人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2010年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

りんくう公園散策&会議出席

平成22年10月22日(金) 曇り
c0108460_2018736.jpg

(10:30~17:10) …りんくう公園
昼前に家を出た りんくう公園へ行くためである
南海泉佐野駅で関空行きに乗り換えて次の駅である
それでも家を出てから40分はかかる
りんくう駅は閑散としている
駅やゲートタワービルへのアクセスは
2階スペースを広々と取ってあるだけに
人が居ないのは気持ち悪いくらいである
c0108460_20184395.jpg

駅から海に向って歩いて5分もしない間に
「りんくう公園」に着いた
c0108460_201929.jpg

この公園へは来るのは初めてであり
ここまで人とも出会なかったので
人っ子1人いない公園の風景を想像していたが
太鼓橋の頂上に立って全体を見渡して 驚いた
c0108460_2019435.jpg

小学校低学年の遠足が5校も入っているし
シルバーのグループも3グループほど弁当を食べている
中にはカセットコンロで水炊きをしているアベックもいる
お弁当を食べていたのは300人以上居たのでは…?
c0108460_20201268.jpg

1から10まで人工で出来た公園であるが
c0108460_2021228.jpg
c0108460_20221423.jpg

関空が向いに見え飛行機の発着が近くに見える 
連絡橋ではラピートや「はるか」が走っている
海の見晴らしもよい
c0108460_20224371.jpg
c0108460_20232819.jpg
c0108460_20235579.jpg

公園よりも景色で人が集まっているのかも知れない
花崗岩が目立つ公園ではある
内海があり潮の干満に対応して干潟が現れる構造は良い
c0108460_20242748.jpg

しかし山側が自然である せんなん里海公園の方が落ち着く

(14:00~16:10) …りんくう公園管理事務所1F会議室
「せんなん里海公園の生き物とカニの環境を考える」
会議では里海公園に自然の生き物をどうすれば戻せるか
陸ガニの幼生をどうすればうみべの森に導けるか 等々
我々には大いに関心のある話題である
…大阪府の海の見えない都会の人たちに
  親しんでもらえる公園を目指すべきだ…
とも主張しておいたが…
c0108460_20245778.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-22 20:12 | うみべの森を育てる会 | Comments(4)

うみべの森を育てる会:H22年10月度植物調査

平成22年10月21日(木) 曇り時々雨
c0108460_15464912.jpg

(9:50~12:10) …せんなん里海公園…参加会員 6名
昨夜から今朝にかけて雨が降っていた
家を出る時もパラパラと小雨が降っている
このような状況下でもレギュラーメンバーは出てきている
定例活動日と違い植物調査のときは 
ゆったりとした気分になる
c0108460_15474410.jpg

普段は刈払機で無造作に刈り取っている草たちも
今日は主人公のため違ったように見える
うみべの森から小川沿いに「あふれ滝」まで
c0108460_15481275.jpg

そこから山側を調査しながら岬料金所の手前まで
50mくらいの距離を1時間以上掛けて歩いている
それだけ その区間に観察に値する草花がある
c0108460_15483690.jpg

①ウリクサ ②タンキリマメ ③ミゾソバ ④キツネノマゴ
c0108460_15494174.jpg
c0108460_1617327.jpg

⑤ジュズダマ ⑥ツルマメ(枝豆の原種) ⑦クワクサ
c0108460_16173780.jpg

c0108460_1618171.jpg

⑧チカラシバ ⑨ナワシログミ ⑩ガガイモの実 等々
c0108460_161843100.jpg

「今日は割合に小さい花の種目が多い
1mm以下の小さい花は接写でも写真には写せない
柴田カメラマンが大奮闘していた
c0108460_1549688.jpg

ガガイモの実やイヨカズラの実の大きいのには驚いた
c0108460_16191195.jpg

傍観者は植物だけでなく生物にも興味がある
のんびりしたカタツムリやバッタを食べているクモや
c0108460_16193763.jpg
c0108460_16195489.jpg

