人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

稲架掛けと伐採見学 in うみべの森

平成27年10月15日(木)② 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(12:00~15:20) 参加会員(8名)[小島俊 小牟田 柴田 立石 傳 長原 西台 原田]
今日は定例活動日である
午前中は 鳴滝小学校2年生遠足サポートであった
午後は残った会員で2か所に別れて作業開始した
*「とんど」用ワラの稲架(ハザ)掛け・・・[小島俊 柴田][傳 西台 原田」
 9日に稲刈りが済んで 直のワラを 軽トラ一杯分貰って来た
 これを物置に干していたが
 このままでは ワラにカビが生えて 使い物にならなくなるとの助言があった
 早速花の広場内のパイプを利用して 稲架掛けをして干すことにした
 稲架掛けをするには ワラの束のくくりが甘く 全てのワラをくくり直す必要がある

c0108460_00424931.jpg
c0108460_00424741.jpg
 面倒だが 一束づつ女性軍がくくり直し 男性軍2人がパイプに掛けていった
c0108460_00425138.jpg
 花の広場に懐かしい風景が現出した
c0108460_00425446.jpg

c0108460_00424424.jpg
*ぼうけん山の大木の伐採手伝い・・・[小牟田 立石 長原]  公園事務所[野々村氏 三沢氏 古谷氏 東井氏]
 小さな木は我々で対応できるが 大きな木は公園事務所にお願いしている
 *クスノキとソヨゴが密着して大木になっている
c0108460_00440818.jpg
 大風が吹くと 枝と枝がこすれて火災発生の可能性もある
c0108460_00441309.jpg
 ソヨゴの直径は約40㎝もあり 木に登って主な枝を切り落としてから 本体の幹の伐採に取り掛かった
c0108460_00441065.jpg
 我々は切り落とされた 大きな枝の片付けをした
c0108460_00441530.jpg
 *100年桜の側の樹木は 太さは15㎝位であるが高さが15mはある
c0108460_00440513.jpg
*ヤマモモの広場の斜面にある 枯れた桜の大木は少々大変である
c0108460_00522303.jpg

c0108460_00522649.jpg
 上部の二股に別れたところを切り落とし
c0108460_00522986.jpg
 本体の60cmはある幹を 切り倒すのに時間が掛かった
c0108460_00521919.jpg
 33㎝位のチエンソーなので このような大きな木は 少し無理なのかも知れない
c0108460_00522150.jpg
* コクランの道西側上部の邪魔な15㎝位の樹木も伐採
 高さが15m以上あるので伐採しにくかった
c0108460_00532280.jpg
枯れ木の大木で まだ4~5本残っているが次回に回した
 *我々も会員の長原さんが チエンソーの講習を受け 修了書を貰っている
  チエンソーも注文済みである
  今後は ある程度の樹木は 我々で対応できるように 経験を積む予定であるが
 30㎝を超えるような大きな木は今後とも公園事務所と協働でする必要がありそうである
 公園事務所とは危険対策の打ち合せもしたい



Commented by アカテ at 2015-10-16 10:42 x
花の広場が
日本の原風景に!(^^)
伐採、お疲れ様です!
Commented by TATE-misaki at 2015-10-16 21:43
日本の原風景はいいですね
上手に稲架掛けをしてくれたので
あちこちから 褒められています
5人の合作は いい仕事でしたね
by TATE-misaki | 2015-10-15 22:36 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々