ブログトップ

活き生き in 岬町

2007年 01月 30日 ( 1 )

主夫できます

1月30日(火)

今日の昼ご飯は「ネギ焼き」にした
女房がチョットした手術で和歌山労災病院に入院中
今日で6日目 その間主夫をしている
病院から引き取ってきた衣服は 当然私が洗濯し 病院へ届けている
食事も自分で料理して 1人で食べている
1人で家事が何でも出来るようになったのは 家族のお陰だ

25年ほど前 私の両親と同居していた頃に 
両親が同時に病気になり 別々の病院に入院した時期があった
女房は付き添いで 常に不在
学校へ通っている2人の子供に食べさすために
初めて 料理本片手に料理を手がけた
最初は塩かっらいステーキを焼いて子供の顰蹙をかったり
塩と砂糖と間違えたり レシピのカップとスプーンを読み違えたり
失敗は多々あった
私の料理を 少々まずくとも 家族は「おいしい!」と言って食べてくれた
「お父さんの味噌汁は お母さんより おいしい」等々 おだてられ
おだてられているとは わかりながら 料理に興味を持ちだした
その後も 子宮筋腫や胆石等の手術で女房が20~30日間の入院が2~3回あった
適当な期間をあけて 家事の実習もさせてもらった
今では 女房が何日おらなくても 不自由はない
かえって 女房の方が 私のコーヒーが飲めなくて困っているのでは?
「明るく 元気で 無理をせず 楽しくやろう!」
で 主夫をしておれば 結構楽しいものである
by TATE-misaki | 2007-01-30 17:24 | 主夫のあれこれ | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々