ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2014年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

孝子の森へ孫たちと行ってきました

平成26年12月31日(水) 晴れ
朝から上天気である 小春日和と言える
高校2年生のジュンは 孝子の森へ行きたくて今回の帰省組に参加したようだ
帰省6日間の今日のスケジュールは 孝子の森行になっている
当然案内人は私になる・・・中学2年のメイも 小学2年のイクミも参加してくれる
孫たち3人を引き連れての孝子の森散策となった
バアちゃんに おにぎり弁当を作ってもらって 喜び勇んで出かけた
ママが体調不良でリタイアしたので 完全にジイ孫組となった
行くときは 和歌山へ買い物に行くバアちゃんに車で孝子駅まで送ってもらい
c0108460_19510272.jpg
そこから 4人がリックを背負って歩き出した
c0108460_19510492.jpg
伊豆賀林道の入口まで来て 客山ルートの話しをしたら 遠回りの道がいいと全員が言いだし
急遽 Uターンして 孝子小学校の前を通って 犬飼谷峠道へ向かった
c0108460_19510690.jpg
坂道になると 私は少々しんどくなったが 若者組は平気でしゃべりながら歩いており
その後を ついて歩く始末であり 時々「ジイちゃん大丈夫」といたわられていた
客山ルートへ入ると さすがに元気が出てきて先導していたが
客山ルートの中間の展望場所から見える客山展望台(船が空飛ぶ展望台)が一番好きである
c0108460_19511180.jpg
c0108460_19505965.jpg
孫たちにも十分にその良さを教えて 再度歩き出した
客山展望台(船が空飛ぶ展望台)へは孝子小学校から37分で到着
c0108460_19510034.jpg
天候は少し風があっても寒くなく最高のハイク日和であるが
霞んでいて展望台からの景観は 淡路島等も見えず残念であった
c0108460_19510180.jpg
しかし 木魂効果の反応は素晴らしく 3人とも大声で しばらく何やら叫んでいた
c0108460_19571089.jpg
ウラジロ飛行機やピョンピョンカエルも教えて 感心してもらった
尾根散策して 下りは当然 冒険ルートである
c0108460_19571110.jpg
各自滑ったりしながらも 手助けなしに降りることは出来た
c0108460_19571325.jpg
ノッポの兄は 倒木の柿の木の幹より上に顔が出るのには驚きである
c0108460_19571444.jpg
きのくに子どもNPOの子どもたちの作った秘密基地にも興味を示していた
c0108460_19571693.jpg
c0108460_19571730.jpg
広場に到着と同時に お転婆さんは木登りを始めていた
c0108460_19571896.jpg
暫く ロープ登りや ハイジのブランコで遊んだ後で
c0108460_19572033.jpg

c0108460_19570742.jpg
 
少し遅いお弁当タイムになった
バアちゃん弁当が おいしいと言い 
自然の中での弁当は最高だと言って 何も残さず全て食べてしまった
c0108460_19570906.jpg
食べ終わると直ぐに遊びに走っている
c0108460_20051549.jpg
イクミはロープ登りを途中断念したが ツリーハウスの方へ走っていた
c0108460_20051368.jpg
ハイジブランコは人気で3人で交代しながら 仲良く遊んでいた
c0108460_20051157.jpg
c0108460_20051297.jpg
午後からは天候も少し変化して来て 風も出て来たし 少し寒くなって来た
14時ごろ下山開始し 孝子駅から電車で淡輪駅まで二駅
c0108460_20051687.jpg
c0108460_20050872.jpg
・・・14時40分には帰宅した
孫たちには 何か得るところのあった 孝子の森散策であった
c0108460_20050903.jpg
高校2年生の淳生君が一番自然の理解者で 
犬飼谷峠道入口の家が売家となっているのを見ても
「定年退職後は こんな家を買って住み 森のボランティアをしたい」と
50年後の抱負を語ってくれた
50年後の後継者は見付かっても それまで維持する後継者がいるかどうかが問題である
しかし 自然の理解者の若者が一人でも育ってきたことは うれしいことである

c0108460_19510500.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-31 20:11 | かわいい孫 | Comments(0)

