人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2008年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

黄葉に囲まれた作業

平成20年12月13日(土) 晴れ・曇り
(9:30~15:10) …孝子の森…参加者 6名
本日の作業
1.西尾根東斜面シダ刈り
2.山道階段補修
3.たき火用薪調達
「孝子小学校のメタセコイアの黄葉もすばらしい
青い空をバックにクッキリと浮かび上がっている
c0108460_174092.jpg

山へ行く途中で柿を食べているカラスに出会った
c0108460_17403526.jpg

今日は小春日和で風もなく 暖かいくらいである
孝子の森への道のりも今は最高の季節だ
コナラ・クヌギの黄葉と落葉の絨毯の道を歩く
c0108460_1741121.jpg

c0108460_17413610.jpg
暖かいと言っても 冬はやはり たき火が恋しい
たき火にあたりながら雑談していると
作業に取り掛かるのが遅くなってしまう
c0108460_17421694.jpg

冬場の作業は斜面の3mからあるシダ刈りである
急斜面で刈払機での作業は危険でもある
年寄りの作業ではないとのことだが
この作業をエスケープするのはメタボ人物だけだ
汗びっしょりになるくらいに 頑張っている
c0108460_17425678.jpg

c0108460_17432359.jpg
c0108460_17434692.jpg
c0108460_17441475.jpg

c0108460_17455633.jpg
唯一人カメラ片手に頑張っている人たちを
横目に見ながら黄葉を楽しんでいるのもいた
しかしサボりたくなるような すばらしい景色である」
c0108460_17444392.jpg
c0108460_1745763.jpg
c0108460_17453526.jpg
c0108460_17495324.jpg

   「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_1833149.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-13 17:46 | みさき里山クラブ | Comments(0)

野焼き

平成20年12月12日(金) 晴れ
c0108460_1491593.jpg

朝から お隣りさんが植木の剪定を始めた
剪定枝を我が家の畑へ運び込む
我が家の畑の花の枯れたのも積み上げた
枯れ草 剪定枝で山のようになる
風もないので野焼きを開始
生木だけに なかなか燃え付かず苦労した
午後は草と格闘…我が家もすることは山ほどある
c0108460_1410578.jpg
c0108460_14102141.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-12 14:10 | 我が家のボランティア | Comments(0)

久し振りの畑作業:果樹剪定

平成20年12月11日(木) 曇り
c0108460_15595323.jpg
c0108460_1652974.jpg
13日振りのボランティア休暇である
12月は師走と言うだけに
結構多忙であった
これから年末までは
あまり行事もなく
定例活動だけなので 
やや自分の時間は取れそうだ
27日からは
孫台風が帰省するので 
またまた多忙になる
正月の5日までおるらしいので
今度の正月は
ゆっくりと出来ないと思う
台風一過後に
寝正月をすればいいのでは…
生ゴミを畑に埋め込み 
防鳥網を収納し
葉の落ちてしまった
イチジクを大幅に剪定し
その他の樹木も剪定 
枝は焼き安いように細かく切断
次は草茫々の畑の草取りに掛かる
c0108460_163428.jpg

老夫婦二人だけでも 室内はX’masムードとなる
大好きな丸太サンタも飾られた
このサンタを見ていると ほんわかした気持になり癒される
c0108460_1632255.jpg
c0108460_163385.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-11 15:56 | 我が家のボランティア | Comments(3)

廃油石けん作り

平成20年12月10日(水) 晴れ
c0108460_20381775.jpg

(10:00~14:40) …参加会員 17名
午前中 ①メドゥガーデンの草ひき
      ②廃油石けん作りの準備
        18Lブリキ缶(1斗缶)缶切りで上蓋切り取り*5
        苛性ソーダー(500g*5)
        計量カップ 秤 新聞紙 1.5mくらいの棒*5
        しゃもじ*5 ひしゃく 牛乳パック*50 ゴム手袋等々
c0108460_2039185.jpg

午後 「廃油石けん作り」(コールドプロセス) 
   1斗缶*1 食用廃油 3L 苛性ソーダー 450g 水 940cc
  ①水と苛性ソーダーを入れ 棒でよくかき混ぜる
  ②苛性ソーダーが溶けたら廃油を入れ 棒でよくかき混ぜる
  ③20~30分混ぜるとキャラメル色からクリーム色になる
  ④ドロリと固まってきたら 少量をみずにの中に浮かべてみる
     分離しなかったら石けんになっている
  ⑤牛乳パックに流し込む
  ⑥1ヶ月以上風通しのいい場所で放置してから使用する
c0108460_2039436.jpg

