活き生き in 岬町

tatemisak.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

うみべの森を育てる会活動記録整理

平成22年1月31日(日) 雨
c0108460_18234484.jpg

起き出した時は すでに雨が降っていた
昨日の天気予報では 午後から弱雨であったが
朝から本降りの雨が降り続けている
雨の日は室内パソコン作業デーである
c0108460_18251768.jpg

昨日から「うみべの森を育てる会」の活動記録を
2001年の準備期間から始めて
最近までの9年間のデーターを整理し
定例活動日以外のイベント等を抜き出し
「うみべの森を育てる会の沿革」の資料作成をしている
アバウトなものは一度作成しているが
より詳細なものに作り直す作業である
昨日も半分ほど編集できたが
今日の雨で終日整理編集作業を継続した
c0108460_1826141.jpg

イベントやサポートの連チャンは常時であり
1日の内で午前午後と2つもこなしている時もある
1週間に6日も続いた時もあった
平均すれば月に2回はイベントかサポートがある勘定である
定例活動日が月3回であり平均月5回
役員は運営委員会があるので月6回は出ている
現役の人たちは大変だと思う
私は多いほど うれしいことなんだけれど…
c0108460_18265254.jpg

特に2001年(H13)の発足前の1年間は
準備段階で数人の人たちが熱心に
今のうみべの森の原型と基礎を造ってくれている
週に2回は出て作業をしていたのではないだろうか…?
先達の開発の苦労のお陰で
出来上がった うみべの森で
我々は楽しく遊ばせて貰っているようなものである
感謝しながら 今後も維持していかなければと思う
c0108460_18271512.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-31 18:27 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

ブログ参入3周年

平成22年1月30日(土) 晴れ
c0108460_15205826.jpg

我が家の梅が咲きだした
最近のやや暖かい気候で咲くスピードは早い
3年前の1月29日も梅の写真を入れている
あまり代わり映えしない
c0108460_15211766.jpg

ブログの最初の記事は2007年1月28日である
しかし29日に記事を書いていた
丁度3年目になった
c0108460_15214082.jpg

3年間での記事数は1396件になる
1日平均 1.27件記事を書いていることになる
旅行などでパソコンのない時は
帰ってからまとめて書いているので
毎日欠かさず書いている訳ではないが
日付では1日も抜けた日はない
365日埋め尽くしている
右手を13針縫った大怪我の時は
やや危なかったが 左手だけでしばらく続けた
最初は写真のない記事もあったが
最近では写真を使いすぎるので やや反省している
お陰でブログ容量は2GBになっている
c0108460_15231093.jpg

3年間のブログ来訪者は延べ49402名で
1日平均45名となる
来訪者は少ない方だと思うが
半数は毎日見てくれている人たちで
半数はフリターで時々覗いてくれているようだ
自由気ままに多少は迷惑をかけながら
書き綴っているブログに 
ここまで付き合ってくれる人たちが居ることは
非常にありがたく 感謝感激である
娘や息子に宛てたブログや
ボランティア仲間に向ったブログや
会社関係の人たちや同級生に宛てたブログ等々
関係者でないと興味のない内容も多々あると思いますが
今後とも 付き合ってくださるよう
よろしく お願いいたします
c0108460_15245780.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-30 15:25 | 我が家のボランティア | Comments(4)

みさき里山クラブ振替活動日:「バンブーハウス」増築作業

平成22年1月29日(金) 晴れ
c0108460_2033258.jpg

最近は孝子の森へ行く途中で
メジロの群れに会うのが楽しみである
柿の木の高い梢に残っている熟した柿を食べるために
群がっている姿を見られる
警戒心が高いメジロなのだが柿を食べるのに熱中していて
案外近くで観察できる
c0108460_2035870.jpg

伊豆賀口池の鏡を見るのも楽しみである
c0108460_2042180.jpg

(9:30~16:20) …孝子の森…参加者 9名
本日の作業内容
1.「バンブーハウス」の増築準備
 ①屋根下の足場組立最終段階…足場板整備
 ②柱に添え木打ちつけ…柱固定
c0108460_2045965.jpg

 ③棟木桟加工…寸法切り・先端斜め切り・ホゾ穴開け
 ④棟木支柱…寸法切り・両端にホゾ作り
 ⑤棟木の接ぎ木部分の補強&ホゾ穴開け
c0108460_205291.jpg