みさき公園で疲れ果てた

平成26年12月30日(火) 晴れ・曇り
孫たちが帰省して来ると さすがに昼までは寝て居れない
8時過ぎには起き出し 出掛けるスタンバイをする必要がある
帰省組の今日のスケジュールは 高学年組と低学年組に分かれて行動するとか
高学年組は ママとバアちゃんが加わり りんくうアウトレットへ車で行く
低学年組はイクミ君とジイの二人だけで みさき公園へ行く
10時過ぎに家を出て 南海電車淡輪駅から一駅で みさき公園駅である
c0108460_21261628.jpg
10時30分にみさき公園に入場料半額で入ったが 退場したのは16時であった
最初の予定では 電車らんどを見てから 和歌山大学駅前のイオンへ行き
トイザラスでおもちゃを買う予定であった
イクミ君は みさき公園は遊園地であって動物園でもあることは念頭になく
完全に動物園側は興味がないらしい
c0108460_21261765.jpg
「わくわく電車らんど」は入場料400円が必要だが ここで1時間以上楽しんだら十分にペイしている
c0108460_21262304.jpg
場内には「サザン」「ラピート」等4台の電車の実物の運転席部分が展示されており
中では実際に運転や車掌業務の体験が出来るようになっていた
c0108460_21262034.jpg
運転にはあまり興味がないらしく 車掌は大いに気に入り 
マイクを持って車掌さんがしゃべるような言葉を再現し扉の開閉を楽しんでいた
c0108460_21262295.jpg
あまり独占するので次の人に譲るように注意すると 
別の電車に走り そこでも車掌さんになっている
c0108460_21261429.jpg
c0108460_21261319.jpg
さんざん車掌さんを楽しんでから サザンのプラモデルをお土産に買い ようやく外へ出た
c0108460_21262135.jpg
これで終わりかと思ったが これからが大変であった
乗り物のハシゴで26回は乗り回っていたように思う
c0108460_22380450.jpg
c0108460_22380785.jpg
c0108460_22380655.jpg
それも山の上の遊園地から下の遊園地へ移動することを 前後4回は付き合ったように思う
山登りの連続のようなもので へとへとである
c0108460_22380827.jpg
c0108460_22380994.jpg
c0108460_22381260.jpg
ジイのメタボを運動で改善しようとの孫心かも知れないが・・・?
それでも若さは元気なもので 常に走り回っていた
c0108460_22381490.jpg
c0108460_22381327.jpg
c0108460_22381115.jpg
以前は怖くて乗れなかったような乗り物でも一人で乗っていた
この大きな成長は しんどいことを別にして 喜ばしいことである
遊びに夢中で ようやく2時ごろにレストランでお昼ご飯を食べられたが
時間が遅かった分 レストランはガラガラだったのは助かった
4時に ようやく帰ろう!と言ってくれた時はヤレヤレであった
c0108460_22380393.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-30 22:42 | かわいい孫 | Comments(0)

孫たちも帰省してきた

平成26年12月29日(月)② 晴れ
c0108460_18080873.jpg
富山県高岡市を朝8時30分に出発した孫たちは 14:20には我が家へ到着した
バアちゃんがみさき公園駅まで迎えに行った
皆大きくなって車に4人乗るのが狭いくらいである
c0108460_18080901.jpg
c0108460_18081080.jpg
到着と同時に 高校2年の淳生(ジュンキ)と中学2年の明生(メイ)は
救助フナを見たいと言うので 浴槽タンクの水が濁っているので 網ですくって観察した
お腹当たりの鱗はなくなっているが 皮膚病は治っているようである
・・・竹酢液を水に混ぜ込んだのは成功したようだ
c0108460_18080411.jpg
その後 自転車で せんなん里海公園へ出かけた・・・カニを観察したいとのこと
冬場は居ないよ!と言っても行くだけ行くと二人で行ってしまった
仲の良い兄妹ではあるが・・・やはり観察は出来なかったようであるが
c0108460_18080656.jpg
地位会頃によく遊んだ岩場で遊んで帰ってきたようだ
その間 小学2年の生巳(イクミ)はゲームに没頭している
c0108460_18080780.jpg
それが終れば ディズニーチャンネルを楽しんでいる
帰って来た 上の二人は スマホとタブレットで漫才やゲームを楽しんでいる
ジイとバアは住環境と食環境の整備や準備以外出番はなさそうである


by TATE-misaki | 2014-12-29 18:31 | かわいい孫 | Comments(2)

