ブログトップ

活き生き in 岬町

カテゴリ:うみべの森を育てる会( 1468 )

「第17回新春里海まつり2019」<大たき火>・・・せんなん里海公園

平成31年1月12日(土)小雨
「第17回新春里海まつり2019」・・・せんなん里海公園
(8:30~14:00) 参加会員 19名〔飯塚 岡田 甲斐 吉川 小牟田 柴田 
田川 立石 谷口 角井 傳 土肥 中川 中出 長原 西台 森 安永 渡邊〕

うみべの森を育てる会として 男子部は「大たき火」

女子部は「ぜんざい販売」で参加

この祭りは今まで11年間雨がなかったが

今日は 始まるころから小雨が降り出した

気温が低いが 風が無いので寒くは感じない

c0108460_17363791.jpg



*「大たき火」・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜

c0108460_17363729.jpg



 7m四方に結界の笹竹を設置

 ワラなわを張り巡らしてシレを吊るした

 持ち込まれたしめ縄を井桁正面に括り付け

 半ドラを裏返して土台にして

 その上に枯れ松葉・杉葉(ゴミ袋12個分)を

敷き詰め 枯れた枝を並べた

c0108460_17401348.jpg



 950 点火 火が大きくなった時に どんどん伐採枝を投入

c0108460_17401454.jpg


c0108460_17401201.jpg



 同時に「ハートフラワーひだまり」の 和太鼓演奏開始

c0108460_17414995.jpg



 1005 開会あいさつ

c0108460_17431678.jpg


c0108460_17431544.jpg



 1025 綱引き開始(6回)

 挨拶の行事が終了後 どんどん薪を放り込む

c0108460_17415079.jpg



 10時25分時頃には 準備した薪をすべて投げ込んだ

c0108460_17454600.jpg


c0108460_17454687.jpg


c0108460_17462881.jpg


c0108460_17462764.jpg



井桁の3m原木を引き出して ノコギリで寸断し たき火の中へ投入した

c0108460_17471941.jpg



なかなか燃え切らないので 途中であきらめて水をかけて消化した

c0108460_17472077.jpg



1130 たき火の消化

c0108460_17482413.jpg



消化した炭は土嚢袋30袋に詰めて 軽トラデ 花の広場へ運び込んだ 

c0108460_17482369.jpg



樹木の肥料として後日散布する予定

1220 汚れた砂を埋め込んだり 焼けた砂を均したりして 後処理完了

c0108460_17482599.jpg



*「ぜんざい販売」・・・エントランス(模擬店テント)

c0108460_17493603.jpg



 830ごろからテント張りも手伝い

 花の広場に半ドラ2台準備し 

c0108460_17382435.jpg



1台は熾火だけを入れ お餅を焼き 焼き上がったお餅を テント迄運んだ

c0108460_17382333.jpg


 

模擬店テントニ ぜんざい入り鍋や カセットコンロを運び込む

カセットコンロでぜんざいを温めて 販売する

1050 綱引き終了後販売開始

c0108460_17493774.jpg



お金を貰う 餅焼き ぜんざい入れ等分業

c0108460_17493823.jpg


c0108460_17505078.jpg



出足は悪かったが 12時前にはどんどん売れだして

150杯の予定が追加が出て 最終191杯(@100)販売出来た

c0108460_17505129.jpg



*昼食タイム・・・(花の広場:たき火を囲んで)

 「おにぎり」は「セブンイレブン」で買ってきた

c0108460_17515064.jpg



 「里海なべ」はスタッフも無料で頂けた

c0108460_17515150.jpg



 デザートに「ぜんざい」も残してくれていた

 今年は1250頃に全員が揃って昼食になった

c0108460_17523074.jpg


 

*昼食後の時間は ワイワイと反省会やら

 諸問題やら いろんな話が飛び交って 賑やかなことであった

c0108460_17523148.jpg

 

 


by TATE-misaki | 2019-01-12 17:53 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