 ⑥棟木桟取り付け部分の位置決め&水平調整
 ⑦棟木&棟木桟&支柱の組立&据付
 ⑧棟木斜め材の仮取りつけ
c0108460_2061616.jpg

c0108460_2063493.jpg

2.第2倉庫横の整地跡へ薪移動
3.昼食の具沢山味噌汁とポテトサラダ作り
c0108460_2065423.jpg

「今日は正月2日の振替作業日であったが 
参加者は やや少なかった
少ないなりに 建築工事には船頭が多くて賑やかなこと
それでも材木加工の大工はホゾ穴開け用電動工具まで
使いこなして なかなか多忙である
一方では高所作業するトビ職も数人頑張っている
やかましいが 阿吽の呼吸で作業は進んでいく
しかし 丸太や廃材やを使っての建築作業なので
現場合わせが大変である
何時もより1時間残業したが 
予定の棟上完了まではできなかった
今日は刈り止めした棟にシートをかぶせて終わりとした」
c0108460_20101644.jpg

『帰りの孝子駅でうれしいことがあった
電車で帰ってきた淡輪小の女の子が挨拶してくれた
淡輪小学校の「ふれあいまつり」で「くらがし」のお店で
にこやかに応対して案内してくれた女の子である
孫娘と同じくらいの小学4年生ぐらいだろうか
笑顔が印象的で唯一人 顔を憶えていた子である
「おじちゃん 来てくれてありがとう! サヨウナラ!」
「あんた孝子の子やったん! サヨウナラ!」と
改札をすれ違った
私が淡輪小学校へ行ったのを
憶えてくれていただけでもうれしいことだ
お互いににこやかに挨拶しただけなのだが
何か満ち足りた いい気分にさせてくれた』

     「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_2011822.jpg
 
by TATE-misaki | 2010-01-29 20:07 | みさき里山クラブ | Comments(2)

読書三昧

平成22年1月28日(木)② 曇り
暴雨腑が止んだが 外での作業は出来ない
結局 午前中は読書になってしまった
積読書籍3冊に目を通した
c0108460_1310569.jpg

1.「足もとの自然から始めよう」
  …子どもを自然嫌いにしたくない親と教師のために…
  著者 ディヴィド・ソベル
  訳者 岸 由二
   「『小学4年生までは むつかしい自然環境問題や
    絶滅危惧種や学術名など教えない方が良い
    自然に接し 楽しさを教えるだけでよい』
    との主張であり 全く同感できる
    うみべの森を育てる会で子ども達にサポートしてきた
    今までのやり方は おおむね間違っていなかったと
    確信が持てた
    子どもたちも楽しみ 自分たちも楽しむ方針であった
    強いていえば生き物の名前や植物の名前を
    詳しく同定する必要がないかも知れない」
c0108460_1312432.jpg

2.『「人を惹きつけ、人を活かす」注目の企業2選』
  …AR campany Vol.3
「独自の営業力」を磨く
    株式会社㈱立花エレテック
    株式会社ミルボン
   発行所 株式会社リクルート
  「卒業した会社から郵送で送られてきた
   渡邊社長のユニークな人材育成戦略の紹介である
   その一環として私も「人間道場」での講師の1コマが載っている
   我々の時代は個人商店的営業が花盛りであったが
   それを個人商店的営業の最先端を走っていた渡邊社長が
   組織的営業に切り替えていったプロセスが面白い」
c0108460_1313617.jpg