メジロも帰省してきました

平成26年12月29日(月)① 晴れ
孫たちが帰省して来る日だと さすがに早起きで 9時には起き出した
今年最後の金銭的なものを整理するために 朝飯前に金融機関を回った
紀陽銀行へ行く時に 御陵さんの横を通ったが
古墳調査は終ったらしく お堀には水を溜めだしているが まだ2~30㎝くらいだ
c0108460_13390882.jpg
1m以上溜まった時には 救助フナを ここへ持って来てやるつもりである
c0108460_13390686.jpg
c0108460_13390470.jpg
まだ 浅いのでアオサギとオオサギが水中に立って餌探しをしていた
早く 元の水が満々とした風景を見たいものである
c0108460_13390583.jpg
*紀陽銀行淡輪支店
 ・・・うみべの森を育てる会の通帳から 立て替え払い分10万円以上を引き出し
*淡輪郵便局・・・配当金7千ほどを受け取り
 ・・・待っている間に なにげなしに奥の絵画を見ていたら 知った名前がある
  みさき里山クラブ会員の柚岡さんの絵画である
  木工政策は上手だと知っていたが 絵まで描くとは知らなかった
  タマネギの微妙に色の違う部分をうまく表現している
  これは 風景画より色の使い方がむつかしいと思う
c0108460_13464574.jpg
c0108460_13390889.jpg
*JA淡輪・・・みさき里山クラブの会計代理をしているので小銭が多くいる
   10円50枚と1円50枚の両替依頼
   今は銀行の両替も50枚以上は有償だし 郵便局は両替してくれない
   庶民の便利な金融機関はJAだけかも知れない
*我が家のパソコン席の真正面に 裏の市川さんのビワの木が見える
  今が花盛りで 今日は数匹のメジロが帰省してきている
  久し振りにガラス越しに写真を写せた・・・やはりメジロは可愛い
c0108460_13391107.jpg
c0108460_13390974.jpg
c0108460_13390314.jpg
c0108460_13390136.jpg
c0108460_13390070.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-29 13:48 | 休閑雑記 | Comments(0)

買い物のハシゴに同行

平成26年12月28日(日)曇り・雨
c0108460_20442260.jpg
9時過ぎに起き出した・・・比較的早起きである
外気温5度であるが 風がないので そう寒くは感じない
明日から娘と孫3人が帰省してきて3日まで滞在する
パパはウサギの「おもち」の世話があるので残るようである
そうなると我が家の主婦は食べ物調達で何かと多忙になる
11時過ぎからの買い物ツアーに付き合った・・・と言うより荷物持ちである
*プロバンスの丘訪問
c0108460_20442936.jpg
*パン屋「グラングルトン」
  極み食パン3斤 私の朝食の必需品 最近はフランスパンの短い分も好みだ
  他菓子パン・・・孫たちが食べそうなのを物色
c0108460_20443041.jpg
*肉屋「西村屋」
・・・朝早くから立て込んでいたとかで 850円の すき焼き肉などは売り切れてない
  それより安いのはある ロースのステーキ肉も売り切れである
  やはり正月は 皆一ランク以上も高い肉を買い込んでいるようである
  我が家は やむを得ず一ランク下の肉類になったようである
  この近辺では 少し高いかもしれないが ここの肉が一番おいしい
*スーパー「万代」
・・・孫たちの飲み物や 不足している調味料などを調達していた
c0108460_20443178.jpg
*ホームセンター「ナフコ」
  昨日 近所のプロパン屋に注文して 軽トラのタンクから
  我が家のポリタク4個に入れてもらっている
  その重たいタンクを物置の奥まで運び入れてくれる
  少し高くつくが 今まで何年も配達制度利用者である
  重いタンクを自分で腰を曲げて運び込み 腰を傷める危険を考えれば
  配達料の少々高いのはリスク代としては高くないと思っている
  その内の一つが漏れているようである タンク置き場の棚が濡れている
  おそらく古いポリタンクだろうと狙いを付けて
  入れ替えるために 新しいポリタンクを買った
c0108460_20443372.jpg
*注文していた お餅が配達された
  中孝子の清水さんに毎年お願いしている
  丸餅1臼と伸し餅6本である(福餅3本 エビ餅3本)
  三分の二は娘宅へ移動する
  伸し餅は今晩当たり切り分ける必要がありそうである
c0108460_20442843.jpg
*Denさんが鉄ちゃん向けカレンダーを届けてくれた
  南海電気鉄道のラピートやこうや号等南海電車の一杯載った1枚ものカレンダー
  富士通の「世界の車窓から」 世界の鉄道写真満載である
  我が家の孫:いくみ君は大の鉄ちゃんなので大喜びすると思う 
  お年玉より この方を喜ぶと思う
  Denさん わざわざ届けて頂いて ありがとうございます
c0108460_20442733.jpg
*夕飯は煮込みうどんである
  かあさんが歯が悪くなり治療は1月になるとかで 非常に咬み辛いらしい
  そのために夕飯は あまり咬まなくてもよい うどんとなった
  麺類や粉もんとなると 料理担当は私になる
c0108460_20442474.jpg
  小豆島の親戚から毎年贈ってもらっている 半生うどんを使う
  茹でるのに15分かかるが コシがあって大好きなうどんである
  汁は 水6カップ 薄口しょうゆ(大6) みりん(大3) 酒大(大1.5)砂糖(小1)
  これにアゴダシ2袋 昆布10㎝各1枚 を入れて中火で炊く
  その間に 豚肉 タマネギ 人参 ダイコン シイタケなどを刻んで入れて
  たっぷりの具入りうどん汁が出来上がった
  ボリュームたっぷりで 我ながら うまかった
  残りは明日の昼食用である
c0108460_20442333.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-28 20:48 | 買物&外食&外出 | Comments(0)

