活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

カテゴリ:みさき里山クラブ( 848 )

子ツバメが おしくらまんじゅう・・・孝子の森

平成29年6月20日(火) くもり
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~16:20) 
参加会員 11名〔雨宮 岡田 小岩 徐 立石 谷口州 谷口眞 戸田 中山 久川兼 渡邊〕

今日は曇り 明日は雨の天気予報 微風もあり 涼やかである

動いていても あまり汗をかかない 絶好の作業日和だ

JAの建物の軒下にツバメの巣がある 2mちょっとの手の届きそうな高さである

巣立ちしそうな大きな子ツバメ4羽が おしくらまんじゅうをしている

c0108460_19210944.jpg
c0108460_19210728.jpg

植え付け後15年間ほりっぱなしの野生化したアジサイが咲き出した

c0108460_19211146.jpg

クサスギカズラの第3子を見付けた

c0108460_19233696.jpg
 何十年も1本だったのが昨年に第2子 今年に第3子が見つかった

希少植物が増えるのはいいことである 第2子はイヨカズラと共存している

c0108460_19233983.jpg
c0108460_19343528.jpg

里山の野生のササユリはまだ蕾である

c0108460_19233360.jpg
 オカトラノオも まだ咲き続けている

*ラジオ体操

*ミーティング

*消炭を肥料に散布・・・〔全員〕

 たき火の跡の消炭を袋に詰めて保管してある

これらをすべてクヌギ谷に運び上げて クヌギの苗木の根元に散布した

マルチ・肥料・その他の効果を期待している

c0108460_19240950.jpg

*進入路のハゼ木を伐採・・・〔岡田 小岩 徐 立石 谷口州 戸田 渡邊〕

 広場入口近くにある径20㎝以上ある ハゼの木2本が 車に荷物を積んでの出入りに危険になってきた

1本目はノコギリで伐採した 枝が掛かりしたが 寸断していくことで処理出来た


c0108460_19244432.jpg
c0108460_19244732.jpg
 
c0108460_19400678.jpg
c0108460_19354601.jpg

2本目はチエンソーを使った

c0108460_19354995.jpg
c0108460_19403363.jpg

幹は太いので玉切りは 全てチエンソー使用

ロープを何本もかけて注意深く対応したので事故もなく作業は終わった

 伐採枝や幹は全て広場に持ち込んだ
*伐採枝の整理・・・〔徐 立石 戸田〕

 ハゼの木なので処理する者は かぶれに強い少数の者になる

葉付き枝は手で折って処理できる 葉と枝を分け乍ら処理し 結束する

太い枝はノコギリで薪の寸法に切りながら処理

c0108460_19400348.jpg

太い幹も全てノコギリで薪寸法に切り積みあげ整理した

c0108460_19400918.jpg

*中央尾根道の山道大補修・・・〔久川〕

 尾根道までは完了した

c0108460_20063442.jpg

 尾根道の西尾根までのルートの補修に取り掛かった

道に出張っている枝の剪定もする

整地するのに掘り起こしても 礫ばかりで力仕事になる

c0108460_20070957.jpg

土留めをして整地を先行し 次に階段作り作業をする

c0108460_20071120.jpg
c0108460_20063834.jpg

*草刈り(刈払機2台)・・・〔小岩 谷口州〕

ヤマモモの道入り口周辺の草刈り

50cm近く伸びており 斜面で地面も見えないので 作業の効率は悪い

c0108460_20024547.jpg
c0108460_20012600.jpg

*ナツフジの保護・・・〔徐 立石〕

 ヤマモモの道入り口周辺に ナツフジの群落を見付けた

 草刈をする前に竹杭で目印を付け その周辺を鎌で草刈りをした

c0108460_20023934.jpg

*チエンソーの整備・・・〔谷口州 戸田〕

c0108460_19403706.jpg
*徐さんがハゼの木の皮剥きを始めた 簡単に剥けて白いきれいな木肌が現れた
c0108460_20012956.jpg

*味噌汁&コーヒータイム準備・・・〔雨宮 谷口ま 中山〕

 女子部が出て来てくれると味噌汁付きの昼食になる

c0108460_19354473.jpg

コーヒータイムもオヤツもある非常に待遇が良くなる

ドラム缶に溜まった水がヘドロ化しているのも処理していた・・・暫く臭いに閉口した

c0108460_19375230.jpg
c0108460_19375439.jpg



by TATE-misaki | 2017-06-20 20:10 | みさき里山クラブ | Comments(1)

進入路山側間伐・・・孝子の森

平成29年6月17日(土) 晴れ・くもり
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:50) 参加会員 7名〔徐 立石 谷口州 中川 久川兼 福永 山田〕

