ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2016年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

「新春里海まつり2017」(とんど焼き用)竹の伐採作業・・・4グループの協働作業

平成28年12月7日(水)② 晴れ
「とんど」用竹伐り:多奈川財産区「竹の里」
(8:00~14:00) 総参加会員 19名
うみべの森を育てる会 8名〔甲斐 小島俊 小牟田 立石 谷本 中川 中出 長原〕
みさき里山クラブ 7名〔徐 谷口州 中川 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕
せんなん里海公園事務所〔三沢 古谷〕 竹の里〔2名〕
朝6時の気温2度 快晴 風がないので あまり寒くない
うみ森の会員は 7:30にセブンイレブン淡輪店に集合
R26の渋滞を見越して 長松海岸線を走って 岬町「いきいきパーク」入口に移動

c0108460_22151284.jpg
みさき里山クラブ会員も ここに集合 全員15名揃ったところで「竹の里」へ移動した
c0108460_22152797.jpg
すでに 竹の里会員6名も集まっていた
c0108460_22171511.jpg
*ミーティング
 孟宗竹の伐採は竹の里会員 その竹の枝切りと3mに切断して
 とんど用250本 予備20本 孝子の森バンブーハウス補修用 30本 合計 300本と 
 とんど火付け用竹の枝 20束 孝子の森トイレ外壁化粧用竹の枝 10束 合計 30束を搬出する
 公園事務所軽トラ 1台 みさき里山クラブ:軽トラ 1台 谷口州さんの軽トラ 1台 合計 3台で
 里海公園へ運ぶ 最後の1車は孝子の森へ運ぶ
c0108460_22275349.jpg
8:19 作業開始
 入口そばの 広場横の竹を 伐ってくれているので 作業は非常に やりやすく運ぶのも楽である
 伐採された孟宗竹を山から運び出す・・・重いので1人作業は力仕事である
c0108460_22194577.jpg
 枝切り 1本を処理するのに時間が掛かる 枝切りしたのを把ねて30束は作る
c0108460_22180915.jpg
c0108460_22162619.jpg
 1本を3mに切断 4本は取れる⇒近くに止めてある軽トラに積みこむ⇒1車に65~70本積みこむ⇒その上に 束ねた枝を5束は積みこむ
c0108460_22200724.jpg
c0108460_22191964.jpg
 積みこみが終わった軽トラは せんなん里海公園内花の広場まで搬送 準備してある竹置き場に積みあげる
 終われば引き返す 3台の軽トラが2往復した
c0108460_22185714.jpg
 そのうち1クルマは 孝子の森へ 竹10本と枝の10束(トイレ外壁の化粧用)
 途中で1時間ごとに20分の休憩を入れた
c0108460_22183951.jpg
 8時から作業をしているので 午前中の時間が長く感じる
 竹の先端分部や余った枝は 指定された焼却場へ運ぶ
 竹を積み終わったら全員で枝の片付け 公園事務所職員もいれて17人で片付ければ 瞬く間にきれいになる
c0108460_22203125.jpg
c0108460_22205026.jpg
12:05 作業終了
 一部を除いて解散
 孝子の森へ4人・うみ森へ3人移動
 竹の里のたき火の始末と鍵をかけて終了
12:40~うみ森:花の広場に道具収納&竹のチェック
c0108460_22211987.jpg
14:00 ビオトープの漏水補修作業を済ませて終了
c0108460_22214020.jpg
c0108460_22220317.jpg



by TATE-misaki | 2016-12-07 21:58 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

コウノトリ岬町へ再来か・・・?(岬町:「宇度墓古墳の堀」)

平成28年12月7日(水)① 晴れ
うみべの森を育てる会・みさき里山クラブ協働作業日である
多奈川財産区「竹の里」へ「とんど」用の竹を切りに行くため 
現地8時集合なので 我々は7:30にセブンイレブンで待ち合わせる
7:07にご陵さんの横を通ったら 大きな鳥が飛んでいた
c0108460_15530091.jpg
もしやと思い 慌ててカメラを向けたが 2ショットしか撮れんかった
写真をアップしたら 間違いなくコウノトリである
c0108460_15530993.jpg
その時は1羽しか気が付かなかったが 後でパソコン上で確認したら 電柱にも1羽留まっていた
c0108460_15532056.jpg
おそらく飛んでいるのが コウちゃんだと思うが・・・
もう 会えないものと 思っていただけに うれしい!・・・・・・
c0108460_15533049.jpg
和歌山市船所と ご陵さんとの 山越えの8kmを 行き来するつもりなんだろうか・・・?
昨晩は コウノトリが ご陵さんに帰ってきている夢を見たが 正夢になった
今後とも ご陵さん周辺を チェックする必要がありそうである

