人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2009年 08月 20日 ( 2 )

[静かな落日] by 民芸公園

平成21年8月20日(木)② 晴れ
c0108460_2383182.jpg

(17:30~21:45)
今日は「泉南演劇鑑賞会」の8月例会である
早めの夕食後残照厳しい中を電車で尾崎まで行く
6時前に着いたが座席確保は結構並んでいた
c0108460_2384571.jpg

座席確保してからは屋外へ出て吸い溜めである
サラダホールの700強の座席はいつも満員である
c0108460_2392324.jpg
c0108460_239121.jpg

(18:30~21:15) …サラダホール
劇団民藝公園「静かな落日」…(広津家三代)
作家広津和郎(伊藤孝雄)の松川裁判の不当さへの挑戦と
娘桃子(樫山文枝)の父への献身の物語である
複雑な家庭環境から
父への不信が愛情に変化していく娘の感情変化の経過と
傍観者であり続けた作家広津が
国家権力の不当な裁判にペンで挑戦していく様子とが
微妙に織り成されていく
警察での取調べが巧妙に警察の思うとおりの自白に
追い込まれる様子をわかりやすく演出していた
このような場面でも観客から笑いが出ていた
自分の身になれば非常に恐ろしい出来事である
現在でも警察権力が横行しているやり方である
真面目な演劇ではあるが
日常のささいな行動や会話に各所で観客の笑いがあった
非常に自然な笑いである
吉本の笑わそうとする強引なやり方とは反比例である
今のTV業界は全て吉本流で笑わない所は擬制で笑い声を出している
もっと自然な笑いを大切にした番組作りは出来ないものか?
その意味では この民藝公演は
微苦笑を交えながら親子の愛情と国家権力の恐ろしさを
十分に伝えてくれたと思う
c0108460_2395678.jpg

…満足感と 広津和郎の小説を読んでなかった反省感を
  抱きながら帰ってきた
c0108460_23101432.jpg

by TATE-misaki | 2009-08-20 23:10 | サラダホール関係 | Comments(0)

故老犬の生活環境の整理&掃除

平成21年8月20日(木)① 晴れ
c0108460_14232494.jpg

故老犬ポロは1年前から目が見えなくなり
頭をあちこちにぶつけながら 裏庭を歩き廻っていた
どこかに頭を突っ込むとバックが出来なくて
前へ前へ行くので動きが取れなくなり悲鳴を上げる
c0108460_1424144.jpg

そのために通路にはあちこちに遮蔽物を置き
変な所へ頭を突っ込まない対策をしていた
そんな品々を取っ払ったり
c0108460_1424421.jpg

抜け毛やコンクリートにこびり付いているウンチを洗い流したり
一応生前の痕跡をきれいにした
その辺からヒョコヒョコ頭を打ちながら現れるのではないかと思いながら…
c0108460_1425236.jpg
c0108460_14252525.jpg

by TATE-misaki | 2009-08-20 14:25 | 我が家のボランティア | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々