活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」の工具購入

平成20年9月30日(火) 雨
c0108460_1414921.jpg

(9:30~12:20)
今日も朝から雨である
8月は殆ど無雨の岬町としては2日続きの雨は珍しい
野菜や植物達は大喜びで元気になった
しかし草たちも大喜びで元気に成育するのは困りものである
1週間後は草刈りが忙しくなりそうだ
朝からせんなん里海公園へ出掛けた
うみべの森を巡回したが 雨のためビオトープには
2本のホースと竹樋からと3箇所の水の流入があり
いずれの池も満水状態で大満足である
c0108460_14144639.jpg
c0108460_14153977.jpg

雨のうみべの森もしっとりとして なかなかいいものだ
c0108460_14161417.jpg

あふれ滝も今日は水量が豊富で見ごたえがある
c0108460_14163334.jpg


公園事務所で会員の中川さんと合流し
公園事務所の淡路屋さんと3人で
泉南市の「かじ榮」(機械工具商)へ買物に行った
c0108460_1416575.jpg

イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」で使う工具である
全て公園事務所で買ってもらい支給してもらう
「かじ榮」は昔ながらの工具商で店内には所狭しと
工具が積み上げられ 非常に雑然としている
この雑然さが非常に親しみを生み落ち着く
c0108460_1418487.jpg

c0108460_14183282.jpg
現役時代にこのような店に売り込みに回っていたことを思い出す
オヤジさんは職人気質のような人で
使用目的や材料を聞いて
「素人なら これで十分や!」と言って
一番安いノコギリをすすめる
もっと高くていいノコギリに興味を示すと
「それはプロが使うもんや 素人はこれでいい」と
一番安いタイプを10本買うことになった
女性でも使える軽い鎌5本とチップソーも買った
高いものをたくさん売りつけようとの意欲はない
工具の知識は豊富で話しを聞いているだけでも面白い
DIYへ行けば10分で済む買物が1時間半も掛かったが
なんだか満足していい買物をしたように思う
対面販売で久し振りに品物を買ったように思う
これも なかなかいいものである

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1622350.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-30 14:18 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

会員N様の追悼活動記録作成

平成20年9月29日(月) 雨
朝から小雨が降っており 寒い感じである
屋外作業はできそうもない
クラフトをやりたくても工房のマルノコの前で老犬ポロが寝そべっている
パソコン作業になる
9月10日に亡くなった うみべの森を育てる会会員のN様の
活動記録を完成させた
わずか1年2ヶ月の間であるが よく頑張ってくれて
活動日やイベントには参加回数も多い
私の写真は全体の動きや雰囲気を把握するためで
個人のアップ写真は少なく
小さな人物の写真から特定の人を認識するのは
非常に困難な仕事であった
服装の色から点を見つけ拡大して確認し編集する
小さな写真を拡大するのでボケている場合が多い
定例活動日だと20枚弱の写真から探せば良いが
イベンだと100~200枚の写真から点を探すのが
非常に大変な作業であった
見つけたときは「あったあー!」と大発見した気分であった
それでも何とかA4で32枚にまとめられた
うみべの森を育てる会の会報や概要等もファイルして
全体で約60ページ弱のファイルが完成した
遺族の方にも1部贈呈するつもりである
c0108460_1321472.jpg
c0108460_13211616.jpg
c0108460_13212982.jpg

雨の中ナルトキントキを試し掘りしてみた
2株だけだが予測どおり出来が悪い
8月の雨なし日照で成長していないようだ
その上ヨトムシや他の蛾の幼虫が大量に発生しているようだ
イモがかじられているのは これだと思うが…
10月1ヶ月置いておいて もう少し大きくなることを祈念する
しかし イモおかゆにしたが味は最高においしかった
c0108460_1616581.jpg

終日雨のため読書にも専念 「ニユートン11月号」と
[赤川次郎「落葉同盟」]540ページを読んでしまった
by TATE-misaki | 2008-09-29 13:02 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

ダンチク刈り

平成20年9月28日(日) 曇り 
c0108460_14571143.jpg

朝から曇っており 冬を感じる涼しさである
朝早くより 隣の岩井さんがダンチク刈りをしている
陸上で対応できる部分は岩井さん担当になっている
川に降りて刈る範囲は私の担当である
遅い朝食後 10時過ぎより作業を始めた
ハシゴで川へ降り 反対側の土手にハシゴを掛けなおして作業する
川底はコンクリートでコケがビッシリなので
ハシゴが時々すべるので やや危険な作業である
ダンチクも何回も新芽が出れば刈り取られるので
徐々に成長が悪くなってきた
琉球朝顔で全面ビッシリと覆われて成長しにくいこともある
ダンチク駆除作戦は成功しつつある
c0108460_14574445.jpg