昨晩から今朝の様子は「樹々のひかりNo.3」(http://wakayamastork3.ikora.tv/)に詳しい

13:00 ご陵さん一周 コウノトリの姿なし
16:30 ご陵さん一周 コウノトリの食事時を狙ったが 姿なし
    コウチャンが 久美ちゃんを迎に来て 和歌山へ行ったのかも知れない
c0108460_16511984.jpg
c0108460_16513513.jpg
c0108460_16520885.jpg
c0108460_16515168.jpg


by TATE-misaki | 2016-12-07 15:55 | 野鳥 | Comments(2)

コウノトリの行方は・・・?

平成28年12月6日(火)晴れ
飛び去ったコウノトリの行方が気になる
朝から 同居人が ご陵さんに 初めて見に行ったらしいが いなかったようだ
和歌山でも 見たと言う 情報が入っていないらしい
その辺の事情は 和歌山市の 英国風カフェ・TeaRoom BURFORD(バーフォード)マスターのブログが詳しい 
『樹々のひかりNo.3:http://wakayamastork3.ikora.tv/
コウノトリに興味のある方は このブログを注目していてください

16:30 念のため ご陵さんへ行ってみた やはり かいもくコウノトリの姿はなし
今までは 会えるものと思って 通っていたが いなくなると なんだか空虚な気持で ご陵さんも寒々しく見える
c0108460_17184747.jpg
c0108460_17190362.jpg
c0108460_17192004.jpg
c0108460_17194264.jpg
c0108460_17195855.jpg
今日の17時過ぎに 和歌山市の元の塒に現れたれたようです
「樹々のひかりN0.3」のブログより
『外もすっかり暗くなった午後5時すぎ、観察仲間から
和歌山市船所のいつもの塒(西の鉄塔)に留まっているとの連絡をもらいました。
別の仲間に聞くと二羽そろって来ていたが、J0057だけがいつもの塒に留まり、
J0050の行方はわからないということでした。
やはり昨日の朝、和泉山脈を越えてこちらに来ていたんですね。
(2016/12/06 PM5:36 和歌山市船所) 』


by TATE-misaki | 2016-12-06 13:20 | 野鳥 | Comments(2)

コウノトリ追っかけ第18日目(?)・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年12月5日(月) 晴れ
ボランティア活動休暇日なので 昼間から コウノトリい会いに出かけた
(12:40~13:10)
ご陵さんで やはりコウノトリに会いに来ていた中出さんと出会った 「どこにもいない」と言う
堀にもいないし 周囲の電柱にもいない
c0108460_18050683.jpg
c0108460_18045502.jpg
c0108460_18051693.jpg
周囲の電柱にも留まっていないので 番川の河口まで ウロウロしたが やはりいない
c0108460_18055352.jpg
c0108460_18060404.jpg
c0108460_18061401.jpg
完全に空振りである
(16:40~17:20)
再度ご陵さんへ行ってみた 夕方なら エサ取りに来ていると思ったが 昼間と同じである
ギャラリーの お2人も 飛んでくるのを ずーと待っているが 現れないとの事
横の住宅地の中を見て回ってもいない 過去留まっていた電柱を全て見て回ったが 矢張りいない
1日に 2回見に来て 空振りは初めてである・・・何処かへ転居したのではないかとやや心配である
c0108460_18063528.jpg

tannowaさんのブログによると 紀泉アルプスの山並みを超えたとか・・・転居した可能性は強い
「朝遅めの1030分頃、ご陵さんへ行く。 ご陵さんの上空には青空が広がる そこに大きな翼を広げた鳥が現れた。
c0108460_18463610.jpg
もしかしてコウノトリ? その鳥が旋回して近づくのを待つ! やはりコウノトリです!
c0108460_18464841.jpg

2羽が相手を確かめ合いながら上昇気流に乗って 上空高く舞い上がっていく!
c0108460_18465431.jpg

c0108460_18465863.png
次第に高く舞い上がり、紀泉アルプスの山並みを超えて 完全に姿を消した。
c0108460_18470683.jpg
c0108460_18470228.png
今日の夕方、明日の朝、 帰ってきているかが気になります。」

by TATE-misaki | 2016-12-05 18:10 | 野鳥 | Comments(2)

