活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

カテゴリ:ウォーキング( 61 )

淡輪漁港&長松海岸ウオーキング

平成28年1月3日(日)晴れ
c0108460_16000169.jpg
ボランティア休暇も長く続くと 遅寝も飽いたのか 少しづつ早起きになった
今日は8時30分に起き出した
c0108460_16000303.jpg
良くしたもので 早く起きたら それだけのやるべき作業が出来る
私はコーヒーは必需品であるのに 朝からコーヒーメーカーが不調である
c0108460_15581533.jpg
マメを挽くミルだけが動作しない・・・コーヒーメーカーを分解してみたが直らない
お蔭で隅から隅までコーヒーメーカーの掃除は出来たが・・・
やむを得ず 料理用のミルで豆を挽き粉をコーヒーメーカーに入れてコーヒーを沸かした
c0108460_15581313.jpg
3日間ほどは食べるだけであまり動いていない・・・精々2000歩位歩いたくらいだ
お蔭で 体重は1kgも増えてしまった
このままでは少し具合が悪いかなと思い ウオーキングに行くことにした
外は外気温11度で 全くの小春日和である
c0108460_15595937.jpg
歩いて150m位にある淡輪漁港へ行ったが 海へ出ても全くの無風で 非常に気持ちがいい
c0108460_16000604.jpg
釣り人が数人いたが この時間帯は あまり釣れていないようである
c0108460_16000088.jpg
しかし 突堤の先端から陸の方を見ると 山をバックに非常にいい景色だ
この景色が好きで 時々見に来る
c0108460_16000861.jpg
釣れてはいないが カモメが騒いでいるで魚はいるようである
c0108460_16071371.jpg
c0108460_16071189.jpg
c0108460_16070967.jpg
c0108460_16070651.jpg
淡輪漁港から 番川を超えて長松海岸の方へ歩いた
c0108460_16280605.jpg
詰らない役立たずの護岸の嵩上げ工事をしたので歩いていては 全く景色は見えない
やむを得ず護岸の上を歩いた・・・
2mほどの高さの70cm位の一本道を真っ直ぐに歩けたので まだ身体的な欠陥は出ていないようなので安心した
c0108460_16292606.jpg
・・・歩いている途中で よろけもしなかったので 少しは自信が持てた
c0108460_16292494.jpg
途中で猫ちゃんの集団に出会ったが 暖かいので道のそばで のんびりと日向ぼっこをしている
c0108460_16281073.jpg
c0108460_16280069.jpg
護岸の上から望遠で写真を写したが じっと立っていても揺れもせず写真を写せた
まだまだ若い者には負けないぞ!と 内心自信を持って・・・
c0108460_16280202.jpg
c0108460_16280473.jpg
海の水は非常に済みきっていてきれいであり
c0108460_16280859.jpg
 海上ではウミウが1羽だけ潜って餌をとっていた
c0108460_16292251.jpg
ここも釣り人は数人だけで 静かな海である
c0108460_16292851.jpg
満潮なので ここでの楽しみの 岩場が見られなかったのが残念である
c0108460_16304142.jpg
c0108460_16303811.jpg
みさき公園の裏口から引き返してきたが 裏側にカワウソのような子が
c0108460_16304443.jpg
檻の中で遊んでいるのを 外から観察できたので しばらくその愛らしい姿を見ていた
c0108460_16303558.jpg
歩くときは速や足で歩いているので 家に帰った時は汗びっしょりで 慌てて着替えをせざるを得なかった
ボランティア活動の時は8千歩~1万歩で山を登ったり下りたりもあるので それには少々足りないが・・・
2時間 約6000歩のウオーキングだが少しは役立つと思う


by TATE-misaki | 2016-01-03 16:36 | ウォーキング | Comments(0)

散策⇒宇渡墓古墳・岬高校・西陵古墳・他

平成24年11月19日(月) 晴れ・曇り
午前中は雲ひとつない晴天であった
午後は知らぬ間に雲が空一面に出てきていた
岬高校へ行く所要があるついでに 周辺をうろつくことにした
c0108460_16495989.jpg

