ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2016年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

火曜歩こう会「ササユリ鑑賞会&里山体験」 in うみべの森

平成28年5月31日(火) ① 晴れ
火曜歩こう会「ササユリ鑑賞会&里山体験」
(9:00~12:00) 参加会員 4名〔生熊 田川 立石 中川〕
岬町深日地区を中心とした会のようである
ほとんどの方が自転車でやって来られたようである
10:30 うみべの森に 会員11名到着
 集合写真
c0108460_22295008.jpg
&挨拶&ササユリのお話し・・・立石
 「ササユリの1年生は1枚葉で これに日光が当たらないと育たない
  2~3年が同じ状況であり 我々の笹刈り作業が有効である
  1枚葉 2枚葉も観察して欲しい」
10:36 立石案内
 *花の広場から小川そばのササユリの観察
c0108460_22295358.jpg
 *ササユリの道を歩いて うみ森散策路へ
c0108460_22295588.jpg
  途中 オカトラノオも群落や  ササユリの1年生も興味深く観察
c0108460_22295756.jpg
 *うみ森山に出て豪華な6輪咲きを観察
  (この株は移植したものであるが なぜ このように育ったかは不明)
c0108460_22294647.jpg
 *そのそばの笹の中に1輪だけ咲いている 本来のササユリのすがたも観察してもらった
 *散策路左右で見られる それぞれ違った ササユリの個性を観察してもらった
 *おひさま畑では自生のホルトノキや 花が咲きかかっているオカトラノオも観察
 *クヌギ林の丸太平均台は ベンチに最高と喜んでくれた
c0108460_22323706.jpg
11:00 ぼうけん山ルート散策
 あふれ滝川渡河⇒桜道
c0108460_22323924.jpg
⇒100年桜
c0108460_22323229.jpg
⇒ヤマモモ18家族⇒一転八起のヒメユズリハ
c0108460_22323511.jpg
⇒ウラジロの龍の林
c0108460_22402097.jpg
⇒階段住宅方式の炭竃跡⇒ロープ登りルート
c0108460_22402228.jpg
⇒コクランの道⇒蕾のあるコクラン群落の観察
c0108460_22402494.jpg
「10kmくらい歩かないと 納得できないメンバーなので ぼうけん山散策の提案には大賛成
多奈川小学校1・2年生の遠足の話をしながら 同じルートを歩いた
100年桜では同じように手を回していたし 一転八起には 大いに同調してくれた
ロープ登りルートでロープを張ろうか?と聞くと さすがに首を振っていた
11:33 ビオトープ
  オカナダモを捨てられて繁殖しすぎて 困っている話もしたが・・・逆にメダカ用の藻として欲しいとの声も
しかし梅花藻に似た白い花には 素直にきれいだ!と言っていた
c0108460_22402775.jpg
11:40 花の広場で七夕用短冊の記入
c0108460_22402920.jpg
11:50 いい散歩をさせてもらったと帰って行かれた
・・・その後も10人以下のグループの 来訪が多く 対応に追われて 弁当を食べる暇もないほどであった
  どんなイベント企画よりも ササユリは集客力があるようだ
c0108460_22294809.jpg
c0108460_22434657.jpg
c0108460_22434000.jpg
c0108460_22434382.jpg
c0108460_22434017.jpg
c0108460_22401894.jpg


by TATE-misaki | 2016-05-31 22:01 | ササユリ便り | Comments(0)

和歌山大学野外実習(生態環境実験実習)第1日目・・・孝子の森

平成28年5月31日(火)② 晴れ 
和歌山大学野外実習(生態環境実験実習)第1日目・・・孝子の森
(9:20~16:00)
参加会員9名 [徐 立石 谷口州 中川 長原 羽間 久川兼 柚岡 渡邊] 
和歌山大学システム工学部環境システム学科3年生の孝子の森での実習は9年目になる
今年は毎週火曜日 6回実施される
今日はその第1回目(13:00~15:30)オリエンテーションである
今日 孝子の森全体を観察して 次回より各班で研究内容を決めるようだ
*事前ミーティング[養父教授 中島教授]
*学生21名 指導教員 4名
*徐代表 挨拶 & スタッフ紹介
*孝子の森の概略と山での行動の注意事項・・・中島教授
c0108460_00512121.jpg
c0108460_00512349.jpg

