ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2012年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧

みさき里山クラブH24年8月度運営委員会

平成24年8月31日(金) 晴れ
c0108460_16172672.jpg

(10:00~11:20) …ピアッツア5ロビー
8月度運営委員会記録
参加者 9名 [岡田 丸山勝 甲斐 二宮 丸山禮 久川 羽間 徐 立石]
議題1.淡輪14区草刈り事業報告
     7月23日~8月9日の9日間 60区画
     延べ 69名 軽トラ 17台 処理草 108.8kg
     刈り取った草は数日乾燥させておいたので 案外軽くなっていた
c0108460_16181466.jpg

議題2.里山使用料入金
     「NPO法人まちづくり岬」より「大人の林間学校」使用料&サポート費&
     設備撤去準備金として10万円の入金があった
     積み立てる特別会計を検討する
議題3.和歌山大学:孝子の森での実習についての報告
     5~7月に渡り4回 孝子の森で実習を行った
     養父教授の指導の本で毎回40名弱の参加である
     7月31日に岡田代表が実習発表会に特別参加した
     土壌の酸性度調査や水質調査など
     我々のやっていないような調査もあった
     採集結果は今後の活動の参考にしたい
c0108460_16185596.jpg

議題4.自然体験学習:多奈川小学校3年生の感想文…全員に回覧
議題5.9月29日(土)南海ハイキング
     「森林浴&ビオトープハイキング」
     10:00~10:30 孝子小学校で受付
     孝子の森→客山展望台→犬飼谷峠→白砂峠→
     土取跡(ビオトープ)→長松自然海岸→みさき公園駅
     9月4日 岡田代表宅で南海幹事と打合せ…徐参加
     トイレの整備・水補給・掲示板の張替え等の事前作業もある
c0108460_16192231.jpg

議題6.イベント「手づくり広場」
     11月23日(金:祭日) 10:00~14:30
     細かい内容は昨年と同一とする
c0108460_16195670.jpg

議題7.客山展望台点検要領書案(羽間作成)
     内容は問題なし…月1回の点検とする
     ひび割れ手すりは特に入念に実施
     自己責任看板の取り付け位置の再検討
議題8.南尾根上部の植生調査報告…岡田代表
     シダ刈り後の山には案外実生苗が多い
     松やリョウブやサカキは大切に育成したい
c0108460_16202744.jpg

議題9,その他
  ①今年は栗の実の出来が悪い
  ②「大人の林間・臨海学校」の宿泊場所の
    見直す時期が来ているのでは…
    初めての人は面白いがリピーターには躊躇が出てくるのでは
    高くなっても海風館利用を考えるべきかも…
    会費が高くなり参加者募集の苦労も増える…
    種々のジレンマはありそうであるが…
c0108460_16205244.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-31 16:21 | みさき里山クラブ | Comments(2)

鉄道博物館に来ています

平成24年8月30日(木) 晴れ
c0108460_12565199.jpg

飛び込みの応援ツアーは終わった
明生は仲間の応援でプールへ行き別行動
応援団5人は電車を3回乗り換えてさいたま市大宮区まで遠征して鉄道博物館へ来た
c0108460_1232022.jpg

(8:46京葉線→9:01武蔵野線→10:01京浜東北線)
c0108460_1235362.jpg

10:14大宮駅から 10:30ニューシャトルに乗り1駅…約2時間
c0108460_1251863.jpg

c0108460_1263467.jpg

(10:40~14:30) …「鉄道博物館」

《鉄道博物館は交通博物館に代わって、
JR東日本関連財団である東日本鉄道文化財団が2007年10月14日にオープンさせた、
鉄道の歴史と鉄道の技術と仕組みをテーマにした博物館。
実物展示車両36両、日本最大の鉄道模型ジオラマ、
5種類の運転シミュレータなど魅力的な設備を擁し、
鉄道を取り扱う博物館の中では文句なしで日本最大のボリュームです。》
c0108460_1345469.jpg

ここでは2階の一番奥が喫煙ルームなので 一人別行動になる
c0108460_231315.jpg

ジオラマは座席をとってくれていたので一緒に見ることが出来た
大阪の博物館と同じもののようであるが 運転ソフトは大阪の方が勝っている
ここでは淡々と列車の説明だけであるが
大阪では夜バージョンで全列車を灯りを付けて走らすので
その圧巻的なきれいさに拍手が出るほどだが
ここでは拍手はなかった
しかしオトンボなどはこれが気に入り 帰る間際にも もう一度見ていた
c0108460_1365949.jpg
c0108460_1373792.jpg