晴れてはいるが すっきりしない晴れである おかげで 直射日光も そう暑く感じない

作業日和ではあるが 参加者は少ないようだ

*徐さんが2脚目のベンチを作り(孝子の森野廃材をつかって) 中孝子地区住民に「みさき里山クラブ」として贈呈した

 今度は 元JA営業所の玄関前に置いた・・・病院の迎えの車を待つのに 必需品のようだ

地区住民から お礼の言葉が多々あった

c0108460_21010479.jpg

*今年は蛇の当り年で 今日だけでもマムし以外の蛇を 5匹も見たようである

 車で挽いてしまった ジモグリは標本にする

*オカトラノオ

c0108460_21015886.jpg
・イヨカズラは咲いている
c0108460_21010859.jpg
 大唐米(タイトゴメ)も咲いていた
c0108460_21024217.jpg

 ササユリも終りに近いが まだ蕾もある

c0108460_21020293.jpg
c0108460_21015536.jpg

自然のササユリで2輪咲きの 蕾を見付けたときは感動であった
 ウラシマソウの種も実りだした

c0108460_21030782.jpg
c0108460_21030585.jpg
 子ツバメの巣立ちを親が見守り
c0108460_21022451.jpg
c0108460_21022719.jpg
 伊豆賀口池にはカワムツが悠然と泳いでいる
c0108460_21024556.jpg

*ラジオ体操

孝子の森を通って西畑の方へ行くハイカー8人も参加

*ミーティング

 みさき里山クラブ 研修見学  

行き先: 竹中大工道具館

場 所: 神戸市中央区熊内町6丁目

開館時間: 午前930~午後430 (月曜日休館)

入館料: 一般500円 シニア65歳以上200(年齢を証すもの)

アクセス: 南海―阪急・阪神・JRで三ノ宮―市バス・地下鉄―新神戸

日  程: 平成29年7月7日(金曜日) 

      集合 845 みさき公園駅、難波行きホーム待合室

 859 難波行き急行乗車(うしろ5両目、6両目)

その他: 帰路、難波付近で軽食

(多くの会員の参加を促す)

c0108460_21145754.jpg

*進入路山側の間伐・・・〔徐 立石 谷口州 中川 山田〕



c0108460_21125620.jpg

進入路に覆いかぶさるようになっている樹木をノコギリで伐採できるのを各自が間隔をおいて作業

c0108460_21125923.jpg

2m近い垂直に近い急斜面なので作業はやりにくい

c0108460_21132129.jpg

ツルが絡まって倒れないのもある

c0108460_21131644.jpg

しかし全員が伐採大好き 楽しみながら作業をしていた

c0108460_21140984.jpg

*中央尾根道補修・・・〔久川 福永〕

 尾根に近い階段補修にかかっている

c0108460_21144502.jpg

 谷側に土留めをして 石の階段はそのまま活かして 石で作り直している・・・木を使うより何倍も手間である

この場所は日影がなく 直射日光下で過酷な作業になった

今日は微風があり まだ少しはましではあったが・・・

尾根まで後わずかであるので 久川さんは残業作業となった

c0108460_21144280.jpg

 
by TATE-misaki | 2017-06-17 21:19 | みさき里山クラブ | Comments(0)

山道大補修&重量機械移動・・・孝子の森

平成29年6月13日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~15:40)
 参加会員 10名〔岡田 徐 立石 谷口州 長原 久川兼 福永 山田 柚岡 渡邊〕

快晴である 朝は21度で 風もあり涼しく感じる

孝子の森では昼でも22度であり 日向ぼっこしたくなる天候である

孝子の森の花壇で栽培している ササユリは満開である

c0108460_01180346.jpg
c0108460_01180063.jpg
c0108460_01175845.jpg
中孝子地区の高齢者数人が いつも病院の迎えの車を待つ場所にベンチはない 低い位置のブロックに腰掛けたりしている
それを見兼ねて 徐さんが廃材でベンチを作り贈呈した・・・非常に喜んで貰えた⇒もう1脚作ることまで約束してしまった
c0108460_01154852.jpg
c0108460_01154511.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