*孝子の森尾根全体の案内
  A班とB班の2組に分かれて行動
*A班・・・〔井伊教員 谷口教員〕〔立石 谷口州 羽間 久川兼〕
 合歓の木道⇒
c0108460_00513085.jpg

南尾根⇒
c0108460_00511875.jpg

西尾根⇒
c0108460_00533748.jpg

c0108460_00534114.jpg
展望台⇒
c0108460_00533463.jpg
c0108460_00592105.jpg
北尾根⇒ヤマモモの道
c0108460_00592549.jpg
c0108460_00592882.jpg
⇒広場
*B班・・・〔中島教授 養父教授〕〔徐 中川 長原 柚岡〕
c0108460_00512540.jpg

 ヤマモモの道⇒
c0108460_00512791.jpg

北尾根⇒展望台⇒
c0108460_00533964.jpg

西尾根⇒南尾根⇒合歓の木道⇒広場

*樹木や草花の名前と特徴を説明しながら歩く 学生たちはノートを取りながら
  地図を見ながら現在の位置をつぶさに記入
  サルトリイバラ 松の育つ環境 アカマツと黒松と合いの子松の相違
  タヌキの溜め糞と沢山出てきた樹木の芽とその葛藤の関係⇒種は動物の動きで移動する
c0108460_00592386.jpg
 等々
*展望台で一休み&周囲の説明
  展望台から和大のある ふじと台の一部が見えるし
  360度の景観に驚き しばらく動こうともしない にぎやかになる
  展望台そばで育っている オオバノトンボソウの観察
*広場でAB班合流
c0108460_01001455.jpg
c0108460_00591991.jpg
*挨拶
c0108460_01001222.jpg
*伊豆賀奥池まで観察に移動
*下山 

午前中の定例活動
*パイプハウス床下を改造
*山の斜面に積み込んでいた大型廃材を移動・・・梅雨になり濡れると腐らせてしまう可能性が大
*クヌギ谷のイバラ取り・・・根絶を目指すため 全て引き抜き作業
*黒板を自立方式に改造
*ササユリ花壇やその他の花壇の整備
c0108460_00591648.jpg



by TATE-misaki | 2016-05-31 21:30 | みさき里山クラブ | Comments(0)

ササユリ便り⑨・・・せんなん里海公園内うみべの森

平成28年5月30日(月) ① くもり・晴れ
ササユリ便り⑨・・・せんなん里海公園内うみべの森
(12:30~15:00)
今日の開花 16株 21輪・・・現在 61株 90輪が咲いている(5株6輪が散っていた)
「ささゆりまつり第5日目」・・・今日のササユリ鑑賞来訪者 9人(早朝雨のため)

ぼうけん山炭竃跡・・・76号
c0108460_22450035.jpg
・77号(少し離れた場所にあり新発見)
c0108460_22445862.jpg
ぼうけん山中間・・・78号・79号
c0108460_22462726.jpg
c0108460_22463030.jpg

箱の浦山・・・80号(1輪咲き)
c0108460_22462429.jpg
ササユリの道中間小川側(花の広場奥)・・・81号・82号(2輪咲き)
c0108460_22474784.jpg
83号(6輪咲き・1輪は虫害・最初の1輪)・84号
c0108460_22474590.jpg
ササユリの道中間山側(花の広場奥)・・・85号・86号(2輪咲き)
c0108460_22492359.jpg
c0108460_22492103.jpg
・87号
c0108460_22504179.jpg
第1群落(第1カブちゃんベッド前)・・・88号
c0108460_22503982.jpg
大家族 89号~96号 ・・・(23輪中 20輪が開花した)
c0108460_22530514.jpg
c0108460_22531085.jpg
c0108460_22530368.jpg
c0108460_22530073.jpg
c0108460_22525880.jpg
c0108460_22525653.jpg
c0108460_22525379.jpg
c0108460_22530836.jpg

by TATE-misaki | 2016-05-30 22:57 | ササユリ便り | Comments(0)

