人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2010年 01月 28日 ( 2 )

読書三昧

平成22年1月28日(木)② 曇り
暴雨腑が止んだが 外での作業は出来ない
結局 午前中は読書になってしまった
積読書籍3冊に目を通した
c0108460_1310569.jpg

1.「足もとの自然から始めよう」
  …子どもを自然嫌いにしたくない親と教師のために…
  著者 ディヴィド・ソベル
  訳者 岸 由二
   「『小学4年生までは むつかしい自然環境問題や
    絶滅危惧種や学術名など教えない方が良い
    自然に接し 楽しさを教えるだけでよい』
    との主張であり 全く同感できる
    うみべの森を育てる会で子ども達にサポートしてきた
    今までのやり方は おおむね間違っていなかったと
    確信が持てた
    子どもたちも楽しみ 自分たちも楽しむ方針であった
    強いていえば生き物の名前や植物の名前を
    詳しく同定する必要がないかも知れない」
c0108460_1312432.jpg

2.『「人を惹きつけ、人を活かす」注目の企業2選』
  …AR campany Vol.3
「独自の営業力」を磨く
    株式会社㈱立花エレテック
    株式会社ミルボン
   発行所 株式会社リクルート
  「卒業した会社から郵送で送られてきた
   渡邊社長のユニークな人材育成戦略の紹介である
   その一環として私も「人間道場」での講師の1コマが載っている
   我々の時代は個人商店的営業が花盛りであったが
   それを個人商店的営業の最先端を走っていた渡邊社長が
   組織的営業に切り替えていったプロセスが面白い」
c0108460_1313617.jpg

3.「みさき歴史散策」
  …大阪府最西端のまち 岬町の独自の文化と歴史…
  著者 竹内 三郎
  発行所 泉南歴史民俗資料センター
        「陸翁双書第7集」
   「岬町に転居してきて35年になるが
    今までは あまりその歴史には興味がなかった
    里中先生の『野の花と出会う会』に
    参加するようになってから興味が出てきた
    この本でより詳しく知ることが出来て
    知的満足度は倍加した
    特に地名の独自見解には考えさされ面白かった」
   「孝子(キョウシ)…深日や孝子の子ども達に字を教えた先生が
               三十六歌仙の一人「藤原清正」ではないか
               教子の教の右のツクリがとれて
               左のヘンだけが残り 読み方がそのまま残った
               孝子村の古文書にも教子村と書いたのもあるとか
    多奈川(タナガワ)
            …紀貫之の旅日記の中に「たながわ」という地名がでている
             谷間を蛇行して河岸段丘をつくる川を古代「棚川」と呼んだ
               明治22年谷川・東畑・西畑・小島の四ケ村が合併して
               多奈川村が誕生した
    深日(フケ)…万葉集の1首に「吹飯(ふけい)の浜」と歌われていた
             吹飯⇒吹井⇒深日…江戸時代からの地名
    淡輪(タンノワ)…日本書紀の中に「田身輪邑(タムノワノムラ)」出てくる
            今でも国道26号線の番川の橋は「田身輪橋」と呼ばれている
            奈良時代に全国の地名を二字に統一された
            その時から「淡輪」と表記されるようになった
            古い朝鮮語「タム…小高い丘陵に囲まれた海に面した
                      ワ…小集落」               
by TATE-misaki | 2010-01-28 13:18 | 我が家のボランティア | Comments(0)

暴風雨

平成22年1月28日(木)① 暴風雨
c0108460_10164987.jpg

うみべの森を育てる会「植物調査」の日であり
早起きしたが 外は暴風雨である
c0108460_10172541.jpg

「今日は中止にします」ぼ電話コールがあり
早起きは「三文の損」になってしまった
天気予報は弱雨となっていたが
暴風雨であり 
傘を飛ばされそうになりながらもゴミ出しをしてきた
c0108460_1018475.jpg

この 暴れ者も10時過ぎにはおとなしくなり
天候も回復傾向に向っている
こんな日は 孫たちのアルバム編集の継続だ
一日文句も言われずパソコンと遊べるのは
別の喜びを感じる
by TATE-misaki | 2010-01-28 10:18 | 我が家のボランティア | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々