ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2014年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

夏野菜の支柱立て

平成26年4月30日(水)曇り
c0108460_20513768.jpg
c0108460_20513107.jpg
c0108460_21025547.jpg
今朝方まで雨はよく降っていた 畑は水を十分に含んで 我々には いいお湿りであった
朝7時に一度起きたが またもや二度寝してしまった
10時に起き出したが 畑の水捌けがよいので作業は出来そうである
c0108460_20523691.jpg
*一昨日植え付けたナスビ1株とパブリカ2株の植え替え
  ナスビ1株 キューリ3株 トマト3株を知人の通信販売に相乗り注文していたのを忘れていた
  それを想定して植付の配置転換である
c0108460_20513675.jpg
*夏野菜の杭打ちと支柱立て
  杭9本を打ち込み 横木の木製桟を電動ドライバーでネジ止め
  電動ドライバーはこの時と原木プレートの穴あけにしか使っていない
  高い道具をしょうもないもんにしか使っていないと常に文句が出る
  支柱を40本ほど立てて横木にくくりつけ 次いで支柱に苗をくくりつける
c0108460_20523604.jpg
*ズッキーニー4株 アンティーチョーク5株の実生苗を頂いた
  まだ双葉であるが畑に直か植えした・・・何とか育つと思うが
c0108460_20513558.jpg
*果樹畑にミョウガが顔を出していた 黄色オキザリスに隠れていて忘れていた
  急遽黄色オキザリス抜きにかかりミョウガを陽の光に当てるようにした
c0108460_20523789.jpg
c0108460_20523440.jpg
c0108460_20523503.jpg
*タマネギ畑の草引き・・・しばらくサボっていたら草やらタマネギやら分からなくなってきていた
  雨の後なので大きな草は引きやすい それでも6時まで頑張って1畝がやっとであった
  後は明日への継続作業として 本日の作業は終了した
c0108460_20523435.jpg
c0108460_20523557.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-30 20:58 | 我が家のボランティア | Comments(2)

雨の日は休養日

平成26年4月29日(火)雨
c0108460_14280715.jpg
8時に一度起きたが 雨が降り続いているので 
どうしようかなあーと考えながらベッドに横になったら また寝てしまったようだ
次に目覚めたら12時であった
c0108460_14280556.jpg
c0108460_14281055.jpg
今まで睡眠不足で? パソコンをしていても時々居眠りなどしていた
10時間弱の睡眠は久しぶりであり 十分に睡眠不足が解消したと思う
c0108460_14280943.jpg
c0108460_14280534.jpg
雨は降り続いており 「つつじ祭り」の5月3日への順延決定は間違っていなかったようだ
昨日植え付けた 夏野菜類も水をやっていなかったが正解であった
畑や花壇の花たちは久しぶりの水をたっぷりと貰って元気になったように思う
世の中は一方が悪るければ 一方がよしと 反対側からも物を考える必要があるようだ
c0108460_14280855.jpg
c0108460_14280896.jpg
玄関喫茶で雨を見ながら一服していても 外気温は16度であるが 寒い感じである
目の前に5月が来ているとは思えない気候である
しかし 傘を差しながら畑や花壇を見て回るのも 楽しみの一つである
c0108460_14280645.jpg
c0108460_14280609.jpg
こんな日はパソコンや読書で 一日のんびりと過ごすことになる
c0108460_14323875.jpg
c0108460_14324059.jpg
c0108460_14324177.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-29 14:33 | 休閑雑記 | Comments(0)

