人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2013年 09月 14日 ( 2 )

「ウミホタル観察会」リハーサル in せんなん里海公園海岸

平成25年9月14日(土)② 曇り
うみべの森を育てる会臨時活動「ウミホタル観察会」リハーサル
c0108460_1131949.jpg

c0108460_1102954.jpg
 
(17:00~19:40)・・・ せんなん里海公園海岸
参加会員 12名
[飯島 酒井 柴田 杉本 立石 中川 中出 西台 原田 春山 三宅 森]
知人・友人・家族・賛助会員 10名
c0108460_1105458.jpg

…せんなん里海公園潮騒ビバレー休憩室前砂浜
9月21日(土)のウミホタル観察会のリハーサルを実施
c0108460_1115756.jpg

1.用具の準備 & 点検・・・森準備済み
  ①ワイングラス・透明のプラスプーン・小型プラボックス
  ②バケツ・掬い小型網・金槌
  ③海水氷・カニカマボコ・ゴミネット・・・事務所準備済み
  ④ウミホタル捕獲器…うみ森在庫分を使う
2.用具を全て休憩室前へ運ぶ
3.[ミーティング:休憩室前]
c0108460_1122872.jpg

  ①本番の「うみ森」の担当は海岸でのウミホタル関連だけに限定
    全体の動きから外れたことで負担は軽くなった
    その分を捕獲器のチェックに専念できる
  ②本番の班分けは当日・・・本日参加会員を班長とする
  ③17:00より準備・・・休憩室前軒下にテーブル5脚を並べる
  ④海水の氷はペットボトル半分くらいで2個作ることを事務所へ依頼
  ⑤各班のサポーターは餌の確認と必ずフタが完全に閉まっているか確認のこと
  ⑥昆虫小型プラボックスをかく班2個準備する
     ウミホタル観察用と氷シャーベット入れ
c0108460_1144521.jpg

4.森リーダーの実演と注意事項
  ①捕獲器を投入れは浅瀬でも十分捕獲できる…遠くへ投げ込む必要はない
  ②投げ入れ後10分では捕獲は少ない やはり20分以上海中に置く必要がある
  ③各班子供に投げ入れさせ浅瀬でもそのままでよい・・・サポーターがロープを持つ
    待ち時間に各班でやり直し出来る
c0108460_115533.jpg

  ④引き上げは子どもにさせずにサポーターが垂直に持ち上げるように引き揚げる
   …引っ張ると容器に砂が入り見せる演出がやりにくくなる
  ⑤捕獲器から掬い網にウミホタルを移す…その時餌は別のバケツへ移す
   …バケツは各班3個準備
     捕獲器の内部もよく海水で洗うこと…沢山残っている
c0108460_1171614.jpg
c0108460_1183534.jpg

  ⑥網のウミホタルをスプーンで掬いシャーベットをスプーンに入れ
     海水氷の入ったワイングラスに落とす
     水中で輝線を描きながらの姿が観察できる
    最初の数回は写真撮影禁止とする
    各班サポーターがその後に写真撮影用演出をする
    ウミホタル撮影時はフラッシュ禁止とする
c0108460_1192642.jpg
c0108460_1194572.jpg
c0108460_1205119.jpg
c0108460_1231921.jpg
c0108460_1234223.jpg
c0108460_124310.jpg
c0108460_1242469.jpg
c0108460_1244646.jpg
c0108460_1253320.jpg
c0108460_1255967.jpg
c0108460_1261974.jpg

  ⑦子供には手に氷を付けてウミホタルを乗せて演出する
    ・・・子供たちの喜ぶ顔が楽しみである
c0108460_1271983.jpg

  ⑧小型プラボックスにウミホタルを入れての実演は
     子どもにやってもらってもよい
     ライトを当ててウミホタルが泳いでいる姿を見てもらうことも可能
c0108460_1274698.jpg

  ⑨最後に砂浜の水際に逃がしてやる時は 「天の川」演出をする・・・担当者(酒井)
    各班のバケツを水際で水撒きの要領で撒く⇒きれいに光る線を見てもらう
c0108460_1282439.jpg
c0108460_1285993.jpg
c0108460_1302680.jpg