*展望台下りの階段補修・・・〔長原 山田 柚岡 渡邊〕〔立石〕

c0108460_01243762.jpg

 長年手直ししていなかったので半分以上崩れている

南海ハイキングの前に半分程補修した 残りの半分を補修

c0108460_01243572.jpg

横木を取り換え 足踏み場の斜めになっているのを 水平に均しと 結構新規に作るほど手間が掛かる 

取り換え用の横木は 以前に間伐した原木を利用した

c0108460_01243301.jpg
 近くに トンボソウが蕾を付けるまで 育ているのは うれしい
c0108460_01265297.jpg

*孝子の森全体の松の現状調査・・・〔岡田〕

c0108460_01212604.jpg

*草刈り・・・〔谷口州〕

 刈払機でトイレ後方の急斜面の草刈り

 45度使い急斜面なので 足場が悪く注意しながらの作業になり 作業効率は落ちるが 安全が第一である

c0108460_01212110.jpg
c0108460_01212413.jpg

*孝子の森:畑の手入れ・・・〔久川 福永〕

 里芋とコンニャク芋を植え付けている 草刈りと肥料やり

c0108460_01193807.jpg

*各所の水チェック・・・〔立石〕

 2つのトイレタンクに 60の水を入れた 特に女子用トイレは殆ど水はなかった

 トイレ手洗い用タンクは 100ℓ(半分くらい)残っている

台所用タンクは三分の一(200)ある・・・次回イベントには補給が必要である

c0108460_01265011.jpg

*重量機械移動の段取り・・・〔徐〕

 パイプハウスに置いている自動カンナと バンドソーを機械作業小屋に移す

 パイプハウスの入口は 1.5mほどの高さがあるので 軽トラを入口直前まで持ってきて 入口から荷台迄頑丈なスロープを作った

c0108460_01193572.jpg
c0108460_01194008.jpg

*重量物移動・・・〔岡田 徐 立石 谷口州 福永 山田 柚岡〕

 スロープ作りと機械へのロープ懸けの 段取りが非常に的確であったので うまく荷台に移動出来た

c0108460_01291345.jpg
c0108460_01291506.jpg
c0108460_01291113.jpg
c0108460_01304064.jpg

わずかの距離を軽トラで運び 降ろすのもスロープ部材を使って スムースに小屋に降ろし設置出来た

c0108460_01304316.jpg
c0108460_01304521.jpg

長年使っていないので 電源チェックもしたが問題なく稼働した

c0108460_01303846.jpg
c0108460_01323042.jpg
c0108460_01322873.jpg

*中央尾根道補修・・・〔久川 福永〕

 中央谷道は殆ど作り直して 中央尾根道までの大補修が完了した

c0108460_01264716.jpg

中央尾根道も土留めを新設したりしながら 補修と言うより作り直しながら作業している

尾根まで もう少しの位置までの補修は出来た・・・毎回残業してまで道つくりをしている

c0108460_01341221.jpg
c0108460_01340985.jpg

*枯れ桜芯の杭加工・・・〔徐〕

 1.5mくらいの長尺の原木の先端を 丸ノコで尖らせて杭加工

c0108460_01341421.jpg

*和歌山大学システム工学学科(養父教授)3年生学生と指導教員約35名来訪

伊豆賀口池周辺を拠点にして いくつもの班に分かれて実験実習

c0108460_01325232.jpg
c0108460_01325050.jpg
c0108460_01343542.jpg
c0108460_01343393.jpg


by TATE-misaki | 2017-06-13 23:57 | みさき里山クラブ | Comments(2)

山道の階段材料運び & 運営委員会・・・孝子の森

平成29年6月6日(火) 晴れ・くもり
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:10) 参加会員 10名〔徐 立石 谷口州 戸田 中川 久川兼 福永 山田 柚岡 渡邊〕 

午前中は気持ちよく晴れ渡った 気温も高くはなく 外作業日和である

c0108460_00053903.jpg

名残の 卯の花が咲いており

c0108460_00082556.jpg
 イヨカズラも咲き出した
c0108460_00053732.jpg
 
ニガナも最後の花だが
c0108460_00060192.jpg
 オカトラノオも咲き出した
c0108460_00055811.jpg
 
栗の花が満開である
c0108460_00082262.jpg
久川さんが丹精を込めて育てているササユリも満開である
c0108460_00090188.jpg
c0108460_00152940.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

*山道作りの部材運び上げ・・・〔全員〕

 4日に伐採した枯れ桜の整理が終った

 太いものは70㎝くらいに寸法切りし より太いのは2分割してある

 土留め用の長尺物と横木用と杭を 全て桜道の尾根近くまで運び上げた

c0108460_00120715.jpg
c0108460_00120443.jpg

 桜の芯なので1本でも重量はある 6回前後往復して運び上げた

c0108460_00132013.jpg

 途中山道でアカマムシを見付けて退治した 皮は板に張り付けて標本にする

c0108460_00090697.jpg

 中断はされたが 午前中で作業は終わった

*枯れ桜芯の杭加工・・・〔徐 柚岡〕

 枯れ桜の細い芯は50cmくらいに寸法切りしてある

丸ノコで先端を尖らせて杭に加工⇒これも全て尾根まで運び上げた

c0108460_00124089.jpg
c0108460_00161893.jpg

*作業小屋の詰め作業・・・〔徐〕

 昨日も徐さんが1人作業で 入口扉上部屋根に庇を90cm取り付けた

c0108460_00123785.jpg

 第2第3物置の狭い場所にも屋根を付けた⇒熊手などの置き場に変更

c0108460_00132288.jpg

 扉の部材を取り換えて閉め具合を改良

*中央谷道階段補修・・・〔久川 福永〕

 尾根までの改修を完了した

c0108460_00153296.jpg

*バンブーハウスの屋根回収の検討

 雨漏りの一部を 竹の取り換えで補修予定であったが

足場をリースして組み立てるなら 全部やり替えることに衆議一決(2013年1月に葺き替えた)