昼食は並ぶのを覚悟していたが 案外すんなりとありつけた
日本食堂であるが カウンターでセルフで料理を受け取ると
係の人が人数を聞いてから席に案内してくれる
子どもづれは極力窓際の在来線の電車が見える場所に案内してくれる
そのため渋滞せずにスムースにいっていた
昔懐かしいハンバーグライスにしたが味は 標準であろう
c0108460_138309.jpg
c0108460_1385850.jpg

車両展示場は ぜいたくなもので
かって動いていた車両がずらりと36両も見られる
間近で見ると非常に大きい…写真の対象にしても面白い
初代御料車なども間近で見学できた…割合に質素である
この辺は一人でゆっくりと見学できた
c0108460_1415094.jpg
c0108460_1402544.jpg
c0108460_1422826.jpg

しかし 子ども達はここにはあまり集まっていない
やはり動くものがいいらしくミニ運転列車やミニシャトルは長蛇の列である
ジオラマなども直に満席になる
c0108460_1431354.jpg
c0108460_1442793.jpg

午前中にニイニイが運転シミュレータに予約(有料500円)していたので
13時30分に現場で合流した

《運転シミュレータ
鉄道車両の運転を精密に再現したシミュレータを体験できる。
蒸気機関車D51形、新幹線200系、山手線205系、京浜東北線209系、
高崎線211系の5種類が設置されている。
D51形以外のシミュレータはすべて、交通博物館から移設されたものである。

このうちD51形のシミュレータは日本初の蒸気機関車シミュレータであり、
蒸気機関士を体験することができる。…(予約:500円)
『Train Simulator』の製作元である音楽館によって
釜石線花巻 - 新花巻、岩手二日町 - 遠野、新花巻 - 土沢間で撮影された映像を使用している。
また実車同様に揺れが発生したり上級者モードでは石炭をくべる作業も加わり、
機関助士の投炭による感覚がそのまま体験できる。
ATS装置も作動させることが可能である。他のシミュレータは無料・予約不要である。》
c0108460_1452944.jpg

運転手はニイニイで助手はオトンボである
わたしとママもカメラマンで一緒に乗り込める
発車させると床も動き出し景色もどんどん後へ流れ
本当に蒸気機関車に乗っている気分になる
助手は汽笛の鳴らし方を教えてもらうと 必要以上に引ぱって鳴らしていた
c0108460_1461121.jpg

石炭を入れる作業までした助手は悦にいっていた
c0108460_1484696.jpg
c0108460_148720.jpg

ニイニイも親切につききりで指導してくれるお姉さんの指示に従って
操作して発車させたり停車させたりして楽しんでいる
同乗者も揺れを十分に楽しめた
わずか15分ほどであるが これはなかなか楽しいシミュレータであった
c0108460_1494778.jpg
c0108460_1501595.jpg

2時30ごろテッパクを出て ニューシャトルで大宮駅へ行く
c0108460_1513812.jpg

2時50分頃から30分ほど大宮駅構内にあるショッピング街でぶらぶらして
3時20分に新幹線改札口を入ったところで孫たちと別れた
c0108460_1525091.jpg

我々は東京へ向かい 孫たちは「Maxとき」で越後湯沢まで行き
はくたかに乗り換えて高岡へ帰る
我々は東京駅へ到着度14分ほどの乗り換え時間で
c0108460_1532571.jpg

のぞみ47号の7号車(喫煙ルーム付き)に乗り新大阪へ
我が家へ帰り着いたのは20時30分であった

今回の応援ツアーではオトンボに よく面倒を見てもらった(?)ように思う
甘えん坊の やや頼りない気がする年長組のオトンボであるが
ジイと会うと途端にしっかりして ジイの保護者に変身する
一服吸いに行って 居なくなると ジイが居ないと探し回る
グループの人数が1人でも欠けると気になるらしい
一緒に歩いていても私は写真を写すので直に一行から遅れる
そうすると必ず引き戻しに来る
こんなことが再々だから しまいには手を引っ張って引き戻された
ホームでは通過電車があると風圧で帽子が飛ばされるから帽子を押えよと云う
大丈夫だと押さえないとオトンボ自らが押えに来る
しまいには あまり云うことを聞かないので 電車通過の時だけ帽子を取られてしまう
ジイは何かとよく注意される
何かと世話のかかるジイだと思っているようだ
ジイと別れて ヤレヤレと思っているのはオトンボかも知れない