「2019新春里海まつり」:大たき火の準備・・・うみべの森

平成31年1月11日(金)晴れ
「2019新春里海まつり」:大たき火の準備・・・せんなん里海公園
c0108460_16423793.jpg
 (8:00~13:50)参加会員 16名〔飯塚岡田甲斐 小牟田 柴田 田川 
立石 谷口 角井 傳 中川 中出 長原 西台 森 安永〕

気温も割合に髙く 風もなく 

c0108460_16364333.jpg



砂浜海岸で作業するのも 苦にならない絶好の天候である

年末年始休みを挟んで 22日振りの作業日である

そのためか 朝早くから 多くの会員が集まってきた

小牟田さんは 朝6時30分に来て 一人作業していた

谷口さんも みさき里山クラブの軽トラを 借りて8時40分には来てくれた

明日のイベントの準備態勢は万全である

*(6:30~8:00)・・・〔小牟田〕

 たき火の準備

c0108460_16364476.jpg



 公園事務所の軽トラを借りて 花の広場にある 

大たき火の準備資材を 潮騒ビバレー前砂浜に運んだ

砂浜に車のタイヤがめり込み 30分は無駄にした

*(8:00~) 

 集まった会員が 2台の軽トラに

大たき火の準備資材を積み込み 砂浜まで運んだが

c0108460_16355386.jpg



やはり砂浜にタイヤがめり込み もう1台で引き上げるなど

c0108460_16375804.jpg



苦労しながら搬送していた

c0108460_16375919.jpg



c0108460_16412549.jpg


*大たき火の準備

 270㎝×270㎝に 鉄杭を打ち込み

 その中に鉄板波板を6枚敷き詰め

 真ん中に 穴だらけの半ドラを 空気孔として置き

 3mの原木で 4面を 井形に積みあげた

c0108460_16412615.jpg



 松の枯葉 杉の落ち葉を積み上げ その上に細い枝の薪を積み上げ

c0108460_16350224.jpeg


c0108460_16350159.jpeg



 3mの原木で押さえて 一応形を作った

c0108460_16340792.jpg



 焼却する しめ縄や門松を 前面に飾って装飾した

c0108460_16340674.jpeg



c0108460_16423793.jpg


c0108460_16423841.jpg


*竹林で竹伐採

 結界用の笹付き竹4本

 たき火引っ掻き用竹3本

 軽トラに積み込んで運んできた

c0108460_16355410.jpeg

*結界用竹を鉄杭にくくり付け ワラなわを張り巡らした

c0108460_16450338.jpg
c0108460_19402927.jpg

c0108460_16463930.jpg



*ぜんざいの準備・・・〔女子部〕

 明日のインベントで ぜんざいを販売するので

c0108460_16432025.jpg



小豆の炊き込みやお餅の準備や

c0108460_19403007.jpg



プロパンガスボンベや コンロの風防用機材等 完全に準備は出来た

c0108460_16432084.jpg


c0108460_19402931.jpg



*昼食・・・弁当は支給

c0108460_16450345.jpg


c0108460_16442760.jpg


c0108460_16442623.jpg





by TATE-misaki | 2019-01-11 16:48 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

「新春里海まつり」シュミレイション・・・うみべの森

平成30年12月16日(日)晴れ・くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:10) 参加会員 10名〔飯塚 岡田 小牟田 田川 立石 角井 中川 西台 森 安永〕

