人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2012年 01月 10日 ( 1 )

みさき里山クラブ臨時活動:展望台建築2

平成24年1月10日(火)① 晴れ
c0108460_22413057.jpg

(9:20~15:40) …孝子の森…参加者 8名
展望台建設 第2日
1.砂利・砂 約15kg×17袋
2.水 40リットル 10リットルづつ4ポリタンク
   尾根の展望台に運び揚げ
   各自リックサックを空にして 砂や砂利の袋やポリタンクを詰め運び揚げたが 
   水などはチャプチャプ動くので非常に運びにくかった
   久川長老は高知式背負子で運ぶ 西山さんは一度に15kgを2袋運ぶ
c0108460_22422246.jpg

c0108460_22425855.jpg
c0108460_22505366.jpg
c0108460_22473759.jpg
c0108460_22435564.jpg

3.単管パイプを基礎の真ん中に打ち込む
   朝から岡田さんが買ってきた 径5cm×1mの単管パイプを
   基礎の要として打ち込みに掛かったが 砂岩中心の地質はなかなか硬くて
   きびしい場所は5cm打ち込むのに カケヤで交代で100発くらい打ち込んだ
   4箇所打ち込むのに4人くらいが 交代しながら へとへとになる
   カケヤ 2本はヘッドを割ってしまい 大ハンマー2本は柄をへし折ってしまった
   それくらい力を入れて叩き込んだ
   ほぼ4本とも80cmくらい打ち込んだ
   先端の20cmをコンクリート基礎で固める
c0108460_2246411.jpg
c0108460_22471052.jpg

4.足場用4mパイプを運び揚げ…約20本
   長尺物を曲がりくねった山道の運びである
   最初は軽く感じても上に登るほど肩に食い込み
   しんどいは肩は痛いはで苦戦しながらの作業
c0108460_2248730.jpg

5.基礎コンクリートの型枠作り
   合成板をマルノコで寸法切りし
   内面40cm×40cm 高さは30cm~40cm
   これを4個製作
   底の平面を出しながら内面寸法維持と
   条件があるので割合に手間が掛かる作業
c0108460_22483040.jpg
c0108460_22485228.jpg

「久川長老 甲斐 羽間 西山の中心的ポーターは
往復1100歩の約50mの高低を10往復以上している
その他の3人も3~5往復はしている
それも15kg前後の荷物を担いでである
平均年齢70歳とは思えない元気振りである
その上にカケヤで何百回もカケヤが割れるほど
力一杯パイプ杭を打ち込んでいる
そのために冬だと云うのに全員がシャツから上着まで
汗びっしょりで昼食の時には着替えなければ
寒くなるほどであった
こんな時は やはりたき火がありがたい
昼食も30分ほどで直に作業にかかっている
実際よく働くメンバーの集団である」
c0108460_22502090.jpg

「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_16532678.jpg

by tate-misaki | 2012-01-10 22:50 | みさき里山クラブ | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々