3.「みさき歴史散策」
  …大阪府最西端のまち 岬町の独自の文化と歴史…
  著者 竹内 三郎
  発行所 泉南歴史民俗資料センター
        「陸翁双書第7集」
   「岬町に転居してきて35年になるが
    今までは あまりその歴史には興味がなかった
    里中先生の『野の花と出会う会』に
    参加するようになってから興味が出てきた
    この本でより詳しく知ることが出来て
    知的満足度は倍加した
    特に地名の独自見解には考えさされ面白かった」
   「孝子(キョウシ)…深日や孝子の子ども達に字を教えた先生が
               三十六歌仙の一人「藤原清正」ではないか
               教子の教の右のツクリがとれて
               左のヘンだけが残り 読み方がそのまま残った
               孝子村の古文書にも教子村と書いたのもあるとか
    多奈川(タナガワ)
            …紀貫之の旅日記の中に「たながわ」という地名がでている
             谷間を蛇行して河岸段丘をつくる川を古代「棚川」と呼んだ
               明治22年谷川・東畑・西畑・小島の四ケ村が合併して
               多奈川村が誕生した
    深日(フケ)…万葉集の1首に「吹飯(ふけい)の浜」と歌われていた
             吹飯⇒吹井⇒深日…江戸時代からの地名
    淡輪(タンノワ)…日本書紀の中に「田身輪邑(タムノワノムラ)」出てくる
            今でも国道26号線の番川の橋は「田身輪橋」と呼ばれている
            奈良時代に全国の地名を二字に統一された
            その時から「淡輪」と表記されるようになった
            古い朝鮮語「タム…小高い丘陵に囲まれた海に面した
                      ワ…小集落」               
by TATE-misaki | 2010-01-28 13:18 | 我が家のボランティア | Comments(0)

暴風雨

平成22年1月28日(木)① 暴風雨
c0108460_10164987.jpg

うみべの森を育てる会「植物調査」の日であり
早起きしたが 外は暴風雨である
c0108460_10172541.jpg

「今日は中止にします」ぼ電話コールがあり
早起きは「三文の損」になってしまった
天気予報は弱雨となっていたが
暴風雨であり 
傘を飛ばされそうになりながらもゴミ出しをしてきた
c0108460_1018475.jpg

この 暴れ者も10時過ぎにはおとなしくなり
天候も回復傾向に向っている
こんな日は 孫たちのアルバム編集の継続だ
一日文句も言われずパソコンと遊べるのは
別の喜びを感じる
by TATE-misaki | 2010-01-28 10:18 | 我が家のボランティア | Comments(2)

淡輪小学校「第22回ふれあいまつり」

平成22年1月27日(水) 晴れ
c0108460_13134348.jpg

(9:30~11:30) …淡輪小学校
淡輪小学校では毎年子どもたちが企画して
各教室をゲーム場や喫茶店にアレンジして
自分たちも招待した保護者や関係者を
接待して楽しませてくれる
保護者は6年生の保護者に限定されているようである
その他はボランティア等で
学校と関わった人たちを招待しているらしい
市川さんと私は「ほっとタイム」の
木工教室の講師として招待された
c0108460_1314193.jpg

受付から早速案内係の子どもが
2階へと案内してくれた
各学年縦割りで18班あり
それぞれ趣向をこらしている
c0108460_13145330.jpg
c0108460_13153276.jpg
c0108460_13155988.jpg

プラパンに絵を描いてトースターで熱すると
小さくなるのには驚き 面白かった
c0108460_13264755.jpg
c0108460_1327885.jpg
 
ピタットタイムでは目隠ししてタイムスイッチを
10秒と思うところでスイッチを切ったが
9秒であり ややセッカチの気性が出ていた
c0108460_13172041.jpg

ドッジボールでペットボトルを倒すゲームや
c0108460_1319358.jpg

輪ゴムてっぽうで的を当てるゲーム
ピコピコカプセルゲーム等々
全てのゲームに挑戦してみたが うまくいかなかったが
どれもよく考えていて面白かった
何箇所かのゲーム場では手書きの表彰状をもらった
ダンボールで作った迷路も大変な作業だったと思う
喫茶では紅茶やチョコレートで休憩し
ほっとする時間もくれた
92才の竹内愛子先生も元気に姿を見せていた
c0108460_13201192.jpg

自分たちのお店への勧誘のため
プラッカードを持った宣伝マンが廊下を走り回っている
c0108460_14263294.jpg

一生懸命に大人を楽しませようとする
子ども達の姿には感動し
自然に「ありがとう」の言葉が出てくる
子ども達の「plan do see」の実践には持って来いであり
大人たちとの交流も双方にとって有意義だと思えた
ぜひ来年も参加したいものである
c0108460_13204240.jpg

c0108460_1321997.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-27 13:21 | 岬町関係 | Comments(2)

