人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2016年 09月 11日 ( 1 )

[ウミホタル観察会」の反省会・・・うみべの森

平成28年9月11日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:20~13:00)  参加会員(12名)[飯塚 小島直 甲斐 小牟田 柴田 杉本 立石 中川 西台 原田 福永 森] 
朝は曇っていたが 直ぐに晴れてきた
朝7時の気温も21度と 非常に過ごしやすい
昨晩は「ウミホタルの観察会」のイベントで 会員は20時30分前後に帰宅した
しかし 今朝は8時過ぎから 会員はどんどん集まって来る
定刻集合時間の9時30分には 殆どの洗浄は終わっていた
*用具の洗浄・・・〔全員〕
  昨晩ウミホタルの観察会で使った用具が 花の広場に山積みされている
c0108460_22052842.jpg
  潮水に浸かっているので 全て真水で洗浄する必要がある
c0108460_22052692.jpg
 ウミホタル捕獲容器が一番多い・・・洗った容器のロープが乾くまでには時間が掛かる
c0108460_22051947.jpg
c0108460_22052128.jpg
c0108460_22052366.jpg
c0108460_22052410.jpg
c0108460_22062846.jpg
c0108460_22063164.jpg
*「ウミホタルの観察会」の反省会・・・〔全員〕(花の広場)
c0108460_22063396.jpg
 総合的には成功であった 参加者の喜んで帰る顔は今までで一番良かったと思う
 個々の諸問題を検討した結果 来年度のスケジュールを立案
c0108460_22101533.jpg
18:00 受付⇒フリータイム
18:30 挨拶・ウミホタルの話し(観察のデモはやらない)
c0108460_22110250.jpg
18:50 捕獲容器の投入
 (全員が突堤から班ごとに投入
  ウミホタルは餌の臭いに 集まって来る
  臭いは10分ほどで消えるので 投入前に 餌を揉み 蓋をしっかり閉めるのは班担当の役目
  アオサのない 砂が見える場所に投入)
(突堤の照明はLED電灯を数個置くことを検討)
c0108460_22105715.jpg
 19:10 捕獲容器の引き上げ(全員)
 19:15 班ごとにウミホタルの観察開始
  (観察場所の後ろの街灯を消すか覆うかを検討)
  (森グループは予備の容器を持って各班を巡回⇒観察の演出もする
   ウミホタルの少ない班には 予備容器のウミホタルを補給する)
  (2ℓペットボトルに半分水を入れて真水で氷を作り 各班2本準備)
c0108460_22105928.jpg
 19:30~40 森リーダーの判断で波打ち際へ移動の指示
 19:30~40 天の川作戦
  参加者は波打ち際より 1m離れた場所に一列に並んでもらう
  各班リーダーが順番にバケツのウミホタルを撒く
 19:50 自由解散
c0108460_22062615.jpg
*反省会をしている間に容器も 乾いたようなので全て収納 
  一部半乾き分は材料物置で乾燥
c0108460_22101419.jpg
c0108460_22101296.jpg
*ZooCan  福永恭啓氏新入会・・・IT顧問として受け入れたい
*2日連続の活動なので午前中で終わりとなった
c0108460_22101173.jpg
(15:00~17:30)・・・我が家のボランティア
うみべの森を育てる会定例活動が午前中に終了
13時に帰宅後 畑作業をする予定であったが
玄関喫茶で コーヒー&一服後 いつの間にか1時間ほど昼寝をしていた
玄関の外で 椅子に座ったまま昼寝している姿は恰好いいものではないはず・・・
お恥ずかしい・・・
c0108460_22514771.jpg
罪滅ぼしに15時から畑作業
*トマトの跡地2畝を耕して鶏糞を入れて畝を整備
c0108460_22514477.jpg
 大根2期目 ホウレンソウ サラダレタス混合の種まき & 水やり
*植木鉢 & 畑に水やり
c0108460_22514216.jpg

by TATE-misaki | 2016-09-11 22:00 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々