夏野菜の植え付けが ようやく終わりました

平成26年4月28日(月)曇り・小雨
c0108460_20435394.jpg
朝からどんよりと曇っており 今にも雨が降りそうである
11時前から小雨が降り出したが 自転車で出掛けることにした
カッパの上着を2着使う 1着は着る もう1着は腰に巻いて足や膝をカバーする
こうした完全防御で自転車でも濡れることはない
*郵便局で みさき里山クラブの通帳から30数万円引き出した・・・発電機代である
  ATMに通帳を何度入れても 入れ直しを要求された 後ろには並んでおり 少々焦った
  見かねて前列のおばさんが「通帳を上向きに入れなあかんでー」と教えてくれた
  プリンターやFAXと同じように裏向けて入れていたのである
  お金のことは大蔵省にまかせっきりなので自分で貯金を引き出したことがなかった
  この方面も少しは慣れる必要を痛感した
*川八園芸店・・・夏野菜の苗を購入
  昔トマト 6株 キューリ4種 10株 長ナスビ 3株 赤・黄パブリカ 各1株
  モロッコインゲンの種 1袋 百日草種 1袋 夏菊 2株・・・3千円ちょっとの勘定
  自転車の前と後ろに積める量であった
c0108460_20425928.jpg
*行きは御陵さんの横を通って
c0108460_20430186.jpg
c0108460_20430131.jpg
c0108460_20430215.jpg
c0108460_20430294.jpg
 旧国道26号線を走ったが 和歌山行が凄く渋滞していた イオンが開店してからの毎日のことらしい
c0108460_20430375.jpg
c0108460_20430325.jpg
 
*帰りは星陵古墳の横を通って番川沿いに帰ってきたが
c0108460_20425983.jpg
c0108460_20430031.jpg
 
 番川にカモが1羽泳いでいた 淡輪漁港に留鳥となっていた1羽かもしれない・・・春のカモは珍しい
c0108460_20430030.jpg
*昼から小雨が止んだ間に 夏野菜を全て植え付けた
  昨日苦労して畝を全て整備しておいたので植付は簡単であった
  ついでに空いている畝にニンジン・つるインゲン・ホソネギ・コマツナ・キクナと種の残っていたのも全て撒いてやった
c0108460_20435230.jpg
*遅くなった昼食は自分で料理する
 ・・・我が家ではいつの間にか朝と昼は各々勝手に料理して食べる習慣になってしまっている
 しばらく昼は麺類が続いたので今日は趣向を変えて 私流の「お焼き」にした
 畑からネギをどっさり収穫して細かく刻み 卵・めんつゆ・塩・砂糖で味付けして
 粉をクレープを焼くくらいの薄さに練る そこへ刻んだネギを入れてかき回す
 厚手のフライパンで 弱火と中火の中間くらいで焼く・・・直ぐに焼ける
 焼きたてがおいしいので 焼きながら つまみ食いするので 焼き終わったらお腹は満足している
 それでもおいしいのでやめられず24枚焼いて半分以上食べてしまった・・・残りの8枚は冷凍して後日の昼食にする
c0108460_20435428.jpg
*かあさんが畑のサヤエンドウとスナックエンドウを収穫し筋取りをしている・・・サービス過剰?
  私はダンボール箱を持ち出して 重いものを底に入れながら詰め込む段取りをする
  今日 かあさんが「よってって」「グラングルトン」に買出しに行った 野菜類やパン
  昨日貰ったタケノコを40分以上茹でたのが約2kgも袋に入れた
  これらを 何とか収まるようにパズルをしながら梱包・・・12kgあった
  娘宅へ宅急便で送るためクロネコまで持ち込んだ・・・クールで送ったら2千円弱掛かったようだ
c0108460_20435440.jpg
* 帰りは箱作まで出て「王将」で夕食・・・昼食後3時間しか経っていないがラーメンと春巻きなら食べられた
 かあさんが五目焼きそばを量が多いと半分近く残していたが それも 勿体ないので食べてしまった
 我ながら大きな胃袋だと感心している
 平日だと思っていたが 王将は家族連れが多く 6時30分ころに出る時は 満席なので たくさん順番待ちしていた
c0108460_20435501.jpg
c0108460_20435334.jpg
 


by TATE-misaki | 2014-04-28 20:49 | 我が家のボランティア | Comments(0)