これで夏休みの一大イベントは終了となった
ヤレヤレか淋しいか複雑な気持ちです
by TATE-misaki | 2012-08-30 12:56 | かわいい孫 | Comments(4)

葛西臨海公園へ行く

平成24年8月29日(水)② 晴れ
c0108460_1681966.jpg

(12:00~15:00)
次の競技まで4時間以上空いているので 電車で20分ほどの葛西臨海公園水族館へ
ニイニイとオトンボとかあーさんと4人で行ってきた
新習志野駅からディズニーランドのある舞浜の次の駅が葛西臨海公園駅である…約20分
c0108460_1685932.jpg

到着と同時にお腹が空いたと 駅に隣接している「マクド」へ入った
席は満席で注文も行列しているくらい盛況だ…単独で来ている大人も多い
我々は孫と一緒でなければ マクドなどに入ることもない
食後 公園へ入り水族館へ直行である
c0108460_1693816.jpg
c0108460_161029.jpg

「葛西臨海公園
開園年月日 : 平成元年6月1日
● 開園面積 : 805,861.13平方メートル(平成22年5月31日現在)
鳥類園  ウォッチングセンター  葛西臨海水族園  ダイヤと花の大観覧車 
ホテルシーサイド江戸川  バーベキュー広場
c0108460_16104633.jpg

この公園は大空のもと紺ぺきの海が広がる東京湾に、
緑と水と人のふれあいをテーマに五つのゾーンを配して誕生した公園です。
 昭和60年1月から葛西沖開発土地区画整理事業の一環として着手され、
平成元年度にその一部約38ヘクタールがオープン。
平成6年4月には鳥類園ゾーン、平成7年7月には展望レストハウス「クリスタルビュー」、
平成13年春には観覧車がオープンしました。
 また、葛西海浜公園にも隣接しており、行楽地としての色あいの濃い公園となっています。」
c0108460_16113434.jpg

葛西臨海水族園は1989年、東京都江戸川区の葛西臨海公園内に開園した水族館。
同公園内には鳥類園も併設されている。建築家谷口吉生氏が設計した斬新な建物は広く、
c0108460_1612488.jpg

マグロ類が群泳する容量2,200Lものドーナツ型の大水槽「大洋の航海者」を始め、
c0108460_16135341.jpg
c0108460_16175134.jpg

47の水槽に約550種の生物が飼育されている。
太平洋、大西洋、インド洋、カリブ海、深海、北極海、南極の魚や生物が展示される「世界の海」、
c0108460_16145690.jpg
c0108460_16151917.jpg
c0108460_1616564.jpg
c0108460_16164410.jpg
c0108460_16172098.jpg

実際に磯の生き物に触れることの出来るタッチングプールもある「渚の生物」、
c0108460_1623565.jpg
c0108460_16193238.jpg
c0108460_16205547.jpg

身近な「東京の海」、迫力あるジャイアントケルプの「海藻の林」、
可愛らしいしぐさで大人気の「ペンギンの生態」「海鳥の生態」他に淡水生物館も。
c0108460_16222161.jpg

半日かけてじっくり見学したい充実の水族館だ。
これは年間入場者数日本一の記録を持つ、東日本で最も人気のある水族館といわれている。
屋上は展望台になっており、
ドームやヨットの帆が海面に浮いているように見える演出が為されている。」

せんなん里海公園の何倍もある大きな公園で殆どが森林であり平日でも来訪者が多い
水族館も割合立派なものでオトンボが喜び兄がよく面倒を見てくれたので楽をさせてもらった
ニイニイはオトンボの手を引き各水槽を連れて廻り 分かりやすく説明している
だからオトンボハニイニイから離れない ジイバアは付いて歩くだけである
タッチプールではサメやエイを触って大喜び…気持ち良かったとか
オトンボは昆虫が嫌いでセミの声に耳を塞いでいるが 
水槽のサメが向ってきてもこわくないらしい

外の通路には自然の小川や小さな池など再現されている
実際に野鳥も沢山居るらしく 野鳥観察グループも活動していた
木立の間からスカイツリーが見えることも目のいいオトンボに教えてもらった
c0108460_16241080.jpg