準備した半割りの竹材料を バンブーハウス屋根裏に置き替え 11月の葺き替え作業まで保管する

c0108460_00155754.jpg
c0108460_00162173.jpg
c0108460_00155408.jpg

*第1物置の蔵書を移動・・・〔立石 他〕

 第1物置は台所用品専用にするため 蔵書を全てパイプハウスの本箱へ移動

c0108460_00163811.jpg

 植物・樹木・昆虫・その他に分けて並べた

c0108460_00164019.jpg

*和歌山大学システム工学学科 3年生と指導教員約40人が来訪⇒いくつかの班に分かれて実習

c0108460_00172916.jpg

 伊豆賀口池の魚の調査もしていた

c0108460_00173116.jpg

*運営委員会(17002130)・・・場所:「仁べ」会食は会費制・・・役員6人参加

c0108460_00215017.jpg

 柚岡副代表 長原副代表退任

c0108460_00215244.jpg

 孝子の森から出ての研修会も企画

 新入会員も増加したので作業内容を再検討する

 会議終了後は 会費制の懇親会・・・「仁ベ」の料理で話題は満載

c0108460_00223452.jpg
c0108460_00223278.jpg
c0108460_00223009.jpg


by TATE-misaki | 2017-06-06 23:55 | みさき里山クラブ | Comments(2)

「きのくに子どもNPO:孝子の森でまきまきパンをつくろう!」

平成29年6月4日(日) 晴れ
きのくに子どもNPO:『孝子の森でまきまきパンをつくろう♪』&「久川珠樹友人グループ里山体験」
(9:20~16:00) 参加会員 4名〔徐 立石 久川兼 渡邊〕 

午前中は微風も吹き最高のイベント日和 午後からは 気温も上がり真夏日になった

今日は2つのグループがやって来る

「きのくに子どもNPO」(44人)

・・・(きのP募集内容)体験活動部・幼児部主催

9:48和歌山市駅発 場所:孝子の森

参加費:1400円(4才以上)、200円(13才)※交通費は別途必要です

対象:きのP会員(幼児~大人)

持ち物:お弁当、お茶、空きペットボトル(一人1本・500ml・できれば炭酸飲料)、

牛乳パックを開いたもの、お手拭き、その他・・・

「久川珠樹友人グループ」(12人)

久川Gには 会員が2人参加しているので サポートは一任

会員4人は 「きのP」サポートに集中

958南海孝子駅に「きのP」到着 (子ども15人 大人22人 スタッフ7人)

c0108460_00044842.jpg

1005 孝子小学校:スタッフ挨拶・・・トイレ休憩

c0108460_00044609.jpg

1020 孝子小学校スタート (トイレの済んだグループから渡邊が案内)

c0108460_00051457.jpg
c0108460_00051230.jpg

1055 最終組 孝子の森広場に到着

 フリータイム

 ロープ登り

c0108460_00055212.jpg
c0108460_00054989.jpg
 ハイジのブランコ
c0108460_00062464.jpg
 シーソー等で 広場の周辺は子どもたちが走り回っている
c0108460_00062288.jpg

1130 バンブーハウスでお弁当タイム

c0108460_00144473.jpg
c0108460_00073396.jpg
c0108460_00073687.jpg
c0108460_00144129.jpg

 (久川珠Gも子ども4人含めて展望台へ移動 そこでお弁当タイム

微風が吹き涼しく景色も遠くまで見通せ 最高のロケイションと大喜び)

 (我々4人も作業小屋で昼食)

c0108460_00421641.jpg

1205 パン生地作り

 500mlのペットボトルに粉・酵母菌・水を入れて混ぜる⇒よく混ざったら 直射日光で発酵させる

c0108460_00151330.jpg
c0108460_00151186.jpg
c0108460_00154136.jpg
c0108460_00154348.jpg

1303 展望台へ散策出発(クヌギ谷道)

c0108460_00161774.jpg

1315 展望台到着 ウラジロ飛行機に熱中

 (涼しくて 明石大橋が見える状態であるが  子どもたちには関係がなかった)

c0108460_00165051.jpg
c0108460_00164891.jpg

1330 下山(中央谷道からクヌギ谷)

c0108460_00260576.jpg

1343 たき火開始(担当:久川兼)

c0108460_00260361.jpg

 同時に棒にアルミホイルを巻き付け そこに 太陽熱で発酵させたパン生地を巻き付ける

c0108460_00264266.jpg
c0108460_00271086.jpg
c0108460_00271290.jpg
c0108460_00263649.jpg