夏野菜植付準備に少々あわてている

平成26年4月27日(日)晴れ
c0108460_20415330.jpg
気持ちよく晴れているが 午後からは割合に強い風が吹き出した
花たちには気の毒であるが 畑作業する者には汗を吹き飛ばしてくれて都合はいい
c0108460_20415279.jpg
畑作業の最初はは草引きの予定だが その草の中に自生苗が何かと含まれている
*ツユクサらしき苗を10株ほど移植
*アカジソとアオジソが無数に自生している・・・150株1畝分を移植
  シソを150株植え付けるのは やはり時間が掛かり腰が痛くなる
c0108460_20415278.jpg
*キンギョソウの実生苗が育ってきたが今度は全て育ったので詰み過ぎになってきた⇒25株ほど間引いて移植
*ウイキョウを10株ほど チューリップの根元に移植
*チューリップの花が終ったので 茎を全て切ってやった
c0108460_20415417.jpg
以上の作業が終ってようやく畑は草だけになったようだ
夏野菜のために耕した畝が20日ほどで一面草の新芽で土が見えない・・・全てホトケノザばかりで5~10㎝位伸びている
これは根があまり張っていないので抜きやすいので作業は楽である
それでも2畝びっしり生えている草をわしづかみにして引いていたが時間はかかるものである
c0108460_20415391.jpg
c0108460_20415515.jpg
ニンジンの跡地を耕して 深い中溝を掘る
ここのにんじんは少し病気にかかっていたようなので 掘り返した土に竹酢液200倍液を全面にかけて消毒
・・・半日日光浴もさせた
c0108460_20415613.jpg
ワケギを食べ損ねたので葉は固くなったので全て切り取り埋め込んだ
球根は物置に置いておき来年の種にする予定
c0108460_20415620.jpg
c0108460_20415570.jpg
ハボタンやカブラの菜の花を引いてしまい埋め込む⇒ホトケノザも全て埋め込んだ
草引きの済んだ3畝を耕して中溝を掘り鶏糞を入れ込み畝作りして整地する
c0108460_20415780.jpg
3畝が夏野菜を植え釣られるように完了したのは6時であった
今日は10時からしっかりと作業して 気になっていることの目途がついたのでヤレヤレである
c0108460_20422423.jpg

 

by TATE-misaki | 2014-04-27 20:47 | 我が家のボランティア | Comments(2)

和歌山日赤へお見舞いに

平成26年4月26日(土)晴れ
ご近所さんが先日来入院している・・・あまり聞いたことのない病名である
お隣の岩井さんの車に乗せてもらい 和歌山市内まで行った
孝子の山々の新緑は 何とも言えないほどきれいである
c0108460_17220890.jpg
土曜日ではあるが イオンの車は少ないように思う
開店から2ケ月経って どうにか正常になってきているのかも知れない
ぼちぼちと見学に行くべき時期かも知れない
c0108460_17220979.jpg
和歌山城も緑に包まれてきれいなものである
c0108460_17220851.jpg
c0108460_17221350.jpg
和歌山日赤も改築されて非常にきれいになり広々としている
c0108460_17220994.jpg
受付で病室を教えてもらい南館10階 眼科病棟まで行く
c0108460_17221071.jpg
c0108460_17221240.jpg
奥様も来ておられたので 談話室で少し話をする
目が悪いためテレビは見られないし 何もすることがないので1日が非常に長く感じると嘆いていた
c0108460_17221141.jpg
20日近く飲酒禁煙であるため 退院後は禁煙は継続したいとのことだが・・・?
ヒゲが伸びてきているので退院後の楽しみはヒゲを伸ばすことであり 
ヒマなのでどんなタイプのヒゲにするかを考えることだけだとか
c0108460_17221367.jpg
連休前には退院できるだろうとのことで安心して帰って来た
c0108460_17264286.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-26 17:27 | 休閑雑記 | Comments(0)