朝7時の気温2.6度であった 寒くはないが冷たい

c0108460_16343525.jpg



徐々に気温は上昇して 午後には12度までになったが

曇ってきて 雨が降りそうである

*たき火準備

c0108460_16352225.jpg



*ホダギ水やり

*花の広場周辺の落ち葉掃き

c0108460_16343459.jpg



*ミーティング

c0108460_16352170.jpg



*「新春里海まつり」の「大たき火」シュミレイション・・・〔全員〕

➀場所:せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜

バレーコートより海側⇒休憩室入口正面

c0108460_16373743.jpg



 ②2.7m角四隅に鉄杭打ち込み

 ③その中にガルバリューム波板 6枚を重ねながら敷き詰める

c0108460_16362617.jpg



 ④その真ん中に腐食仕掛かった 半ドラを俯けに置き 大たき火の土台にする

 ⑤鉄杭を芯にして 3m丸太を井桁に組む

高さは50㎝位を目途に 現場で井桁丸太の本数を調整する

c0108460_16362568.jpg



 ⑥2.7m角から1.5m離れた四隅に 結界用鉄杭を打ち込み

葉付き竹を括り付ける

 ⑦その周囲に薪を積み上げる

*新春里海まつりで販売する「ぜんざい」の試食作り・・・〔女子部〕

自宅で炊いてきた ぜんざいを 再度 味の調整をし

c0108460_16412275.jpg



たき火のヨコで焼いた餅を入れ 全員が試食した

c0108460_16412180.jpg



少し水が多すぎて 甘みととろみが 足りないのは 当日調整する

c0108460_16422305.jpg



*ササユリの道草刈り・・・〔全員〕

c0108460_16373642.jpg



 地滑りがあったので 1年近く草刈りが出来ていない

c0108460_16383728.jpg



 ササユリ群生地域なので ササユリの芽出しの始まる

c0108460_16383851.jpg



 3月までには草刈りの必要がある

c0108460_16393820.jpg



 急斜面ではあるが 刈払機4台駆動し 刈り取った草も整理した

c0108460_16441267.jpg


c0108460_16441023.jpg


c0108460_16393742.jpg



*木の名札作り・・・〔立石〕

 乾燥させていたリョーブや ビシャコの丸太を5~7mm厚さに

c0108460_16450688.jpg



電動マルノコでスライス 全てに4mmの穴あけをして 約100枚作製

c0108460_16402696.jpg



*壊れた熊手の修理・・・〔中川 立石〕

c0108460_16402706.jpg



*たき火で焼いも・・・〔飯塚〕

 田川さんが持参したサツマイモを焼き オヤツタイムになった

c0108460_16432030.jpg


c0108460_16431906.jpg


c0108460_16422231.jpg




by TATE-misaki | 2018-12-16 16:45 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

伐採木を整理して薪加工・・・うみべの森

平成30年12月13日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:40) 参加会員 8名〔岡田 甲斐 小牟田 立石 角井 中川 長原 安永〕

