ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2009年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

うみべの森を育てる会の定例活動日:根笹刈り他

平成21年2月28日(土) 晴れ
c0108460_17495017.jpg

(9:30~15:20) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 8名
定例活動
1.[ミーティング:花の広場]
 ①3月3日(火)西鳥取小学校2年生アマモ植え付けサポート
   …CANと協働…うみべの森散策と名札のお絵描きで対応予定
 ②本日の作業内容説明
「集まった会員はやや少ないが それぞれ2人位の組になって
作業を分担した」
2. せんなん里海公園内チップ置場にヤブツバキ剪定枝がある
   名札製作には絶好の材料なので太い枝を採集する
   …ヤブツバキの剪定枝は山のように積み上げられており
     その中から使えそうな太さの枝を引っ張り出すのは大変だった 
     一輪車で2回ほど運ぶ量が確保できた
     50cmくらいの細切れにして保管する
     これで2~3年は子ども達のサポートの材料は大丈夫だ
     しかし チャドクガの食害で剪定している枝なので
     今日の作業で被害がなければ良いがと やや心配ではある
c0108460_17502521.jpg
c0108460_17504829.jpg
3.花の広場集会所の原木椅子の脚取替え作業
  …椅子の補修作業は材料が硬いので苦労の連続のようである
    なんとか2脚補修が完成したが まだしばらく作業は続く
c0108460_17511629.jpg
c0108460_17513488.jpg

4.花の広場横斜面の奥の根笹刈り&笹の整理
  …3mからある根笹を刈り取り 谷筋に並べ土止めにもした
    この辺は新入会員の酒井さんの豊富な経験と知識が
    大いに役立っている
    未熟な我々には強力な会員が入ってくれた喜んでいる
c0108460_1752650.jpg

c0108460_175227100.jpg
5.椿の森のダンチク刈り
6.花の広場の広場横斜面に散策路用階段作り
  …ササユリの群落に散策路を作り始めた 
    沢山確保した公園内の木道工事の端材を利用することにした
    奥まで開通させるには相当時間が掛かりそうである
    5月末のササユリの開花までには間に合わせる必要がある
c0108460_17562630.jpg
7.ビオトープ周辺の根笹刈り

…お弁当は相変わらず日向ぼっこをしながら芝生の上で
  ピクニック気分でなかなか良いもである
c0108460_17534411.jpg

…うみべの森のアカメカシワの枯木にいまだにキクラゲがなっている
  形も割合大きくておいしいらしい
c0108460_17542084.jpg
   「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_17594570.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-28 17:56 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

原木名札の穴あけ&結婚記念日

平成21年2月27日(金) 雨
今日はハーブタペストリー香の会の定例活動日に出るつもりであったが
朝7時に起きてみると雨が降っている
二度寝をしたら10時になってしまった
雨の日は屋内作業…
先日切っておいた桜の原木の名札の穴あけ作業
桜は枯れたのを切り倒した時に いいところを貰ってきたが
やはり中味は半分腐りが入ってよくないが
やむを得ずこれを使う予定
せんなん里海公園でヤブツバキを切り倒しているとの情報があるので
うまくいけば これを利用して名札を作れるかも知れない
c0108460_1562920.jpg

夕方5時ごろから和歌山へ向う
「コメリ」で犬の餌や写真差込アルバム等を購入
…定年後はヒマだから 孫たちの2002年までの写真を
アルバムに整理してやるつもりだったが
ヒマどころか多忙になってしまいアルバム作成はギブアップ…
2002年にデジカメ導入後はパソコンでアルバムを製作している
せめて1冊で350枚は入れられるアルバムに整理することにした
6時ごろから「牛角狐島店」でカアサンと2人で焼肉パーティー
牛角からの1000引きのハガキに釣られてやってきた
焼肉には目がないので腹一杯食べてしまい
1000円引きでも7000円以上は食べたようだ
当然2/3は私が食べている
帰りに「今日は何のお祝いだ?」と聞いても
しばらく2人とも思い浮かばない
「ひょっとして2月は結婚祝では…?」
「そうや 今日が43回目の結婚祝や!」
食事が済んでから思い出すようなトンマな夫婦である
by TATE-misaki | 2009-02-27 15:06 | 我が家のボランティア | Comments(0)

淡輪漁港散策

平成21年2月26日(木) 晴れ
c0108460_14331595.jpg

淡輪漁港にカワセミが来る とお隣からの情報
朝食後に早速カメラを持って出掛けた
夏は釣り人で一杯になる突堤の角が
現在のカワセミの食事場所らしい
今日は姿が見えないが 毎日午前と午後に1回づつ来るとか
c0108460_14334834.jpg