多奈川小学校1・2年生遠足サポート in  うみべの森

平成26年4月25日(金) 晴れ
多奈川小学校1・2年生遠足サポート
c0108460_16330926.jpg

(8:10~12:10) 参加会員(12名)
[飯島 生熊 吉川 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川 中出 原田 渡邊」
[児童:1年生 17名・2年生 14名・先生 4名:総合計 35名]
夏に近い陽気で上天気である さわやかに吹いている風も気持ちがよい 最高の遠足日和である
8:30 会員集合であるが20分前くらいから集まりだしている
 それぞれの持ち分で準備をはじめている
 *おにぎり広場のテーブルやベンチの掃除・・・落葉がテーブルに溜まるので箒で掃き雑巾がけ
 *カブトムシ幼虫調査・・・第2カブちゃんベッドを試掘したら 5匹ほどの姿を確認⇒ひと安心
c0108460_16331067.jpg
c0108460_16331006.jpg
 *荷物置場のブルーシート設置
 *お絵かき用の材料やマーカーを会場へ
 *ビオトープで生き物捕獲⇒昆虫容器にタニシ・カワニナ・メダカ・ヤゴなどを
   種類分けして 容器に名前のプレートを付け観察できるよう準備
c0108460_16511210.jpg
9:00 [ミーティング:花の広場]
 *本日の詳細なスケジュール説明と役割
 *初めての新山散策なので役割分担を細かくした
c0108460_16331125.jpg
9:21 うみべの森に到着⇒おにぎり広場へ移動・・・バスで海風館まで来て20分程歩いてやってきた
c0108460_16331138.jpg
9:25 挨拶 立石副代表・・・「新山を散策して名前を付けて欲しいとお願い」
     (岬町の西の端から東の端に来ただけに せんなん里海公園が初めての子どもが多かった)
    うみ森での行動の注意事項  中川副代表
c0108460_16331248.jpg
9:36 1年生・2年生の順で うみべの森散策
 クヌギ林→川岸→新山→
c0108460_16331373.jpg
c0108460_16331389.jpg
c0108460_16331424.jpg
 「新山散策は初めて採用したが 川を渡り多くの階段を登り本当の里山の雰囲気を楽しめる
  山道の下が崖のようになっていたりしてスリルも十分に楽しめる
  昭和の初めの炭焼き窯の跡も見学した・・・往復で30~35分はかかるコースである」
c0108460_16330810.jpg
c0108460_16391968.jpg
c0108460_16391940.jpg
c0108460_16392080.jpg
c0108460_16392047.jpg
c0108460_16392101.jpg
c0108460_16392174.jpg

サユリの道→
 「このルートも初めて採用したが 新山ルートに次いで里山を楽しめるコースである」
c0108460_16392258.jpg
c0108460_16391783.jpg
c0108460_16391889.jpg
 第2カブちゃんベッド(カブトムシ幼虫観察)→
 「カブトムシ幼虫のチップ山は試掘の時は簡単に見つかったのに
  子どもたちに掘ってもらうとなかなか見つからない
  少々あわてて山の中心の深くまで掘ることで何とか観察できる数は確保できた
  各学年に6匹づつ持ち帰ってもらうことにした」
c0108460_16391932.jpg
c0108460_16511479.jpg
c0108460_16511498.jpg
 ビオトープ(水辺の生き物観察)→
c0108460_16511526.jpg
c0108460_16511584.jpg
10:45 おにぎり広場(自然クラフト)・・・(原木プレートにお絵描き)
 「お絵かきは慣れたもので15分程で全員が終了していた
  リックに付けると喜んでくれたのはうれしいことだ」
c0108460_16511689.jpg
c0108460_16511675.jpg
c0108460_16511631.jpg
c0108460_16511305.jpg
c0108460_16511358.jpg
c0108460_16554408.jpg
c0108460_16554322.jpg
c0108460_16554239.jpg
c0108460_16554129.jpg
c0108460_16554157.jpg
c0108460_16554080.jpg
c0108460_16554005.jpg
11:00 フリータイム(おにぎり広場周辺)
 「あちこちの木で木登りが始まった 木に一人ずつサポーターが付くのが足りないくらい
  女の子も元気に登っていた 木登りして隣の真っ直ぐの木に移って滑り下りて楽しんでる子もいた」
c0108460_16553938.jpg
c0108460_16553857.jpg
c0108460_16553935.jpg
c0108460_16574882.jpg
c0108460_16574788.jpg
11:16 挨拶&山の名前発表してもらった
 ・・・「落ち葉山」が一番だが他は平凡(冒険山 自然山 草山 虫山 お花一杯山 落ちる山 等々)
  「今回で正式の名前決定は出来ないようだ」
c0108460_16574540.jpg
11:23 せんなん里海公園イルカ遊技場へ移動
  ハイタッチしながら「楽しかった!また来るわ」と何人もの子どもに言われて これだけが会員の喜びである
c0108460_16574673.jpg
c0108460_16574676.jpg
     会員…後片付け
  [ミーティング:花の広場] 本日の感想と反省
c0108460_16574795.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-25 17:02 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

