人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2008年 07月 01日 ( 1 )

うみべの森を育てる会の定例活動日:イベント準備

平成20年7月1日(火) 晴れ
(9:30~15:00) …せんなん里海公園内うみべの森
[定例活動]参加会員…12名(男性7名 女性5名)
1.[ミーティング:花の広場] …本日の作業工程
c0108460_21205375.jpg

2.イベント「夏休み工作」の準備
  ①台紙&額縁用ダンボールの切断
  ②各種の太さの竹を8mmに切断
  ③切断した竹の両面をペーパーで磨く
c0108460_21212858.jpg
c0108460_2122772.jpg

3.草刈り
  ①刈払機2台稼動
    …おにぎり広場周辺・ビオトープ周辺・通路
c0108460_21225827.jpg
c0108460_21302717.jpg

  ②椿の森…植樹した小さな椿の周辺を手刈り
c0108460_21242053.jpg
4.ビオトープ第4池が水漏れで干上がってきた
  …大きな水漏れ箇所を掘起し土を詰めて補修
5.あふれ滝の樋の枯葉除去作業
6.花の広場内カブちゃんベッドのネット張りの完成
  …カブトムシの成虫を観察するため
    四隅を材木で固定する
c0108460_2124597.jpg

「今日は里海公園の海開きである
公園内の淡輪と箱作の間の道路が遮断されている
府民の便利さより漁協の自我が優先されていて
非常に不便であり 箱作から入ってくる会員は
Uターンして淡輪料金所へ回ったりしていたため
全員集合は定刻時間より遅れてしまった

公園事務所には七夕が飾られた
c0108460_21253642.jpg


イベントの下準備はおもっていたより手間ひまがかかり
女性群5人が非常に細かい作業を手がけてくれて大助かり
竹のボリュームは少ないが パーツが小さいので作業が
大変であった 特に小さいパーツをペーパーで磨くのは
根気の要る大変な作業であった
ダンボールを細く切断し 沢山のパーツを作るのも
頭がこんがらがる複雑な作業であった
午後からビオトープに流入する水が
乳白色に濁った水になり 水質が気になる
今のところメダカは泳いでいるが 
問題はないのだろうか?
水源地は望海坂の池であり工場もなく 住宅も少ない
田圃が原因の水だろうか
何時間も濁った水が流れてきている
あふれ滝の滝壺も乳白色で温泉のようだ

アカテガニ ベンケイガニはやや増加してきた
シオカラトンボの番も30cmくらいに近付いても逃げない
c0108460_21265572.jpg

ヘビまでうみべの森を散策している
c0108460_2127198.jpg

ネジリバナもここで見ると非常にかわいい」
c0108460_21274884.jpg

  「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_2132370.jpg

by TATE-misaki | 2008-07-01 21:27 | うみべの森を育てる会 | Comments(5)

岬町での第二の人生の楽しい日々