  [注意]苛性ソーダー液が皮膚にかかると赤くなりヒリヒリと痛むので
      絶対に素手で作業は出来ない
      手袋や衣服に付いた石けんを
      誤って皮膚につける場合があるから要注意
      かかった場合は直ぐに水で洗い流す必要がある
c0108460_2040156.jpg

 「以上の工程で5缶+半缶で牛乳パック44個分が出来た
  半分は会員用で残り半分を里海まつりで販売する予定
  準備段階では苛性ソーダーの入手が困難であったようだ
  何軒も薬局を回ったがなくて 最終的に取り寄せてもらった
  劇薬だけに購入時には印鑑もいるようだ
  石けん作りは年中行事になっているが 年に1回のことなので
  忘れている会員が大部分である
  よく知っている会員に教えてもらいながらの作業である
c0108460_20411230.jpg
c0108460_20474559.jpg

  5班に分かれて交代でかき混ぜたが 最初は水で混ぜやすいが
  時間が経つほどに ねばりが出てきて抵抗が大きくなり
  棒でかき混ぜるにも相当の重労働になってくる
  短時間で交代しながら かき混ぜ作業が進んだ
  試しに1缶だけオーデコロンミントを入れた
  しんどいかき混ぜ作業でも 
  大勢でワイワイ言いながらやれば楽しいものである
  1時間ほどで予定通りエコ石けんが出来上がった
c0108460_20414713.jpg
c0108460_204266.jpg

 廃油石けんは泡立ちは良いとは言えないが
 吹き出物等の肌に大変良く 甘くて しっとりとした洗い上がりで
 一度使えば手放せないと言う人が多い」
c0108460_20422353.jpg

    「ハーブタペストリー香の会」活動記録作成
c0108460_2043946.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-10 17:59 | ハーブタペストリー香の会 | Comments(0)

京の奥座敷 料理旅館「ひろ文」

平成20年12月9日(火) 晴れ・曇り・雨
c0108460_21525511.jpg

(8:50~19:00)
菱機会「ハノーバーメッセ研修会」第6回忘年同窓会
平成元年4月9日~23日まで15日間のヨーロッパ研修旅行?
研修旅行参加者15名と事務局2名で作っている同窓会
菱機会は三菱電機と機器代理店6社の当時の部長クラスの会
当番幹事 藤岡  阪上
参加者 10名(64~77歳) 欠席者 7名(病欠5名)
c0108460_2154654.jpg
c0108460_21542450.jpg

集合場所 11:30 
       JR京都駅ビル内「ホテルグランビア京都」フロントロビー前
  11:25には全員揃った 東京から駆けつけたメンバーが1番である
  このような会合は遠方の者から早く集まる傾向は今も変わらない
  京都駅の東の端から西の端まで 
  2ヶ月前に開業した地下街「みやこみち」を通り抜け
  ひろ文の送迎バスの待っている所まで移動
11:37 ひろ文送迎バスに乗り込み
  バス内で欠席者の近況 会費¥10000の徴収等 
  幹事はテキパキと行事を進行する
c0108460_21545383.jpg
c0108460_21553278.jpg

12:19 京都の奥座敷 貴船 「ひろ文」に到着
      …美人の若女将が出迎えてくれた
12:31 幹事挨拶  阪上&藤岡
c0108460_21555548.jpg
12:33 乾杯     林
c0108460_21561283.jpg

  ひろ文は現役時代に会議や会社の慰安旅行等に
  何かと利用した場所である
  何十年振りではあるが 非常になつかしい
  料理は期待の「ぼたん鍋」である 
  出てきたイノシシの肉はボタンの花のように並べられ
  取り崩すのがもったいないくらい きれいさである
  味噌煮たてであるが 全く臭みもなく 
  牛肉より少し硬いくらいで非常においしい
  しゃべるのも忘れて 鍋は瞬く間に空になる
c0108460_21564426.jpg