惰性の日々

平成22年1月26日(火) 晴れ
c0108460_16551364.jpg

快晴 無風 小春日和
屋外作業には持って来いの天候である
であるのに 何故かやる気が出ない
女房殿がパッチワーク教室へ行って不在なので
もっけの幸いで ボケーとしていた
c0108460_16554123.jpg

一応室内の観葉植物や外の鉢植えには
1週間ぶりの水はやったが…
c0108460_1653329.jpg

郵便局へお年玉切手の交換に行き
使用しなかった年賀ハガキを切手に交換し
かえる途中に久し振りでイソヒヨドリに出会えた
スマートできれいな色である
c0108460_16562020.jpg

我が家の花壇のあちこちに
種類の違うスイセンが咲いている
球根を植えた記憶はあまりないのだが…
c0108460_16564574.jpg

娘から小3孫娘のダンス発表会の時の
プロ製作のDVDを郵送してきた
…「上手やなー」「可愛いなあー」等々
ジイババ馬鹿ぶりを発揮しながら
女房殿と二人で2時間ほどDVD画面に釘付けになった
c0108460_16571268.jpg
c0108460_16572616.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-26 16:57 | 我が家のボランティア | Comments(2)

淡輪漁港散策

平成22年1月25日(月) 曇り・弱雨
c0108460_15543511.jpg

昨日の結婚式は ゆっくりと座っていて
飲んで食べて写真を写していただけなのに
今日は何か疲れた気分で何もする気が起こらない
昨日もあまり歩いていないので
淡輪漁港辺りまで散策に出掛けた
途中に咲いているヤブツバキの花が
数が少ないだけに なかなか印象的である
c0108460_15545243.jpg

浜辺に出て面白い流木がないか探したが
ゴミばかりで面白そうなものは何もなかった
ただコサギにアホなオヤジがおるなあーと見られていた
c0108460_15552216.jpg

漁港の風景と波止の先端から山の方を見る風景が好きだ
c0108460_15554365.jpg

波止の先端のT字波止はカモメとウの集会場になっている
仲良く入り混じって何か話し合っているように見える
c0108460_15562686.jpg

漁港の照明塔の先端に何故かカモメが1匹づつ止まっている
装飾のようで なかなか おもしろい
c0108460_15594481.jpg

海と船を見て気分一新し
500枚弱の年賀状の当選番号を調べてみたが
今年も切手11枚だけで1~3等とは無縁であった
何十年と年賀ハガキの重要顧客なのに
切手以外当った事はない
クジ運に見放されている自分を再認識しただけである
by TATE-misaki | 2010-01-25 16:00 | 我が家のボランティア | Comments(0)

うみべの森を育てる会の定例活動日:「うみべの森の総点検」

平成22年1月23日(土) 晴れ
(9:30~15:30) …せんなん里海公園内うみべの森
参加者…9名
本日の活動内容
1.[ミーティング:アーチ前]…公園事務所 奥野さん
  …ボランティアだけでは困難な作業等を提案されたいとのこと
c0108460_1862490.jpg

2.うみべの森の総合点検…全員で森全体を散策して検討
c0108460_187544.jpg

 …公園側への要望
 ①アーチの横 海側の根笹を海側に1m残して刈り取る
c0108460_1873554.jpg

 ②4本桜大木(ふかふか小径奥の南海線路際)
   …桜を活かすため周辺の間伐・根笹刈り・つる切り
c0108460_188422.jpg

 ③ふかふか小径と南海線路際までの根笹刈り…約20m
 ④ビオトープ上の通路の土管地帯の陥没の復旧作業
 ⑤第1カブちゃんベッドから展望台までの通路海側の根笹刈り
c0108460_1883558.jpg

 ⑥椿林奥のダンチク刈り
 ⑦メダカ池奥のダンチク刈り
 ⑧箱の浦出入り口付近のダンチク刈り
 …我々で行う作業
 ①川沿い通路の枯れダンチクの撤去
 ②ハンノキ林の倒木&間伐材の撤去
 ③おにぎり広場の腐った丸太の撤去
 ④各所にクロバエが3本枯れている→切り倒し
 ⑤椿林の間伐材の撤去
c0108460_7264437.jpg
c0108460_7271787.jpg

 …問題点
  椿林の木がヤブツバキを含め5~6本伐られている
  伐った木はそのまま打ち捨てられている
  誰の仕業か不明…対策が必要
c0108460_1811365.jpg