『きのくに子どもNPO』:「孝子の森を歩き・クラフトを楽しもう!」・・・孝子の森

平成28年12月4日(日) ① 晴れ・くもり・雨
『きのくに子どもNPO』:「孝子の森を歩き・クラフトを楽しもう!」 参加者 33名
(9:20~13:30)  参加会員 4名〔岡田 立石 中川 渡邊〕
午後は雨との天気予報であるが 朝からは気持ちよく晴れている 寒さも あまり感じない
和歌山から「きのP」の親子がやってくる
集まった会員は 4人だけ
9:20~孝子小学校で待機

c0108460_21392292.jpg
 荷物を載せた車が1台先行して到着
 里山の軽トラに乗せ換えて 参加者全員が電車で到着するのを待機
10:02 孝子駅に全員到着
c0108460_21394619.jpg
10:10 孝子小学校・・・トイレタイム & 挨拶
c0108460_21401122.jpg
 *参加者のリックなども 岡田運転の軽トラに積み込み 孝子の森へ先行⇒たき火・テーブルの準備等をする
 *2歳以下の子供は山登りは無理なので きのPスタッフが付いて5人は 伊豆賀林道ルートで孝子の森へ移動
10:26 孝子小学校スタート・・・参加者28人+「立石 中川 渡邊」
 3歳~小学2年までの子どもたちが多いので スローペースで先頭は歩いた
c0108460_21405357.jpg
 それでも 途中で冬イチゴを見つけては 「おいしい」と味わったり 花を見つけては摘んだりと道草も多い
11:11 船が空飛ぶ展望台 到着
c0108460_21442812.jpg
 ウラジロ飛行機 ピョンピョンカエルで 遊びに夢中で景色は関係なし 
c0108460_21445188.jpg
 裸足になって遊んでいる子もいる⇒ヤマモモノ道を通って下山
c0108460_21461143.jpg
c0108460_21422544.jpg
11:40 孝子の森広場に到着⇒お弁当タイム
 全員がバンブーハウスのテーブルで食べていた・・・我々は たき火を囲んで
c0108460_21474591.jpg
11:57 クラフトお遊び開始
 *準備してきた 木のプレートに  ピーズやスパンコールを貼る
  見かねて 手持ちのリョーブの名札や 沢山の種類のあるスパンコールを提供した
c0108460_21430268.jpg
c0108460_21483045.jpg
 *小石アート・・・〔中川〕
  見本の絵をたくさん描いてきてた
c0108460_21492484.jpg
 手ごろな小石も 沢山拾ってきている
  絵具や筆を準備して指導までしていた
c0108460_21485589.jpg
 *大人も子供も楽しみながら ユニークな作品を描いていた
c0108460_21495161.jpg
12:44 オヤツタイム
 マシュマロを串に刺して たき火の火で あぶって少し焦がして食べる
 たき火が熱くて 傍に行くのが危険なので 手前に小さなたき火を作ったり 竹の棒を継ぎ足したりしてサポート
 美味しいからと沢山食べている子もいた
 焼いたのを 食べさせてくれる子もいて なかなか おいしいものであった
c0108460_21512606.jpg
13:05 天気予報通り 13時から雨が降り出した
 全員大慌てで帰り支度をして 下山していった
 我々も片付け たき火の火消し等をして
13:35 下山
13:50 孝子小学校で解散
「13時まで雨が待ってくれたので 主な企画は全て完了したことは不幸中の幸いであった」
  



by TATE-misaki | 2016-12-04 21:07 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

コウノトリ追っかけ第17日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年12月4日(日)② 雨 
コウノトリ追っかけ第17日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」(14:00~14:35)
孝子の森イベントサポートの帰りに ご陵さんに寄った
ハス堀に2羽の姿を発見 雨なのでギャラリーは1人だけ
c0108460_17173023.jpg
c0108460_17175769.jpg
c0108460_17181457.jpg
私の場合は いつもうまく 会うことができて 17日間 空振りなしである
(いちど空振りがあったが 夕方行って会えたので カウントしていない)
10mくらいの場所から見えるポイントに移動したが すぐに飛び立って奥へ逃げられた
c0108460_17211433.jpg
c0108460_17214393.jpg
c0108460_17214099.jpg
どうも 私の傘が 気にいらないらしい
c0108460_17222780.jpg
c0108460_17224645.jpg
c0108460_17230010.jpg
c0108460_17232892.jpg
c0108460_17234731.jpg
c0108460_17240308.jpg
c0108460_17241938.jpg
奥のポイントへ移動したが またもや逃げられた
今度は左右に飛び立って 行き先を見失ったが 久美ちゃんは すぐに近くの電柱に留まった
c0108460_17244336.jpg
c0108460_17250225.jpg
c0108460_17252296.jpg
しかし コウちゃんの姿が全く近くの電柱に見えない
ご陵さんを低空で回ったので ひょっとしたらと思い 反対側の北側堀まで歩いて行ったら
てっきり 水溜りで 1羽でエサを探していた
c0108460_17254183.jpg
c0108460_17260025.jpg
いままでは 大体同じ行動をしているのに このように別行動をする姿を見たのは初めてである
それまで仲良くしていたし 喧嘩別れしたのでもなさそうだし・・・
c0108460_17262914.jpg
c0108460_17261544.jpg


by TATE-misaki | 2016-12-04 17:31 | 野鳥 | Comments(0)