  しかし この会の主客はおしゃべりであり 
  三菱電機や各代理店の知人の近況報告や 自分の話
  ヨーロッパ旅行15日間のエピソード 趣味の話 
  老夫婦の就寝は同室か別室かの調査
  「一緒の部屋やないと死んでもわからんで…」と
  言う話しまで出てくる
  話題はあちこち飛び回って 尽きることがなく 
  あっと言うまに2時間半は過ぎてしまっていた
  次回は立花グループが当番幹事で 
  来年桜のころに大阪で開催が決定
c0108460_21572846.jpg
c0108460_21574870.jpg
c0108460_21582127.jpg

15:10 挨拶&中締め  今泉次回幹事長
c0108460_2159220.jpg

c0108460_2202870.jpg
15:20 ひろ文送迎バスに乗り込み→16:20京都駅着
16:25  JR京都駅ビル内
      「ホテルグランビア京都」フロントロビー前で 
      近藤春光氏(三菱電機OB)に会い全員で挨拶 
      一部を残して解散
      なつかしい顔に又1人会えた

  (RHMK忘年同窓会ひろ文アルバム編集)
c0108460_1432839.jpg
c0108460_1434781.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-09 21:38 | TE社関係 | Comments(0)

うみべの森を育てる会12月度運営委員会

平成20年12月8日(月) 晴れ
c0108460_18102916.jpg

(9:30~13:00) …せんなん里海公園事務所2階会議室
活動内容検討…参加委員 8名
①12月21日(日)…(9:20~15:00)定例活動日
   竹取り…「井関川竹林」(9:20~12:00)現地集合
         とんど用竹結束(3m×250本)&里海公園へ搬送
         公園事務所門松用竹 2m×10本伐採&搬送
         マイ門松用細い青竹 会員人数分伐採&搬送
   その他の会員…通常通りうみべの森に集合
         とんど結束用つる採り
         とんど用枯れ笹の結束
   午後…「マイ門松」作り…全員が製作
c0108460_1811174.jpg

②H21年1月8日(木)…(9:30~15:00)臨時活動日
   …とんど組立   (予備日:1月9日(金))
      公園内孟宗竹伐採&搬送(長×3本 短×4本)
      砂浜の穴掘り&とんど組立
      ヤキイモ用金網カゴ製作…中川
      焼けたヤキイモを入れる竹篭製作…細井
      火付け用松明3本製作…細井
      松明用&火付け用ワラ準備…西台
      防熱用覆面検討
    弁当不要…昼食は女性群がトン汁とサツマイモご飯を準備
c0108460_18113279.jpg
③H21年1月10日(土)…(8:00~15:30)
  「新春里海まつり:海に吼える!」
     うみ森関係役割…会計 西台
               会場設置委員 川岡…会員
                 (テント設営等が主な作業)
               写真班 柴田 立石
   10:00開会 10:10とんど点火 14:45閉会
   …ヤキイモ用のナルトキントキを濡れた新聞紙・ホイルに
      包む作業は当日の朝に実施する
c0108460_18115663.jpg

④H21年1月13日(火)…(9:30~12:00) 運営委員会
⑤H21年1月18日(日)…(9:30~15:00) 定例活動日
   …根笹刈り…現状より1mくらい奥まで刈り取る
            毎年範囲を広げていく
⑥「いきいきフェアー」の反省
   売上 ¥15270
   子どもから大人まで楽しんでもらえた
   無料よりも有料の方が真剣に取り組んでもらえて良かった
   今後原木へのお絵描きコーナーを充実させる
   色彩ペンの描き易いものを検討する…傳
⑦泉佐野丘陵緑地評議会の報告…西台
   H21・3月 パークレンジャーの募集&研修開始
   公園デザインの検討
⑧せんなん里海公園の改修工事内容説明…立石
   工事完了予定 H21・2・15
     夕凪の木道・横断防止柵・タイドプール⑤箇所浅くする
c0108460_18123291.jpg

⑨剪定した桜の枝調達(西鳥取団地の公園;了解取得済み)…西台
   太い幹は午後から調達に行く
⑩ササユリの種 14株より大量に採取…柴田
   …年内に柴田がうみべの森の適当な場所に蒔いていく
⑪賛助会員に川岡製作「小型サンタ壁飾り」配布…23個
⑫イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」のアンケート内容報告
   「楽しかった 親切に教えてくれてありがとう
    次も参加したい」…等が大部分であった
   イベント案内が必要な場合は住所を書いて下さいに
   全部の人が住所氏名を記入している…今後郵送する
c0108460_18125064.jpg