新山整備とササユリ保護作業の継続  in  うみべの森

平成26年4月24日(木) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:10~14:40) 参加会員(12名)
[飯島 飯塚 生熊 小島直 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川  西台 原田]
夏の陽気が感じられる気候である このような天気の時は 気持ちよく作業が捗る
c0108460_18100345.jpg
*新山整備・・・[飯島 小島俊 杉本 立石 中川]
  通路の草刈り&整備&階段の補修
  炭窯跡の前の通路の笹刈り跡を 再度刈払機できれいに刈り取る
  炭窯跡近辺にクヌギ5本植樹・・・水やり
  ササユリ発芽7本確認
  周辺の大物ゴミの掃除
c0108460_18100683.jpg
c0108460_18100392.jpg
c0108460_18112187.jpg
*ビオトープのホース洗浄・・・[小島俊]
  第2ホースが完全に止まっており 水道水でヘドロ洗浄
  ダムの取水口のゴミを取り除く
c0108460_18100485.jpg
c0108460_18100596.jpg
*ササユリの支柱立て&くくり・・・[飯塚 生熊 小島直 柴田 原田]
  ダムの横の山中心に 昨年より発芽株は増えている 中には蕾を持っているのもある
  30㎝位に伸びたものは支柱にくくりつけた
c0108460_18100677.jpg
c0108460_18100592.jpg
*ササユリの毛虫駆除薬剤散布・・・[柴田]
  毛虫に花が食べられないように予防対策
*多奈川小学校遠足サポートの用具準備 &「こどもの日フェスティバル」の用具準備・・・[傳 西台]
*伐採枝を薪にする・・・[飯塚 生熊 小島直]
  花の広場奥に積み上げていた伐採枝を 細かく折ったりノコギリで切ったりして
  薪にすると同時に周辺をきれいにした
c0108460_18100221.jpg
c0108460_18100767.jpg
*樹木の名前描きと樹木への取付・・・[傳 原田]
  新山の各種の樹木の名前を中川さんが調査し それらを中川さんが準備した焼き板に名前を描く
  描き終わったら新山へ行き全ての樹木にくくり付けた
c0108460_18100748.jpg
c0108460_18112026.jpg
c0108460_18112101.jpg
*ビオトープのカナダモを取り除く・・・[飯塚 生熊 小島直]
 冬越ししたカナダモは黒くなって汚らしい メダカたちの冬眠用寝床の役目は終わった
 取っても取っても根が残り完全な駆除は出来ない イヤな物を投げ込まれたものである
 投げいれた人は善意で池には藻が いるだろうと思ってのことだと思うが
 外来種は繁殖力が強くて池の全面を覆ってしまって逆にメダカたちの日当たりを悪くして
困り果てている
 自然には外部から持ち込んで欲しくない
c0108460_18112468.jpg
*公園事務所 東部所長と打ち合せ・・・[立石 中川]
 うみ森のアーチの西側の柱の根元が白蟻にやられて中はぼこぼこになっている
 何時倒れるか心配している・・・倒れて怪我をさせる前に処置をしたい
 予算がないので新規には製作できない
 まずは現状のアーチを壊してしまうことは意見が一致
c0108460_18124337.jpg
c0108460_18124385.jpg
 その後はアーチを直角に位置を変更し 高さを半分以下の低さにして 橋の欄干のような状態にする
 そうすることで上部のアーチ部分も活かせる⇒うみ森のモニュメントとしても残せる
 参加会員に意見を聞いたが 全員がこの変更ならと賛同してくれた
c0108460_18124286.jpg
*お弁当タイム
 原田さんが朝早く起きて中国チマキをたくさん作って来てくれた・・・昼飯前に非常にうまかった
c0108460_18112358.jpg
c0108460_18112357.jpg
*ナワシログミのミーティングは小さめだが 割合においしかった
c0108460_18112351.jpg
*公園のクサイチゴの花は非常に大きい・・・大きな実がなるのかなあー
c0108460_18112252.jpg
*新山にも藤の花と主シュンランがきれいに咲いていた
c0108460_18112288.jpg
c0108460_18112489.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-24 18:25 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