畑の花壇の草取り 耕し施肥畝作りと
3坪ほどに 4面整備した
1面は芽が出てきたストックのジャガイモを30個ほど植えつけた
c0108460_14581342.jpg
c0108460_14584251.jpg
c0108460_14591217.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-28 14:59 | 我が家のボランティア | Comments(0)

うみべの森の秋

平成20年9月27日(土)② 晴れ 
c0108460_1423259.jpg

(10:50~11:50) …せんなん里海公園内うみべの森
自然海岸の清掃の帰りに 柴田さんとうみべの森に寄った
ビオトープの水は順調で 浮き草も少ない
メダカやカエルたちは元気である
さすがに秋になるとカニたちの姿は見えなくなった
c0108460_14233928.jpg
c0108460_14241974.jpg

おひさま畑の花たちは3年は手を入れていないが
自生して季節季節には それぞれ花が咲く
今は背の高いコスモスが満開である
c0108460_14244448.jpg
c0108460_14251489.jpg

c0108460_14253811.jpg
大きな栗も24個ほど拾った
わずかの時間だが秋を楽しめた
c0108460_14255834.jpg

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_15144165.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-27 14:26 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

箱作自然海岸(西浜)の清掃

平成20年9月27日(土)① 晴れ 
c0108460_1443554.jpg

(9:30~10:40) …箱作自然海岸(西浜)…参加者19名
「自然と本の会」のボランティアグループが
年に2~3回この海岸の清掃をしている
今回「うみべの森を育てる会」にも声がかかり
協働作業となった
c0108460_1451894.jpg

この自然海岸は箱作小学校の学習サポートに使っている
我々にも清掃する義務があるように思った
うみべの森を育てる会会員は6名参加した
大きなゴミは冷蔵庫があった
ロープや大きなビニールは砂に埋まって引き出すのに苦労する
材木や竹の大きいのは1mくらいに切断して結束した
c0108460_1454866.jpg

ハマヒルガオの群生地の草引きもしていた
はびこるクズもつるを切断して整理した
1時間ほどで終了したが ゴミは相当の量であった
空は完全に秋の気配である
c0108460_1462547.jpg
c0108460_1464488.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-27 14:07 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

ナツメのシロップ煮?

平成20年9月26日(金) 曇り時々雨
「仁べ」の徐さんが来宅した
先日たくさん持って行ったナツメの実を
徐さんが料理して持ってきてくれた
c0108460_13205428.jpg

シロップ煮のように甘く煮込んでいる
甘くて実も柔らかく種も直ぐに分離する
果物でもこんな料理ができるのかと驚きである
非常においしい 食べだすとやめられない
瓶詰めにして売り出せるのではないか…?
c0108460_13212192.jpg

その時 我が家の鉢植えの山野草の名前も教えてもらった
貰った挿し木が育ったものばかりだ
 「薮茗荷(ヤブミョウガ)」
c0108460_13214594.jpg
c0108460_13221218.jpg
c0108460_13222994.jpg

 「蓼藍(タデアイ)(アイタデとも言う)」
c0108460_13225094.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-26 13:22 | 休閑雑記 | Comments(0)

我が家の彼岸花

平成20年9月25日(木) 曇り
朝からどんよりと雲っており 今にも降りだしそうだ
ご近所でワケギの苗を貰い 香の会の知人から球根を貰った
トマトの跡地を耕し・施肥・畝と整備して
ワケギを植えつけた…このヌタが大好物である
c0108460_14184183.jpg
家の前のあぜ道に今年は彼岸花がたくさん咲いた
この花も昔ほど嫌われなくなった 私も好きである
うみべの森のビオトープの斜面一面に
彼岸花を咲かせたい計画も大賛成である
c0108460_14191959.jpg
c0108460_1419535.jpg
c0108460_14201960.jpg
c0108460_14203997.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-25 14:20 | 我が家のボランティア | Comments(2)

久し振りにSKKM会を実施

平成20年9月24日(水) 晴れ
c0108460_1549535.jpg

日課となっている 畑の一巡をした
白いイチジクを収穫しようとして 驚いた
大きなスズメバチがイチジクを食べていた
反対側にスズメバチガ止まっていたら知らずにイチジクをつかみ
チクリとやられていたかも知れない
ハチが果物を食べるとは知らなかった
それほど白いイチジクハは甘いことは確かである
c0108460_15501715.jpg

c0108460_15505938.jpg

かあさんが車で和歌山の私の姉妹を迎えに行った
淡輪の両親のお墓参りに来たいとの要望であった
お墓参りが済んで我が家に全員が集まった
両親が亡くなってから私の姉妹とかあさんの4人でSKKM会を作り
時々温泉に行ったり食事に行ったりしている
姉が入院したりして集まるのは2年振りくらいだろうか
両親の思い出話しや子どもや孫の話し
自分たちの現況報告
両親の未整理の古い写真を見ながら
「これ誰!これ誰!」を連発しながら 昔を思い出していた
さすがに 姉は殆どの人を覚えている
姉が元気な内に古い写真の整理をしなければと思いつつ
日々の多忙を理由にサボっている
c0108460_15513428.jpg
c0108460_155264.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-24 15:52 | 休閑雑記 | Comments(2)

