ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2016年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

多奈川小学校3年生「孝子の森探検」・・・孝子の森

平成28年11月30日(水)① 晴れ・くもり
多奈川小学校3年生「孝子の森探検」児童18名 先生2名 合計20名
(8:20~14:00)  参加会員 6名〔徐 立石 中川 新野 福永 渡邊〕
c0108460_22233204.jpg
晴れてはいるが 気温は朝5度 昼でも8度と低い
山でも たき火を焚いても あまり暖かくならないようである
会員孝子小学校で待機
9:32 スクルーバスで児童到着
c0108460_22200856.jpg
 地元のおばちゃんに昔の話しを聞く
c0108460_22203876.jpg
9:40 岬の歴史館見学(旧:孝子小学校)
c0108460_22205859.jpg
 化石教室
c0108460_22213437.jpg
 谷川瓦の歴史
c0108460_22222412.jpg
 昔の道具 等々
c0108460_22225538.jpg
10:16 孝子小学校出発
c0108460_22231756.jpg
 犬飼谷峠道→
  金輪寺・植物の話し
c0108460_22241662.jpg
・町の野生動物の話し(中川)
c0108460_22240007.jpg
 客山ルート→
c0108460_22244526.jpg
  マッタケ山の歴史・イノシシの足跡観察・やまびこスポットでヤッホ連発
c0108460_22250412.jpg
 展望台→
c0108460_22252818.jpg
 「船が空飛ぶ展望台」の名前の由来説明
c0108460_22255680.jpg
・ウラジロ飛行機
c0108460_22261121.jpg
・ピョンピョンカエル
c0108460_22263705.jpg
c0108460_22265945.jpg
冒険ルート→広場
 西尾根を散策して 急斜面をロープを伝って降りる 冒険ルートに挑戦 ⇒児童も先生もスリルを満喫していた
c0108460_22273437.jpg
c0108460_22281778.jpg
11:38 孝子の森広場到着
 先生の注意事項&徐代表挨拶
c0108460_22284053.jpg
11:47 お弁当タイム
c0108460_22292066.jpg
 仲の良い友達同士でグループになって お弁当タイム
 お母さんの手の込んだ弁当もあり お互いにおかずを交換している子もいた
c0108460_22293624.jpg
c0108460_22295295.jpg
c0108460_22300701.jpg
 スタッフもたき火を囲んで昼食
12:13
 *動物のお話し(中川:元天王寺動物園園長)
c0108460_22302538.jpg
 *面白い植物の種(徐代表)
   タカサゴユリの種の魔法の杖・・・穂を振りまわす度に種が飛び散る
c0108460_22304188.jpg
   ガマの穂のムクムク・・・手で揉むと種がムクムク出てきた それを振りまわしたら雪のように 周囲に飛び散り大騒動
c0108460_22305780.jpg
c0108460_22311525.jpg
12:23 フリータイム
 ロープ登りが一番人気
c0108460_22313992.jpg
 ダンボール箱で斜面を滑っている
c0108460_22424893.jpg
 ツリーハウス
c0108460_22320114.jpg
・ハイジのブランコ
c0108460_22321920.jpg
・廃材シーソー
c0108460_22325524.jpg
・丸太切り
c0108460_22323871.jpg
 種々の遊び場を走り回って参加して順番に遊んでいた
12:48 あいさつと感想
 山登り・動物の話し等が印象に残ったようだ
c0108460_22331685.jpg
12:52 下山(案内・・・中川・渡邊)
c0108460_22333660.jpg
「規律正しい元気の良い子どもたちである
先生の指示が行き渡り 離合集散もスムースであった
山登りで先頭を歩いたら 遅すぎると苦情が出てきた⇒山での行動は非常にスピード感がある」
  

by TATE-misaki | 2016-11-30 22:05 | みさき里山クラブ | Comments(0)