『丸太を切ってサンタを作ろう!2016』・・・うみべの森

平成28年12月3日(土) ① 晴れ
丸太を切ってサンタを作ろう!2016 参加者16 家族34名(子ども16人 大人18人)
(8:00~14:00) 参加会員 17名
〔小島直 河原 吉川 小島俊 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 傳 中川 中出 長原 西台 原田 樋口 森〕

c0108460_20412228.jpg
気持ちがいいくらいの晴天である 早朝の気温は4度と低かったが
陽が登るほどに 気温も上昇し 外でのイベントでも 寒く感じない最高の条件になった
8:00~会場準備
 公園事務所より 軽トラを借りてきて 作業台用のベンチ 陳列用コンパネ 長テーブル 見本サンタ 
 販売用加工丸太 作業用電動工具 お絵かき用ペンキ 万力 その他用具等を 何回も運び上げた
c0108460_20414726.jpg
9:30 ミーティング(おにぎり広場)
 4班分け担当発表 主なサポート内容
9:40 受付
 10時前には 同時に来客が在り大混雑
c0108460_20420899.jpg
 早く来た 参加者は ノコギリで切りだしている
10:10 開会あいさつ・・・立石
    ノコギリの使い方・・・中川
    お絵描きの仕方・・・傳
    ストレッチ体操・・・中川
c0108460_20423478.jpg
10:25 丸太斜め切り開始
 丸太斜め切り加工品に絵を描くだけと 勘違いしていた参加者もいたらしいが
 ノコギリ切りが重要なイベントとの説明で納得して 太い丸太を懸命に切っていた
 小さな子どもたちも一生懸命であった
c0108460_20425209.jpg
c0108460_20430787.jpg
c0108460_20434074.jpg
c0108460_20435654.jpg
c0108460_20441325.jpg
c0108460_20444573.jpg
c0108460_20460752.jpg
c0108460_20442951.jpg
c0108460_20462431.jpg
 早く切り終わったグループから 切り口の研磨依頼が続々
 電気カンナ カンナ ディスクグラインダー ベルトサンダーで我々の担当者が対応した
c0108460_20464155.jpg
10:35参加者はお絵描き開始
 卵パックに6色のペンキを入れて グループごとに配布
c0108460_20470181.jpg
c0108460_20471846.jpg
c0108460_20473841.jpg
 見本のサンタ通りに描く人や 子どもたちはユニークな作品を作りだしていた・・・小さなパーツを上手に使いこなしている
c0108460_20480567.jpg
 ネコや クリスマスツリー トトロ迄描いていた
c0108460_20483641.jpg
c0108460_20491766.jpg
c0108460_20490204.jpg
c0108460_20495178.jpg
c0108460_20493602.jpg
c0108460_20501233.jpg
c0108460_20503187.jpg
11:45 参加者自由解散
 例年12時を回っても終わらない人たちが居たが 今年は 12時前にはほとんど完成し
 片付けも 終わった部門の用具から 徐々に始めたので 12時にはほとんど片付いていた
c0108460_20511148.jpg
12:00 反省会
 会員の1人が電気カンナで 手を怪我した以外は 大きな問題はなかった
12:20 昼食
 会で準備した弁当を全員で 花の広場で たき火を囲んでの 楽しい時間となった
 人数が多いので2グループとなったが それぞれのグループで会話も弾んでいた
c0108460_20512817.jpg




by TATE-misaki | 2016-12-03 20:56 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

コウノトリ追っかけ第16日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年12月3日(土) ② 晴れ
コウノトリ追っかけ第16日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」
うみべの森を育てる会のイベント終了後 宇度墓古墳へ行ってみた(14:20~)
c0108460_16442091.jpg
ご陵さんの南側のハス堀に2羽は居た・・・ギャラリーも相当いる
c0108460_16443672.jpg
いつもの様にあまり熱心にエサを探していない
c0108460_16465088.jpg
c0108460_16470995.jpg
c0108460_16472842.jpg
c0108460_16474401.jpg
移動して20mほどの距離の場所から見ていたが ものの5分もしない間に 飛立たれてしまった
c0108460_16481278.jpg
最初 コウちゃんが飛び立ち 久美ちゃんが後を追った 慌てたので飛んでる姿を写し損ねた
c0108460_16483739.jpg
c0108460_16485699.jpg
番川の方へ飛んで行ったが 自転車で番川の岸を少し走ってみたが 姿は見えなかった
5分間姿を見られた 私の行くのを 外出するのを 待っていてくれ多のだと買って解釈して あきらめて帰宅した

by TATE-misaki | 2016-12-03 16:51 | 野鳥 | Comments(0)