川や池は認識しているが海の魚まで食べるとは認識外であった
突堤の角は風がある時でも無風状態で
海の底まで見える透明度である
これから時々観察に来ることにした
c0108460_14341585.jpg

突堤から外海を見ると一文字にカモメやウが
仲良く日向ぼっこしている…毎日の習性とか…
海風を避け人藻近寄らず最高の憩いの場所になっているようだ
c0108460_1434358.jpg

久し振りの晴天で畑作業をした
土も湿っていて耕すのも楽であった
c0108460_1435054.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-26 14:35 | 我が家のボランティア | Comments(2)

[大阪公立高前期入試問題に挑戦]

平成21年2月25日(水) 雨・曇り
c0108460_20584346.jpg

朝から雨 工房は老犬ポロが占領しているため クラフトもできない
昼過ぎに雨がやんだと思い 自転車でタバコを買いに行く
今までタバコのまとめ買いは阪南市か和歌山市であった
今後は心を入れ替えて税金の塊りは地元に落とすことにした
1カートンで電子ライター1個の景品は何処も一緒になった
ファミリーマート(竹善)で3カートン+7個購入
帰りは御陵さんの堀を見るコースだが
カモたちは少なくなるばかりで あまり鳥たちにも会えなっかた
しかしモヤの立ち込めた山の風情はなかなかいいものである
c0108460_2059621.jpg

今朝の新聞に付録していた
[大阪公立高前期入試問題](普通科) に挑戦してみた
点数配分がややこしいので100点満点に換算した
①国語…85点
   一,二はいい問題である…しかし古文が出るとは意外であった 
   三がひねくれていて落とし穴だ
     中学生にこのような大人でも判断しかねる
     ややこしい問題を出す必要があるのだろうか? 疑問だ
     出題者はねぐらな陰気な先生かもしれない
c0108460_20592998.jpg
②社会…74点
   国語の要素が大きい…読解力のある者は回答可能だ
   もっと純粋の社会科の内容にならないものか?
③数学…62点
   図形に偏っているように思う
   図形に弱い子どもが多いだけに今回は不利だと思う
   もっと数学全般から出題できないのだろうか?
   …公式や方程式を忘れているのでむつかしかった
c0108460_20595117.jpg
④理科…32点
   この辺は全くダメである 記号や化学式等は完全に忘れている
   出来たのは生物だけである
⑤英語…26点
   完全に不得意な科目でいまだにダメである
   ブロークン英語で理解していたので文法英語は全くダメ
c0108460_2101212.jpg

高校入試くらいはと甘く見ていたが非常にむつかしい問題ばかりだ
この点数では高校にも入学がむつかしい
一からやり直す必要がありそうだ…反省!反省!
しかし小説や本を読んでいるだけで読解力が付き
それで出来る問題も多々ある
受験勉強だけでなく本を読むことも大切なようだ

   
   
by TATE-misaki | 2009-02-25 20:05 | 我が家のボランティア | Comments(2)

原木で名札作り

平成21年2月24日(火) 曇り
c0108460_13442737.jpg

今日はみさき里山クラブの定例活動日である
7時に起きた時に雨が降り出した
本日は中止と勝手に決めて
久し振りに電動マルノコを使うことにした
c0108460_13451795.jpg

3月3日に西鳥取小学校2年生44名が
せんなん里海公園に総合学習で来る
自分たちが育てたアマモを
CANのメンバーにお願いして人工磯濱に植えつけるとか
植えつける1時間ほどの空き時間を
うみべの森を育てる会でのサポート依頼が来た
うみべの森の散策と名札へのお絵描きで対応する
その名札の準備を始めた
c0108460_1345437.jpg

しばらくマルノコも使ってなかったが動きは問題ない
ストックしていた原木の桜の枝が
あまり良い状態ではないが やむを得ない
ペーパー掛けをし穴あけをして100枚くらいは準備したい
c0108460_13461052.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-24 13:46 | 我が家のボランティア | Comments(4)

不規則な生活習慣

平成21年2月23日(月) 曇り
c0108460_14441643.jpg

手入れのしていない我が家の裏のモッコウバラは
四方八方しだれ柳のように枝を伸ばしている
なんだか今の自分のような気がする
c0108460_14443540.jpg