芙蓉の葉だけを食べている毛虫や
あちこちと寄り道ばかりしている
前田さんが実生で育成してくれた苗木
ナラガシ 2本 クヌギ 2本 マテバシー 1本を
うみべの森の おにぎり広場近辺に植樹した
会員が実生で育てた苗木を持ち込んでくれるので
植樹の苗木を買わなくていいだけ助かる」

         「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_16211914.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-21 16:21 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

淡輪小学校1年生遠足サポート

平成22年10月20日(水) 曇り
うみべの森を育てる会臨時活動日…参加会員 12名
(8:30~11:20) …せんなん里海公園内うみべの森
淡輪小学校1年生遠足サポート
8:20 会員集合
     準備…①会場準備…テーブルの落葉掃除等
          ②工作材料(名札・サインペン・透明ラッカー・リリアン)
          ③スタンプ・スタンプカード
          ④ホダギ置場よりカブトムシの幼虫をバケツ3個に採集
          ⑤荷物置き用ブルーシート設置
          ⑥蚊取り線香をおにぎり広場・第2カブちゃんベッド各所に設置
          ⑦クヌギのドングリ拾い
      直前ミーティング:花の広場
        ①名札&昆虫絵のゼッケン配布
        ②詳細なスケジュールと段取りを説明
        ③3班の担当指名
9:20 児童うみべの森に到着→西台代表&会員出迎え
c0108460_19502883.jpg

9:28 挨拶&スケジュール&注意事項説明…西台代表…(おにぎり広場)
c0108460_19512029.jpg

    各班の担当サポーターの自己紹介&挨拶
c0108460_19514998.jpg

    「カブトムシのお話」…細井リーダー
c0108460_19522569.jpg

9:35 うみべの森散策…3組に分かれる
    1班=カブトムシ幼虫観察(第2カブちゃんベッド)→ビオトープ→
        木のプレートにお絵描き→クヌギ林→ふかふか小径→会場
c0108460_19533714.jpg
c0108460_19574088.jpg

     2班=クヌギ林→ふかふか小径→カブトムシ幼虫観察→
         ビオトープ→木のプレートにお絵描き
c0108460_19552051.jpg

c0108460_19554598.jpg

c0108460_19563027.jpg

     3班=木のプレートにお絵描き→クヌギ林→ふかふか小径→
         カブトムシ幼虫観察→ビオトープ→会場
c0108460_19571365.jpg
c0108460_19581199.jpg
c0108460_1958318.jpg

     …ビオトープ・第2カブちゃんベッド・ふかふか小径でスタンプ押し
c0108460_1959559.jpg

10:45 終わりの挨拶&お礼の挨拶…西台代表
     …児童全員にクヌギのドングリをお土産に先生に渡した
c0108460_19594045.jpg

10:50 児童お弁当の場所へ移動
c0108460_200035.jpg

     …会員は片付け
11:00 [ミーティング:花の広場]
11:20 解散
「1年生にしては なかなか統制がとれており 先生の言うこともよく聞いていた
『前えならえ!』の懐かしい光景も見られた
c0108460_203546.jpg

今年はドングリが全く実っておらず落ちていないので
ドングリ拾いが出来なかったのが残念である
その代わり異常気象で例年なら9月中旬で冬眠に入る
カニたちの姿をビオトープ近辺や川岸の各所で
観察できたことがよかったと思う
c0108460_2034034.jpg

カブトムシの幼虫は案外知らない子が多かったように思う
最初掘った時は小さな幼虫ばかりだったが
後で採集しておいた大きな幼虫を見せた時の驚きようは楽しみであった 
ビオトープでもメダカやタニシを観察してもらえた
名札のお絵描きは割合にユニークなよい絵を描いていた
c0108460_2043934.jpg
c0108460_205367.jpg
c0108460_2052239.jpg
c0108460_2054675.jpg
c0108460_2061841.jpg
c0108460_2064120.jpg