ボランティア休暇&正月休みに入った

平成26年12月27日(土) 晴れ
c0108460_17244654.jpg
昨晩は 孝子の森忘年会の2枚の活動記録作成に少々時間が掛かってしまい
風呂も早朝風呂になり 眠ったのは4時ごろになってしまった
当然起き出すのは昼前である・・・「いつ起きるんや!」の声で・・・
c0108460_17244392.jpg
外は気温7度であるが 風がないので そう寒くもない
寒がり屋でも 畑の作業は出来る
柚をたくさん貰っていたが 落ちたのを拾い集めたのが殆どとかで 半分以上腐っている
・・・皮を使うようなもので 落果したものを人に あげるのは考え物である
c0108460_17244121.jpg
使い物にならないので 全て花壇のテンニンギクの根元に埋め込んだ
後で知ったのだが テンニンギクは多肥を嫌うらしいので 鶏糞をやり過ぎたと悔やんでいる
c0108460_17244467.jpg
掃除担当者から 今日は玄関のドアを洗えとの作業が回って来た
整理や掃除は あまり好きでないが やむを得ない
お湯を入れるのも面倒なので 水で雑巾掛けし 
玄関灯や細かいところは歯ブラシでこすり ホースで水をかけて一応は終了した
c0108460_17243802.jpg
玄関ドアーは背が高いので上の方は脚立に乗っての作業になる
足が悪い者には 脚立作業は やはり危険である
いやいや 引き受けた作業は 結果的には良かったのかも知れない
c0108460_17244804.jpg
歳を取ってからの脚立に乗っての作業は やめた方がよさそうである
今後は 脚立作業は厳禁をルール化する必要がある
c0108460_17243950.jpg
c0108460_17244095.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-27 17:29 | 我が家のボランティア | Comments(0)