第2回「里香海」多奈川竹林筍狩り

平成26年4月23日(水) 晴れ 
第2回「里香海」多奈川竹林筍狩り

c0108460_20290382.jpg
(12:30~14:20)・・・多奈川財産区の「竹の里」            
みさき里山クラブ 15名[雨宮 岡田 大島 佐々木 徐 立石 中野 西山 長原 久川兼 藤岡 的羽千 丸山禮  柚岡 横山] 
うみべの森を育てる会 5名 [中川 中出 樋口 松本]
香の会 15名[池田恭 池田美 井本 牛窓 榎本 大橋 笠崎 木村 末原和 末原久 関 立石 延木 樋口 横田]
自然と本の会 1名[高木]
c0108460_20290419.jpg
雲一つなく晴れ渡り吹き渡る風も気持ちよい
最高の季節と天候の元で第2回里香海を開催した
昨年の第1回は5月1日 孝子の森でのキンラン観察会である
今回は趣向を変えて多奈川財産区の「竹の里」の協力で「筍狩り」を企画した
・・・会費は@300⇒竹の里へのお礼としてビールを持参・・・残金は里香海会計で保管
c0108460_20290476.jpg
12:30 岬町役場に集合
  みさき里山クラブ 15名  ハーブタベストリー香の会 15名  
  うみべの森を育てる会 4名  自然と本の会 1名  合計 35名 
  ここから車に相乗りして多奈川竹林へ出発
12:47 多奈川財産区竹林「竹の里」に到着
 岬町多奈川多目的公園 「いきいきパーク」に入り最奥まで行き そこから竹林まで30mは急坂を登る
 登りは急な坂道で「いろは坂」である
 大きな車で曲がりきらずに苦労している車も多々あった
 到着した時は多奈川小学校の全校児童100名弱で一杯であった
c0108460_20290552.jpg
 12:30に帰校予定が遅れているようだ
 竹林でロープ登りなどして楽しんでいた
 12:55頃に「サヨウナラ!」と言いながら帰って行った
13:00
 竹の里のスタッフより注意事項を聞いてから筍狩り開始
c0108460_20290552.jpg
c0108460_20290144.jpg
c0108460_20290125.jpg
 今年は筍の育ち具合が悪いらしい
 20日に岬町のイベントで150人も筍狩りをしているので その後あまり伸びていないようだ
c0108460_20290290.jpg
c0108460_20290281.jpg
c0108460_20290345.jpg
 最悪の竹林の状況下で「ナイ! ナイ!」と言いながらも竹林の山の上の方まで登っていた
 中には 黙々と筍の先を見付けて掘っている者もいる
c0108460_20304989.jpg
c0108460_20304842.jpg
 地上に多く出ている筍を 山へ登るときは「こんなのはダメ!」と掘らなかったのに 
 下りて来た時は「これは ええやん!」に変わっていた
 探しても あまり見つからなかったようだ
c0108460_20305146.jpg
c0108460_20305010.jpg
 後半は指定場所以外も開放してもらったが 少ない事には変わりがない
 それでも あまり動き回らずに じっくりと同じ場所でたくさん掘っている人もいた
c0108460_20305314.jpg
c0108460_20305239.jpg
 1時間くらいで終了にしたが 最終的には坊主の者はいなかったようだ
 初めての経験者は 筍掘りは見付けるのが大変だと思っているので「楽しかった!」と喜んでいた
14:17 挨拶・自由解散・下山開始
c0108460_20305416.jpg
c0108460_20305414.jpg
c0108460_20305529.jpg



by TATE-misaki | 2014-04-23 20:41 | みさき里山クラブ | Comments(0)