c0108460_2071024.jpg
c0108460_2073341.jpg

c0108460_2081163.jpg
c0108460_208378.jpg

c0108460_20942.jpg
c0108460_2092439.jpg

ヒモを穴に通して結ぶのに一番手を焼いていたようだ
極力手伝わずに自力ですることを見守ったが 結ぶのだけは割合に手伝った
よう結ばないお友達のヒモを結んであげている ほほえましい姿もあった
このような場所で子どもたちを見ていると 
親の教育の仕方が見えるように思う
友達に思いやりのある子どもは親もそうだろうと思える
近くに住んでいる割りには ここが初めてだという子どもたちが多かった
親達は遠くの人ごみの多いところへは連れて行っても
近くの自然一杯の公園などには連れて来ていないのだろうか…?
帰りには小さい手で力一杯タッチして帰ってくれた
かわいいエネルギーを沢山もらえて 今日は幸せな1日であった」
c0108460_20104320.jpg
c0108460_2011259.jpg

        「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_2012899.jpg
c0108460_2012355.jpg

(11:30~13:00) …せんなん里海公園内メドゥガーデン
今日は「ハーブタペストリー香の会」の定例活動日である
「うみべの森を育てる会」のサポート活動とダブッたため
時間遅れで参加した
メドゥガーデンの刈払機での草刈りで
朝からHさん一人で作業していた
私が参加して昼食を伸ばして1時前に終了できた
女性軍のメンバーが刈り取ったパンパスグラスの穂を
とんど焼きの材料に頂くことにした
十分にワラの代用になるくらいの量はある
by TATE-misaki | 2010-10-20 18:30 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

インフルエンザ予防接種

平成22年10月19日(火) 曇り
c0108460_1484530.jpg

曇り空 空気も少し冷っとする
それでも植木鉢はカラカラである
欲っしているものは与えざるを得ない
季節季節に花を咲かせて
通行人や我々を楽しませてくれているが
水だけ与えて働けと云っているようなもので
今日は250鉢全てに肥料をやり水やりをしてあげた
c0108460_149326.jpg

やれやれと一服している時に電話が掛かってきた
田中医院からである
申し込んでいるインフルエンザ予防接種に
今すぐに来てほしいとのことである
この薬は2個一になっているらしく
誰かに1本注射すれば もう一人にする必要があるらしい
直ぐに来院できる閑人を探していたようだ
困っているなら人助けだと思い出掛けた
c0108460_1410481.jpg

事前の熱も血圧も検診も全て問題なく
「季節型+新型」(3価ワクチン)を注射された
町の助成もあるらしく ¥1,000であった
注射後15分待機していたが
全てを終了するのに30分であった
待ち時間のない医者は大好きである
先生が元気なうちは この病院から変わる気はない
c0108460_14104597.jpg

c0108460_14111950.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-19 14:11 | 我が家のボランティア | Comments(0)

サツマイモ掘り

平成22年10月18日(月)② 晴れ
うみべの森を育てる会で「新春里海まつり」の
「とんど焼き」の後の熾き火でのヤキイモが恒例になっている
そのため立石農園でナルトキントキを植えている
150本の苗を植えつけた
今日は 急に かーさんがイモ堀りを始めた
月末に掘る予定であったが
やむを得ず今日はイモ掘りの日にした
c0108460_18145238.jpg

しかし思ったほどもイモは入っておらず
Lサイズ以上は50個くらいしかない
Sサイズでも50個くらいだ
これでは200個も足りない
c0108460_18151390.jpg

立石農園は全く役に立たず今後は契約解除である
土壌もそんなに悪くない 今年は鶏糞も入れた
植え付け直前の枯れ草埋め込みがよくないのかも知れない
c0108460_18153371.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-18 18:15 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

うみべの森チェック&散策

平成22年10月18日(月)① 晴れ
c0108460_1331842.jpg

昨日のうみべの森の定例活動で
何箇所か気になるところがあるので
天気もよいのでチェックに出掛けた
①ビオトープ第一池の排水口をカサ上げしたが
  水位が余りあがらず 排水口からも水が流れ出ていない
  しかし第二池には何処からか水が流入している
  よく調べてみると第一池の側壁に大きな穴が開き
  水が流出している
  第二池には底の方から湧き水のように水が湧出している
  第一池の水が地中に入り第二池に湧出しているらしい
  しばらく このままでいいかと手を加えなかった
c0108460_13314041.jpg
c0108460_1332767.jpg