  ⑩捕獲容器のロープを容器に巻きつけて片付ける
5.捕獲器などの洗浄は明日の予定にしているが
   台風雨の予報なので その時は活動は中止する
   その時は洗浄等の担当⇒森
  30個ある捕獲機の点検は本番前に早めに出てきて対応する
  (5:30までには事務所側に渡すこと)
6.19:40には全員解散できた
by TATE-misaki | 2013-09-14 23:47 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

暑気払いパーティー  in    孝子の森

平成25年9月14日(土)① 曇り
c0108460_22282229.jpg

みさき里山クラブ「暑気払いパーティー兼助成金合格祈願パーティー」
孝子の森「バンブーハウス」・・・(9:20~14:50)
参加会員 17名 来客2名
[雨宮 岡田 甲斐 佐々木 徐 立石 谷口眞 中村貞 中村明 西山 
 久川兼 久川珠 樋山 的羽千 丸山勝 丸山禮 渡邊]
c0108460_22291744.jpg
 
曇っているのか晴れているのか わからない天気である
今日はパーティーなので飲めない者以外は電車でやって来る
4月から4回目のパーティーになる
何かと理由を付けて飲むことの好きな会ではある
暑気払いと言っても 完全に秋にはなっている
秋の山野草が道の各所に咲いている・・・特にヒガンバナは存在感がある
c0108460_2230525.jpg
c0108460_22303540.jpg

名前は思い出さないが可愛い花たちである
c0108460_22325383.jpg
c0108460_22335425.jpg
c0108460_2234293.jpg
c0108460_22351329.jpg
c0108460_22355585.jpg

パーティーとなると作業日よりは人数は集まりやすい
遠く篠山市から来る会員や体調が悪くて作業が困難な会員もこの時は顔を出してくれる
久しぶりに顔を見て皆な安心する
そのためにもパーティーは頻繁にやる必要がある
c0108460_22373151.jpg

パーティーの準備は女性部5人と徐料理総監督で始められている
c0108460_2238425.jpg

焼き物担当は男性部で半ドラや金網や火熾しの準備をしている
c0108460_22394330.jpg

それ以外の者は広場の草刈りや雑然と積んでいる不要竹などの
積み替え整理などして 遊んでいる者はいない
c0108460_2243284.jpg
c0108460_22434273.jpg

渡邊さんは堺市からの来客を客山ルート経由で
船が空飛ぶ展望台を見てもらい尾根伝いでやって来た
展望台や山の環境に十分満足して頂いたようである
c0108460_22444525.jpg

11:46親睦会開始「バンブーハウス」
 徐代表の挨拶と乾杯
c0108460_2246857.jpg

今日は料理部門が体調不良者が多いので
何時ものパーティーより簡素化したとのこと
鶏焼き アジ・サバの干物焼き トウモロコシの皮付の焼き物
c0108460_22552168.jpg
c0108460_2256710.jpg

タマヒモ煮(久川珠自宅で料理) 漬物 キャベツサラダ
お釜で炊いたおいしいお焦げ付き五目御飯はオニギリにしてお持ち帰り
c0108460_22493723.jpg

c0108460_22513039.jpg
c0108460_22532351.jpg
c0108460_2257058.jpg

飲み物はビール主体に酒 焼酎 ノンアルコールビール チューハイ 等豊富
以前に比べてメンバーの酒量は大幅に減った
準備したビールなどは余っていた
c0108460_22583946.jpg

c0108460_2304178.jpg
c0108460_2314992.jpg

途中でミーティング開始
*9月16日 南海ハイキングが雨なら徐代表のみ出る
*10月24日 淡輪小学校2年生が里山来訪
*9月26日・10月1日のうみべの森を育てる会の孝子の竹林伐採には 
   みさき里山クラブも支援する
*女性部の作業内容検討⇒小物クラフトを検討
  最初は小枝エンピツ押しピンを製作する・・・淡輪小来訪時のお土産にしたい
c0108460_2259374.jpg

最後に消火訓練・・・期限の切れた消火器を使い新規に購入する
c0108460_2325135.jpg
c0108460_2342767.jpg

最盛期は5時くらいまで飲んでいたメンバーも
今日は2時過ぎには解散した 
c0108460_235957.jpg

by tate-misaki | 2013-09-14 16:36 | みさき里山クラブ | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々