みさき里山クラブ定例活動日…北谷シダ刈り

平成20年9月23日(火) 快晴
c0108460_20232864.jpg

(9:30~15:10) …孝子の森…参加会員 12名
c0108460_20311083.jpg

本日の作業
1.第5ルート北谷筋のシダ刈り…刈払機5台駆動
  …手前の2年前に1度刈ったシダは刈りやすいが
    奥の何年も刈っていないシダは大変である
    雨の後なのでホコリが出ないのが救いである
    奥に行くほどに急斜面になり足場も悪く
    作業は非常にやりにくい
c0108460_2026192.jpg

c0108460_20262876.jpg
c0108460_20265742.jpg

2.パイプ小屋内部の棚&刈払機置場作り
  …徐・横山.の大工組が担当
    作業するためには中の片付けが大変であった
    小屋の奥に棚を取り付け 軽い品物を収納
    横の壁には8台の刈払機が立てに置けるよう
    工夫されており 内部も少しはスッキリした
c0108460_20272099.jpg
c0108460_20274275.jpg

3.第2ルート山道の階段補修…久川・西山担当
  …「バンブーハウス」からまともに見える階段が
    きれいに整備され見ていても気持が良い
4.進入路横の谷筋の草刈り&広場作り…荒木・羽間担当
    この場所周辺の谷は平坦であり草刈りして
    広場を作ることで何かに利用できそうである
c0108460_2028840.jpg

5.南尾根周辺の松の苗探しと目印の竹杭打込
  …自生の松を大切にするために1~3年物中心に
   シダの中を探しまわり 見つけては目印に竹杭を打ち込み
   周辺のシダ刈りをした
   …これで踏まれたり刈払機で刈られる防御対策は出来た
c0108460_20283465.jpg

6.昼食の味噌汁&シシ肉焼き&アジの干物料理等
  …丸山料理部長担当
   丸山農園のカボチャ・ナスビ等の新鮮野菜一杯の味噌汁
    →これがうまい!!
   丸山さんが貰ってきたイノシシの肉の炭火焼き
    お酒等で前処理されており焼きたては やわらかくて脂がのって
    すこぶる美味
   丸山漁師が昨日釣ってきた小アジの半日干し焼き
   いずれもお酒の欲しくなる料理だが
   最近は飲ン兵衛集団も自粛して
   昼はノンアルコールが多くなった
   食後はハウスの横の柿の木から竹でもいで
   小形の柿がデザートとなる
   行動の全てがイタヅラガキ集団である
c0108460_2029524.jpg
c0108460_20292316.jpg
c0108460_20302191.jpg

by TATE-misaki | 2008-09-23 20:13 | みさき里山クラブ | Comments(0)

ナツメの収穫

平成20年9月22日(月) 快晴
c0108460_15241374.jpg

昨日に比して今日は朝から快晴である
数日前より裏の市川さんから
「ナツメが熟したから 早よ採ってよ!」と催促されていた
市川宅の畑に植えられているナツメに毎年鈴なりの実がなる
自家用で消化できず 私も食べきれない
困っていたのを昨年より私が収穫して処分する役目となった
みさき公園団地の知人宅へ運んで喜んでもらったので
市川さんは今年も同じ対応を望んでいる
朝から収穫に取り掛かったが 結構時間がかかり
1時間以上かけて 9割がた収穫した
今年はずぼらをして枝を切断しての収穫となった
スパーのビニール袋に3個収穫した
早速 かあさんカーでみさき公園団地へ行き
Y宅と「仁べ」に配達してきた
c0108460_1525522.jpg
c0108460_15252243.jpg


その足で和歌山へ行き ミドリへエアークリーナーの修理を持ち込んだ
電源が入らないクレームだが 
ミドリでスイッチを入れるとチャンと電源が入る
車でドライブしてゆれている間に接続不良がつながったようだ
前にも電子レンジで同じようなことがあった
家では不良だのにドライブしたら機嫌よくなる
エアークリーナーも持ち帰って電源を入れてら機嫌よく稼動した
長年電気製品の営業をしてきた自分としては
お恥ずかしいクレームである
c0108460_15255038.jpg

昼食は和歌山市狐島・紀ノ川大橋への途中にある「四季」へ行った
かあさんが「紀国」のボリュウムに辟易としてきたから目先を変えた
ここも割合感じのよい店で 定食コーヒー付で¥940である
ボリュームは若い人には少し物足りないが
我々には丁度良い…少し味が濃いめであるが…
c0108460_15264199.jpg
c0108460_1527369.jpg
  
by TATE-misaki | 2008-09-22 15:27 | 我が家のボランティア | Comments(1)