水族館以外は立ち寄らずプールへ行き 次の応援である
c0108460_1624409.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-29 22:27 | かわいい孫 | Comments(2)

全国JOC飛び込み競技大会

平成24年8月29日(水)① 晴れ
c0108460_16455856.jpg

東横イン千葉みなと駅前ホテルの個室で6時に目ざめた
11時に寝れば自然に6時には起きられる
喫煙OKルームを予約しておいてくれたので 目ざめの一服
荷物をまとめて1階下の かーさんの部屋へ運ぶ
今日はパパが仕事の関係で帰るので部屋の振り分けが変更される
パパが居なくなるままの部屋へニイニイが移動し
ニイニイの跡へ私が移動する…これで1部屋分安くなる
6時30分から朝食だけはホテルで準備されている
簡単なもので おにぎり 味噌汁 パン コーヒー ヤサイサラダ ポテトサラダ
トマトジュースなどのバイキングであるが…
コーヒーを2杯飲んで無料の新聞を読んで時間調整
8時04分にパパの車にニイニイ オトンボ ジイバアが乗り込み
c0108460_1649529.jpg

水泳場へ向う…ママは選手の明生らと電車で早く出発している
c0108460_1647443.jpg
c0108460_16481157.jpg

電車で13分の距離が車だと30分かかった
途中細長い森の横を並行して走ったが よく見ると高速道路の側面の森である
道路の斜面に植えた樹木が立派に育って大きな樹木となり森になっている
関西ではこれだけの先のことを考えたゆとりある高速道路を見たことがない
どうも関西は目の前の利益だけ考えて長期の計画は増えてのようだ
こちらで目にする空き地は殆ど樹木が植えられている
関西では草だけである…関西の緑の少ない原因は人間の本質にあるようだ
緑より利益第一 儲け第一 で将来の不利益を誇大予測する
駅の近くの干潟も残されており野鳥の天国になっている
それが高架の電車の中からでも見られる…海は少し遠いはずだが…
関西の通勤ラッシュは中心地に向って一方通行みたいなものだが
京葉線ではどの駅でも乗り降りの乗客の数は同じように見える
通勤ラッシュの反対方向がガラガラではない
そのかわり昼間でも10両編成の車両である
緑が多く 関東地域の方がゆとりがあるように思える
…などなど 頭の痛いことを考えているうちに水泳場についた
c0108460_125719.jpg

8時35分から明生らの練習を見 9時30分~11時40分まで
JOC女子(12才~13才) 1m飛び板飛び込み競技を応援
7回の違った飛込み演技の総合得点で順位が決まるようだ
明生 残念ながら8位までの入賞ならず 30人中10位で少し残念
しかし 全国10位だからジイとしては鼻高々
c0108460_1650340.jpg

c0108460_16504413.jpg
c0108460_16515997.jpg
c0108460_16535289.jpg
c0108460_16543357.jpg

16時30分からシンクロ3m飛び板飛び込みの競技が始まったが
ペアが同じ演技をするので練習不足もあり14組中見事にどんじりであった
しかし明生は この競技を一番楽しくやれたようで 生き生きとした顔をしていた
c0108460_1544274.jpg

c0108460_15454291.jpg

c0108460_15464280.jpg

19時前にホテルに帰ってきたが 夕食は外で食べるのが飽きたと云うので
帰りにスーパーで ざるそばやすしや何種類も買い込んで
ホテルの部屋で4人パーティーを開催した
c0108460_15472314.jpg

ママはコーチが所用で早く帰ったので選手の食事などの面倒を見なければならず大変である
by TATE-misaki | 2012-08-29 12:05 | かわいい孫 | Comments(0)

東京ディズニーシーへ初訪問

平成24年8月28日(火)⑤ 晴れ
c0108460_23143697.jpg

明生の競技は終わったが 遅くまで練習があるらしい
ママは選手たちを食事に連れて行く役目もあって残る
パパとオトンボは一足先にホテルへ帰る
ニイニイ・ジイ・バア組は東京ディズニーシーへ行く
17:35新習志野駅発 京葉線→17:54舞浜着
c0108460_2374277.jpg