畑作業からパソコン作業に急旋回

平成26年4月22日(火) 曇り
c0108460_21473915.jpg
雨が降りそうに曇っており 外気温度は14度もあるのに 少々寒く感じる
畑作業を手抜きしていたので どんどんと追い込まれてきた
タマネギ畑も草だらけだし 生ゴミも埋め込む必要もあるし
c0108460_21473625.jpg
c0108460_21473732.jpg
自生苗のシソもあちこちで芽を出している まとめて畑に移植する必要もある
夏野菜も全く植えていないし 植え付ける畝の準備も必要である
耕して準備した畝は草の新芽でびっしりと緑のじゅうたんになっている
気持ちは急いているが 体はのんびりしたもので 縁台でのんびりと一服が多い
c0108460_21473886.jpg
昼の1時ごろ 予定の半分ぐらい済んだ頃に 大阪さともりから電話があった
c0108460_21473771.jpg
林野庁に助成金の申請をしている うみべの森を育てる会の申請書類の書き換え要請である
「取組の概要」がビオトープの整備やカブトムシや陸ガニのことが前面に出ていて 
肝心の樹木のことが後回しになっていることは 林野庁に出す申請書としては違和感があるとのこと
言われてみて申請書を読み返したら 確かにその通りで 私でもボツにするかも・・・
c0108460_21473802.jpg
急遽古木ヤマザクラの養生や ハンノキの養生など 樹木主体に書き直した
添付した地図では広さが確認できないとのことで 国土地理院の地図を再度2500分の一でプリントアウトした
その時地図の機能をあちこちいじくっていたら範囲を示す赤線はソフトでで画けた
c0108460_21474089.jpg
おまけに地図上の距離や 面積もマウス線をたどるだけで計測できることもわかった
うみ森の新山から海段橋の端までが460m 新山の一番奥深いところが126m 面積は3.6haのようだ
2haの申請では少なかったかも知れない・・・来年の申請で修正できると思うが
c0108460_21474030.jpg
しばらく地図上の距離測定で遊んでしまったが・・・
我が家からうみ森までは 約2km 淡輪駅までは574m 
せんなん里海公園は端から端までは間違いなく2kmある
孝子駅から孝子の森まで林道ルートは970m 客山ルートは1430m
c0108460_21473926.jpg
みさき里山クラブにも不備があり 書類追加と修正 
うみべの森を育てる会の書類と同封して6時過ぎには 大阪さともりへ郵送したが・・・
まだ何かドジをやらかしているような気がするが・・・後は天運である
c0108460_21473527.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-22 21:50 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

天候不順の日は おヒマです

平成26年4月21日(月) 小雨・曇り
c0108460_15470399.jpg

朝から降っているのかどうか分からないくらいの小雨が降っている
外での作業は出来ない・・・小雨の中 畑作業をしている人もいたが 私としては そこまでの気はない
c0108460_15470504.jpg
携帯電話のスケジュール表の追加やチェック 
うみべの森を育てる会とみさき里山クラブの活動予定表の年内分の追加&チェック
うみ森の2006年度の活動記録のHPへの追加記入などの 暇つぶしで1日を費やしている
c0108460_15470419.jpg
晴天の日の輝いている花たちもきれいだが 雨に濡れて水滴を溜めている花たちもいいものである
c0108460_15470377.jpg
c0108460_15470297.jpg
c0108460_15470150.jpg
c0108460_15470045.jpg
c0108460_15470038.jpg
c0108460_15465986.jpg
c0108460_15465807.jpg
時々 名前も知らない小鳥が来て きれいな声を聴かせてくれるが・・・
c0108460_15485420.jpg

by TATE-misaki | 2014-04-21 15:49 | 休閑雑記 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々