棒が短いので 久川兼 徐が1m以上の竹の棒をつないで長くした 

全員が魚釣りをするような状態で たき火の傍を囲み「まきまきパン」を焼いている

c0108460_00282060.jpg
c0108460_00281888.jpg

上手に焼いたら非常においしいパンである

c0108460_00284900.jpg
c0108460_00284749.jpg

1450 もみじ葉イチゴ狩り

 中央谷道の群落で トゲが痛いので採集は もっぱら我々に任され 食べる人は子どもたちであった 

おいいしいと何度もせがまれて トゲに刺されながら収穫する我々も大変であった

c0108460_00291398.jpg
c0108460_00291670.jpg

1520 解散下山

「泣いている女の子が居たので理由を聞くと ヘビイチゴを採集したのを 他の子につぶされたらしい 

ヘビイチゴは蛇の卵だと思っていたので 蛇の子どもが可哀想だと泣いているとの事 

今時非常に感性の良い子が居るものと うれしくなった

別の男の子は久川兼長老が 斧と楔を使っての丸太割りに 見入っていて動かない 

展望台散策も行かないと言う この子もすばらしい子である

c0108460_00161402.jpg

小さな女の子に きのPのお姉さんたちが作った秘密基地を見たいからついてきてと 手を引っ張って行かれたのもうれしい事であった」



by TATE-misaki | 2017-06-04 23:36 | みさき里山クラブ | Comments(0)

アロマ石鹸・入浴剤作り&高齢者大学OB 会里山体験・・・孝子の森

平成29年6月3日(土) 晴れ
アロマオイルで石鹸入浴剤作り・高齢者大学OB会里山体験(9:20~14:20)
 参加会員 15名〔岡田 鍵谷 瓦葺 小岩 徐 髙羅 立石 西村 新野 林 久川兼 福永 宮武 柚岡 渡邊〕 

快晴であり 気持ちのよい天候である 日陰では涼しく感じるくらいだ

c0108460_00314280.jpg
卯の花も最盛期が過ぎた キケマンも
c0108460_00314098.jpg
ユキノシタも まだ咲いていた
c0108460_00343251.jpg
 イトトンボも多い
c0108460_00343098.jpg
オカトラノオや
c0108460_00345592.jpg
ササユリも咲き出した
c0108460_00345373.jpg
 草イチゴの大きな実がなっている
c0108460_00370978.jpg

イベントが重なり 定例活動は中止のような状況になった

*ラジオ体操

*ミーティング

*作業小屋の道具置き場の説明・・・〔徐〕

 徐さんが火曜日~木曜日迄 3日連続で臨時作業

3カ所の物置に分散していた作業道具を1カ所に集めて 全てをオープン収納した

その所在と片付け方を詳細に説明

c0108460_00370629.jpg
c0108460_00382545.jpg
c0108460_00522419.jpg

これで全ての道具が使いやすくなった 探しまわらなくても 一目でわかる方式に成った

c0108460_00382783.jpg
c0108460_00375152.jpg
c0108460_00374907.jpg

徐さんは その後も第3物置の片付けを続行

*「ひのき」水蒸気蒸留準備&開始・・・〔瓦葺〕

 瓦葺さんが自宅より沢山の道具と部材を車で運んで来た

c0108460_00402013.jpg

これをバンブーハウスでセットして ヒノキの葉からアロマを抽出 発電機の電源で化学装置を稼働

c0108460_00412639.jpg

*ひのき石鹸作り・・・瓦葺講師会員全員が参加

c0108460_00402266.jpg
c0108460_00412452.jpg

*クヌギ苗畑の草刈り・・・〔女性部 岡田 小岩 福永 柚岡〕

 経験豊かな女性部は鎌の手さばきも堂に入っており 瞬く間に刈り取ってしまった

c0108460_00434122.jpg
c0108460_00433855.jpg

*セイタカアワダチソウ駆除・・・〔立石〕 クヌギ谷の上部まで相当繁殖していた

*枯れ桜芯の整理・・・〔久川 柚岡〕

 沢山枯れ桜を伐採してきている 伐採木の皮を剥いで70㎝に寸法切りする

 山道の階段作りの横木に使う 細いのは杭に加工する

c0108460_00482466.jpg
c0108460_00522288.jpg

*高齢者大学OB 会8人が11時過ぎに到着

 展望台から孝子の森散策・・・案内〔渡邊・新野〕

c0108460_00452816.jpg
c0108460_00452688.jpg
c0108460_00470850.jpg

*昼食の味噌汁炊き・・・〔髙羅 宮武 福永〕 23人分なので大鍋で釜土で炊いた

c0108460_00471138.jpg

*昼食は バンブーハウスで合同会食⇒齢者大学は幕の内弁当 会員は自前弁当⇒その後高齢者大学は独自の会合

c0108460_00482756.jpg
c0108460_00490969.jpg
c0108460_00490731.jpg

*ビワ狩り・・・〔女性部 岡田 福永 柚岡〕

 先日袋がけしたのを収獲 やや色付きが浅いが甘味はある

c0108460_00554212.jpg

*アロマ入浴剤作り・・・瓦葺講師⇒高齢者大学&会員の一部が参加

c0108460_00512198.jpg
c0108460_00511966.jpg
c0108460_00515467.jpg
c0108460_00514859.jpg
c0108460_00554096.jpg