昨夜は9時ごろから宵寝してしまった
「早よ風呂に入れ!」と怒鳴っているカアサンの声を
子守唄に気持ちよく眠っていたようだ
12時過ぎに目ざめてゴミ出しの準備や
諸々の自分の定例作業を済ませて風呂に入り
ベッドで本を読み出し 再度寝たのは4時
今朝起き出したのは10時を回っていた
ボランティア作業の予定のない日は
不規則な生活になり 少しは反省している
年齢並みに早寝早起きの習慣を付けたいのだが…
毎朝早朝に起きなければならない現役の時代から
自由に不規則な生活が出来たら……が夢だった
こんな調子だから反省も当てにならないようだ
  [裏の市川工房に貰った植木台が室内インテリアの核である]
c0108460_14463543.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-23 14:48 | 我が家のボランティア | Comments(0)

金熊寺川で泉州の環境を再発見しよう!

平成21年2月22日(日) 曇り
c0108460_19423.jpg

(10:00~15:00) …参加会員 5名
泉南市を流れる金熊寺川(きんゆうじがわ)を拠点にして、
泉州の環境保全や地域づくりを推進している皆さんと
交流を深め、これからのまちづくりの舞台づくりをしませんか。
またこれを機会に皆さんの知らない金熊寺川を発見しましょう。
【と き】 2月22日(日)午前10時 金熊寺川に現地集合
       (午前:金熊寺川現地視察など、午後:ワークショップ)
【ところ】
    午前:(10:00~11:45)…約40人
       金熊寺川河川敷ビオトープ広場(男神社付近)
       (南海本線「樽井駅」下車 さわやかバス「南方面回り」   
       「男里中」下車、南へ500m)
    午後:(13:00~15:00)…24人
       岸和田土木事務所 尾崎出張所 会議室
c0108460_1962025.jpg

【講師】
  和歌山大学システム工学部環境システム学科教授
    養父志乃夫(やぶしのぶ)先生
    (平成8年4月、NHK科学番組
    「トンボを街に呼びもどせ,エコアップに挑戦した4年間」に
    出演された他、多数の自治体の環境に関する検討委員、
    アドバイザーを務められるなど、幅広くご活躍されています
    また、「ホームビオトープ入門」他、
    多数の著書も執筆されています。
c0108460_197253.jpg

【主な内容】
  テーマ:金熊寺川で遊ぼう!!
  内 容 ○金熊寺川を知ろう!
       ○生物や植物を観察しよう
      ○金熊寺川でしてみたいことは?
【参加費】 無料(昼食を持参してください。)
c0108460_1910214.jpg

「当日は各種ボランティアグループ・個人・子ども達・スタッフも含め
40人くらい集まった思う
岸和田土木尾崎事務所や養父教授の挨拶&趣旨説明後
関係外部リーダーの紹介もあり 早速生物観察になった
長靴を準備している者はジャブジャブと川の中に入り 
網で生物を捕獲し始めた
c0108460_19104345.jpg
一段落して捕獲生物の説明をそれぞれの専門家に解説してもらった
冬であるのに案外生物は豊富でヤゴなどもハグロトンボ・コオニヤンマ
クロスジギンヤンマ・ギンヤンマ等各種捕獲できている
c0108460_19113575.jpg

メダカ・オイカワ・ウキゴリ・ブルーギル・ドジョウ・モクズガニの子ども・
テナガエビ・スジエビ・アメリカザリガニ・シジミ・カワニナ・サカマキガイ等
昆虫ではミズムシ・ダンゴムシの仲間・ユスリカのボーフラ・プラナリア・
ヒル・コカゲロウ等々
c0108460_1911831.jpg

アメリカザリガニはてんぷらにすればおいしいとか 
西洋カラシナも酒のアテによいとか 
陸上にいるキセルガイはヒメボタルの餌だから 
この辺にはヒメボタルが沢山いるとか
説明にも余禄が付くからなかなか面白い
大人も子どもも水辺遊びに熱中して なかなか水からあがってこない
冬だと言うことを忘れているような光景である
c0108460_19121135.jpg

この辺は川の改修はされているが まだまだ自然が残っており
生き物も豊富で子ども達の自然学習にはもってこいである 」
c0108460_1912313.jpg

「午後からは岸和田土木尾崎事務所に移動してのラウンドテーブル
各自自己紹介を兼ねて現状報告や問題点の提起
金熊寺川を50年前のきれいな川にするためには 
川を汚している地元住民の協力や意識改革も必要であるが
出来ることからボランティア・住民・行政の協働作業も必要
そのために地元のゆるやかなネットワークつくりが必要
外部諸団体の協力も得ながら まずは講堂が必要であり
近々草刈り等の企画も検討」
c0108460_19125259.jpg