ボランティア活動の片手間に我が家のボランティア活動を・・・

平成28年5月30日(月)くもり・晴れ
今日は「ささゆりまつり」の来訪者は少なかった
15時に引き上げて 我が家のボランティア活動をすることにした
6月5日(日)は 岬町の環境美化の日である
その日は きのくに子どもNPOくの子どもたち50人が孝子の森へやって来る
当然 清掃などやっておれるかと 孝子の森へ飛んでいく
同居人から 家の周辺の草刈りは どうするんだ!とつつかれている
止むを得ず 事前に暇な日に ちょこっとすると約束させられた
(15:00~18:30)
刈払機を借りてきて作業を開始した
(ボランティア活動では 最近 ほとんど刈払機作業はしたことはないんだが・・・)
川向こうの放棄花壇の畔の草刈り・・・イネ科の草が刈りに巻き付いて何度も中断させられた
c0108460_00020058.jpg
c0108460_00030553.jpg
上の道との縦断私道・・・不要になったカーペットを草が生えないように敷いているのが 刈払機作業には逆にやりにくくなっている
c0108460_00020363.jpg
c0108460_00020291.jpg
私道あぜ道横の4坪の荒れ地・・・刈る必要はないが 道の横の草ぼうぼうは目障りである
c0108460_00030225.jpg
川向こう土手の琉球朝顔刈り・・・地植えになってしまった琉球朝顔は手が付けられない
c0108460_00020650.jpg
c0108460_00030441.jpg
 四方八方に根を付けているので 刈っても刈っても より元気なツルが出てくる
 当面目障りな刈れる範囲を刈ってみたが・・・
c0108460_00030725.jpg
道路量がはの コンクリート隙間の草刈り・・・ここの草刈りをやれば 刈払機の刃のチップは直ぐに飛んでしまう
そのために チップのなくなった刃も捨てずに この時に使うべく残してある
c0108460_00015720.jpg
刈払機のタンクの油が なくなると同時に作業は終了で来た
3時間ほどの作業で汗だくである


by TATE-misaki | 2016-05-30 22:32 | 我が家のボランティア | Comments(0)

イベントサポーターズクラブ & ハーブタベストリー香の会「ササユリ鑑賞会&里山体験」

平成28年5月29日(日) ① くもり
イベントサポーターズクラブ & ハーブタベストリー香の会
「ササユリ鑑賞会&里山体験」
(8:00~14:30) 
うみ森参加会員 8名〔小牟田 柴田 杉本 田川 立石 中川 長原 原田〕
〔イベントサポーターズクラブ 6名 香の会 10名〕
午後からは 雨の天気予報である 早朝は晴れていたが そのうち曇って来た
25日の予定が延期されただけに 今日は どうしても成立させたい
8:00~準備
 *懇親会のBBQの場所取りと会場準備
 *ヤマザクラ植樹の準備
 *植樹場所の選定⇒10本桜隣接地に決定し
  その場所へ行くまでの 笹刈りをして道つくり&植樹用穴掘り
  小石が出てきて非常に掘りにくい 支柱用に杖を加工して杭作り
9:30 全員集合⇒集合写真
c0108460_00505856.jpg
9:35 挨拶&ササユリのお話し・・・立石
 「ササユリは 実生から花が咲くまで4年は掛かる⇒1~3年は絶対太陽の光が必要 
  我々の作業は笹刈りだけで ササユリは沢山育ってきた
  花の咲いたササユリだけでなく 1枚葉 2枚葉も観察して欲しい」
9:40 大橋幹事の挨拶&スケジュール説明
c0108460_00510012.jpg
9:45 柴田リーダー案内
 *花の広場から小川そばのササユリの観察は 待っている間に ほぼ観察終了
 *柴田リーダー案内で ササユリの道を歩いて観察する組と
c0108460_00510252.jpg
  中川リーダー案内の車椅子の組は うみ森中央路を歩いて観察
c0108460_00510413.jpg
c0108460_00510524.jpg