*14:10 高齢者大学下山

c0108460_00560658.jpg

*会員は片付け

*14:40会員下山

c0108460_00560451.jpg

*徐 久川は残業で仕掛けの作業を続行・・・作業小屋片付けと桜の芯の整理


by TATE-misaki | 2017-06-03 23:58 | みさき里山クラブ | Comments(0)

枯れ木ヤマザクラ伐採&搬出&アロマオイル入浴剤作り・・・孝子の森

平成29年5月30日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~16:00) 
参加会員 10名〔岡田 瓦葺 徐 立石 谷口州 野中 久川兼 福永 山田 柚岡〕
c0108460_22321689.jpg
 

朝7時で気温24度 昼間は相当暑くなりそうである

c0108460_22321434.jpg

暖かくなれば動植物も動き出す 山道では蛇に出会った

c0108460_22313998.jpg

徐さんが追いかけて早速捕まえた 珍しいジムグリである

全体の模様がきれいで 特にお腹の模様は何とも言えない

しばらく おもちゃにして遊んだ後には解放した

c0108460_22314246.jpg
クサスギカズラも芽を出した
c0108460_22324203.jpg
 うれしいことに近くに2世も生まれた イヨカズラと仲良くしている
c0108460_22323939.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

*枯れ桜伐採&搬出・・・〔9人〕

c0108460_22513208.jpg
c0108460_22452690.jpg

 山道補修用の枯れ桜の芯がなくなった 枯れ桜を集めて材料を作る必要がある

 進入路横の山には ヤマザクラの枯れ木がたくさんある

枯れて芯が残るのはヤマザクラだけで ヨシノザクラは全て腐るので使えない

c0108460_22452918.jpg

小さな山であるが急斜面である 伐採するのにも足場が悪い

c0108460_22505426.jpg
c0108460_22505192.jpg

谷口 柚岡がチエンソーを使って伐採 久川は手ノコで伐採

c0108460_22525768.jpg

頂上付近から伐採した桜を 滑らしたり転がしたりしながら 山すそへ運び出し 川に放り込む

c0108460_22525505.jpg

川に降りて伐採木を道路迄引き上げ 長尺は半分にノコギリで切り 軽トラに積み込む

c0108460_22521875.jpg
c0108460_22521518.jpg

軽トラで2回 広場まで運び上げた

c0108460_22564109.jpg

分業作業をしているが 休憩なしで びっちりの作業量があった

c0108460_22533398.jpg

久し振りの重労働で 全員がクタクタになった・・・熱中所気味かも

広場への帰り道のわずかの登りが こんなにしんどいものかと 言いながら広場まで帰った

c0108460_22533615.jpg

*作業小屋整備・・・〔徐〕

 オープン道具収納方式

 あちこちに散乱している道具や部材を一つにまとめて見やすく収納

ないからと買ったような部材も あちこちから出てきた

c0108460_22330426.jpg

整理整頓が一つの費用の要らない方法である

c0108460_22513535.jpg

*「ヒノキのアロマオイルで入浴剤作り」準備・・・〔瓦葺 野中〕

バンブーハウスで会員の実習の準備

瓦葺さんが自宅で ヒノキのアロマオイルを作って来た

重曹とクエン酸を混ぜた分量の材料も準備

c0108460_22563911.jpg

*「入浴剤作り」実習(15001530・・・〔瓦葺 野中〕指導

c0108460_22570602.jpg

全員がカップに入った重曹とクエン酸の粉に アロマオイルを噴霧器で振りかけながら

c0108460_22582010.jpg

シャーベット状寸前まで混ぜる

c0108460_22570444.jpg
c0108460_22572799.jpg
c0108460_22572431.jpg
c0108460_22575807.jpg
c0108460_22582254.jpg

それを小さなカップに40gずつ5個分作った そのまま持ち帰り1個ずつ入浴剤に使える 

c0108460_22575400.jpg


by TATE-misaki | 2017-05-30 23:03 | みさき里山クラブ | Comments(0)

岬町・中孝子組合への事業計画説明会・・・みさき里山クラブ

平成29年5月26日(金)晴れ
みさき里山クラブの拠点 孝子の森は 中孝子組合から 岬町役場の仲介で借りている
そのため 2年ほど前から 1年間の活動実績と 今年度の活動計画を説明し 相互理解をしている
・・・日程が最終的に決定したのが昨日なので 資料作成が大変であった
   A4で10枚の資料を あちこちのデーターを引っ張り出し 手を加えて 作成した
c0108460_21290304.jpg
(12:30~14:00)岬町役場別館会議室
c0108460_21290186.jpg
参加者 岬町まちづくり戦略室:地方創生企画制作担当・・・寺田課長 新保主幹
    中孝子組合・・・土井組合長 元山書記 的羽会計
c0108460_21295093.jpg
    みさき里山クラブ・・・徐代表 渡邊副代表 谷口副代表 立石書記・会計
c0108460_21292653.jpg
*寺田課長 種子会議の趣旨説明
*徐代表の説明
  平成28年度基本方針の 実行で来た項目と出来なかった項目の説明