18:00モノレール 18:10シー駅着
c0108460_2314396.jpg

18:13東京ディズニーシー入場…人出は多いとは思わない
c0108460_23152123.jpg

18:20ニイニイはアトラクション「トイ・ストーリー・マニア」に乗りに行く
携帯で確認したら 今からだと100分待ちだと云いながら行った
ジェットコースターみたいなものだとのことで ジイバアは残って待つ
広い場内を歩き回るのもかなわんので 池のそばの階段に座って待つ
c0108460_2316171.jpg

しかし 周りに若い人達がどんどん座り込みだした
少し上の方の階段に移動したが ここも人で埋まってしまう
8時前には池の周りは人だらけである
c0108460_23165836.jpg

ナイトタイムスペキュラー「ファンタズミック」を見るためらしい
ニイニイも100分並んで5分で済んだと…
「面白かった!楽しかった!」とニコニコ顔で合流した
ショーは8時10分から始まるので その間はレストランは空くと見込んで
3人で食事に入った…やはり並ばずに直に食事にありついた
あまりおいしくもないパスタだったが その横でショウーが始り
大音量は聞えるし花火や光は十分に見られた
c0108460_23174765.jpg

これも早い人は2時間待って20分のショーを見ていることになる
ここへ来る人は並んだり待ったりすることは なんとも思っていないようだ
c0108460_23183387.jpg
c0108460_2319991.jpg

ショーの間に入口の方へ移動し空いている土産物屋で買物をし
何とかかえる態勢にはなれた
最初は少ないと思った入場者も 池の周りの人数を見れば何千人もいるようだ
しかしジイバアはただただ座っていただけで何も見ていない
東京ディズニーシーの空気を吸ってきただけである
c0108460_23202033.jpg

20:48モノレール→20:57舞浜駅→21:05京葉線→21:35千葉みなと駅
c0108460_23204840.jpg

…駅前30秒に東横インホテルがある
ここに選手は長期滞在しており コーチが都合が悪くなったため
ママが選手の面倒を見るために ここのホテルに急遽変更した
1泊目は私は喫煙個室 バアとニイニイが同室
パパママオトンボが同室との配分であった
部屋にパソコンのないホテルでは11時には寝ていた
…当然クーラーは弱いので切って眠っていたが…
c0108460_2322811.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-28 22:16 | かわいい孫 | Comments(0)

全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会2012飛込

平成24年8月28日(火)④ 晴れ
c0108460_1727770.jpg

c0108460_19552750.jpg

プールでは明生ちゃんの競技が始まるまではヒマだし
ニイニイとオトンボは早速ゲームをしているし
待望の明生にも会えたし ジイとしては居眠りして充電するだけ
c0108460_1956986.jpg

15:30~高飛び込み12−13才女子に明生は出場
c0108460_200144.jpg

7回違う演技で飛込み 総合得点で順位が決まる
c0108460_2022771.jpg

名生 はあまり大きな失敗はなく 30人中 4位になった
よく頑張った…万歳だ!
c0108460_2031271.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-28 17:27 | かわいい孫 | Comments(2)

無事新幹線に乗りました

平成24年8月28日(火)③ 晴れ
c0108460_1045782.jpg

9時50分のぞみに乗車 7号車に乗ると なんと目の前に喫煙ルームがある
c0108460_1984482.jpg

新幹線も喫煙出来るのだと知って うれしくなる
こんな上等の座席を手配してくれた娘夫婦にお礼を言いたい
これで途端に旅が楽しくなった
c0108460_1992353.jpg

途中 富士山の姿も久し振りに見られた
c0108460_1994534.jpg

車中の駅弁もパンとコーヒーがあれば満足である
c0108460_1910618.jpg

新幹線に乗れば勝手に2時間33分で東京駅まで運んでくれるが
そこから京葉線ホームまで東京駅構内を15分前後歩かねばならないとか…
これに やや不安があり 目耳口があればなんとかなるだろうとの覚悟だったが
東京駅でホームに降り立つと なんと婿とオトンボが迎えてくれた
c0108460_19394020.jpg

早速お土産に持ってきたマリンライナー(プラレール)を渡してお礼をする
c0108460_1941253.jpg

高岡組も朝3時に5人が車で出発し 習志野市の水上に9時過ぎに到着したらしい
早いので婿とオトンボが京葉線で東京駅まで来て 新幹線や列車を見学していたらしい
これがオトンボの今日の目的である
見学に満足して我々をホームまで迎えに来てくれた
これで田舎者はいっぺんに緊張感がふっとんでしまった
駅構内でオトンボの昼ご飯の食べられるところを探したが
どこも行列しているような大盛況で
c0108460_19421965.jpg