淡輪郵便局で年賀状の代金を振り込み
指示された通りに生活資金を引き下ろし…
c0108460_16503651.jpg

宇渡墓古墳では裏の堀の工事は終了したようだが
c0108460_1651376.jpg

前の護岸の補強に取り掛かっていた
堀の底に重機が入るため1.5mも水位が低くなっており
水鳥の姿など全くない…やや淋しい姿である
c0108460_1651414.jpg
c0108460_1652020.jpg
c0108460_16522264.jpg

淡輪ICの裏山に重機が入って盛んに工事をしている
バイパスの深日ランプへの工事だと思うが…
c0108460_16531095.jpg

途中国道26号から少し入って岬高校真下の篭池の土手に登り
階段に腰掛けて一服である
ここからの景色は淡輪が一望できて好きな場所である
c0108460_16535485.jpg
c0108460_16542964.jpg
c0108460_16545480.jpg
c0108460_16555299.jpg

一服した勢いで岬高校の227段の階段を登ったが
登りきった時は やはり息が切れており汗だくであった
c0108460_16563645.jpg

受付に尾崎先生に渡す写真のコピーのCD-Rを預けた
運動場では生徒が体育の時間に運動場を何周も走っていた
真面目に全員が走っている姿を見ると1年生かも知れない
c0108460_1657161.jpg

c0108460_1701745.jpg
c0108460_16592882.jpg

階段を降りるのは楽であった
西陵古墳の方へ歩いて行くと丸山農園に人が居る
丸山さんが1人で農作業をしていた…畑で雑談…
オシドリのもう1人は風邪引きでダウンしており
熱は下がったが外出禁止令で家から出さないようである
c0108460_1705017.jpg

近くの西陵古墳も覗いてみたが水鳥の姿は少ない
今年は水鳥たちは あまり岬町には来ないのだろうか…?
c0108460_1712395.jpg
c0108460_172535.jpg

c0108460_1722768.jpg

c0108460_173040.jpg

その近辺の中塩路さんの畑を探したが
畑ばかりでなかなか分からない
24日のサツマイモ掘りまでには確認しておく必要はある
番川経由で村なかの知らない道を通って帰ってきた
ぶらぶらしながらでも2時間9000歩の散策にはなった
c0108460_1733350.jpg

by TATE-misaki | 2012-11-19 17:03 | ウォーキング | Comments(2)

岬高校まで往復ウォーキング

平成24年10月31日(水) 晴れ
c0108460_16185966.jpg

秋晴れで暑くもなく寒くもない絶好の日和である
しかし こんな日がボランティア休暇日である
昨日の岬高校「山海人プロジェクト」 in 孝子の森の写真データーを
岬高校まで届ける必要があるが 人手を惑わさず自分で届けることにした
日陰は やや冷んやりするが日向は暖かくジャンバーなどもいらない
c0108460_1620885.jpg

山に向って真っ直ぐ歩き 宇渡墓古墳を通って国道26号線へ出る
御陵さんの工事は大規模なもので表側の端の方でも重機が入り工事している
c0108460_16204144.jpg

アオサギは餌が取り易くなっていいかも知れないが 
それでも 大きなフナの死んだのは見向きもしない
c0108460_1621397.jpg

小さいカモ2匹が赤ウキクサの中で なんだかかわいそうに見える
c0108460_16212566.jpg
c0108460_1621461.jpg

国道沿いの淡輪IC近くの岬高校の畑に寄ってみた
昨日の「山海人プロジェクト」2年生はここで菜種の種まきをしたはずである
昨夜の急激な雨で水やりをしなくてもよくなったようだ
c0108460_16241531.jpg