  平成29年ど基本方針の詳細な説明
c0108460_21300057.jpg
 (1項目毎に詳細な実例や 添付資料説明 写真の説明等を周囲からも加わって行い
  組合からも忌憚のない質問や回答もあり 非常に友好ムードで全てが進行した)
c0108460_21292437.jpg
 (今後は 問題が発生しても 組合と直接話し合い 短時間に解決できる)
c0108460_21294529.jpg

by TATE-misaki | 2017-05-26 21:35 | みさき里山クラブ | Comments(0)

山道の階段補修が大多忙・・・孝子の森

平成29年5月23日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~17:00) 参加会員 8名〔徐 立石 谷口州 中川 長原 久川兼 山田 渡邊〕 

快晴 真夏日である 夕方6時でも 気温26度であった

集まった会員は8人であったが 午前中だけが3人おり 午後は結局5人になってしまった

c0108460_22411786.jpg

孝子地域の人たちからは 17日のNHK「ニュースほっと関西」の孝子の森界隈の放映を 非常に喜んでおられ

みさき里山クラブの お陰だとお礼さえ言われた・・・上孝子地域の人も一度孝子の森へ行きたいとも言っているらしい

c0108460_22403931.jpg

今の山道の花は少し寂しいが キケマン

c0108460_22413272.jpg
・桐の花はまだ咲いていた
c0108460_22420138.jpg
 ドクダミの花
c0108460_22411424.jpg
コバノタツナミソウも咲いている
c0108460_22415849.jpg
 ノイチゴも美味しそうだ
c0108460_22413480.jpg
卯の花と
c0108460_23022652.jpg
c0108460_22543706.jpg
エゴノキの花は満開である
c0108460_22540738.jpg
c0108460_22540497.jpg
 クサスギカズラと
c0108460_23065039.jpg

ネムノキは 
ようやく芽が出てきた
c0108460_23023827.jpg
伊豆賀口池は魚の宝庫のようだ・・・カワムツと大きな鯉だと思うが・・・
c0108460_22422620.jpg
c0108460_22430071.jpg
c0108460_22422435.jpg

雑談していたりウロウロしていたりで 孝子の森へ到着は 約1時間も掛かってしまった

*ラジオ体操 
*ミーティング

*杭作り・・・〔徐 久川〕

 枯れたヤマザクラの細い芯の 先端を尖らせて杭を作った

 電動丸ノコ使用と 斧で昔ながらの作り方の競合である

c0108460_22425760.jpg

*展望台横の階段補修・・・〔谷口州 中川 長原 山田 渡邊〕〔徐 立石〕

c0108460_22531490.jpg
c0108460_22520906.jpg
 27日には南海ハイキングの 参加者がここを通過するので

 半分以上崩れてしまっている階段を 横木や杭を取り換えて補修

c0108460_22520752.jpg

 桜の芯の杭もたくさん運び上げた

c0108460_22512415.jpg

 さわやかな風が吹く頂上なので 暑さは少しは和らぐ感じであるが 一応大きな補修は完了した

c0108460_22512148.jpg

*中央谷道の補修・・・〔久川〕

 継続作業であり 久川さんが一人でコツコツと補修していた

c0108460_22534082.jpg

補修と言うよりも 完全に作り直しである

傾斜が急な道であるので 作り直しも大変な作業である

c0108460_22534354.jpg

*作業小屋の詰め作業・・・〔徐〕

 床の隙間埋めや道具吊り設置・・・全てオープン収納にする予定

c0108460_22550440.jpg

*半割り竹の防腐剤塗り・・・〔谷口州 山田〕

 半割りにしていた残りの竹 全てに防腐剤を塗り 立てかけて乾燥

c0108460_22543332.jpg
c0108460_22550765.jpg
*セイタカアワダチソウ・ナルトサワギクの駆除・・・〔立石〕
 見付れば必ず引き抜いているが 今年はセイタカアワダチソウの繁殖の年らしい
 広範囲に新芽が見つかった 100本以上引き抜いた 
 ナルトサワギクは2本であるが 花が咲いていたので 私の完敗である

*和歌山大学システム工学部システム工学学科環境システムコース3年生が野外実習に来訪(教員6名 学生34名)

c0108460_22554936.jpg

今年で9年連続の孝子の森実習である

養父教授の詳細な山の実習の注意事項説明があり

c0108460_22555243.jpg

全員が孝子の森全体の実習場所の確認に登って行った 

今後毎週火曜日5回の予定で毎回3時間ほど実習を予定

指導教員も毎年の事で知り尽くした 孝子の森なので 我々がお手伝いする必要もない

c0108460_22555423.jpg
和歌山大学:原祐二先生がドローンを飛ばして孝子の森を撮影してくれた
c0108460_02095215.jpg
c0108460_02103732.jpg
c0108460_02095358.jpg
c0108460_02105173.jpg
c0108460_02103922.jpg
c0108460_02105223.jpg
c0108460_02094172.jpg
c0108460_02094059.jpg
c0108460_02083769.jpg
c0108460_02083674.jpg


by TATE-misaki | 2017-05-23 23:08 | みさき里山クラブ | Comments(0)

