ブログトップ

活き生き in 岬町

ハーブタベストリー香の会のイベント

平成20年2月27日(水) 晴れ

(13:00~15:00)
 「植生セラミックで器をつくり 
     小花を入れよう!」 

場所 せんなん里海公園潮騒ビバレー2階会議室c0108460_20183043.jpg
主催 ハーブタベストリー香の会
募集参加者 35名(会員参加者4名含む)
ハーブタベストリー香の会10名(+4名)
有)フェイス 船井幸浩氏  
広報 (うみべの森を育てる会 
          TATE-misaki)

10:00  準備開始(受付 会場 道具類)
      会議室のフロアー&テーブルを
       ブルーシートで覆う等々
12:20  受付開始(ビバレー玄関)
13:00  挨拶…櫻井代表
      器の作り方植栽の仕方の説明
       …牛窓副代表
c0108460_2020357.jpg
13:08 作業開始
      植生セラミック(100×100×45)(mm)
      マイナスドライバー ヤスリ ナイフ等の
      小道具を使いセラミックにくぼみを作る
      作業に全員が熱中
      セラミックにあけたくぼみにシクラメン原種
      匂いスミレ等を
      植え込んでいきコケで固定する
14:35 休憩
      ハーブティのサービス…(レモングラス・ミント・レモンバーベナ)
14:45 植生セラミックの説明&質疑応答c0108460_20254526.jpg
     …(有)フェイス 船井幸浩氏(発明者)
     壁面緑化花壇の素材として15年間
     研究をしてきた 
     一般の人に使ってもらうのは
     今回がはじめてである
     どうにか4月ぐらいからの
     市販の目処が出てきた
     (600×300×45)(mm)¥3100くらい
14:55 終わりの挨拶…櫻井代表
     寄せ植育成への注意事項 他
       …牛窓副代表
15:00 お土産手渡し
     (ポット花苗 廃油せっけん 原木名札 メモ帳 ポケットティシュ)

「人は自分で道具を使い設計しながら工作することには異常に熱中するものらしい
狭い会議室に50人弱が入り セラミックを削る音 サポートの声 
おしゃべりとワーンという騒音である そ
れでも作業は思ったよりも早く進行し時間内に終了できた
35人それぞれが独自の器をつくり そのユニークさにはサポーターも驚きである
創作意欲が盛り上がりまだまだ作りたそうな人たちが多かった
香りの会のサポーターも全員が参加者の中に入り込み何かと助言をしていた
和気藹々で作業もスムースに進行し 
参加者に大いに満足してもらったイベントになった」
c0108460_20302182.jpg

c0108460_20304536.jpg
c0108460_20311010.jpg
c0108460_20313575.jpg
c0108460_2032596.jpg
c0108460_20323114.jpg
c0108460_20325091.jpg

  [ハーブタベストリー香りの会]イベント記録作成
c0108460_2321979.jpg
c0108460_2324514.jpg

Commented by アカテ at 2008-02-28 08:52 x
味のあるステキな作品に仕上がっていますね!
皆さんアンテナ張り巡らして
いろいろ新しいもの、いいものを
見つけてこられる。
すばらしいですね(^^)
Commented by TATE-misaki at 2008-02-28 12:31
人間幾つになっても何かに熱中している姿はいいですね
私も植生セラミックなどの素材は知りませんでした
家のブロック塀の装飾には非常にいいと思いますが
値段の高いのが難点ですね
Commented by nabesada98 at 2008-02-29 00:36
遅くなりましたが、昨日は大変御世話になりました。仕舞のお手伝いをする予定でいたら、葉月会のメンバーがUさん宅に行く話しをしていたみたいで、訪問して皆でお世話になりました、帰ってから自治区内に土曜市のチラシ配布やらバタバタしましたが、ブログにも書きましたが大変良い取組で楽しませて頂きました。
Commented by TATE-misaki at 2008-02-29 10:53
香りの会のメンバーは活動家ばかりで
のんびり活動を見ながらの広報マンはいません
イベントの時だけ臨時広報担当としてお手伝いしています
山の軍団と違い花の軍団と一緒にやるのも楽しいものです
by TATE-misaki | 2008-02-27 19:00 | ハーブタペストリー香の会 | Comments(4)

岬町での第二の人生の楽しい日々