手を入れていない畑ではコスモスが適当に咲いている
この辺では これだけまとまって咲いているところはなかったのでは…?
c0108460_16243857.jpg

岬高校に到着して高い階段を見上げると やや躊躇したが
c0108460_16273574.jpg
c0108460_16275458.jpg

ここまで来て引き返しもならず階段を登っていった
確か226段あったように思うが
c0108460_16281825.jpg
 
英語の単語の勉強をしながら登っていたらあまり苦にならなかった
それでも この階段とつなぎの坂道を入れると相当登っている
これを真面目に毎日上り下りしていたら高校生は頑丈な体が出来ると思うが…
私は昔の人の健康なことは小さい頃に何里も歩いて学校へ行き
頑丈な基礎体力が出来ていたからだと思っている
c0108460_1628462.jpg

階段を登りきった時に後を振り返れば あっと驚くような景色である
みさき公園から淡輪地区一体 海から淡路島まで一望の下に見える
c0108460_16293852.jpg

こんな展望のいい所には ホテルやレストランが似合うように思う
おいしい高級感のあるレストランと安くておいしい庶民的なレストランの2系列にし
地域住民の木工や竹細工 園芸品 手芸品などの
実演販売コーナーや体験コーナーを併設し 土産物コーナーも造る
周囲には自然の森や水の流れのある散策コースもある
夏には源氏ホタル 平家ホタル ヒメホタル ウミホタルが見られる演出もする
何を云ってもここから見る夕日が一番のご馳走になる
c0108460_16303135.jpg
c0108460_16313498.jpg

なんてことを考えているうちに高校の事務所に着いた
岬高校では武田先生に会い写真のUSBデーターをお渡しし
昨日の「山海人プロジェクト」 in 孝子の森の感想などを話し合いした
帰りは下りなので楽である
西陵古墳の横の道を通ってのルートにしたが
この辺りから見る田園風景が好きなんだが 
今年はセイタカアワダチソウの黄色一色が目立つ
c0108460_16321840.jpg

セイタカアワダチソウの花畑である…それだけ休耕田が多いことになる
これらの増加する休耕田をどう利用するかで日本の未来は変わってくると思うが…
国も自治体もJAも何も考えてへんのでは…

南海電車の踏切を越えて祓殿社の大阪府指定・天然記念物「ムクの木」を見上げた
c0108460_1633848.jpg

相当高さがあるので倒れないように十分過ぎる支柱をしてもらっている
船守神社では久し振りに樹齢800年大阪府指定・天然記念物「クスの木」を見上げた
c0108460_16333392.jpg

人間の顔を見ているより このような樹木を見ている方が落ち着く
船守神社から静かなたたずまいの西教寺経由で帰ってきた
c0108460_1634435.jpg

往復1時間30分 7500歩のウォ-キングであったが 汗まみれになっていた
寄り道をせずに歩けば岬高校までは往復1時間の歩行だと思う
久し振りのウォ-キングはやはり気持ちがよい
c0108460_16343054.jpg

by TATE-misaki | 2012-10-31 15:52 | ウォーキング | Comments(4)

淡輪漁港の初春 & 野鳥たち

平成23年1月4日(火) 晴れ
遅寝遅起きの楽しみを継続中
起きれば あまりにも上天気に外へ飛び出した
カメラを持って淡輪漁港から散歩を始めようと出掛けた
しかし 漁港の様子があまりにも気に入ったので
他へ行く気がなくなってしまった
c0108460_1582317.jpg

観察していると漁港にも様々な野鳥達の生態が見られる
カモメたちは ここに常駐している
何種類かのカモメがいるようである
c0108460_1585891.jpg

街灯が好きなカモメ 沖のT字波止が好きなカモメ
c0108460_15114878.jpg
c0108460_1512269.jpg
c0108460_15125063.jpg

エサを捕っているウミウ
c0108460_15132688.jpg
c0108460_15135287.jpg

たった1羽だけのマガモ
このマガモは留鳥になっていて真夏でもこの漁港にいる
漁師さんから貰う魚で生きているようだ
人なつこくって側までやってくる
c0108460_1514201.jpg