終了後 うみべの森を育てる会メンバー4人でコーヒータイムを楽しみ
雨が降り出したので早々に帰ることになった
c0108460_19154081.jpg

     「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_19574752.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-22 18:16 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

野の花と出会う会:美迫峠

平成21年2月21日(土) 雨・曇り・晴れ
c0108460_21512653.jpg

(9:10~16:00)
9:20 淡輪駅前→みさき公園駅前→(貸切アカバス)
      (途中4箇所で参加者を乗せる)→
9:54 多奈川西畑池谷でバス下車 
      総員 25名[男性 14名 女性 11名]
9:56 辻先生のリードでストレッチ体操
c0108460_21515557.jpg
10:00 「西畑地区の歴史」説明…里中先生(A4で2枚の資料配布)
      …1000年前から開けた平家の落人の里と言われている
c0108460_21522521.jpg
c0108460_21524838.jpg
10:07 出発
10:15 「和泉式部旧跡」(衣掛橋)(祠)(化粧池)
c0108460_21533085.jpg

c0108460_21534949.jpg
 10:36 「塞の神」(道祖神)
      このような神様が今でも祀られている所は全国的にも少ない
c0108460_21545174.jpg

10:40 池谷へ旧道を行く→(地層:和泉層群の説明)→
11:00 (常盤柿:雌雄の説明…大阪府下ではここだけ)→
11:10 「男の神様…八幡神社(応神天皇,戦の神様)」
       →77段の階段を登る
       同じ集落で男女神を祀っているところは全国的にも珍しい
c0108460_21563230.jpg
11:30 池谷の「六地蔵&迎え地蔵」
      (墓の入口に六地蔵:[地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上]
   (迎え地蔵は土葬時代の石棺や
        お供え物の置く前に立っている)
c0108460_21565437.jpg
c0108460_21572080.jpg

11:45 「池谷集会所」(トイレ休憩)
11:50~12:25昼食(池谷集会所前広場)
c0108460_21592541.jpg

12:30 「女の神様…弁財天(七福神)」
      (男の神様は向側の山)
      (後のウバメガシは100年以上の古木)
c0108460_2201256.jpg

12:40 「正願寺」(浄土真宗本願寺派・1693年僧得聞の開基)
      …東畑の極楽寺の住職が兼務
      …ここでシキビの花の広場を初めて見た人が多かった
c0108460_220319.jpg
c0108460_2205144.jpg
13:00 (美迫峠入口)→畑から竹林に変わり 山の中へと入っていく
      …日陰になると気温は低くなる
13:18 「美迫峠頂上」
      (迫は谷の意味で美しい谷の見える峠の意味だろうか?)
      …休憩&記念写真
c0108460_2212170.jpg
13:24 東畑方面へ出発
13:40 府道木の本岬線へ出る→13:50東畑横手バス停で自由解散
c0108460_222266.jpg

     (バスの時間まで1時間はあるので
       全員が府道岬加太港線へ出るまで歩く)
14:25 (犬飼の手前から半数の12名は山へ入り
       関電鉄塔補修山道を歩き尾根道へ出た
       一気に10分足らずで100mを登るので
       本日の一番厳しい歩きとなり 
       息切れのしている人が多かった
       全員が暑い暑いと言いながら汗だくになっていた
       その後は平坦な尾根道を歩き 
       十分に気持のよい山歩きを楽しんでいた)
c0108460_2222813.jpg
c0108460_2232588.jpg
15:40 (約1時間15分歩いてバス停岬役場前に到着 
      丁度やってきたバスに乗り帰途に着いた)
 本日の歩行距離 約12.5km

「西畑地区は今朝まで雨が降っていた様子だ 
和泉式部ゆかりの地を見る頃までは小雨が降っていた
山道も車の轍に雨水が流れ ぬかるんでいて非常に歩きにくかった
池谷旧道を歩き出す時分には雨も止み
天候も急激に回復して完全に青空になっていた…20分ほどの大変化だ
池谷旧道は珍しい植物の宝庫であり 
里中先生も小刻みに止まっては説明をしてくれた
池谷集落は古くから存在し 古い遺跡も多く 
つながっている道も軽四が通れないくらい狭い
しかし古い遺跡を十分に堪能できる静かな集落でもある
美迫峠を越えても全員に余力が残っており
府道を1時間以上かけて歩くと言い出した
途中から二手に分かれたが 出足以外は天気もよく一日楽しく歩けた」