餅つき望年会  in  孝子の森

平成26年12月26日(金) 晴れ
みさき里山クラブ「餅つき忘年会」・・・孝子の森

c0108460_23325668.jpg
(9:00~15:40) 参加会員 23名 他 1名
[雨宮 岩橋 大島 岡田 甲斐 小岩 酒井 佐々木 徐 立石 谷口州 谷口眞 
 長原 西山 羽間 久川恵 久川兼 樋山 藤岡 的羽 宮崎 柚岡 渡邊] [中野]
c0108460_23325785.jpg
昨夜は雨が降っていた 今日の天候が気になったが
朝から空気が引き締まっているが上天気である
会員は9時には孝子小学校にどんどん集まり
それぞれ担当作業を持って個々に山へ行く
c0108460_23325826.jpg
今日の総責任者である 甲斐さんから 細かく分担を決められている
c0108460_23325456.jpg
1.餅つき・・・[西山リーダー・渡邊]
 もち米蒸し・・・[的羽 大島]
 甲斐さんが前日より8升のもち米を 洗米して一晩漬けたのを持ち込んでいる
 それを2升ごとに蒸篭に入れ蒸し上げる
 蒸篭専用のストーブの火の管理も 的羽・大島は丹念に繊細にやっている
c0108460_23330393.jpg
 餅米が蒸し上がると西山が搗き 渡邊が返し手担当で気合が入っている
c0108460_23330535.jpg
2.餅丸め・・・[雨宮 谷口眞 中野 久川恵 藤岡 宮崎]   
 搗きあがった餅は女性軍が丸めていく
 搗き立て餅の つまみ食いも現れる
 白餅3臼 ヨモギ1臼の4臼を搗いた
 徐さんや樋山さんも女性軍に混じってワイワイとやっていた
c0108460_23442516.jpg
 小豆餡入りやぜんざい用小餅も作っていた
 最後の4臼目はイベント形式で 搗き手が何人も現れた
 大島さんなどは石臼が割れるくらい 力が入った搗き方で 餅も飛び散っていた
c0108460_23442427.jpg
3.鶏のからあげ・・・[酒井リーダー 雨宮 宮崎]
 鶏のモモ肉を一口大に切り ガーリック味とカレー味の2種類を準備
 会場のパイプハウス内にカセットコンロを準備
 事前に一度揚げ 食べる直前に もう一度揚げて仕上げていた
c0108460_23441919.jpg
4.竹筒燗酒(かっぽ酒)…[久川兼 西山]
 久川さんが数日前に孟宗竹を1本伐採し
 燗筒を工夫を凝らして 時間をかけて丁寧に2本作り 
 これにお酒を3升以上注ぎ込み たき火で2時間じっくりと燗をする
c0108460_23330230.jpg
5.田楽焼き・・・[谷口州リーダー 岩橋 長原 樋山 柚岡]
 半ドラに炭火を熾して網焼き
 コンニャク 厚揚げ等竹串挿しにして焼く
c0108460_23330405.jpg
 里芋を挿す竹串は再度細く削り直しながら
 焼くのは 久川兼さん提案で たき火で焼く
 これが非常に塩梅が良くうまく焼けた
c0108460_23442297.jpg
6.芋煮鍋・・・[甲斐 久川恵]
 甲斐さんが山形で食べて勉強してきただけに
 牛肉たっぷりで 非常においしいお汁である
 醤油味仕立てであるが牛肉の味に他の味が混ざり
 何とも言えない おいしい味に仕上がっており
 「おいしい!」と大好評で何杯もお代わりが出て
 残ると思った大鍋が殆ど空になった
c0108460_23442777.jpg
c0108460_23513342.jpg
7.ぜんざい…搗き立て餅入り・・・[女性部]
8.シシ肉・・・地元の的羽七郎さんが わざわざ届けてくれた
 直に焼けるように料理してくれている
c0108460_23325994.jpg
 ストーブの火で焼いた焼立ては柔らかくておいしい
9.女性部の自家製手づくり料理
   中野・・・①キューリの奈良漬 ②カブラの酢漬け
c0108460_23441859.jpg
   雨宮・・・③秋田いぶりがっこ ④リンゴの赤&白ワイン煮 ⑤ラスク
c0108460_23330021.jpg
c0108460_23442027.jpg
 
10.ビール・ノンアルコールビール・焼酎・ワイン・炭酸水
  持込お酒数種類 ジュース ウーロン茶等
11.デザート…各種お菓子多量
「山の料理だから 種類を減らそうとの目標であったが
 今回もご飯がないくらいで 
 後は食べきれないくらいの 種類と量であった・・・おいしかった!!」