(11:40~12:50)…[西台 細井 立石]…桜原木調達
西鳥取「三井住宅自治会館公園」の剪定済み桜の枝
  生熊さんの斡旋で責任者の了解を頂き
  必要な枝をネイチャークラフト材料用に頂きに行った
  10cmくらいの太いのもあり 
  伐って間もないので状態も非常に良い
  桜特有の光沢のある枝もたくさんあった
  軽四に積めるだけ一杯頂いた
  花の広場に保管して徐々に加工していきたい

  「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1840684.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-08 18:05 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

第20回「いきいきフェアー」に出店

平成20年12月7日(日) 晴れ
c0108460_174945.jpg

(8:30~14:50) …せんなん里海公園
参加会員 14名
今日は岬町マラソン大会とのダブルイベントである
「いきいきフェアー」の模擬店コーナーに
「うみべの森を育てる会」と「ハーブタペストリー香の会」が
仲良く出店することになった
マラソンが9時スタートのため 車の出入りは8時45分まで
10時開催ではあるが準備が早くなった
c0108460_17495489.jpg

8:30~9:20 出店準備…花の広場の物置より
          ヒノキ丸太やクラフトを搬送し陳列
         (ヒノキ斜め切り丸太 サンタを描いた丸太
          竹細工 笹笛 竹トンボ ドングリゴマ
          小枝やドングリ マツポックリのクラフト
          植木鉢名札 小枝の枠付き名札
          等々新作や旧作が入り混じっている
          在庫一掃セールが目的である)
c0108460_17502795.jpg

9:20 正式には10時販売開始であるが 
お客さんが来ればお断りも出来ず対応を始めた
原木を売り その場でお絵描きしたい人には
描いてもろうか くらいの軽い気持であったが
描きたいと言う人たちが続出して
描く場所も作っていなかったので対応におおわらわ
椅子や箱の上で描いてもらう始末であった
それでも大盛況で午前中は常にお客様が一杯で
お弁当も交代制で食べたくらいである
c0108460_17513327.jpg

c0108460_17515212.jpg
c0108460_17521850.jpg
c0108460_17523527.jpg
c0108460_17525923.jpg
c0108460_17532079.jpg
c0108460_17535172.jpg
c0108460_17545237.jpg
c0108460_17551667.jpg
c0108460_17553886.jpg

原木も大きいものより小さいものの方が人気があった
なかなかユニークな作品も多かった
お陰でその他の商品もよく売れて
竹細工やチビッコサンタは完売であった
売上は約15000円である 
単価が100円・200円の世界だから よく売れた方だ
これで少しは会の運営費は潤う
14:20 片付け開始
14:40 解散
「昨日に比して今日は暖かくなり天候にも恵まれ
マラソンとのダブルイベントも集客力をアップした思う
駐車料金が無料と言うこともあり
一般参加者の特に子どもづれの家族の参加者が多かった
それだけに午前中は凄い人出であった
18グループが出していた出店もどこも賑わっていた
たこ焼 お好み焼き 綿菓子等は常に行列が出来ていた
その場で作るもの その場で参加できるものには人気がある
我々もお絵描きコーナーが 50~300円の有料でも
これだけ人気があるとは予想も出来なかった
以後のイベント出店の参考にはなると思う」
c0108460_17584231.jpg
c0108460_1759356.jpg
c0108460_1759239.jpg
c0108460_17594625.jpg
c0108460_180441.jpg
c0108460_1803494.jpg

   「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_19325747.jpg
c0108460_1933168.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-07 17:26 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

野の花と出会う会:白砂峠

平成20年12月6日(土) 曇り・晴れ
c0108460_21394683.jpg

9:20 (貸切赤バス)→淡輪駅前→みさき公園駅前→
     (途中3箇所で参加者を乗せる)→
c0108460_21401327.jpg

9:55 東畑犬飼集落でバス下車 
     総員 19名[男性 9名 女性 10名]
9:58 宇野さんの音頭でストレッチ体操
c0108460_21404024.jpg
10:00 「白砂峠とその周辺地区の歴史」説明…里中先生
…先生が執筆したA4で1枚の資料を配布した
  …それに基づいて詳しい説明があった
c0108460_2141551.jpg