3.公園側への要望箇所へ奥野さんを案内し説明
4.お弁当…陽だまりでピクニック気分
c0108460_18114640.jpg

5.手作り物置の整理整頓…いらないものは沢山捨てた
6.物置横に自転車置場の増設作業
c0108460_18121019.jpg

7.4本桜近辺の整備
  …根笹刈りと間伐とつる伐り作業
   つるが何十本と桜の木を覆い尽くしており 
   桜は枯れる寸前である
   100年は生きていた古木の大木なので大事にしたい
   汗まみれになってつるを引き落としたので相当明るくなった
c0108460_18123222.jpg
c0108460_18125319.jpg
c0108460_18133078.jpg

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1814584.jpg

by TATE-misaki | 2010-01-23 18:14 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日:「バンブーハウス」増築準備

平成22年1月22日(金) 曇り・晴れ
(9:30~15:20) …孝子の森…参加者 10名
c0108460_18353297.jpg

本日の作業内容
1.「バンブーハウス」増築準備
 ①足場組立&足場板設置
   …パイプが足りなくなり丸太を使ったりして
    番線で締め付ける本格的なものである
    会員は慣れたもので建築屋顔負けの作業をする
c0108460_1836138.jpg

c0108460_18365574.jpg
c0108460_18372063.jpg

 ②屋根棟木廃材選択&寸法切断 
   …廃材のため太さと寸法を合わせるのに苦労していた
     ここの材料だけは購入する必要がありそうだ
     それでも中心の棟木はボルトで繋ぎ合わせ
     長尺物が一応準備できた
c0108460_18374939.jpg
c0108460_1838724.jpg

 ③半割竹材の先端の斜め切り(先端を合わせるため)
    4種類 合計 約200本
   …発電機の電源で355mmのマルノコを使っての
     切断作業であり非常に効率がよい
     瞬く間に切断し準備が完了した
    後は組立作業に入るだけである
c0108460_1838337.jpg

2.第2倉庫横の整理&整地
  …整地中にカブトムシの幼虫が2匹も出てきた
   別の場所に穴を掘り移転させてあげた
   イノシシ天国で今まで食べられずに
   よく生き残ったものだと感心し 愛おしさも増す
c0108460_18402680.jpg

c0108460_18404635.jpg

3.中孝子より軽トラで水を運び上げ水タンクに補給
    18リットルポリタンク*12個
   …ここでおいしい料理を作って貰うためには
     絶対に必要な必需品であり 全員が協力する
c0108460_18411062.jpg

4.手作りの背負子で枯れ枝の搬送
   久川さんが孝子の森で大きな二股の木を探し 
   手ノコギリで二つ割にし 後はナイフやカンナその他で
   面取りをして作ったものである
   我々は使い方も分からなかったが
   久川さんはこれを使って軽々と枯れ枝を運んでいる
   降ろすときもそのまま傾けるだけで降ろせる
   昔の道具は なかなかよく考えた機能を持っていると
   感心しきりである
c0108460_18413360.jpg

c0108460_18415092.jpg

5.昼食用料理
   ①具沢山のトン汁
     …冬の熱いトン汁は冷たい弁当も暖かく感じるくらいで
       非常に楽しみであり おいしく うれしいものである
   ②ヤキイモ…オヤツの時間用
     …40分かけて たき火の熾き火で焼いてくれた
       今日のヤキイモは何がよかったのか特においしかった

「今日から寒くなるとの予報であったが
たき火が必要なほどの寒さではない 逆に暖かく感じる
しかし作業をしていても汗をかかない程度の寒さではある
c0108460_18421440.jpg

山へ登る途中で中孝子の岡本さんに出会った
山の道を整備しながら 道端に堆積している土を一輪車で運び
26号線から山へと続く長い道筋の整備をしてくれている
車が通り 雨で土が流されて 凸凹が激しい道に 
運んできた土を埋め込み 道を平にしてくれている
山道を一輪車で土を運ぶだけでも大変な重労働である
しばらく立ち話をして 御礼を言って分かれたが 
ありがたいことである」
by TATE-misaki | 2010-01-22 18:42 | みさき里山クラブ | Comments(0)