人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

岬町の13の峠を踏破しよう!!「忠六峠」

平成20年4月19日(土) 曇り
「里中先生と岬近辺を歩く!!」
岬町の13の峠を踏破しよう!!第3回「忠六峠」

出発準備中に幹事から電話があり 南海電車が不通だと言う
インターネットで調べたら貝塚の工場火事で貝塚→和歌山間は不通だとか
集合場所のみさき公園駅へ行く方法を検討…歩きか 自転車か…
裏の市川さんの奥様が参加することを思い出し 早速訪問し
旦那さんが車で送ってくれることに交渉成立…なんとか準幹事の職責が果たせた
c0108460_20235111.jpg

(9:30~14:10)
9:30 みさき公園駅前集合→(貸切アカバス)→(途中3箇所で参加者を乗せる)→c0108460_20241918.jpgc0108460_20252664.jpg








9:50 多奈川東畑石橋でバス下車 総員 20名[男性 7名 女性 13名]
9:52 「忠六峠と多奈川谷川&東畑地区の歴史」説明…里中先生
      …先生が執筆したA4で2枚の資料を配布した
      …それに基づいて詳しい説明があったc0108460_2026592.jpg
c0108460_20262887.jpg







10:04 辻先生の音頭で準備体操
c0108460_20265952.jpgc0108460_20272281.jpg







10:09 出発→10:13「春日神社」→10:30(忠六峠登山口)→忠六池→
c0108460_2028450.jpgc0108460_20282468.jpg







[タケノコ盗掘防止カガシ]              [忠六池]c0108460_204009.jpg
c0108460_20402259.jpg







10:48 (ニッキの大木 2本観察)→(多少し引き返す)→(ナガバノイタチシダ)→c0108460_20454840.jpgc0108460_20461092.jpg







c0108460_20464939.jpg








11:12 (カミガモシダ)観察…小川の川岸に自生 
        大阪府下で唯一の植物 絶滅危惧種
c0108460_20472874.jpg

11:15 忠六峠道→11:43忠六峠着→(犬飼谷峠へ)→c0108460_2121836.jpgc0108460_2124540.jpg








12:00 昼食(犬飼谷へ下る入口の山道で)→12:33出発→c0108460_2135859.jpgc0108460_2143257.jpg








      (ヤマザクラの大木観察)→13:00(犬飼谷峠道)→
c0108460_2155655.jpgc0108460_2163483.jpg








13:15 休憩&「茂野氏の孝子の今昔のお話」→
c0108460_2174282.jpgc0108460_2191447.jpg








13:25 出発→孝子へ下る→
13:45 「金輪寺」見学(加藤住職の説明)→(記念写真)→14:10自由解散
c0108460_21101457.jpgc0108460_21104374.jpg








c0108460_21113474.jpgc0108460_21115735.jpg








今日は今にも雨が降りそうな曇り空であり やや寒いくらいであるが
歩いていると汗ばんできた
里中先生の道中での植物への説明は名前の由来や性質や機能や
今昔の役割等々詳細である
その上に地元の住民の目線での歴史を教えてくれてこれが非常に楽しい 
今日は大きな声での説明でよく聞こえた
カミガモシダを見た時は感動したが 
教えられなければ知らずに通り過ぎている 
やはり歩くのはよく知っている人と歩けば楽しさ面白さが倍化するものだ

休憩時間の地元の茂野さんの「孝子の今昔」の話も面白かった
「孝子は昔から松を植えて生計を立てており その家庭でマツタケが採れた 
村は貧しいので分家制度はなく全て長男が引き継ぎ 長男が大事にされ 
次男以下はほりだされた 
小学校も二部制で都会の子どもより学力は劣っていた 
3部落それぞれ同姓が多く 姓を呼ばずに長男の名前を呼び合っている
上孝子(茂野 野間)中孝子(土井 的羽 清水)下孝子(下出 平山 林)」等々
c0108460_2112461.jpg

by TATE-misaki | 2008-04-19 20:02 | 野の花と出会う会 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々