10:10 出発→犬飼集落の裏山→10:12「村の氏神」→
c0108460_21413861.jpg

10:18村を通り抜けて→10:23 「亀崎家のお宮」(男山八幡宮)
   …(個人でお宮を持っているのは全国的にも珍しい)
c0108460_21422759.jpg

10:30 トイレ休憩(和田さんに犬飼集会所の鍵を開けてもらった)
      (その間に80歳を越えた和田ご夫妻に昭和28年ころの
       松茸繁盛記等の話を聞かせてもらった
       また その当時の古いチラシが
       押入れの整理の時出てきたと言って頂いた)
c0108460_21425672.jpg
c0108460_7591984.jpg

c0108460_2144742.jpg

10:48 出発→10:51林道へ入る(途中 和泉層群の地層の説明)
c0108460_21443153.jpg
c0108460_2144562.jpg

11:10 湿地を横断→
c0108460_21453525.jpg

      (途中 ベニバナボロギク・クロバイ・ソヨゴ・シャシャンボ・
           イシドウ等々たくさんの植物を勉強)
11:20 尾根道へ出て鉄塔の下で大阪層群の説明
c0108460_2146975.jpg

11:40 白砂峠頂上に到着(大阪層群の白い砂の部分が堆積した 
      昔から地域の人たちがこの砂を土間や漆喰に利用)
c0108460_21463873.jpg
c0108460_21465718.jpg

12:10 下孝子への下り入口付近で昼食(尾根道)
c0108460_21472466.jpg

12:40 出発→ (尾根道より下孝子へ下る)→(林道孝子犬飼谷線)
13:05 (柳池)→13:10(下孝子集落)→
c0108460_21475729.jpg

13:16 国道26号線を歩く
c0108460_21483975.jpg

      →途中より国道を東へ越えてホテルの裏側へ 
        個人宅の裏庭のような場所→
c0108460_21491138.jpg

13:44 「橘逸勢の墓」(平安時代初期の官人・三筆の一人)→
c0108460_21493310.jpg

13:55 南海電車の軌道を渡れば「橘逸勢の娘の墓」→
c0108460_21495497.jpg

14:05 出発→(途中女性群はツルウメモドキ・サンキライ・
           ビガンカズラ等の実を生け花用に採集しながら歩く)→
14:40 「旧深日駅跡」(明治30年代)(赤レンガの変電所横)
     …(村民は不便な場所に駅を作ることを希望 
       便利な場所なら若者が和歌山等都会へ遊びに行くから…)
c0108460_21502138.jpg

c0108460_21504888.jpg
14:45 ここで自由解散…バス停深日小学校前まで歩く
      本日の歩行距離 約7km…約1万3千歩

「昨夜から第二寒波到来 朝からどんより曇っており 
バスを待つ間 粉雪さえ降り出した
昨日の大雨と 今日の寒さで参加者は少ないと予測していたが 
予想外に多くの参加者があった
岬町のシルバー軍団は寒さや少々のアクシデントにも 
めげない元気者集団である
c0108460_21541484.jpg

歩き出すと寒さも感じなくなり 
山に入れば逆に暖かくなったようにさえ思える
岬町に長年住みながら町内の遺跡や歴史を あまり知らない
里中先生と歩けば その辺を詳しく教えてもらいながら 
山を歩き 荒地を歩き 裏道を歩き
元気を貰いながら だんだんと賢くなる?
c0108460_21544691.jpg

孝子の山は今が雑木林の黄葉真っ盛りであり 
それを見ながら歩くのは最高の気分である
c0108460_21551279.jpg
 
小さい町ではあるが 歴史の一杯詰まった 
風光明媚な いい町である
この楽しみを我々地元の者だけでなく 
都会の人たちに教えてあげたいと思う」

   「野の花と出会う会」活動記録作成
c0108460_2324599.jpg
c0108460_23242450.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-06 21:33 | 野の花と出会う会 | Comments(0)

