人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

前の土手の草刈りの手伝い

2021年2月22日(月)晴れ

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14115586.jpg



「遅寝早起きパターン」 0時30分まで読書 6時30分起床
11:池波正太郎「スパイ武士道」 文庫本 318頁 読書中

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14124397.jpg



小春日和 快晴 午後には 気温は19度まで上がった


前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14115532.jpg


ご近所の末原さんが 前の土手の草刈りをやろうと 昨日言ってきた
草刈りをするため 早寝早起きをした

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14102631.jpg



(8:00~12:00) 前の土手の草刈り手伝い

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14102555.jpg


お隣の岩井さんの 駐車場の川向の 土手の地権者は 岬町である
しかし 予算が無いからと なかなか草刈りをしてくれない
ダンチクの新芽も出てきたし 琉球朝顔が冬眠中である
今が 丁度 草刈りの 一番やりやすい時期である
今日は5月の気候であり 川の中の水に入っても 問題ない

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14140311.jpg


ハシゴを2脚準備し 最初に 川底の アオモを 熊手で掃除して 滑りの予防
末原さんが 最初は川底から 刈払機で草刈りを始めた
次に 土手の上から刈った

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14140363.jpg


真ん中に残った1mほどの幅は スパイク付きの靴に履き替えて
土手に しっかりと 足場をきずきながら 急斜面の草刈りとなった
ハシゴで 足場を設置したが 逆に滑って危ないとの事であった

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14145934.jpg


私は 川底に 落ち込んだ 大量の刈り草を 集めて 
ポットかごに 山盛りにして ハシゴを上って 地上に運び上げた
大量の草を片腕で持ち ハシゴを登るのも 危険であった
一度など ハシゴを川に並行に掛け 降りようとしたら
1m位 ハシゴの下端が 滑った 
上端が 何とか10㎝程 地上に掛かって掛かって 大助かりである 

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14164189.jpg


川底に落ちた草は 水に濡れているので 衣類は 何もかも ドロドロになった
汚れを気にするよりも 早く作業を 終わらせたい 気持が先んじた

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14150096.jpg


川底から 梯子に上り 土手の琉球朝顔の根も引き抜いた
しかし あまり きれいに引くと 土手の槌が滑り落ちてしまうので 途中でやめた
きれいに しすぎるのも 問題がありそうである
草は 全て 岸に運び上げたが 滑り落ちた土は 熊手で かき集めて
川の一か所に集積させた

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14145940.jpg


我が家の放棄花壇の土手は レモンマリーゴールドの伸びた枝1mほどを
ノコギリ鎌で 刈り取り 土手の上に運んで 寸断して 付近のマルチにした

前の土手の草刈りの手伝い_c0108460_14102649.jpg


12時前に ほぼ作業は終了した
ハシゴやその他の道具を片付けたら 丁度12時であった

久しぶりの作業であり 重労働でもあったので くたくたになった
お陰で 動かないので 太り気味の体重も 一気に 1㎏も減量できた

by TATE-misaki | 2021-02-22 14:18 | 我が家のボランティア | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々