  頂上の6輪咲きササユリの場所で合流した
c0108460_00505607.jpg
 *うみ森山に出て豪華な6輪咲きを観察
  (この株は移植したものであるが なぜ このように育ったかは不明)
c0108460_00551536.jpg
 *そのそばの笹の中に1輪だけ咲いている 本来のササユリのすがたも観察してもらった
  これが 一番人気があったようである
 *足に障害のある人が 坂道は車椅子を降りて 杖を頼りにゆっくりと歩いてくれた
  全員そのスピードに合わせて観察
c0108460_00551606.jpg
 *植樹場所には 車椅子ではいけないので  植樹組と別行動になった
 *10本桜の枝のはずれに植樹場所を決定
c0108460_00551891.jpg
c0108460_00552019.jpg
  植樹穴も掘ってもらう予定であったが 非常に掘りにくいので
  我々で予め植樹穴を掘っておいた
 *そこへヤマザクラの80㎝苗木を 植樹し土を掛け 水やりをした
c0108460_00552227.jpg
 *今後自分たちのヤマザクラを 時々維持管理手入れをしてもらう約束もした
 *その意味では楽しみが増えたと喜んでもらえた
c0108460_00551334.jpg
10:30 BBQ懇親会場所へ移動
「普段顔見知りのボランティア3グループが 同じ作業行動をしたのは初めてであり
 お互いを再認識して 非常に有意義であった
 次回は コクランが咲いた時に その群落鑑賞会の開催を約束した」
(12:00~14:30)
3グループBBQ懇親会(総勢22人)・・・場所:せんなん里海公園ピチピチビーチ側BBQコーナー
 うみ森参加者〔小牟田 柴田 杉本 立石 中川 長原〕
c0108460_00595353.jpg
 幹事が早朝6時30分からブルーシートを敷いて場所取りをして
 半ドラや3台のBBQコンロに炭火を熾して準備
 肉・野菜・おにぎり・飲み物も準備してくれていた
c0108460_00594970.jpg
 焼き物奉行も全てやってくれて
c0108460_00595565.jpg
 我々はお客様感覚で 飲んで食べてしゃべるだけ
c0108460_00595762.jpg
 グループ外 交流は大成功であり 定例化の声もあった
c0108460_00595179.jpg
     

by TATE-misaki | 2016-05-29 23:36 | ササユリ便り | Comments(0)

和泉山草会「ササユリ鑑賞会&里山体験」 in うみべの森

平成28年5月29日(日)② くもり
和泉山草会「ササユリ鑑賞会&里山体験」
(10:30~11:30) 参加会員 9名
〔小牟田 柴田 杉本 田川 立石 中川 長原 原田 森〕
森さんのお母さんが以前から会員である
会員の森さんが 最近この会の会員になった
ササユリを見たいとの要望に応えて 森さんが企画し案内してきてくれた
10:00南海淡輪駅に到着・・・森さんたち3台の車で出迎えに行った
10:25 うみべの森に 会員15名到着
c0108460_22350574.jpg
10:30 挨拶&ササユリのお話し・・・立石
 「うみべの森で如何にして ササユリを増やしてきたか・・・
  ササユリの1年生は1枚葉で 地面に密着している状態
  これに日光が当たらないと育たない 2~3年が同じ状況であり
  4年目くらいから花が咲く株も出てくる
  笹におおわれると消滅してしまうので 我々の作業は笹刈りだけで ササユリは沢山育ってきた
  花の咲いたササユリだけでなく 1枚葉 2枚葉も観察して欲しい」
10:36 柴田リーダー案内
c0108460_22350705.jpg
 *花の広場から小川そばのササユリの観察
c0108460_22350966.jpg
 *ササユリの道を歩いて 薄暗い林の中のササユリも観察
c0108460_22351059.jpg
 *間伐で日が当たりだした場所には  オカトラノオも群落で育ってきた
c0108460_22351255.jpg
 *うみ森山に出て豪華な6輪咲きを観察
  (この株は移植したものであるが なぜ このように育ったかは不明)
c0108460_22350322.jpg
c0108460_22362967.jpg
 *そのそばの笹の中に1輪だけ咲いている 本来のササユリのすがたも観察してもらった
c0108460_22363398.jpg
 *散策路左右で見られる それぞれ違った ササユリの個性を観察してもらった
c0108460_22363598.jpg
c0108460_22434016.jpg
 *おにぎり広場周辺で ホオノキやムクロジを観察し それぞれの木のいろんな使い方の説明
c0108460_22363152.jpg
c0108460_22434367.jpg
 *陸カニの観察
 *流木の集め方と使い方の説明
c0108460_22434524.jpg
11:15 自然のササユリを十二分に観察してもらって 全員満足して
     次の会食のレストランへ移動して行かれた
11:20 カブトムシ大好きの親子とともに・・・〔男性軍〕
 親子4人がビオトープの生き物を熱心に観察していた
 小さな男の子2には 生き物大好きらしい
 柴田さんがカブトムシの幼虫の話をしたら 絶対に見たいという
 第1カブちゃんベッドのホダギなどを取り除いて チップの山を掘りだしたが 幼虫はいない
c0108460_22311624.jpg
 チップが非常に熱を持っている・・・この環境だと死滅しかなさそうだ
 現実に 干からびた幼虫が2匹出てきたが 子どもたちはそれを大切に虫かごに入れていた
 やむを得ず第2カブちゃんベッドを掘りだしたが ここでようやく2匹出てきた
c0108460_22311831.jpg
 お土産に 提供し 育て方も教えた
 中川さんは クロベンケイを捕まえて 子どもたちに見せていた
 このハプニングで BBQ会場へ行くのが遅れてしまった
c0108460_22311451.jpg