朝焼けがきれいで 晴れてはいるが 気温は少し低く 冷たく感じる

c0108460_17200524.jpg


c0108460_17200613.jpg



*ミーティング

c0108460_17205594.jpg


c0108460_17205452.jpg



*伐採木運び・・・〔男子部〕

 前回活動日に新春里海まつりの「大たき火」の井桁用に 3mに切った伐採木を 

 30本 うみ森道周辺から 花の広場へ運び込んだ

c0108460_17214404.jpg



径10㎝くらいのも多く 4輪運搬車等で運ぶのも 大変な作業であった

c0108460_17214319.jpg



c0108460_17300098.jpg


*伐採木の薪加工・・・〔全員〕

 アメリカ杉の径30㎝はある 倒木の伐採木が 花の広場に 積み上げられていた

幹の部分の枝切りと 薪加工の寸法切りを 電動マルノコ2台で処理

c0108460_17230117.jpg



山のように積み上げていたのを 全て処理した

c0108460_17244306.jpg



太い幹はチエンソーで 玉切りして斧で割り 薪置き場に積み上げた

c0108460_17244240.jpg



細い葉付き枝などは 束ねて 大たき火の 火つけように利用したい

c0108460_17225942.jpg



ごみ袋に入れられた葉も 広げて乾燥させて 大たき火に利用する

*木の名札作り

 乾燥させていた リョーブとビシャコの 径7cm位の丸太を

 巾5~7mmにスライスし ドリルで4mmの穴を空けて 70枚作製

 遠足サポート用として 来年度500枚位必要なのを

ぼつぼつ作成して 作り溜める予定

*大たき火用薪置き場の整理

 細い枝は束ねてくくり 太い目の枝と選別した

c0108460_17275390.jpg



*ササユリの支柱用竹の回収

 ササユリの道周辺の支柱竹を 全て回収し 選別して

使えるものは来年に使う予定

朽ちているは薪にする

c0108460_17275298.jpg



*薪割り

 太い丸太をチエンソーで 玉切りして斧とカケヤで割り

薪にし 薪置き場に積み上げた

c0108460_17255423.jpg


c0108460_17255388.jpg





c0108460_17265764.jpg


c0108460_17265816.jpg


by TATE-misaki | 2018-12-13 17:31 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

「新春里海まつり2019」の準備・・・うみべの森

平成30年12月6日(木)くもり・雨
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~13:30) 参加会員 9名〔飯塚 岡田 小牟田 田川 立石 角井 傳 西台 安永〕

朝7時頃小雨が降っていた

天気予報では午前中くもりで 午後から雨とのことである

c0108460_15530389.jpg



成り行きに任せて 活動中止の連絡もせずに うみべの森へ出掛けたが

すでに小牟田さんが来ていて 作業をしていた

こんな天候でも 会員は9名も集まった

c0108460_15530443.jpg



*ビオトープの水漏れ補修

 第2池と第3池の水が殆どない

第3池の東側土手に 大きな穴が開いていて

c0108460_15463679.jpg



底の方から水が流れ出して 第2・3池に水が 溜らなかったようだ

穴に土を入れて補修した

c0108460_15463474.jpg


*ビオトープのホースの水が止まっている

良く調べたら おにぎり広場周辺で ホースの継目が外れていた

c0108460_15452891.jpg



補修することで 水は流入しだした

c0108460_15452733.jpg



*入口周辺の落ち葉掃除

c0108460_15473842.jpg


c0108460_15473971.jpg


*たき火準備

c0108460_15443367.jpg


c0108460_15443240.jpg



*ミーティング

c0108460_15420669.jpg


c0108460_15420773.jpg



*椿林周辺の間伐

 新春里海まつりの大たき火の 井桁囲い用に3m

真直ぐな丸太が 30本必要である

c0108460_15491455.jpg



あらかじめ目印の付けていた 径10㎝以下の樹木を

1人1本ずつ伐採し 枝切りして1本ずつ 始末していった 

今日は10本程準備出来た

c0108460_15491372.jpg



*薪作り

 伐採した幹の先端や枝等を 花の広場に運び込み

電動マルノコで50㎝前後に 切断して薪置き場に積み上げた

c0108460_15425367.jpg



枯れた薪と 生木の薪を 混合して たき火をすれば いい塩梅に燃えてくれる

c0108460_15425479.jpg



c0108460_15510677.jpg


*新春里海まつりの「ぜんざい」の準備

 小豆・餅・炭 その他の材料の調達とチェック

c0108460_15425374.jpg



c0108460_15510703.jpg


*イベントに使ったパーツの残ったのを 

c0108460_15500390.jpg



 来年のイベントに 流用するため整理して 物置棚に整理

c0108460_15500263.jpg



*午後から雨になった⇒早仕舞にした

c0108460_15515307.jpg


c0108460_15515216.jpg


by TATE-misaki | 2018-12-06 15:53 | うみべの森を育てる会 | Comments(1)