②川岸の遊歩道近辺が土手を含めて
  ダンチクやツルが刈り取られてきれいになっている
  昨日の細井さんの1日がかりでの成果で
  細井さんが自己満足していただけに きれいになっている
c0108460_13323619.jpg

③森さんが第1カブちゃんベッド前通路の向かい側の
  2m以上の根笹を刈り取る作業をしていた
  作業半ばであるが後1日くらいできれいになりそうだ
c0108460_13331432.jpg

④青の展望台付近一帯の根笹を刈り取ってくれたので
  非常に見通しがよくなり明るくなった
  ベンチにアベックが座っていても
  通路からは丸見えでアベックには気の毒ではあるが…
c0108460_1334233.jpg

⑤第2カブちゃんベッド周辺も根笹や草が刈り取られて
  きれいになっている
c0108460_1335451.jpg

⑥椿林の草刈りが残っているが
  椿の自生苗に杖を立てて目印にしなければ
  草刈りは困難である
c0108460_13344211.jpg

昨日の作業日は自分も熱心に作業したので
他の会員の作業結果が見られてなかったが
今日の確認で全員よくやってくれていると
その成果の大きさに うれしくなってきた
c0108460_13354884.jpg
c0108460_13362185.jpg

満足して返ってきたが 途中で各所で
セイタカアワダチソウの黄色い花が見られた
孝子の森やうみべの森ではナルトサワギクとともに見つければ
必ず抜き取って繁殖しない努力をしているが…
セイタカアワダチソウは他の植物が生えないように
根から毒を出しているらしいが
7~8年すれば 自家中毒で消えてしまうらしい
それが毒が中和されたのか再度はびこりだした
今年は「セイタカアワダチソウ」復元の年らしい
c0108460_13363766.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-18 13:36 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

うみべの森を育てる会定例活動日:草刈り

平成22年10月17日(日) 晴れ
c0108460_17443874.jpg

(9:30~14:50) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…10名
1.[ミーティング:花の広場]
  ①小学校遠足サポートの反省
     西鳥取小学校:下角先生のうれしいメールの紹介
     しばらく楽しかったサポートの話でもちきり
  ②次回はリリアンの結び方を教えて自分で結んでもらう
  ③ひび割れたプレートに上手に絵を描いている子が居たが
     今後はプレートの選別に十分注意したい
c0108460_17474496.jpg

2.ドングリの洗浄&選定…[前田 森下]
   淡輪小学校遠足のお土産
   …前田さんがクヌギのドングリを200個以上拾ってきてくれた
     今年のドングリはやや小粒であるがクヌギには違いない
     今度は1人に3個はあげられると思う
c0108460_174819100.jpg

c0108460_17484745.jpg

3.プレートの選別…ひび割れやマルノコ焼けのひどいのを刎ねる
     …[飯塚 生熊 西台]
c0108460_1749996.jpg

4.ホースの洗浄…第一ホースの水が殆ど出ていない
   …水道水逆流洗浄…[細井 中川]
5.ホースの購入にナブコへ行く…[立石 森]
   今のホースは黒ずむくらい使い込んでおり
   作業がやりにくくなったので50m巻き込み式を新規購入
6.ダムをリニューアルするため材料の材木を購入に行く
   公園事務所所長&中川…極力安い材木で必要分を揃えた
7.草刈り…刈払機 4台駆動
   ①川の散策路周辺…[細井]
c0108460_17494912.jpg