アオサギたちも5~6羽はここを餌場にしているようだ
船が大好きで大概船の上で1日過ごしているようだ
やはり漁師さんの魚が目的らしい
カモメに負けずに街灯も大好きのようである
c0108460_1516410.jpg
c0108460_15163261.jpg
c0108460_1517253.jpg
c0108460_15173044.jpg

カモメに混じってトンビも空を舞っている
c0108460_15175079.jpg

海側の波止から陸の方を見る景色もなかなかのものである
波止に座って景色や野鳥を見ながら一服もいいものである
全く寒くなく春の日向ぼっこの感じである
歩いて3分くらいで至福の場所があるのも いいものである
c0108460_1518419.jpg
c0108460_15193875.jpg

少し足を伸ばせば長松海岸も一望できる
c0108460_1521197.jpg
c0108460_15213182.jpg
c0108460_15215424.jpg

by TATE-misaki | 2011-01-04 15:22 | ウォーキング | Comments(0)

野鳥観察ウオーキング

平成22年12月22日(水) 曇り・晴れ
c0108460_14275048.jpg

ボランティア休暇日だが 
朝から何度も掛かってくる電話の音で
8時前に目ざめた
昨夜来の雨は止んでおり どうやら晴れそうだ
雨で畑はじゅるいので作業は無理のようである
久し振りに無目的に歩いて見たくなった
c0108460_14362922.jpg

途中郵便局に寄り株式配当を貰ってきた
1万円弱でも衝動買いの小遣いにはなりそうだ
年末のためか郵便局もやや込んでおり
しばらく待たされた
c0108460_14282831.jpg

御陵さんの堀に行ってみたが
先日7~80羽いたカモたちが
ヒドリガモ15~6羽だけになっている
c0108460_14291036.jpg
c0108460_14293198.jpg

どうした訳かオオバンが1羽だけいた
1羽で淋しそうである
c0108460_1430355.jpg

マガモたちは何処へ行ったのだろうか…?
c0108460_14303467.jpg

田身輪橋(たみわばし)から
第2阪和道の淡輪IC付近の進行振りも見られる
大分進んでいるが来年春には開通出来るのだろうか…?
c0108460_14314670.jpg

番川沿いに海まで歩いたが
前のように生き物の姿は見られない
コサギとアオサギを確認できたくらいである
c0108460_14323799.jpg

電線に止まったりしているからコサギでないかも…?
c0108460_14414620.jpg

c0108460_14341874.jpg

淡輪漁港ではカモメと船大好きのアオサギを観察できた
c0108460_14351687.jpg

c0108460_14354570.jpg

野鳥を見かけても名前を知らないから
観察したとは云えない…野鳥の勉強も必要なようだ
by TATE-misaki | 2010-12-22 14:36 | ウォーキング | Comments(0)

すばらしい滝を発見 in 淡輪

平成22年4月13日(火) 曇り
c0108460_16514529.jpg

原木プレートに穴あけ作業をしていた時に
「仁べ」の徐さんから電話があった
「すばらしい滝を発見したので 見に行くか?」とのこと
喜んで招待に応じた
徐さんが車で迎えに来てくれて
向った先は10分もかからない近くである
c0108460_16525213.jpg

岬高校と稲荷山の間の谷間に
国道側から篭池・大谷池・涙池と3つの池が並んでいる
c0108460_16531875.jpg

今まで篭池と大谷池の間は笹薮で入れなかったが
管理組合の人が1人くらい通れる笹刈りをしてくれている
岬町散策人の徐さんが この奥に何があるんだろうと
好奇心旺盛に入り込んで 奥に滝を発見したらしい
一人で見るのはもったいない滝だと 私を誘ってくれた
c0108460_1652268.jpg

大谷池から篭池に注ぎ込む水が滝になっている
昔からあった滝だが最近は笹薮がきつくて
誰も入っていなかったようである
落差も10m近くあり 屈曲しており
5段ほどの階段があり
昨日の雨で水量も十分にあり見ごたえがある
c0108460_16535259.jpg