「みんなでワカメを育てよう!:種付けまつり」・・・せんなん里海公園「楽習館」

平成30年12月2日(日)晴れ
『みんなでワカメを育てよう!種付けまつり』
c0108460_21230938.jpg


 一般参加者60名  サポートスタッフ 30名
(9:30~14:30) 参加会員 5名〔飯塚 小牟田 立石 角井 安永〕

イベント日和の快晴である

朝の気温は11度と低いが 風がないので 寒くは感じない

c0108460_21230819.jpg



午後からは15度までも上がった

c0108460_21241283.jpg



今日は うみべの森を育てる会定例活動日であるが 

昨日の「うみ森で原木クラフトを楽しもう!」イベントの振替休日である

その代わり「みんなでワカメを育てよう」実行委員会主催の

イベントのサポートになった

1000~ スタッフ 集合  約 30名

1030 スタッフ打ち合わせ

c0108460_21241135.jpg



1050 準備作業

c0108460_21251605.jpg



 種糸カット

c0108460_21262007.jpg


c0108460_21251750.jpg


c0108460_21251577.jpg


 バケツに仕分け

c0108460_21284991.jpg


種糸ロープ準備 種糸ロープを海水に浸す

c0108460_21261875.jpg




海水汲み 




予備のロープに種糸取り付け



1140 昼食・休憩・・・具沢山の味噌汁を準備

c0108460_21343969.jpg



1230 参加者受付

1300 挨拶 福本阪南市長

c0108460_21353123.jpg


c0108460_21353239.jpg


大塚府立大教授

c0108460_21353028.jpg



「大阪湾がきれいになり過ぎ!?」関西TV放映ビデオを鑑賞

「ワカメとアマモについて」

1330 プラ板作成・・・絵と名前を描き

c0108460_21371385.jpg


c0108460_21371489.jpg


 トースターで焼く

c0108460_21375919.jpg



1355 種糸取り付け説明

c0108460_21375814.jpg


c0108460_21431198.jpg



1400 自分の名前を描いたプラ板を1m間隔の番号札の場所に採り付け

c0108460_21431024.jpg



    1人2本の種糸をロープに巻き付け

c0108460_21435026.jpg


c0108460_21450606.jpg


c0108460_21450403.jpg


c0108460_21434940.jpg


種糸付きロープをまとめて海中へ設置する

c0108460_21464266.jpg


c0108460_21464172.jpg


c0108460_21464057.jpg



1416 集合写真

c0108460_21495106.jpg



1425 解散

    スタッフと一部参加者は 種糸付きロープの 海中への取り付けに同行 

1430 うみべの森会員解散  


by TATE-misaki | 2018-12-02 21:52 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

『原木クラフトを楽しもう!2018』・・・うみべの森

平成30年12月1日(日)晴れ
『原木クラフトを楽しもう!2018』・・・うみべの森 
参加者17家族 40名(子ども16名)
(8:00~14:00) 参加会員 12名〔飯塚 小牟田 田川 立石 角井 傳 中川 中出 西台 樋口 森 安永〕

気持ちが良いの晴天である

10時頃の気温は16度弱と やや高く 森の中では 

寒く感じない最高の条件になった

800~会場準備

 公園事務所より軽トラを借り

c0108460_16432299.jpg



ベンチ・電動工具・バイス・丸太・木製パーツ等々を

花の広場から おにぎり広場の会場まで 何回も運び上げて準備した

c0108460_16432323.jpg



c0108460_16454721.jpg



930 受付

 早い参加者はやって来た 申込者30人が全員集まり

 通りががったフリーのお客も 4組 10人も参加了承した

c0108460_16454572.jpg



942 ミーティング(花の広場)

 主なサポート内容と担当電動工具をあらかじめ決めた

c0108460_16454809.jpg






1007 開会あいさつ・・・立石

    丸太でサンタ&小枝ツリーの作り方の基本を説明

    何種類でも作り放題を宣言

c0108460_16432404.jpg



1019 

*丸太斜め切り開始

 ノコギリ切りが重要な イベントとの説明を理解して 

太い丸太を懸命に切っていた

c0108460_16483673.jpg


c0108460_16483478.jpg



切りムラのある丸太は 電動カンナで研磨した

c0108460_16581122.jpg



 斜め切り丸太の面に サンタのぺイントを始めた

卵パックに6色のペンキを入れて配布

c0108460_16553176.jpg



 見本のサンタ通りに描く人や

 子どもたちはユニークな 作品を作りだしていた

小さなパーツを 上手に使いこなしいる

c0108460_16553006.jpg



 ヒノキ丸太は 昨年伐採した分であり

十分に乾燥していたので ノコギリで切りやすかったのと

c0108460_17014919.jpg



切り口が割合にきれいだったので

カンナでの研削は あまり必要でなくなったようだ

c0108460_16581094.jpg


c0108460_23155837.jpg








c0108460_16580882.jpg



*木製&竹製小枝のツリー作り

c0108460_16483565.jpg



 今回初めて採用したクラフトであったが

c0108460_17002703.jpg



子どもたちに案外人気で 殆どの子供が挑戦していた

c0108460_17002522.jpg



 