川西市K家告別式に参列

平成20年12月5日(金) 雨・曇り・晴れ
(7:30~15:10)
朝寝愛好家が5時30分に起きた
外は真っ暗であり気持悪いくらいの暖かい風が吹き荒れている
急遽 川西市まで葬儀に参列することになった
7時30分に家を出た時は 夜が明けきっていないくらい薄暗い
淡輪駅に着いたころから雨が降り出し
電車に乗った時は大雨である
歩いている時に降られなかったのが幸いである
難波から西本町まで天気が良ければ歩くが
雨のため贅沢をしてタクシーに乗る
タクシーの運転手は
「10月ころから景気が悪くなった
今は平成11年以来の不景気である」と
乗車率から景気判断してボヤいていた
社会の変化にうとい田舎者も節約を考える必要があるかも?
久し振りにTE社に行き 何人かの社員と仕事の話をしていた
不思議に会社へ来ると普段全く考えていない仕事の話が
とどこおりなく出来る 同窓会と同じ原理らしい
やはり ここでも10月以降の急激な変化を聞いた
マスコミ不景気と金融不景気の余波が一般的になったのでは…?
多くの社員の仕事の邪魔をして おしゃべりで脳を更新した
11時ごろTE社の部長3人と車に乗せてもらい
川西市の式場に向った
この辺りの山はコナラやクヌギが多いのか黄葉が非常にきれいだ
c0108460_17315455.jpg

c0108460_17321042.jpg

少し時間が早かったので式場近くの「太鼓亭」で昼食
おろしそば定食はおろしそば・揚げたての天ぷら6品
ご飯漬物付きで¥980は安くて おいしかった
私の「おいしい!」は信用がないが 事実おいしかった
c0108460_17325886.jpg

「シティーホール川西」でK家の告別式に参列したが
c0108460_17343861.jpg

永眠されたK様は現役時代は有力顧客の専務であり
私とかなりウマが合った人である
難しい仕事を持ち込まれ難色を示すと
「やれるで!やろう!」と気軽に言い
こちらも気が軽くなって「やろうか!」と言う気分にさされる人であった
何かとややこしい仕事をしてきた仲間のような人だった
お互いに引退後は息子さんの会社と付き合うようになり
今まで親父さんと同じ気持で付き合ってきた
79歳であるがまだ早いような気がする
歳の近いよく知っている人が亡くなるのは
淋しくて 複雑な気分になる
c0108460_1735024.jpg

  [難波パークス]
c0108460_17352611.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-05 17:35 | TE社関係 | Comments(0)

せんなん里海公園工区事務所今年度工事内容説明会

平成20年12月4日(木) 晴れ
c0108460_1375243.jpg

(9:30~12:00) …せんなん里海公園
せんなん里海公園の山は今が紅葉の見ごろである
朝日に照らされたハゼ コナラ クヌギ等の紅葉黄葉が
見慣れた風景ではあるが たまらなく良い
c0108460_1382228.jpg
 
(10:00~11:10) …公園事務所2階会議室
岸和田土木せんなん里海公園工区事務所(橋本・中谷)
大阪府公園協会せんなん里海公園管理事務所(淡路屋)
うみべの森を育てる会(河原・立石)
ハーブタペストリー香の会(櫻井)
「せんなん里海公園人工磯濱整備工事」内容説明
c0108460_1385940.jpg
①夕凪の路設置 284.6㎡ (2.3m×80m+踊場)
  …現在の木道が腐りだしたので撤去し新設する
    木道+杉の転落防止柵
   車椅子や自転車でも海の先端まで行けるようにする
   H21・2・15完成予定
②タイドプール 5箇所
   …現在より浅くする工事→生き物が観察しやすくなる
③横断防止柵工事…チェーン設置 101m
   …夕凪の路近辺の砂浜との境目が危険箇所のため
c0108460_1392573.jpg
「公園は安全第一が優先されるが
せんなん里海公園は自然を重視して欲しいと要望
安全第一のためある程度の規制はやむを得ない
自己責任のリスクとハザードの兼ね合いがむつかしそう
公園は予期できないハザードは設けてはいけないらしい
陥没対策は港湾事務所が週に1回見回りチェックしている
大阪府は現在防災公園に優先的に投資しているため
防災公園でないところや箱物には予算が少ない」
「せんなん里海公園関係のボランティア団体等に
事前に工事内容をオープンにしてくれるので
最近の官庁はやや民主的になってきている」
c0108460_1395254.jpg

c0108460_1310185.jpg
(11:10~12:00)
うみべの森散策&チェック
ビオトープの水があまり溜まっていないのが気になる
森の中は各所で紅葉黄葉が見られる
c0108460_13103662.jpg
c0108460_13105453.jpg
c0108460_13111136.jpg

by TATE-misaki | 2008-12-04 13:11 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々