コウノトリ追っかけ第13日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年11月30日(水) ② 晴れ
コウノトリ追っかけ第13日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」
孝子の森で多奈川小学校3年生20名の里山体験サポートの帰りに ご陵さん迄送ってもらった
14時前であったが 堀にも 電柱にも全く姿は見えない・・・周囲の電柱を丹念に見たが同じである
c0108460_20001177.jpg
c0108460_20002737.jpg
あきらめて いったん帰宅してから 再度17時前に行ってみた・・・自転車で3分ほどの近場である
今度は 間違いなく見付けられた ご陵さんの裏側 ハス堀の真横の電柱に1羽の姿を発見
c0108460_20004823.jpg
c0108460_20010314.jpg
c0108460_20011927.jpg
電柱のそばまで行き ギャラリーにもう1羽は 5本ほど先の電柱に居ることを教えてもらった
いままでは 隣同士の電柱か せいぜい2本目の電柱に仲良く並んでいたが
今日のように 離れた電柱に留まっている姿は 初めて見た・・・喧嘩をして 距離を置いているのかも知れない
堀の横はコウチャンだと思うが あまりクミちゃんを意識していない
住宅街の電柱は クミちゃんだと思うが ゆったりとしている
c0108460_20013525.jpg
c0108460_20015123.jpg
c0108460_20020550.jpg
c0108460_20021683.jpg
c0108460_20023203.jpg
クミちゃんの写真を写している間に コウちゃんの姿が見えなくなった
堀を覗いたら 1羽で寂しくエサを探しているようだ
c0108460_20025437.jpg
c0108460_20032119.jpg
c0108460_20030705.jpg
突然コウチャンが堀から飛び立ち まっしぐらに クミちゃんの電柱に向かったが 当然逃げられてしまった
コウちゃんは そばの電柱に留まったが 久美ちゃんは どこへ飛んで行ったかはわからない
うす暗くなってデジカメの望遠では 写せなくなったので帰宅した

by TATE-misaki | 2016-11-30 20:07 | 野鳥 | Comments(0)

クヌギ谷直登ルート:新山道つくり調査 in 孝子の森

平成28年11月29日(火)① 晴れ・くもり
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~14:50)  参加会員 7名〔岡田 徐 立石 谷口州 久川兼 柚岡 渡邊〕
c0108460_20011458.jpg
晴れてはいるが少し冷える 朝7時で気温7度 孝子の森:昼で気温6度であった
いつもは 孝子の森広場は 暖かいのだが 今日はよく冷えた
たき火が 燃え上がるのを 待ったくらいである
c0108460_20015558.jpg
*ラジオ体操
c0108460_20022433.jpg
*ミーティング
*客山ルート事前チェック・・・〔岡田 渡邊〕
 明日 多奈川小学校が歩く道を 問題がないか チェックしながら一周した⇒草も伸びていず 問題はない
*クヌギ谷直登ルート山道調査・・・〔全員〕
c0108460_20025520.jpg
 孝子の森広場からクヌギ谷を直線に近いルートを登る道を作る
 全員で 通る道の個々に どのような作業をするかを検討した 階段を作る場所 均す場所等
c0108460_20032541.jpg
 尾根近くは急斜面なので いろは坂にし 階段を多用する
c0108460_20035697.jpg
 途中に分岐点を作り 中央尾根への枝道と 北尾根への枝道を作る⇒全長200mとなる
c0108460_20042657.jpg
 山道つくりの責任者は⇒久川兼さんとなった
c0108460_20050781.jpg
 階段の材料は 横木は間伐材を使う 杭は桜枯れ木の芯を探してきて作る
c0108460_20054618.jpg
*しいたけホダギの整理・・・〔岡田 谷口州〕 
 奥のシイタケ畑のホダギは終り ならなくなったのが多い
 ダメになったホダギを一か所に集めて カブトムシの幼虫のベッドにする
c0108460_20064523.jpg
*竹伐り・・・〔徐 立石 柚岡〕
 進入路入口の孟宗竹林で 1本伐採 細い竹も2本伐採 短く切って広場へ運んだ
c0108460_20071667.jpg
c0108460_20074644.jpg
*ミニ門松の見本作成・・・〔徐〕
 伐採してきた竹を使って ミニ門松一対製作
 孟宗竹を土台にして その中に細い竹を3本仕立て松 ナンテン ツルウメモドキをあしらって製作した
 いずれも孝子の森の自然の産物である
c0108460_20082545.jpg
*「餅つき忘年会の」の企画
 有償で一般参加者を募集する
 ⊛餅つき体験 ⊛自然薯汁 ⊛BBQ ⊛食べ放題 飲み放題の忘年会 ⊛クラフト⇒ミニ門松作り
 以上提案次第で どんどん変化する可能性はあるが・・・
 PR・募集責任者⇒ZooCan
 これが うまく行くようであれば 今後ともZooCanとの連携を 強化していきたい

by TATE-misaki | 2016-11-29 20:13 | みさき里山クラブ | Comments(2)