c0108460_17031066.jpg


c0108460_23155771.jpg


c0108460_23155621.jpg


作り方の基本だけ教えたらユニークな作品を 次々に作っていた

c0108460_17044254.jpg



c0108460_17014846.jpg






1215 最後の参加者終了

 スタッフは1200頃から使わなくなった道具や材料を片づけ始めた

c0108460_17055033.jpg


c0108460_17054939.jpg



1235昼食

 会で準備した中華料理「やぐら」の弁当を

c0108460_17064631.jpg



全員で 花の広場で たき火を囲んでの 楽しい時間となった

中華弁当は非常においしかった

c0108460_17064853.jpg



同時に反省会もしたが 問題は何もなく

新しい木製ツリーが好評だったとの事

来年度は もう1種類くらいは増やしたい

c0108460_17064730.jpg

 


by TATE-misaki | 2018-12-01 17:07 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

イベント準備・・・うみべの森

平成30年11月29日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:00) 参加会員 10名〔飯塚 甲斐 小牟田 立石 角井 傳 中川 長原 西台 安永〕

晴ており 余り寒くはない

c0108460_17052016.jpg



たき火は 一度やりだすと やめられなくて 準備した

*たき火準備・・・〔小牟田 立石〕

c0108460_17052185.jpg



*ビオトープ水漏れ補修・・・〔小牟田〕

 昨日も5cm位の穴が空いていて 小牟田さんが独り作業で 補修していた

今日も別の個所の補修を完了

c0108460_17060809.jpg



*薪置き場の整理・・・〔立石〕

*入口周辺&広場内の掃除・・・〔小牟田 角井 傳 長原〕 

 クヌギの落ち葉が毎回すごい 通路の両側に掃き出したり

 掃き集めたりしての 掃除が毎回である

c0108460_17060766.jpg



*ミーティング

 イベント打ち合わせ

c0108460_17072317.jpg



*丸太切り用ウマのチェック&補修・・・〔男子部〕

 20個以上あるウマを 全て引き出してチェック

c0108460_17072191.jpg



ガタつくのや壊れているのは 廃材を利用して補修

c0108460_17072241.jpg


*ノコギリ刃のチック&取り換え・・・〔男子部〕

 イベントで使う33cmのノコギリを 試し切りして 

 切れない分は 全て替刃に取り換えた

 丸太を斜め切りするので 切れないノコギリだと 効率が悪くなる

その他の在庫のあるノコギリも 全てチェックし 切れない刃は取り換えた

c0108460_17081998.jpg



*電動工具類のチェック・・・〔立石〕

 充電工具は全て満タンに充電し イベントに必要な道具類を

 1ッか所に集めて 運び出しやすい状態にした

c0108460_17122940.jpg



*カンナのチェック&刃研ぎ・・・〔中川〕

 イベントで使うカンナ3台の 刃を研いで装着し 直に使える状態にした

c0108460_17091763.jpg



*ペンと関係の用具のチェック・・・〔女子部〕

c0108460_17122878.jpg



 筆や刷毛のチェック・筆拭き用タオルの準備・その他小道具のチェック

c0108460_17082033.jpg



*大たき火用間伐材のチェック・・・〔男子部〕

 うみ森道周辺の 真直ぐな3mの間伐出来る 樹木に目印を付けた

大たき火で井桁に組むのが 30本はは要る 

後日間伐して運び出す予定

c0108460_17091615.jpg



*薪割り・・・〔男子部〕

 積み置いて古くなった丸太を 斧で割リ薪にする

 割れない分は 斧をカケヤで 打ち込んで2人作業で割った

薪置き場に追加置き場を 作って積み上げた

c0108460_17112705.jpg



*イベント参加者のチェック・・・〔西台〕

 14組23人の参加者の班分け等を検討

c0108460_17102264.jpg


c0108460_17102351.jpg


c0108460_17102188.jpg


c0108460_17112827.jpg


by TATE-misaki | 2018-11-29 17:14 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