   「野の花と出会う会」活動記録作成
c0108460_03692.jpg
c0108460_032595.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-21 21:32 | 野の花と出会う会 | Comments(0)

バードウオッチング=ウォーキング

平成21年2月20日(金) 雨・曇り・晴れ
c0108460_17423437.jpg

昨夜の大雨で畑作業は出来ない…自分への言い訳…
室内の片付けも ほぼ終った
やる気のない けだるい時は歩くに限る
何時ものコース…御陵さん→番川→淡輪漁港
御陵さんのカモたちも少なくなったように思う
ヒドリガモ以外もいるようだが…
c0108460_1743675.jpg

c0108460_174337100.jpg

メジロは梅の花の蜜が大好物らしい
c0108460_1744115.jpg

番川でも何種類かの鳥たちを見たが…
c0108460_17442822.jpg
c0108460_17465011.jpg

c0108460_17471451.jpg

漁港ではカモメたちの姿が沢山見られた 3種類はいるようだ
c0108460_17505313.jpg
c0108460_17511853.jpg
c0108460_1757381.jpg

c0108460_17514977.jpg

c0108460_1752641.jpg

トンビもカモメに混じってとびまわっとぃる
c0108460_17573170.jpg

このアオサギはいつも漁船から離れないようだ
c0108460_1752323.jpg

by TATE-misaki | 2009-02-20 17:52 | 野鳥 | Comments(0)

阪和演劇鑑賞会2月例会「見下ろしてごらん,夜の町を」

平成21年2月19日(木)② 雨
c0108460_2341523.jpg

(17:30~21:30)
粘り強い勧誘で「阪和演劇鑑賞会」の会員になった
入会金¥2000 月会費¥2600である
どうゆう訳か1年間の会費全てを かあさんが負担してくれた
1.5か月分の小遣いが儲かった気がする
音楽会には若い頃は「労音」会員だったのでよく聞きに行ったが
演劇は生はあまり知らない
歌手のリサイタルの芝居や顧客招待した松竹新喜劇とか
4~5回の体験しかない…義理観劇の気持で出掛けた
会場は電車で10分の尾崎駅から歩いて5分もかからない近くである
少し早い目にと30分早く行ったが すでに一杯の人である
9割以上はおばちゃん族でわずかの男性も若い人はいない
サラダホール定員727席が満席である
「中高年女性観劇会」が本当の名前かも知れない…?
c0108460_23413697.jpg

(18:30~20:50) …阪南市文化ホール(サラダ大ホール)
「見下ろしてごらん,夜の町を。」
…劇団東京ヴォードヴィルショー公演
  作・演出・出演 中島淳彦
  出演者 佐藤B作 あめくみちこ 千葉和臣 園田容子 谷本知美他
  「人生の可笑しさと切なさを歌声にのせて…団塊の世代へのエール」
c0108460_2343095.jpg

…劇中には中島さん作詞作曲の歌が18曲も歌われ
  その上に谷本知美の演歌が数曲 千葉の弾き語り等があり
  完全にミュージカルであり出足から最後まで
  笑いと共に観客を引き付ける
  私自身も2時間以上休憩もなく禁煙であるのに
  タバコを吸いたいと言う気も起さずに夢中で見ており
  笑っている自分を発見したくらいである
  歌は全てうまいとは言えないが楽しい気分にさせる
  特に「両親への手紙」の娘の合唱は全くハモっていないが
  これが楽しくて面白い
  中島さんの「挨拶文」で練習時の不快指数No1騒音公害の
  文章がそのまま適用できただけに余計に面白く
  一人クスクス笑っていた
  谷本知美はご当地出身の演歌歌手らしいが歌唱力もあり声もいい
  昔の名前だけでTVに出ている声の出ない歌手よりは何倍もうまい
  TV局も高いギャラの下手な歌手の出演を断れば
  本当にうまいこのような歌手を10人くらい出演させらるのでは…
  名前の知っている出演者は佐藤B作だけだったが
  TVに出演する以外にもすばらしい演劇人がいると再認識できた
  TVや映画はやり直しが出来るが劇場は生である
  それだけに観客をここまで引っ張り込む力はたいしたものである
  谷本と千葉の歌はもう一度じっくりと聞きたいなとも思った
c0108460_23432695.jpg

  
by TATE-misaki | 2009-02-19 23:43 | サラダホール関係 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々