ブログトップ

活き生き in 岬町

うみべの森を育てる会の定例活動日

平成20年2月23日(土) 曇り時々雨

(9:30~11:10)…参加者 6名
1. ビオトープ第2池の水漏れ防止作業
c0108460_12204162.jpg

c0108460_1221186.jpg

2. 丸太椅子の各所への設置
c0108460_12214414.jpg

c0108460_12221240.jpg
c0108460_12223128.jpg

3.ホース取水口の清掃
c0108460_12225940.jpg


今年から取り入れた第4土曜日の活動日は
まだ意識が徹底していなくて参加者が少なかった
今日は6名だけであり 多くの作業は望めない
第2池の水漏れで第4池の水量が少ない
子どものメダカが増えているだけに
水の確保だけは絶対に必要である
せんなん里海公園の枯れ松の伐採した原木を利用して
うみべの森の各所に休憩用の椅子を設置した
丸太の上部には現在公園内で工事中の
木道の切れ端の材木を利用した
防腐剤をしみ込ませた材木なので腐ることはない
公園内の廃材を利用できるのでコストはかからない
廃材を見て何に使うか考えるのが楽しみでもある

  [うみべの森を育てる会]活動記録作成
c0108460_12492092.jpg

Commented by アカテ at 2008-02-24 13:48 x
強風の中、お疲れ様でした。
活動日新設のお知らせを会報に掲載したので
ご覧になって参加される方が増えるといいのですが…
公園の工事のうち
ハマビシの砂浜のフェンス除去をご覧になった方から
ハマヒルガオは大丈夫?と心配の声が。
大丈夫とは思いますが
ちょっと心配ですね。。。
Commented by TATE-misaki at 2008-02-24 17:51
正直言ってハマヒルガオ ハマエンドウは全滅に近いです
ブルで砂を掘り起しってならしています
海側の岩場に近いところの
ハマヒルガオ コウボウシバ コウボウムギ等は
少しは助かっていると思いますが…
春になればあちこちに飛び散った芽を移植する必要がありそうです
Sさんや有志の人で考えたいと思います
by TATE-misaki | 2008-02-23 12:23 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々