クヌギ谷山道作り開始・・・孝子の森

平成28年12月2日(金)① 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~14:50)  参加会員 10名〔岡田 徐 立石 谷口州 谷口ま 中川 西山 久川兼 福永 渡邊〕
晴れ渡り 少し冷やりとする 気持ちのよい屋外作業日和である
孝子小学校の紅葉も真っ赤であり ノジスミレ迄咲きだした
*ラジオ体操
*ミーティング
*立ち枯れ桜の伐採・・・〔男性軍〕
 クヌギ谷山道の階段用杭として 桜の枯れ木の芯が どうしても必要である
 山道作り名人の久川長老が 階段作り材料は 枯れた桜の芯でないとダメだと固執する
 進入路横 谷筋の向かいの 急斜面の山に立ち枯れ桜を たくさん見付けてあった
 45度近い斜面に3人が登り 伐採しては谷に投げ落とす
 それを5人が道路迄引き上げ 軽トラで広場まで運んだ
 桜は中身が腐っていても 芯と木の皮は なかなか腐らないので これを剥ぎ取り芯だけにするのも 一苦労である
 径20㎝ 高さ10mくらいの 枯れ桜を伐採したが 枝掛かりしてなかなか倒せない
 軽トラで引っ張ったり 梯子をかけて上部の引掛かり部分を 切断したりして 苦労して何とか引き倒した
 ここだけでも相当数の 枯れ桜を集められた
 土留め用や 横木用の太いのも 相当ある
 午後は 南尾根周辺の枯れ桜伐採 ここでは 杭用の細いのが 沢山伐採出来た
*クヌギ谷山道作り開始・・・〔全員〕
 入口の斜面に階段作り 横木は伐採した太い幹を 久川背負子で運んで来て 杭なしで小石を はめ込みながら固定
 土を掘れば 小石がいっぱい出てくるので 周りに階段用材料が揃っている感じ⇒10段の階段を完成した
 階段を作らない場所は 段差を付けながら 土を均していき 土だけの階段状にする
 草の根がきついので ツルハシでないと作業はできない
 土の耕し 階段作りの繰り返しで 200mの直登ルートを作る予定である
*料理部・・・〔谷口ま〕
 味噌汁炊き & コーヒータイム準備
*食器棚のネット販売用写真撮影
 会員から貰った食器棚が いい品物なので ネット販売することにした
 輸送料が高くつくので 配達可能地域 泉州に限定した
 さて 売れるかな・・・? 売れたら里山の資金にプラスになる
*たき火を囲んでのミーティング

by TATE-misaki | 2016-12-02 21:29 | みさき里山クラブ | Comments(0)

コウノトリ追っかけ第15日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」

平成28年12月2日(金) ② 晴れ
コウノトリ追っかけ第15日目・・・岬町:「宇度墓古墳の堀」
孝子の森定例活動から15時に帰宅 少し休憩して 16時に ご陵さんへ自転車で行く 約4分
ガードマンに「4時まではここにいたんだが・・・」と情報収集中に 横の電柱に飛んできて留まったようだ
c0108460_18173308.jpg
殆ど羽音がしないので わからない・・・クミちゃんである 「私たちを捜しているの・・・」と言う感じである
c0108460_18175034.jpg
しかし直ぐに飛立って南側ハス堀に降り立った そこには コウチャンがエサを探していた
c0108460_18180610.jpg
c0108460_18190728.jpg
c0108460_18192593.jpg
なんだか 居場所を教えに来てくれたような感じである
c0108460_18194688.jpg
c0108460_18200649.jpg
c0108460_18202221.jpg
それからは 横にギャラリーが沢山居ようと 無関心でエサ取りに集中していた
c0108460_18212914.jpg
c0108460_18204032.jpg
c0108460_18211087.jpg
 
時々小魚をゲットしているようである・・・しばらく食事時間が続いた 
c0108460_18215196.jpg
c0108460_18221032.jpg
30分見ていたが 変化がないので 帰って来たが・・・
c0108460_18222904.jpg
c0108460_18224527.jpg

by TATE-misaki | 2016-12-02 18:25 | 野鳥 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々