ホダ木の本伏せ & 中央谷道の本格的補修・・・孝子の森

平成29年5月16日(火) くもり
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:00) 参加会員 11名〔岡田 立石 谷口州 戸田 西村 林 久川兼 福永 山田 柚岡 渡邊〕 

終日曇っており 気温も20度が変化しなかった

少しハードな作業でも汗をかかない 作業日和であった

火曜日の活動日としては多くの会員が集った

朝5時起きで京都や芦屋から やって来た会員もいた

遠方の会員が来てくれる魅力のある 孝子の森であるのだと改めて認識し直した

山道の途中では花が少なくなった マルハウツギが咲き出したのはうれしい

c0108460_21494079.jpg

今年初めてジャケツイバラも咲いた 黄色の花の群生はなかなかきれいである

c0108460_22053987.jpg
c0108460_22053710.jpg
今年は毛虫の当たり年かも知れない 物置の外側には あちこちに毛虫が張り付いている
そばのクマノミズキが大好物のようである
c0108460_21524568.jpg
*ラジオ体操
c0108460_21500366.jpg

*ミーティング
*枯れ桜の芯で杭作り・・・〔久川〕

c0108460_21500625.jpg

*ホダ木の本伏せ・・・〔8人〕

 パイプハウスの奥の山裾に 新規にシイタケ畑を作った

c0108460_22030146.jpg

 3mパイプで支柱を2本作ったが 周囲は開発していないので 足場が非常に悪い

c0108460_22030513.jpg

菌打ち込み済みのホダ木を 軽トラで3回 近くまで運び 谷間を越えて運び込む作業も大変である

c0108460_22020857.jpg
c0108460_22023089.jpg
c0108460_22032836.jpg

1人で持てない重量級のホダ木が何本もあり 転がしたりして苦労して運んでいた

c0108460_22022743.jpg

軽いのは人力で運び込んだ

c0108460_22021003.jpg

数が多いので3mパイプ2本の支柱では足りず 2本追加してどうにか全部本伏せ出来た

c0108460_22032518.jpg

*新シイタケ畑の間伐・・・〔立石〕

 ビシャコの径5㎝くらいの木が シイタケ畑の通路の邪魔をしているので

 3本伐採したが 上部がつるで絡んでいて少々苦労した

伐採木は枝切りし 幹も1.mくらいに切り整理した

*お客さん用ホダ木の本伏せ・・・〔渡邊〕

 ZooCanのお客さんが購入して 菌打ちしたホダ木11本を 

従来のシイタケ畑の役目を終えた ホダ木を整理して その後に本伏せした

c0108460_22063074.jpg

*中央谷道の補修・・・〔久川 福永〕〔戸田 山田 柚岡 立石〕

c0108460_22060037.jpg

 久川さんが 14日に1人作業で 相当捗っている道を継続作業

c0108460_22042342.jpg

階段40段ほどと通路の全てに枯れ桜の芯で土留をし斜面を削り取って整地

c0108460_22045207.jpg

整地の後は踏み固めて固定した

c0108460_22041884.jpg

*広場周辺の草刈り・・・〔柚岡 山田〕

c0108460_22044645.jpg

*中央谷道周辺の草刈り・・・〔谷口州〕

c0108460_22051788.jpg

 通路に垂れ下がっているシダを 刈るので少々刈りにくかった

c0108460_22051542.jpg

*ビワの袋掛け・・・〔岡田 西村 林 渡邊〕

実は1~5粒くらいが多いが それらに全て紙の袋を掛けた

脚立に乗っての高所作業になる 100枚の袋を準備したが不足した

c0108460_22062726.jpg
*お弁当タイムにはたくさんの惣菜が 女性陣から提供された
c0108460_22072026.jpg
 アザミのおひたし フキのおひたし タケノコ和え マカロニサラダ スイカ チョコレート等々
 アザミは食べ初めである それも孝子の森のアザミを料理してくれた
 茎を茹でて あく抜きして 皮を剥き お浸しにしたとか フキなどと同じ工程のようだ
 やわらかくて あっさりした味で 美味しかった
c0108460_22064978.jpg
 女性陣は 帰りには またアザミを採集し 山椒を採集し 最後のシイタケを採集していた
c0108460_22060214.jpg
 山野草を料理してくれる 会員が増えたことは ありがたい
c0108460_22065185.jpg


by TATE-misaki | 2017-05-16 22:38 | みさき里山クラブ | Comments(0)