   ②第1カブちゃんベッド前の根笹&つる…[森]
c0108460_1750890.jpg

   ③第2カブちゃんベッド周辺…[中川]
c0108460_17502876.jpg

   ④アーチ周辺の根笹…[立石]
8.草引き…おひさま畑周辺の通路…[飯塚 生熊 西台 森下]
c0108460_17504944.jpg

9.枯れ笹の整理…花の広場横の刈りとった笹
    …[飯塚 生熊 西台 前田 森下]
c0108460_1751785.jpg

10.ビオトープ第一池の排水路の補修…[立石]
    …排水口が水で掘られて水位が下がってしまっている
      粘土を運んで土盛りし 水路を高くする
c0108460_17512956.jpg

11.おひさま畑の樹木の下枝切り&間伐…[飯島]
c0108460_17515048.jpg

「うれしいメールのお礼の言葉
ドングリが集まり 道具も揃い 資材も集まり
なんだか心が豊かのなった気分での
さわやかな秋の作業日であった」

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1752313.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-17 17:52 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

野の花と出会う会:H22年10月度例会「熊野古道を歩こう!!」

平成22年10月16日(土) 晴れ
c0108460_20452161.jpg

(8:30~14:30) …阪南市山中渓近辺
 「山中渓の史跡をたずねる」
  (JR阪和線:和泉鳥取駅~山中渓駅)

集合場所…貸切バス停留所
   (8:25淡輪駅・みさき公園駅・深日小学校・オークワ前・町役場)
8:42 貸切バス:岬町役場前出発
9:07 JR和泉鳥取駅前到着(地元の田中重光氏がガイドのため待っていてくれた)→徒歩→
 総員 17名[男性 8名 女性 9名]
c0108460_20392297.jpg

9:12 「平安の小径前駐車場」
     ①里中先生の挨拶と本日のボランティアガイドさんの紹介
c0108460_20403572.jpg

     ②田中重光氏(山中渓在住:老人会会長)
       …自己紹介とガイドを引き受けたて顛末の紹介
         里中先生が事前調査で山中渓を
         行きつ戻りつしている姿を見て声を掛けた
         先生の熱心さにも感動し今日のガイドを引き受けた
        …歴史は知らないと言いながら山中渓の歴史の詳しさに驚いた
          又歴史書に載っていない話がすばらしく
          参加者全員が話がよく分かると感動していた
c0108460_2041282.jpg

        …こんあ所に波太神社遥拝の鳥居があるのにも驚いた
c0108460_20413388.jpg

9:29 出発→「平安の小径」(平安の昔のままの面影を今も残している小径)
         昔の国道であり1車線くらいの巾が非常に風情のある径である
c0108460_20424667.jpg
c0108460_20472760.jpg

         →「琵琶ヶ岸懸(びわがけ)」…ロープを持って細い径を歩く
c0108460_20475375.jpg

c0108460_20483870.jpg

9:56 「地蔵堂王子跡」
c0108460_2049278.jpg

      →(途中のバナナの木に全員が感動し雄蕊雌蕊の観察に余念がない)
c0108460_20495642.jpg

10:32 「馬目王子跡」(足神さん)…昔の鳥居の石の説明もあった
c0108460_20503361.jpg
c0108460_2051627.jpg
 
    …府道を歩きながらも途中の史跡や昔の状況の話があった
       「三澤家奥津城」「田中武八君碑」
       昔の葬式のやり方 特に山で自分たちで焼いた経験談には驚いた
c0108460_2051595.jpg

10:54 「歴史街道」(紀州街道)…石畳の道
c0108460_20523349.jpg
c0108460_2053248.jpg

11:03 「地福寺・子安地蔵(安産の神)」
       枝垂れ桜が見事である…ここの地域歴史の話も面白い
c0108460_20543175.jpg

11:12 「山中小学校跡」「筆子塚」
c0108460_205505.jpg

11:17 「旧庄家屋敷(江戸時代)」(田中家)
c0108460_2057135.jpg

c0108460_20572649.jpg
c0108460_20582647.jpg

11:21 「山中神社」→「山中宿本陣跡地」→「田中重光氏宅」→
c0108460_2101055.jpg
c0108460_20593676.jpg
c0108460_21177.jpg
c0108460_2114262.jpg