大谷篭滝」とでも命名しておこうかなあ…?
なかなか 趣のある いい滝である
こんないい滝が岬町にあるとは…
これで自慢の種がひとつ出来たようである
c0108460_1655287.jpg

しばらく滝に見とれていて 
帰りは田身輪橋の左岸に立ち寄った
c0108460_16555147.jpg

近辺をよく見ると道路の両側に白花タンポポが
まばらに10株ほど花が咲いていた
綿になっている株が多いので
花の咲く時期は終わりに近付いているようだ
3年前は番川の堤防だけにしか咲いていなかったが
今は道路の反対側にまで広がっている
このまま この近辺にもっと繁殖することを期待している
c0108460_16561587.jpg

そこから歩いて帰ったが御陵の堀には
カモが4羽だけ居残って泳いでいる
c0108460_16564269.jpg

親子のようだが ひ弱な子どものために居残ったのだろうか?
大きな緋鯉が底の泥の中に口を突っ込んで餌を漁っている 
クジラのように尻尾だけが水上に突き出ていた
これも あまり見ない光景であった
c0108460_1657476.jpg

by TATE-misaki | 2010-04-13 16:57 | ウォーキング | Comments(2)

寒風の淡輪漁港

平成22年1月6日(水)② 晴れ
c0108460_15492062.jpg

淡輪漁港まで散歩に行った
寒風吹きすさぶ漁港には釣り人もいない
c0108460_1549515.jpg
c0108460_15502891.jpg
c0108460_15505043.jpg

しかし風の強さほども波は荒立っていなかった
写真を写している間も凍えそうに寒かった
寒さは気温ではなく風だと思った
海から我が家の方を見ると また違った風景である
c0108460_15517100.jpg

カワウかウミウかも元気である
c0108460_15514482.jpg

c0108460_15595186.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-06 15:52 | ウォーキング | Comments(0)

淡輪漁港から船守神社初詣へ

平成22年1月1日(金)② 晴れ
家の中に居ると穏やかなお正月である
陽が差し込んで暖かい
一歩外へ出てみると寒風が吹き荒れて
痛いくらいに冷たい
老夫婦だけの正月は普段の延長である
お酒は飲まないので朝はパン食
おせちは昼にしようか!で済んでしまう
せっかく8時過ぎに起きだしたのだからと
寒風の中 厚着をしてウオーキング兼初詣に出掛けた
c0108460_16153279.jpg

朝一番に出会ったのは平和の使者のハトたちで
今年は幸先が良さそうだと自己流解釈
c0108460_1616936.jpg
c0108460_16162871.jpg

淡輪漁港内は穏やかであるが
c0108460_16165640.jpg

外海は白波が凄い勢いで押し寄せている
c0108460_16172896.jpg
c0108460_161746100.jpg
c0108460_1618432.jpg

船の周りではカモメが強風の中を
気持よさそうに飛び回っている
c0108460_16185036.jpg

船守神社には初詣の参拝者がちらほらである
かあーさんの分も代理で参拝して
c0108460_16191996.jpg
c0108460_16193798.jpg

参拝に来ていた竹内愛子先生と少々談話
92歳になられるのに元気そのもである
しばらく 子どもの教育論を聞かせてもらったが
考え方もなかなか若々しい
20年後先生のように若々しく元気でおれるか
自信がないが目標にして頑張りますと
お別かれして帰ってきた
c0108460_1620789.jpg

帰れば年賀状が328通来ていた
早速全てをチェックしたが
出していない人は2通だけであった
早速宛名書きをして追加投函してきた 
この作業に約3時間はかかってしまった
この作業が終了してから
ゆっくりと年賀状を読むことにしている
読んでいるうちに相手の顔を思い出すのが
楽しみの一つである
by TATE-misaki | 2010-01-01 16:20 | ウォーキング | Comments(0)