コウノトリ追っかけ第12日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年11月29日(火) ② 晴れ・くもり
(14:27~15:00)
孝子の森のボランティア活動の帰りに寄った
ガードマンに教えてもらったが 今日は 非常にわかりやす場所にいた
c0108460_17162671.jpg
c0108460_17160964.jpg
ご陵さんの真横の電柱に 2羽は休んでいた・・・カメラマン ギャラリーも増えたようだ
c0108460_17164145.jpg
c0108460_17165304.jpg
1本脚で立っているのが コウちゃんで 
c0108460_17171228.jpg
c0108460_17172412.jpg
2本脚で立っているのが クミちゃんだと思うが・・・
c0108460_17173931.jpg
c0108460_17175110.jpg
c0108460_17180468.jpg
最初は 静かに休息していたが 突然に くみちゃんが飛び立ち 少し離れた電柱に移動した
c0108460_17182473.jpg
c0108460_17183610.jpg
そこも またもや飛び立ち ご陵さんをぐるりと一周して 元の電柱に戻った
c0108460_17184491.jpg
c0108460_17184901.jpg
c0108460_17185330.jpg
c0108460_17185825.jpg
c0108460_17190361.jpg
c0108460_17190748.jpg
c0108460_17191744.jpg
c0108460_17192958.jpg
c0108460_17195303.jpg
その間 コウちゃんは 知らぬ顔で じっとしていた
c0108460_17201780.jpg
いつもなら コウチャンが動きまわるのだが・・・ 判別の仕方を間違っているのかも知れない
c0108460_17203270.jpg
c0108460_17204736.jpg


by TATE-misaki | 2016-11-29 17:27 | 野鳥 | Comments(2)

コウノトリ追っかけ第11日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年11月28日(月)くもり
イオンりんくうへ買い物に行った帰りに ご陵さんに降ろしてもらった
今日は 何処に居るかなと ウロウロしていたら 工事のガードマンが 横の住宅地の奥の電柱に留まっていると 教えてくれた
これで探し回る手間が省けた
遠くから見ると 隣り合った電柱に留まっている姿は確認できたが 近くへ行くと全くわからない
c0108460_18113676.jpg
ようやく家と家との間から姿を 見ることができたが 近くへ行く道がわからない
c0108460_18120955.jpg
c0108460_18122671.jpg
c0108460_18124046.jpg
c0108460_18125160.jpg
住宅の住人に効いて 紀陽銀行の近くだと分かり 大回りして近づいた
国道から 淡輪へ入る道の ぽぽろ淡輪の横の電柱の上にいた
c0108460_18131807.jpg
c0108460_18132938.jpg
もう1羽を捜したがわからず 移動しようとしたら 自分が立っている電柱の上にいた・・・灯台元暗しである
c0108460_18134523.jpg
多分後で見付けた方が オスのコウちゃんだと思うが・・・
c0108460_18141139.jpg
突然 コウちゃんが飛び立ち くるりと大回りして クミちゃんの電柱に近付いたら クミちゃんがさっと飛び立って逃げてしまった
c0108460_18142623.jpg
c0108460_18143954.jpg
c0108460_18145255.jpg
2羽が ご陵さん方向へ行った思ったので ご陵さんに移動したら ご陵さんの近所の主婦が あそこの電柱に留まっていると教えてくれた
この辺をコウノトリ探しでウロウロしているんで みんな顔を憶えていてくれて 協力してくれるので助かる
ここでも コウノトリは追っかけごっこをしていて 頻繁に電柱から電柱へと移動する
c0108460_18151151.jpg
c0108460_18152870.jpg
コウノトリはご陵さんを飛び越えて 少し電柱を移動するだけだが こちらは ご陵さんを ぐるりと回って歩くので500m以上の移動なる・・・お陰で1万歩近く運動をした
付いて回るのが大変である・・・寒くなって来たので あきらめて帰って来たが
c0108460_18154121.jpg
c0108460_18155372.jpg



by TATE-misaki | 2016-11-28 18:20 | 野鳥 | Comments(2)

