人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

岬町淡輪より富山県高岡市へ出張

平成22年11月9日(火) 曇り 所々雨
今日は孫たちに会える日である
昨日より準備を始め 朝から車に何かと積み込んだ
我が家の冷蔵庫と納戸が空になる感じである
9時に運転手付マイカーで家を出て
松風庵によりお土産のお菓子を買い込み
c0108460_1832764.jpg

9時30分に泉南ICから阪和道に入った
近畿自動車道も渋滞もなくスイスイである
門真から第二京阪へ入った
「初めての道は不安だからイヤだ!」とごねる運転手をなだめ
好奇心旺盛な添乗員が強気に出て誘導した
広々した3車線で車もあまり走っていない
気持ちよく景色を堪能していて
c0108460_1844585.jpg
 
もう少しで京滋バイパスへの連絡道を通り過ぎるところであった
門真から15分くらい走った感じである
米原迄の時間で見ると10~15分早い感じで驚くほどではない

北陸道へ入ると天候のくるくる変わるのには驚く
岬町 晴れ→大阪 曇り→京都 晴れ→北陸道 曇り→
今庄 雨→南条 曇り→福井 豪雨→金沢 薄日→
高岡 曇り後晴れ ……

12時過ぎに待望の南条SAに到着し
おいしい越前そばにありついた
テーブルは満席に近いが 
そば以外の定食など食べている人が多い
越前そばのおいしさを知らないのだろうか?
もったいないことである……
c0108460_1861566.jpg

14時には高岡市の瑞龍寺のそばの娘宅に到着した
ネエネエが出迎えてくれて75日ぶりのスキンシップ……
c0108460_1811247.jpg

15時前にはバアちゃんとネエネエの3人で
幼稚園へオトンボを迎えに行った
オトンボも久しぶりの出会いに
カメラを向けたら 嫌がらずにピースのポーズ
c0108460_1813449.jpg

あれだけのカメラ嫌いが成長したものだと うれしくなった
家に帰ってもジイが手を広げたら手の中に飛び込んでくれた
これでどうやら 本当の孫になってくれたようだ
by TATE-misaki | 2010-11-09 18:13 | 高岡便り | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々