あきらめて サンドなど手軽なものを買って電車に乗ることにした
京葉線ホームまで付いていくだけでもややこしい…オマケに10分以上歩く遠さである
c0108460_1943023.jpg

ようやく京葉線に乗り 車中でオトンボはサンドなどを食べている
c0108460_19433291.jpg

新習志野駅まで34分も掛かるが各停しか止まらないので 割合にのんびりしたものだ
途中の車中から孫に教えられてスカイツリーも遠望することが出来た
c0108460_19442245.jpg

13:40に新習志野駅に到着したら 駅前に「千葉県国際総合水泳場」がある
その意味では駅に近くて移動には楽である
c0108460_19451155.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-28 10:45 | かわいい孫 | Comments(1)

サザンで出発

平成24年8月28日(火)② 晴れ
7:20出発…着替えなどは大型リックで背負っていく
丁度ラシュアワーの時間帯なので はりこんで座席指定で行くことしたが
自動販売機で座席券を買う
二人で500円安くなったのかと喜んだら子ども二人を押していた
出足から前途多難である…田舎者の旅日記になりそうだ
c0108460_8171035.jpg

通勤時間帯であるのにサザンはガラ空きである
8時35分に難波に到着しても 通常である
リックを背負って地下鉄で苦労することを覚悟していたが これも座れたほどである
大阪地区の通勤地獄は解消されているのだろうか…?
新大阪まで楽に行けたのは うれしいが
仕事人の姿が少ないことは 不安を掻きたてる
少し足に自信のない同行者のために早めに出発したので
お陰で大阪駅で50分もゆとりが出来てしまった
当然 喫煙可能の喫茶店で一服となる
…その点同行者が文句も言わず付き合ってくれるので助かる
c0108460_1935312.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-28 08:17 | かわいい孫 | Comments(1)

明生(メイ)応援団出発…朝焼けに見送られて

平成24年8月28日(火)① 晴れ
c0108460_6295529.jpg

今日は孫娘 明生の水泳飛び込みJOC競技の応援に行く
千葉県習志野市「千葉国際水泳競技場」まで行かねばならない
9:50新幹線「のぞみ」に乗る予定であり
何かと準備のとろい私としては 朝5時に起きた
こんな時間に寝たことはあっても起きた記憶はあまりない
起きた時 外で一服しようとしたら 空が赤くなってきた
最初は「え!なに…」なんて感じであったが
よく見ると朝焼けである
夕焼けは見ても 朝焼けなんて見たこともない
夕焼けに劣らず そのきれいさに しばらく呆然と見ていた
c0108460_6302116.jpg

一方で咲いているのを見たこともない朝顔も見られた
c0108460_6304327.jpg

やはり早起きは三文の得なんかも知れない
なんだか幸先がよいように思えてきた
さあー田舎者が新幹線に乗るぞ…!
…しかし 禁煙タイムが長いので やや億劫ではあるが…
c0108460_631227.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-28 06:31 | かわいい孫 | Comments(1)

畑で諸々作業

平成24年8月27日(月) 晴れ・曇り
c0108460_15411735.jpg

我が家のペットはお金がかからない
朝日が出ると尻尾をを振り出し 夕日が落ちるとお休みになる
「がんばっているねえー」と二人で時々声を掛けている
娘からのプレゼントだが 1年以上止まったまま動かなかった
最近 移動もさせていないのに急に動き出したのが不思議である
それでも けなげに尻尾を振っているだけでもかわいいものだ…癒される
c0108460_15403966.jpg

今にも降りそうな曇り空になってきたが 雨は期待していない
畑の作業も軽作業だけにした
c0108460_15424716.jpg

①腐食木材クズと紙ゴミの焼却
②室内観葉植物の水やり
③皇帝ダリア20本の剪定
   上部3~4節の枝を残して下部の枝をほとんど折り取る
   ほっておいても枯れる枝だが早い目に取ることで風通しもよくなる
c0108460_15415827.jpg

④3日間の旅行の準備
  28日(火)~30日(木) 習志野市
  JOC水泳競技(飛び込み)に出場する
   明生(孫娘 メイ)応援ツアー
 …(三日間のブログは携帯の簡単なものに せざるを得ない)
c0108460_15432583.jpg

by TATE-misaki | 2012-08-27 15:43 | 我が家のボランティア | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々