c0108460_23442123.jpg
c0108460_23513453.jpg

c0108460_23513573.jpg
12:47 望年会開始…司会進行 [佐々木]
c0108460_23441774.jpg
挨拶・・・徐代表・岡田代表代行・立石助成金担当
c0108460_23513711.jpg
c0108460_23513872.jpg
12:55久川長老の乾杯音頭で懇親会開始
c0108460_23513943.jpg
パーティー会場はリニューアル「パイプハウス」である
26畳の室内は24人が3つのテーブルについても広々としている
・・・倍くらいの人数でもやれそうだ
c0108460_23514237.jpg
石油ストーブ1台だけであるが寒くない
乾杯と同時に久川長老や羽間さんが「かっぽ酒」をついで回り
c0108460_23513116.jpg
香がして まろやかでおいしい
何時もだと直ぐになくなる酒が 今日はあまり売れ行きはよくないようだ
搗き立て餅のつまみ食いや 芋煮鍋のおいしいボリュームやで
お腹の方が先に膨れたようである
c0108460_23514132.jpg
しかし それも最初の内だけの猫かぶりで
途中からは酒がないなどとも言い出している
c0108460_00034638.jpg
飲めない人たちも食べるのに忙しく 何時もほどの座の乱れもない
飲みながら食べながらの忙しいこと…
c0108460_23513025.jpg
何時もなら たき火の側に 直ぐに集まって来るメンバーも
今日はなかなか会場からは出てこない
c0108460_00100304.jpg
c0108460_00034758.jpg
途中でドアーが壊れて手直ししたり
c0108460_00034325.jpg
会員の小岩さんが落語を勉強しているとかで
10分程「小話集」の演目があったり
c0108460_00034498.jpg
賑やかさは延々と続いている
途中 ハイカーの来訪者もあった
孝子駅から客山ルート経由下山してきた 堺市からやって来た2人に
展望台のできるまでとか「みさき里山クラブ」の歴史とかを写真で説明したりして
方法活動と子どもを連れて再訪して欲しい友依頼した
c0108460_00095278.jpg
c0108460_00095029.jpg
2時間ほどして ある程度飲んで食べて しゃべって堪能した者は
たき火の周りに集まってきた
c0108460_00035112.jpg
ここでは 樋山さんが持ち込んだマシュマロを
竹の串に刺してたき火であぶって食べる 子どもたちの喜ぶことを
全員が喜々として楽しんでいる・・・甘くておいしい!と言いながら
焦がしたり 落としたり 子供以上の喜びよう
c0108460_00034974.jpg
c0108460_00034018.jpg
柚岡さんがダッチオーブンで焼いた焼き芋も
お腹が くちくなった人たちは 「うまい!」と言いながらも食べていた
c0108460_23442678.jpg
たき火の周りで遊んでいるメンバー以外は 徐々に片付けに取り掛かっている
c0108460_00035030.jpg
c0108460_00033744.jpg
冷たい水で もち箱や食器類を洗い 短時間で片付けも終わっていた
料理以外にも お酒を飲まない佐々木さんなどは
c0108460_00184952.jpg
今日の山への諸資材の運搬の行き帰りを軽トラで受け持ったり
今日持ち込む資材を昨日の内に 3軒以上も回って集荷して
今日に間に合うように準備したりと
パーティーが成功するには当日の分担作業以上に
見えないところで動いてくれている メンバーがいるからで
只 飲み食いだけの会員は 感謝感激あるのみ・・・!!

15:30 全員解散し下山

c0108460_00034257.jpg


by TATE-misaki | 2014-12-26 22:03 | みさき里山クラブ | Comments(0)

[とんど]用のワラを頂きました

平成26年12月25日(木)晴れ・曇り
c0108460_12180939.jpg
朝7時に起きて出掛ける準備をした
とんどの火付け用にワラ大束3束(池田美津子さんに頂いたもの)では不足なので
あちこちに 貰えるところがないか声をかけていた
ご近所の 末原さんから 反応があり 
友人の辻さんの田圃に置いているのを全部くれるととのこと
c0108460_12180443.jpg
しかし うみべの森を育てる会の定例活動日も終わり
運ぶ手段もないので今年はあきらめることにしたと 返事をしたが
軽トラで運んだるよとの 好意ある返事をいただき 甘えることにした
9時前に 末原さん宅へ行き 軽トラに乗り込み
西陵古墳の入口にある田圃まで行った
c0108460_12180255.jpg
田圃の畦道にワラは並べられており 少し古くなっているが 焼くのには問題はない
それらを全て頂き 軽トラ一杯に積み込んだ・・・小束で80束位はあると思う
c0108460_12180558.jpg
c0108460_12180638.jpg
そのまま せんなん里海公園花の広場まで走ってもらい
台の上に積み上げ ブルーシートを掛けるのまで 手伝ってもっらった
c0108460_12180818.jpg
段取り良く 作業は進んだの 家に帰ってきたら 1時間も掛かっていなかった
ワラの所有者と折衝してくれ 軽トラを出してくれて ワラを車に積み込んでくれて
せんなん里海公園まで運び 降ろすのも ブルーシート掛けも手伝ってくれた
おまけに船で釣りに行けば ツバス(ハマチの前)や太刀魚はくれるし
稲を収穫したら新米5kgは頂けるし 好意やら品物を頂いてばかりである
こんな好意にあふれた人が ご近所に居てくれて 私は幸せ者だと言える
c0108460_12181129.jpg
c0108460_12181181.jpg



by TATE-misaki | 2014-12-25 12:31 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

皇帝ダリアさん 長い事ありがとう!