コウノトリ追っかけ第10日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年11月27日(日) 雨
朝からずーっと雨である
夕方4時頃 コウノトリの食餌時間ではないかと思い ご陵さんまで カッパを来て出かけた
c0108460_17575539.jpg
c0108460_17573844.jpg
お堀は 雨水の流入で 少しは水溜りが大きくなっているが エサの魚も減少は変わらない
予想に反して 表にも裏の蓮堀にも コウノトリはいなかった
c0108460_17582549.jpg
ご陵三を ぐるりと一周したが 工事現場が見られただけで 目的のコウノトリは不在である
c0108460_18000659.jpg
c0108460_18002365.jpg
岸辺に大きな 丸々と太った ウナギ?を見つけたくらいだ・・・多分水鳥たちが ここまで引き上げたが 食べられなかったのでは・・・?
c0108460_18015040.jpg
あきらめて 帰りかけて 後ろを振り向いたら 居た!居た!!
c0108460_18004035.jpg
ご陵さんの横の住宅地の電柱天辺に2羽の姿を見つけた
c0108460_18005474.jpg
c0108460_18010712.jpg
早速引き返して 住宅地に入って メスのクミちゃんの姿を真下から観察できた
c0108460_18013444.jpg
c0108460_18012197.jpg
その近くの電柱に居るはずの オスのコウちゃんの姿を捜したが 住宅地の道は複雑で 中々隣の電柱がわからない
仕方なく 一端へ外へ出て遠望してから 田圃道から入り込み ようやく電柱の下へ出られた
c0108460_18020688.jpg
5時前になっていたので 雨のため薄暗くなるのが 早くて フラッシュをたいてみたが 目がひかるだけで はっきりとは写らない
c0108460_18032130.jpg
c0108460_18024353.jpg
雨が少々降っても 鳥たちは平気のようで 羽の防水が相当効果があるようだ
デジカメでは これ以上の写真は 無理なので あきらめて帰って来た
c0108460_18022347.jpg


by TATE-misaki | 2016-11-27 18:06 | 野鳥 | Comments(0)

「里山ボランティア入門講座」「森林ボランティア32期同窓会」&交流会・・・孝子の森

平成28年11月26日(土) ① 晴れ・くもり
「里山ボランティア入門講座」「森林ボランティア32期同窓会」&交流会
(9:20~15:20)  参加会員 15名〔雨宮 岡田 徐 立石 谷口州 谷口ま 中川 中山 西山 久川兼 福永 藤岡 宮崎 柚岡 渡邊〕
「里山ボランティア入門講座」2回目 ・・・講師 徐仁義代表
孝子駅で参加者を出迎え 孝子の森へ行く山道から 徐代表の講義が始まっていた
c0108460_01163154.jpg
スズメウリの実
c0108460_01164627.jpg
 サネカズラ
c0108460_01171959.jpg
 コウヤボウキの花
c0108460_01170442.jpg
 クサスギカズラの実 アオイトトンボ等々の説明・・・
c0108460_01173398.jpg

*(10:15~12:15)・・・「パイプハウス」
参加者 12名 〔村野夫妻 松田 前畑 高橋 今村〕〔中川 中山 藤岡 福永 渡邊 立石〕
「森・杜の歴史」・・・講師 徐仁義代表
c0108460_01185994.jpg
古代・江戸時代・明治・昭和の森の歴史・里山の恵
c0108460_01191922.jpg
森・杜の文字の由来から 話は四方八方に脱線して 徐代表の博識ぶりに圧倒されながら 知らない間に2時間近い時間は過ぎた
途中の休憩で 参加者の自己紹介もあり 住所や出身地で お互いの親近感は 余計に増して 和気あいあいのうちに終わった
c0108460_01195008.jpg
c0108460_01200517.jpg

*(9:20~12:50)準備・・・〔雨宮 谷口州 谷口ま 西山 久川兼 福永 宮崎 柚岡〕
*串作り・アジ干物の串刺し・たき火準備・たき火の周りに突き立てる・ピザ窯余熱・ピザトッピング・ピザ焼き
c0108460_01175228.jpg
c0108460_01202387.jpg
 野菜刻み準備・シイタケ採集・BBQ6セット準備¥バンブーハウス・テーブルに配膳

