ作りの準備が 渡邊さんに集中しているのを 分散する必要がある

⑦おもちゃ作りサポート担当を 早い目に決めて 準備と当日の材料持ち込みの 責任を明確にする必要がある  

c0108460_21583454.jpg

by TATE-misaki | 2017-05-05 22:07 | うみべの森を育てる会 | Comments(1)

岬町での第二の人生の楽しい日々