by TATE-misaki | 2016-05-29 22:28 | ササユリ便り | Comments(0)

ササユリ便り⑧ in せんなん里海公園内うみべの森

平成28年5月29日(日)小雨
ササユリ便り⑧(14:00~15:40) 
今日の開花 5株 10輪⇒現在 46株 70輪が咲いている⇒4株5輪が散っていた
「ささゆりまつり第4日目」・・・今日のササユリ鑑賞来訪者 95人

箱の浦山 66号(1輪咲き)
c0108460_20185876.jpg
c0108460_20185677.jpg
 67~68号(2輪咲き)
c0108460_20190582.jpg
c0108460_20190034.jpg
c0108460_20190245.jpg
 69号(1輪咲き)
c0108460_20185321.jpg
c0108460_20185162.jpg
大家族 70号~73号 4輪開花(23輪中 12輪が開花した)
c0108460_20240401.jpg
c0108460_20240829.jpg
c0108460_20240642.jpg
c0108460_20240504.jpg
c0108460_20240951.jpg
ササユリの道中間山側(花の広場奥)・・・74号(2輪咲き:1日遅れで咲いた)
c0108460_20275699.jpg
c0108460_20275517.jpg
通路海側1カブ上・・・75号(1輪咲き)
c0108460_20275332.jpg
c0108460_20275889.jpg


by TATE-misaki | 2016-05-29 20:32 | ササユリ便り | Comments(0)

『森林浴&ビオトープハイキング』 in 孝子の森

平成28年5月28日(土)① くもり
「グリーンパートナー協定」・「おおさか生物多様性グリーンパートナー協定」関連イベント
『森林浴&ビオトープハイキング』
(約9キロ〈一般向き〉/約13キロ〈健脚剥き〉
主催:南海電気鉄道㈱ 大阪府 岬町 多奈川地区整備促進協議会 
南海線・孝子駅⇒孝子小学校(スタート受付)⇒伊豆賀林道ルート⇒孝子の森⇒客山展望台⇒客山ルート⇒犬飼谷峠道⇒
柳池⇒白砂峠⇒青木松風庵岬工場⇒多奈川ビオトープ(いきいきパークみさき内)⇒犬養⇒深日港駅(一般向きゴール)
⇒深日漁港⇒万葉歌碑⇒長松自然海岸⇒みさき公園駅(健脚向けゴール)

