人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2008年 10月 18日 ( 1 )

野の花と出会う会:鳴滝峠&札立山

平成20年10月18日(土) 快晴
「里中先生と岬近辺を歩く!!」
岬町の13の峠を踏破しよう!!第5回「鳴滝峠」

(9:20~17:00) …総員 19名[男性 8名 女性 11名]
9:30 みさき公園駅前集合→(貸切アカバス)→
       (途中6箇所で参加者を乗せる)→
c0108460_2221721.jpg

9:53 南大阪軽費老人ホームでバス下車 
9:55 辻先生の音頭で準備体操
c0108460_22213022.jpg
9:59 「鳴滝峠とその周辺地区の歴史」説明…里中先生
     …先生が執筆したA4で3枚の資料を配布した
     …それに基づいて詳しい説明があった
c0108460_2222497.jpg

10:15 出発→「林道本谷線」を番川沿いに歩く→
      (途中 キズタ・ゴンズイ・クサスギカズラ・イヌガヤ・
       ヤクシソウ・ガマズミ等々30種以上の植物を勉強)
c0108460_22223477.jpg
c0108460_22225664.jpg
11:45 休憩「青少年の森」
       …樹齢100年のモミの大樹の下でトイレ休憩
c0108460_22231931.jpg

12:00 出発→
12:20淡輪小学校学校林(PTAの方々が作業中であった)→
12:22(鳴滝峠へ)→
12:52 鳴滝峠頂上到着→札立山へ尾根道縦走→
c0108460_2223538.jpg
 
13:20 札立山到着(349.3m)→
      昼食(和歌山市と紀ノ川の見える展望)→
      (里中先生の札立山の説明)→
c0108460_22242325.jpg

14:00 出発→ (尾根道より記念の森へ下る)→
c0108460_22244758.jpg

14:30(途中 記念写真撮影)→
c0108460_2225480.jpg

14:40 「記念の森」のジグザグ道を通過→
c0108460_22252992.jpg

14:55休憩「淡輪小学校学校林」→
15:00出発→「林道本谷線」→
16:00 「南大阪軽費老人ホーム」着:自由解散
      …ここから歩いて淡輪駅まで2km…40分
本日の歩行距離 約12km(350mの登りを含め)…約2万歩
c0108460_22255280.jpg

今日は野の花と出会う会としては珍しく快晴 
歩いていると汗ばんでくる
番川のせせらぎの音を聞きながら林に囲まれた道を歩く
…森林セラピーと大いなる癒しである
里中先生の道中での植物への説明は名前の由来や
性質や機能や今昔の役割等々詳細である
樹木のゴンズイは 魚の名前の由来…役に立たない
   …火力は弱く材木にも使えない
イヌガヤ…イヌの付く名前はニセモノとのこと
   …イヌツゲ・イヌザンショウ等々
クサスギカズラ…海の近くの植物
   …昔はこの近くまで海であったとの語り部…等々
c0108460_22342226.jpg

途中休憩時間も あまり取らないが立ち止まっての説明も多く 
ユックリと歩いてくれるので しんどくはない
しかし ゆっくり過ぎて札立山への到着が遅くなり 
昼食も遅くなった
鳴滝峠から札立山への尾根道歩きは 
少し疲れたのとお腹がすいたのとで 全員寡黙になった
札立山頂上に13:20に到着し 和歌山が見晴らせる展望と 
弁当にありついてホッとした
c0108460_223501.jpg
40分の食事休憩で下山を始めたが 
最初は道なき道を行くような感じで 
案内の宇野さんがいなかれば全く進めない状態であった 
記念の森の近くに来て どうにか山道らしい安心できる所へ出た
記念の森の急な坂道を下ると アッと言う間に学校林に到着した 
下りは1時間である
c0108460_22353091.jpg

それでも学校林から淡輪駅までは6.5kmある 
途中の南大阪軽費老人ホームで自由解散したので
足の自信のある人たちは 足早に歩いて行ったが 
最後部は先生と一緒にユックリズミで歩いて帰った
岬町には自然が山ほどあることを再認識し 
少し人手をかけると より一層良くなることを再認識した

「野の花と出会う会」活動記録作成
c0108460_0331022.jpg
c0108460_0332563.jpg

by TATE-misaki | 2008-10-18 21:58 | 野の花と出会う会 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々