自転車散策

平成21年7月18日(土) 曇り
全ての土曜日がボランティアの予定が決まっている
本来なら第3土曜日は「野の花と出会う会」の例会であるが
7~8月は暑いのでお休みである
久しぶりに土曜日が空いたので朝市に行くことにした
9時ごろ電動アシスト自転車で出掛けたが
山を向いてなだらかな坂道になっているので
電動アシスト自転車でも楽とは言えない
c0108460_12361452.jpg

第3土曜の朝市は一番賑やかだと聞いていたが
9時を回って行くとリピーターの集団が帰った後なのか
割合閑散としていた
店を出している人たちに馴染みが多いので
挨拶し買物をしている内にじきに時間がすぎる
川村魚店のガッチョとエビの唐揚が抜群においしくて
今日の買物の目的でもあった
各¥500はボリュームもあって安いと思う
清水さんはオモチがなかったのでミズナスの漬物4個買った
1個¥150はやはり安い
社協のたこ焼きも10個¥200は安くておいしい
これも5パック買って帰りに里海公園のレストランで
バイトをしている かあーさんや義姉に差し入れしてきた

10時に一旦家に帰って買物を冷蔵庫に保管してから
再度自転車でみさき公園住宅に向って出掛けた
途中 大阪府指定天然記念物の
船守神社のクスの木や祓殿社のムクの木を眺めながら
c0108460_12382790.jpg

c0108460_12384366.jpg

西陵古墳の横を通ってみさき公園住宅へ向った
今日はどこかのふれ合い喫茶がある日だと聞いていた
自由が丘集会所かと思ってきつい坂道を
電動アシスト自転車で登ったが
曲がり角の掲示板に7月25日とのポスターを見て
引き返して青葉台集会所へ行ってみたが
ここでの開催が7月25日であるとのこと
再度坂道を登って自由が丘集会所へ行ったが
ここでもないようだ
もう1ッ箇所頂上にあるように聞いていたので
思い切って急な坂道を電動アシスト自転車で登って行ったが
途中で電動アシスト自転車の充電がなくなり
あきらめて帰ってきた
これこそくたびれ儲けである
しかし2時間ほど自転車でハードな運動をしたことになり
運動量は十分で帰った時はくたくたであった
岬町の住宅地へ行くのは自転車では不向きのようだ
今後は歩いて行く事にする
by TATE-misaki | 2009-07-18 12:39 | ウォーキング | Comments(0)

散歩:番川界隈

平成21年1月23日(金)① 晴れ・曇り
久し振りに晴れた 
昨日一日中の雨で畑には入れない
久し振りに散歩に出た
郵便局に寄り 孫たちのA425枚のアルバムを投函し
淡輪駅の方へ歩く
c0108460_1624259.jpg

駅前の村善の跡にスーパー「ママショップ淡輪店」が
開店準備している 内装もほぼ終ったようで
今日はレジの研修をしていた
28日にオープンするらしい
c0108460_16245638.jpg
c0108460_1625177.jpg

宇度墓古墳の堀には水鳥たちが遊んでいる
昨年堀一面に覆っていたオオアカウキグサは
今年は少なくなり 表側の堀は昔を取り戻している
カモたちも4~50羽は来ているようだ
c0108460_16263685.jpg

c0108460_1627196.jpg
国道26号線の田身輪橋から河口の方は
2回実施した「アドプト・リバー作戦」の延べ400人からの
地域住民のボランティアによる清掃作業で
非常にきれいになっている
c0108460_16275995.jpg

c0108460_16283158.jpg

c0108460_1629377.jpg
c0108460_16292110.jpg
c0108460_16293741.jpg

2回とも重要な別の作業に参加したため不参加であるが
次回は必ず参加したい
国道26号線田身輪橋から上流に
第2阪和道路延伸工事用道路を上流に歩いた
この道の近辺には小鳥たちが沢山飛び交っていた
工事道路の橋の上から水浴びしたりして
遊んでいる小鳥たちを観察して楽しんだ
やはり散歩はいいものである
c0108460_1630153.jpg
c0108460_16304095.jpg
c0108460_1631125.jpg

by TATE-misaki | 2009-01-23 16:31 | ウォーキング | Comments(0)