(9:20~12:00) 参加会員 5名〔徐 立石 谷口州 久川兼 柚岡〕
c0108460_01120421.jpg
 
みさき里山クラブ会員は 先行して 孝子の森へ行き 準備の再チェック

集合 10:00~10:30 孝子小学校
c0108460_01040351.jpg
 受付の終わった参加者から 個々にスタート
 10:00には 1番ハイカーが孝子の森に到着した
その後から 次から次へと バラバラでやって来る
このハイキングは 個人の参加が多く 脇目もせず ただ歩くだけの目的の人が多い
我々もグループや家族でやって来る やや  のんびりムードのグループのサポートが主になる
c0108460_01041076.jpg
*孝子の森広場
 みさき里山クラブの概要やバンブーハウスの説明 花壇のササユリの話
c0108460_01040612.jpg
c0108460_01041206.jpg
楽しみは 栗の木に住み着いている クスサン(イモムシ)の説明である
徐代表得意の範疇でもある
クスサンを手に乗せて〔かわいい!〕と 言う子どもがいたりして喜んでいた
c0108460_01040818.jpg
*グループに同行して山登り
c0108460_01041509.jpg
  ヤマモモの道では  久川長老がほとんど作ったこと
  土留めや杭は 全てヤマザクラの芯であること
  枯れたヤマザクラを探し伐採して皮を剥き 山道現場まで運ぶのが他の会員の作業であったこと
  タヌキの溜め糞とアケビの沢山の芽の話 等々
c0108460_01061417.jpg
*展望台
  上空から 進む方向を教えたり 風景の説明 展望台の名前の由来 展望台手作りの苦労話
  ウラジロ飛行機とピョンピョンカエルお実演 トンボソーの観察 等々
c0108460_01115892.jpg
c0108460_01061237.jpg
c0108460_01120094.jpg
c0108460_01115422.jpg
c0108460_01115646.jpg

c0108460_01061799.jpg
c0108460_01061667.jpg
c0108460_01120224.jpg

*11時を回ったころからはハイカーも少し減った
*南海スタッフと反省会その他の打ち合わせ
*会員の反省会
12:00 解散



by TATE-misaki | 2016-05-28 23:38 | みさき里山クラブ | Comments(0)

「ササユリ便り⑦」・・・せんなん里海公園内うみべの森

平成28年5月28日(土)② 小雨
うみべの森の「ササユリ便り⑦」(13:00~17:00)
今日の開花 9株 15輪⇒現在 42株 61輪が咲いている・・・3株4輪が散っていた
「ささゆりまつり第3日目」・・・原田 柴田 立石のリレー当番
c0108460_23061131.jpg
森さんとお母さんが うみ森入口周辺の整備をしてくれた
植木の剪定・流木花壇の整備・流し台の大掃除 等々
小雨の中 よくやってくれた
c0108460_23061367.jpg
c0108460_23060362.jpg
今日のササユリ鑑賞来訪者 54人
c0108460_23060920.jpg
c0108460_22281596.jpg
ササユリの道中間小川側(花の広場奥)・・・51号(1輪咲き:大輪)
c0108460_22281365.jpg

ササユリの道中間山側(花の広場奥)
c0108460_22280827.jpg
52号(4輪咲きの最後が2日遅れ出咲いた)
c0108460_22280339.jpg
53号(2輪咲き)
c0108460_22280528.jpg
・54号(1輪咲き)
c0108460_22281047.jpg
大家族 55号~60号 6輪開花・・・(23輪中 8輪が開花した)
c0108460_22380532.jpg
c0108460_22381570.jpg
c0108460_22381360.jpg
c0108460_22381163.jpg
c0108460_22380912.jpg
c0108460_22380792.jpg
c0108460_22380355.jpg
第1カブちゃんベッド上
61号(2輪咲きの1輪は4日も遅れて咲いた)
c0108460_22411044.jpg
c0108460_22410836.jpg
62号
c0108460_22410654.jpg
c0108460_22411213.jpg
通路海側1カブ前
c0108460_22431577.jpg
63号~65号(3輪咲き)
c0108460_22432031.jpg
c0108460_22431858.jpg
c0108460_22431269.jpg
c0108460_23165249.jpg




by TATE-misaki | 2016-05-28 22:10 | ササユリ便り | Comments(0)