*「森林ボランティア32期同窓会」(岡田+8人)
c0108460_01161623.jpg
尾根近くの樹木伐採体験・・・〔岡田 久川兼〕
c0108460_01180907.jpg
c0108460_01182549.jpg

*(12:50~15:00)「4グループ交流会」
「みさき里山クラブ」「里山講座参加者」「森林ボランティア32期同窓会」「和歌山大学:養父教授」・・・(30人)
徐代表の挨拶と乾杯で交流会開始
c0108460_01204883.jpg
6台の炭火コンロに5人ずつ囲んで各自が焼く
c0108460_01210789.jpg
冷凍シシ肉は徐代表が調理し塩麹漬けしており 焼けば柔らかくて 何も付けなくてもおいしいと好評
c0108460_01212246.jpg
アジの串焼きは たき火で2時間焼いたので 抜群においしい⇒全員が串に噛り付いていた
c0108460_01224325.jpg
孝子の森特産のシイタケも良い 鶏の串もある ビール・酒・ノンコール・焼酎と飲み放題 会費1000円
c0108460_01222166.jpg
ワイワイ言いながら自分で焼きながら 飲み・食べ・おしゃべりは最高に盛り上がった
c0108460_01220307.jpg
20代から80代迄 年齢差は非常に大きいが 山での会話には 何の違和感もなく あちこちで 親子・孫との対等な会話が弾んでいる
ピザ焼き担当の谷口州さんは ゆっくりと飲み食いできないほど多忙で ピザが順次焼き上がり全員配ると おいしさに歓声
c0108460_01213996.jpg
ピザ窯 たき火のできる環境に 羨望の声が多かった
BBQを食べつくしたら たき火の周りに集まってくる
c0108460_01232780.jpg
ここでも コーヒーやお菓子 パンが出されて お酒を飲む人たちも交じって 会話が延々と続く
c0108460_01235778.jpg
一方では あまり酔っていない会員が そろそろと片付けを始める
閉会の挨拶とともに 直ぐに下山できる態勢になっている
パーティー慣れしている 会員たちの集まりである
c0108460_01234131.jpg



by TATE-misaki | 2016-11-26 23:50 | みさき里山クラブ | Comments(0)

コウノトリ追っかけ9日目・・・岬町:宇度墓古墳の堀

平成28年11月26日(土) ② 晴れ・くもり
コウノトリ追っかけ9日目・・・岬町:宇度墓古墳の堀
孝子の森での里山講座と交流会の帰り道に ご陵さんに寄った
いつもの場所には居らず 電柱を見渡しても姿が見えない
c0108460_22162291.jpg
あきらめて帰りかけていたが ここまで車で送ってくれた渡邊さんから電話があり 「ハス堀にいるよ」とのこと
あわてて引き返したら ハス堀で食餌中であった
c0108460_22164023.jpg
c0108460_22165775.jpg
c0108460_22172635.jpg
c0108460_22174186.jpg
何回か場所を移動して 一番近いときは10mくらい近い場所で 多くの観客と一緒になって観察した
c0108460_22180166.jpg
c0108460_22181719.jpg
c0108460_22184343.jpg
c0108460_22190756.jpg
大きなナマズを捕まえて何回か逃げられたりして苦労している時は 
c0108460_22192706.jpg
c0108460_22195008.jpg
c0108460_22200723.jpg
c0108460_22202005.jpg
観客から「はよ食べな アオサギに横取りされるよ!ホラ アオサギが飛んできたで・・・」との声援もあった
苦労して 大きなナマズを飲みこんだ時は拍手もおこっていた
c0108460_22204469.jpg
c0108460_22210228.jpg


by TATE-misaki | 2016-11-26 22:23 | 野鳥 | Comments(0)