木のツリー試作・イベント準備・・・うみべの森

平成30年11月25日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~13:40) 参加会員 10名〔岡田 甲斐 小牟田 田川 立石 角井 長原 西台 樋口 安永〕

快晴であるが 気温は低い

c0108460_19221467.jpg



c0108460_19225517.jpg


たき火は なくては ならないものになった

c0108460_19221535.jpg



*たき火準備・・・〔小牟田 立石〕

*薪作り・・・〔立石〕

c0108460_19225693.jpg



*ホダギに水やり・・・〔小牟田〕

c0108460_19233853.jpg



*ミーティング

 12月1日(土)「丸太を切ってサンタを作ろう!」イベントの詳細打ち合わせ

今回は「木のツリー」を2つ目の出し物とし 選択制とする

c0108460_19233702.jpg



*丸太斜め切り試作・・・〔甲斐 小牟田 角井〕

径10㎝の杉丸太をバイスで固定して 斜め切りをする

乾燥している丸太なので 案外簡単に切れて

c0108460_19245126.jpg



切断面も 研磨が必要ないほどに きれいである

しかし 一部腐りが 入っているのがあり 選別が必要かも知れない

c0108460_19245213.jpg



*電動工具の使い方研修・・・〔男子部〕

 電気カンナ・ジスクグラインダー・ 電動ベルトサンダー等の使い方と

 研磨カ所による使い分けの説明

 実際に使って 要領を納得してもらった

*木のツリーの試作・・・〔全員〕

c0108460_19260417.jpg



 小枝の代わりに 女竹を使った物・・・間に竹の輪切りを スペサーに入れた

 木の輪切りを積み重ねる  竹の輪切りをスペサーにする

c0108460_19272728.jpg



 小枝の変形ものばかりを集めて  積み重ねる

c0108460_19295479.jpg



 一部 装飾も施した

c0108460_19272681.jpg



 小枝や竹などの 真ん中への穴あけは ボール盤を使った方が簡単である

c0108460_19295518.jpg



ドリルビットが切れないので 部品として購入する必要がある

c0108460_19283833.jpg



*装飾パーツの収集・・・〔樋口〕

 松ぼっくり ドングリ 変形した小枝 等を

 公園内やうみべの森の中から 探して集めてきた

ドングリに動眼を付けたり ヒートンを付けたりの 試作もして

装飾用パーツの利用方法も検討した

c0108460_19260241.jpg


c0108460_19283766.jpg


by TATE-misaki | 2018-11-25 19:30 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

うみべの森を育てる会の古いデーター整理

平成30年11月24日(土)晴れ
c0108460_15294442.jpg


「遅寝遅起き昼ごはん」パターン 12時起床 9時間の熟睡
c0108460_15294336.jpg


寒がりやなので 夜 電気敷毛布を入れたら 温かいので ぐっすりと寝られた
c0108460_15302129.jpg


・・・ぐっすりと寝られるのは 何時もの事であるが・・・
c0108460_15302293.jpg


花壇の草引き等 わが家のボランティア活動も やることは沢山あるが
c0108460_15305628.jpg


今日は どうも その気にならない
c0108460_15305594.jpg


パソコン作業で うみべの森を育てる会の2001年~2002年度の 
c0108460_15313257.jpg


私の参加していない時代の データーを整理して 誰でも理解しやすいようにした
c0108460_15313202.jpg


案外 このような作業も 性に合っているようだ・・・時間が経つのも忘れる
c0108460_15320284.jpg

by TATE-misaki | 2018-11-24 15:32 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々