11:34 「道祖神(塞之神)」
      江戸時代の紀州藩の横暴から山中渓を守ってくれた神と云われている
c0108460_2122094.jpg
c0108460_213291.jpg
c0108460_2133740.jpg

11:40 多忙な田中さんの楽しい詳しいガイドは ここで終わり
      全員でお礼を言って お別れした…「田中さん ありがとうございました」
     …田中さんのガイドの仕方は岬町観光ガイドも勉強すべき内容であった
11:45 「わんぱく王国」(自然公園)…この場でベンチに座って全員お弁当&休憩
c0108460_214143.jpg

12:29 「日本最後のあだ討ち場」見学は全員の意見で割愛
     わんぱく王国の標高210mの山に登ることになった
     途中下部のローラー滑り台を参加者の7人ほどが楽しんでいた
c0108460_216483.jpg
c0108460_2172110.jpg

12:39 登山開始
c0108460_218860.jpg

12:54 頂上「わんぱく砦」
     ここからは阪和自動車道・JR阪和線・阪南市の海岸部分が一望できる
c0108460_2192359.jpg
c0108460_21102375.jpg

     わんぱく砦に登って ウラジロの飛行機を飛ばして遊び
     それを下から見ている参加者も「飛んだ!」と子どものように歓声を上げていた
c0108460_21111930.jpg

13:18 下山開始→途中から滑り台「ローラーエクスプレス」で滑り降りることになった
      山の急斜面を利用した滑り台「ローラーエクスプレス」は、
      最大急斜が32度、全長200mもありスリル満点。
c0108460_2112316.jpg

      最後の着地点で恐竜「ディメトロドン」に飲み込まれると
      「ガォー」と吠える仕掛けになっているのも面白い。
      14人の会員が滑り降りたが あまりに急なので
      子どもに負けない悲鳴を上げており
      中には怖くて寝てしまって滑っている人もいた
c0108460_21132157.jpg

      最初は悠々とカメラ片手で自分の顔を写したりしていたが
      急傾斜では片手では制御できず悲鳴を上げている者もいた
c0108460_21134593.jpg

      しかし子どもに返れて楽しい滑り台だと好評である
13:42 「山中関所跡」…里中先生の説明
c0108460_21144554.jpg

13:55 JR山中渓駅前
14:05 貸切バス→
14:25淡輪駅前→みさき公園駅→深日小学校→オークワ前→町役場
     各バス停車場でながれ解散
約5kmの有意義な楽しい散策であった 
c0108460_21151721.jpg

     「野の花と出会う会」活動記録作成
c0108460_2347667.jpg
c0108460_2347335.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-16 20:35 | 野の花と出会う会 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日:シダ刈り

平成22年10月15日(金) 晴れ
c0108460_18365974.jpg

(9:30~15:10) …孝子の森…参加会員 9名
今日は岬町淡輪の秋祭りである
祭りの役員で出てこれない会員もおり
いつもより参加者は少ないように思う
昨夜は1時ごろは豪雨に近い大雨であったが
今朝は秋晴れである
c0108460_18381676.jpg

本日の作業内容
1.草刈り〈南尾根北面(リョーブ林上部)〉
   …刈払機5台[岡田 徐 廣田 丸山 横山]
    一度刈ったシダが50cmくらいに伸びてきた
    大きくならないうちに下草刈りを継続中
c0108460_1839243.jpg
c0108460_18402363.jpg

2.草刈り〈西尾根東面(冒険ルート周辺)〉
   …刈払機1台[鈴木 樋山]
c0108460_18412810.jpg

3.草刈り〈南尾根北面山すそ(イベント広場周辺)〉
   …刈払機1台[立石]
    山すそにセイタカアワダチソウ群生しだした
    これを一掃するために下草刈り実施
c0108460_18421534.jpg

4.周回路階段作り継続(展望台降り口)…[久川]
    シダの腐葉土がびっしりで 
    これを剥がすのが大変な作業
c0108460_18425822.jpg

    その下は砂岩で杭は直接打ち込めず
    コンクリートドリルの先を利用して
    打ち込んで穴を空けてから杭を打ち込む
    大変な作業の連続で階段作りは捗らない
c0108460_18432654.jpg