『第二阪和国道  環境保全対策の取り組み現場見学』・・・みさき里山クラブ

平成28年11月25日(金) くもり・晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~14:40)  参加会員 13名〔岡田 徐 立石 谷口州 谷口ま 中川 新野 羽間 久川兼 福永 宮崎 柚岡 渡邊〕
c0108460_00354384.jpg
9:30~12:30)
『第二阪和国道 環境保全対策の取り組み現場見学』
案内 和歌山大学 養父教授  日本工営 伊藤部長 マツダ氏 ?氏
会員13人が 4台の車に分乗して出発
1. 涙池周辺
淡輪のブリジストンゴルフ練習場に駐車 そこから ゴルフ練習場裏の奥へ500mほど歩く
c0108460_00293376.jpg
c0108460_00300907.jpg
右側山上には岬高校がある この谷間には3つの池が並んでいる 手前から 籠池 大谷池 涙池
c0108460_00302626.jpg
c0108460_00305566.jpg
c0108460_00311455.jpg
c0108460_00321624.jpg
2つの池を通り過ぎたところに涙池ある⇒この池は人が あまり入り込まない 動植物の豊富な池であった
c0108460_00323556.jpg
c0108460_00315094.jpg
それらの自然環境を ビオトープなどを作って保護している
周りは樹木に覆われて池の縁まで 降りられなかったが 樹木を伐採して 降りられる道が付けられていた
第二阪和国道工事で影響を受ける 希少な動植物の代替地になっていた
雨水だけに頼っている池なので 水位の上下が激しいので ビオトープを作り奥から PP管で水を導入している
サラサヤンマ フタスジサナエの幼虫やミナミメダカ モノアラガイなども保護されている
ムラサキセンブリも移植されているらしい  ハンノキ林も保護されていた
これで一安心である
2.孝子ランプ付近へ移動
  工事のダンプの間を すり抜けるようにしながら現場へ入った
c0108460_00332671.jpg
『大川の一部区間付け替え現場』
c0108460_00340942.jpg
c0108460_00334608.jpg
河床材料(石礫)の敷設 河川植生(ツルヨシ)の植栽⇒ゲンジボタル カワニナの移植保全が目的
c0108460_00345006.jpg
c0108460_00350635.jpg
大雨で激流になっても耐えられる設計であり ツルヨシがうまく育っている場所もある
c0108460_00342997.jpg

見学会が終わったのが12時30分なので 孝子の森での昼食は13時からと少し遅くなった
c0108460_00352178.jpg
c0108460_00361436.jpg
*ミーティング
 26日「里山講座」と「森林大学同窓会」との交流会の詳細打ち合わせ
 その他イベントサポートの打ち合わせ
 11月30日(水)多奈川小学校サポート
 12月7日(水)多奈川竹の里での竹伐り・・・6日(火)定例活動日を振替
 12月29日(木)「餅つき忘年会」・・・ZooCanが一般参加者を呼び込む企画をする
 1月8日(日)新年会⇒若い参加者と交流企画
 1月12日(木)「とんど」組み立て
 1月14日(土)「新春里海まつり2017」
c0108460_00363363.jpg
*明日の交流会の準備
c0108460_00370346.jpg


by TATE-misaki | 2016-11-25 23:48 | みさき里山クラブ | Comments(0)

コウノトリ追っかけ 第8日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年11月25日(金) ② 晴れ 
コウノトリ追っかけ 第8日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」
c0108460_20550461.jpg
孝子の森ボランティア活動の帰りに御陵さんへ
c0108460_20552222.jpg
堀は 小さな水溜りになり 小魚も居なくなったのか 水鳥たちの姿も少なくなった
昼間は 決まったようにコウノトリは不在である
周囲の電柱の上をぐるりと見て回った⇒ 居た!居た! 昨日と同じ場所の電柱である
c0108460_20553874.jpg
c0108460_20565798.jpg
c0108460_20572129.jpg
c0108460_20573754.jpg
c0108460_20583922.jpg
電車道をまたがって2本の電柱の上で休んでいる
c0108460_20590693.jpg
c0108460_20591884.jpg
c0108460_20593224.jpg
岬町住民も 徐々に興味を持ち出したのか 今日は観客が多い
カメラやスマホを持って全員が上を向いている
c0108460_21002201.jpg
コウノトリは全く無視で 横を電車が通っても 驚きもしない
c0108460_20580624.jpg
c0108460_20595015.jpg
c0108460_21012323.jpg
突然オスが飛び立ちメスの電柱に近づいたら メスは逃げて隣の電柱に移動した
c0108460_21030105.jpg
c0108460_21020273.jpg
c0108460_21021941.jpg
暫くするとメスが何処かへ飛び立ち オスもその行方を追っていたようで 後を追うように飛び立って行った
行先の決定権はメスにあるようである
c0108460_21024357.jpg

by TATE-misaki | 2016-11-25 21:11 | 野鳥 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々