平成26年12月24日(水) 晴れ・曇り
c0108460_16032657.jpg
9時に起き出したら 私にとっては 早起きの部類である
外気温度8度 昼には10度になっており  無風状態で過ごしやすい
しかし 日陰でじっとしていると やや冷やりとはする
c0108460_16031869.jpg
5株のローバイが一気に咲きだした
c0108460_16032413.jpg
・・・あまり手入れはしていないが 毎年長い事楽しませてくれる
じっと見ているとプラスチックの造花のように思うが 
花のない時季にはありがたい花である
c0108460_16032373.jpg
c0108460_16032537.jpg
1ヶ月以上楽しませてくれた 皇帝ダリアも終わりである
強風に傷めつけられて 葉はボロボロで見るも無残な姿である
c0108460_16031517.jpg
もう少し花は咲くと思うが 無残な姿を見てもらうのも 可哀想なので収束することにした
c0108460_16031788.jpg
奥の方は まともに立っているのはないくらいで 倒れたまま花を咲かせていた
c0108460_16032148.jpg
全て根元から切り取り 竹のような幹は鉈で寸断して その場にばらまき腐葉土にする
青い部分は鉈でもスパッと切れるが 枯れた部分や太い幹は 一度では切断出来ない
c0108460_16031935.jpg
道路側の分は 紐で何重にもくくっているので 紐をほどくのも手間である
これも根元で切ってから 前の放棄花壇に持ち込み ここで細切れにした
そこらへばらまくことで 少しは肥料の役目を果たしてくれるものと・・・
c0108460_16100272.jpg
鉈を振り回しての作業の連続だと 帽子をかぶっている頭は 汗が噴き出してきた
家の中だと ストーブを付けているが 外で作業すると汗をかく
やはり太陽の元で動くことが 健康にはいいのだと思う
c0108460_16100414.jpg
c0108460_16100386.jpg
c0108460_16032034.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-24 16:11 | 我が家のボランティア | Comments(2)

寒さが緩むとお外作業

平成26年12月23日(火) 晴れ
c0108460_17342377.jpg
外気温8度 昨日までと比べると 風もないので非常に暖かい
これぐらいだと 如何に寒がり屋でも 外の作業は出来る
c0108460_17342145.jpg
*生ゴミ埋込
 柚の樹の根元の周囲を掘り起し 生ゴミと鶏糞を埋め込んだ
 寒いので しばらくサボっていたから 生ゴミもゴミ袋一杯に溜まり
 片手で持つのも重いくらいである・・・ほとんどがミカンの皮とコーヒー滓である
 お礼肥にもなる・・・今年は3個しか収穫できなかったので お礼の必要はないが
 しかし 来年には100個以上収穫できることを期待しての先行投資である
c0108460_17341809.jpg
*前の物置の再整理
 かあさんが整理を始めた 高いところの荷物は脚立に乗る必要がある
 当然 途中から こちらの動向を無視して やいやい言い出すに決まっている
 言われてからだと やる気が出ないので 言われる前に 手伝いを開始した
 上段の棚の上の物を中を確認しながら 何年も使っていない物は処分
 そこに あることさえ忘れているのが多い
 孫たちも遊ばなくなった オモチャ類も全て処分した
 思い切って処分したので だいぶすっきりしてきた
 後何回か処分すれば この大きな物置は自転車置き場だけに なりそうだ
c0108460_17342297.jpg
*紙類のゴミの焼却
 無風なので 煙でご近所に迷惑を掛けないので 半ドラで焼く
 失敗した書類も 人名や住所などが入ったのが多いので 一緒に焼く
c0108460_17342464.jpg
作業が終った頃にはきれいな夕焼けになっていた
c0108460_17341307.jpg

by TATE-misaki | 2014-12-23 17:47 | 我が家のボランティア | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々