モミジバイチゴの大繁殖の駆除に奮闘中 in 孝子の森

平成28年5月27日(金)① くもり・晴れ
昨晩は 活動記録作成の遅れ分や ブログ4件の記入などしていて3時30分に寝た
7時に起きる予定が 目覚ましも止めてしまって寝ていたようだ
ようやく8時30分に起きたが  全てが遅れてしまった
みさき里山クラブで 今日どうしてもいる 書類を持参する必要があるのでサボれない
眠い眠いと言いながら昼過ぎに孝子の森に ようやく到着した

みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:30) 参加会員 11名〔雨宮 岡田 小岩 徐 立石 谷口州 中山 長原 久川兼 宮崎 柚岡〕
朝7時ごろは大雨であった 8時を過ぎたら雨も止み 晴れる傾向が出てきた
定例活動はやるよとの 電話連絡もあった
2人ほど遅れて来たが 11人のメンバーは揃った
c0108460_01514328.jpg
山道の楽しみな花たちは少なくなった
伊豆賀口池の岸辺にイヨカズラが何株かは定着した
c0108460_01514536.jpg

目立たないが かわいい花である
c0108460_01514882.jpg

嬉しいことにクサスギカズラの独立した株も イヨカズラに絡まって育っている
c0108460_01514739.jpg
道の左右に育っているので心強くなった
池には 割合に大きい 魚たちも泳いでいる
c0108460_01515058.jpg
*ラジオ体操
*ミーティング
*ウツギ谷の草刈り・・・〔岡田 谷口州〕・・・刈払機と鎌で作業
c0108460_01582367.jpg
*クヌギ谷のイバラ駆除・・・〔小岩 徐〕
 モミジバイチゴが大繁殖 クヌギが隠れる場所もある
 これは刈払機で刈り取るより 根から引き抜き 繁殖を止める必要がある
 皮手袋をはめて地道に抜きとる
 抜き取ったイバラは 枯れても触れば痛いので 集めて焼却する
c0108460_02001082.jpg
c0108460_01581866.jpg
*子供用椅子つくり・・・〔柚岡〕
 子どもが沢山遊びに来るのに よく見渡せば 子供用ベンチはない
 廃材で 子どもが座りやすい 低い椅子を造った
*冒険ルート入口周辺の草刈り・・・〔長原 柚岡〕
 草が膝くらいまで伸びている これを刈払機2台で作業
c0108460_01531356.jpg
c0108460_01531100.jpg
c0108460_01514289.jpg

*中央谷道の階段付近の草刈り・・・〔谷口州〕
 階段が草で覆われている その周辺は モミジバイチゴの群落である
 1m近く伸びて中へは入れない⇒ここは一応刈払機で刈り取った
c0108460_01530809.jpg
c0108460_01530928.jpg

*クヌギ苗木畑の草引き・・・〔小岩〕
 囲いをしてあるので 普段は入らない
 刈払機も使えないので 鎌での地道な作業となった
c0108460_01582668.jpg
*花壇の整備&草引き・・・〔雨宮 中山 久川 宮崎〕
 花壇の囲いの周囲や 花壇の中の草引き
 栽培しているササユリの大輪も花が咲きだした
c0108460_02001292.jpg
*クヌギ谷の外来植物駆除・・・〔立石〕
 ナルトサワギクは3本見付けた
 セイタカアワダチソウは20本以上引き抜いた
 毎回見つけては引き抜いているが なかなか駆除できないものである
*クスサン探し・・・〔立石〕
 栗の木に着く 大型の毛虫である・・・今までだと見つければすぐに殺していた
 しかし この虫を解剖して 腸をテグスに加工することを教わって以後
 なんだかかわいくなってきた
c0108460_01582207.jpg
c0108460_01582073.jpg
c0108460_01582523.jpg


*料理部・・・〔雨宮 中山 宮崎〕
 味噌汁&コーヒータイムの準備
*中孝子地区各戸に「地域交流会」の案内状と申込書を配布・・・〔全員〕
 作業を少し早い目に終わって下山し 11人で手分けして 各家を回って 案内状をポストへ入れていった
 中には完全に人が住んでいない様子の家も数軒あった
c0108460_02001539.jpg
c0108460_02000822.jpg



by TATE-misaki | 2016-05-27 23:50 | みさき里山クラブ | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々