    長老は一人でコツコツと作業するのが好きなので
    素人が手伝う訳にもいかず ただ励ますだけである
c0108460_18441278.jpg

「展望台からは雨が降った後であるのに
淡路島や六甲山系は霞んでいて見えない
稜線の上に少しだけ頭を出している
ゲートタワービルも見えない
海の走っている白い船だけが見えている
孝子の山々ははっきりと見えて
ぼんやりとした雲が流れている
木陰で一服していると涼やかな風が頬をなで
山に登ってきた汗を冷やしてくれる
カンカンカンと長老の作業の音が聞こえる
音だけだと罪の意識も緩和されて
のんびりと一服しながら孝子の森の秋を楽しんでいる」
c0108460_18445730.jpg

c0108460_18455573.jpg

     「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_18465487.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-15 18:47 | みさき里山クラブ | Comments(0)

「鳴滝第一・第二小学校」2年生遠足サポート

平成22年10月14日(木)② 曇り
(11:30~14:00) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…11名
「鳴滝第一・第二小学校」2年生遠足サポート
    児童46名 先生4名

11:30 児童 うみべの森に到着(おにぎり広場)…(荷物を置き集合)
c0108460_23305794.jpg

11:35 挨拶&スケジュール&注意事項説明…西台代表
c0108460_23313629.jpg

      「カブトムシのお話」…細井
c0108460_2332515.jpg
c0108460_23323026.jpg

11:43 うみべの森散策…2組に分かれる
     A班=クヌギ林→ふかふか小径→カブトムシ幼虫観察(第2カブちゃんベッド)→
         ビオトープ→木のプレートにお絵描き
c0108460_233321.jpg
c0108460_23345855.jpg

     B班=カブトムシ幼虫観察(第2カブちゃんベッド)→ビオトープ→
         クヌギ林→ふかふか小径→木のプレートにお絵描き
c0108460_23353077.jpg
c0108460_2336874.jpg

     …ビオトープ・カブトムシ幼虫観察後・お絵描き後でスタンプ押し
         …児童全員の数だけクヌギのドングリを先生に預けた
12:42 お礼の挨拶
12:48 児童淡輪駅へ歩いて出発…13:49淡輪駅発何回電車に乗車予定
c0108460_23385643.jpg

     …会員は片付け
13:00 [昼食:花の広場]…[ミーティング]
「午前中の90名のサポートから午後は半分の人数のサポートとなり
なんだか非常にゆとりのある 楽なサポートに思えた
2年生ともなると集合の時間も早く 全てスムースに動き
全てが予定時間より早まった感じがする
今年の異常気象でドングリの実がならず ドングリが殆ど落ちていない
ドングリ拾いを経験させられなかったのが可哀想であり残念であった
カブトムシの幼虫は掘っても出てこないベッドと
10匹以上出てきたベッド等格差があったが
事前に採集していた幼虫を見てもらったことで十分に満足してもらえたと思う
c0108460_23383556.jpg

例年この時季には全く姿を見せない陸ガニが溝や川で観察できたことは
非常にラッキーで『オレンジ色もいたよ!』と子どもたちも大満足
赤トンボ・糸トンボ・カタツムリ・日本オオタニシ・メダカも観察できた
自然に少しでも接してもらえて我々も満足である
お絵描きでも2年生ともなると 白色を使いこなせるようになり
数の少ない白色のマーカーが取り合いであった
c0108460_2337575.jpg
c0108460_23372866.jpg
c0108460_23374853.jpg

1日に2校のサポートは やはり無理があるようであるが
会員は楽しみながら よく頑張ってくれていた
子ども達との会話で相当若返ったのではないか…?」
c0108460_23393569.jpg
c0108460_23395999.jpg

c0108460_23402994.jpg
c0108460_23405157.jpg

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_0571953.jpg
c0108460_057403.jpg

by TATE-misaki | 2010-10-14 23:41 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

岬町での第二の人生の楽しい日々