人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

2016年 09月 12日 ( 1 )

シニア自然大学11期生「花四会」・・・「孝子の森での植物観察」

平成28年9月12日(月) くもり
シニア自然大学11期生「花四会」・・・「孝子の森の植物観察」
(9:40~14:30) 参加会員 2名〔徐 立石〕 「花四会」(5名)
c0108460_21031848.jpg
朝からは どんよりと曇っている 雨が降るのが 間違いないような空模様
おまけに湿度が高くて 非常に蒸し暑い
うみべの森を育てる会の会員:吉川さんが所属する 
シニア自然大学11期生「花四会」が 天候が大丈夫と判断して植物観察にやって来る
徐代表と立石が 孝子駅前で出迎え

10:09 南海孝子駅に到着
c0108460_20475191.jpg
 駅前広場で 自己紹介
 京都や高槻から集まった会員5名(山野草の字引き:大谷さんも参加していた)
10:13 植物観察スタート
c0108460_20475383.jpg
 孝子駅から大川沿いに少し歩く
c0108460_20475525.jpg
 途中から自動車進入路に出て
c0108460_20475795.jpg
c0108460_20474684.jpg
 伊豆賀川沿いに伊豆賀口池から 孝子の森広場まで歩く
c0108460_20474829.jpg
 途中は 山野草の宝庫かと思われるくらい 沢山の草花の名前が出てくる
 我々が普段何気なく通っている道であるが じっくりと観察しながら進めば
 こんなに多くの植物が育っていることを 改めて教えられた
c0108460_21032259.jpg
 あまりにも多すぎて とてもでないが覚えられない
 同じ花でも何種類もある その細かい違いも全て知っている 大谷さんである
 うみべの森を育てる会顧問だった 上久保先生に匹敵する字引きである
c0108460_20495266.jpg
 孝子の森メンバーで付いていけるのは 徐代表だけである
c0108460_20495308.jpg
 普通 孝子駅から孝子の森広場までは 20分前後の道のりであるが それを2時間かけて到着した
c0108460_20495580.jpg
 これでも前回の観察会よりは早い方である
① 野生のホオズキ
c0108460_21032941.jpg
② ミズタマソウ
c0108460_21031654.jpg
③ ヌマダイコン
c0108460_21043164.jpg
④ ダイコンソウ
c0108460_21043298.jpg
⑤ ヌスビトハギ(国産)
c0108460_21042921.jpg
⑥ ガンクビソウ
c0108460_21084357.jpg
⑦ ネコハギ
c0108460_21084209.jpg
c0108460_21043050.jpg
c0108460_21032063.jpg
11:50孝子の森広場到着
c0108460_20495008.jpg
 雑談 & お弁当タイム
c0108460_20554338.jpg
 途中の休憩の時や 食後のデザートが何かと出てくる
 徐さんなどは「さすが 大阪のおばちゃん」と 喜んで いずれもおいしくいただいた
c0108460_20554469.jpg
 中川さんが歩きながらシュロの葉などで 製作していたバッタは最高の出来栄えであった
c0108460_20554193.jpg
c0108460_20553758.jpg
c0108460_21032668.jpg
12:45 孝子の森散策・・・〔徐 立石〕案内
 ヤマモモの道→
c0108460_20553826.jpg
北尾根ルート→展望台→
c0108460_20565917.jpg
西尾根ルート→南尾根ルート→リョーブ上道→広場
c0108460_20570398.jpg
 (山道に入ると樹木までに関心を持ち 実のなっているのや花の咲いているのを 何かと観察を続けていた)
c0108460_20570153.jpg
13:40 広場で休憩
c0108460_20565636.jpg
14:00 下山スタート
14:30 孝子駅到着
 花四会は和歌山イオンで親睦会をするため ここでお別れした
   

by TATE-misaki | 2016-09-12 20:44 | みさき里山クラブ | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々