人気ブログランキング |
ブログトップ

活き生き in 岬町

<   2011年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

台風15号接近の大雨

平成23年9月20日(火) 雨
c0108460_1274987.jpg

台風15号接近のため 
今日から1泊2日の「大人の林間・臨海学校」は中止になった
そのため朝寝が出来ると3時まで[宮本輝「花が降る午後」]を読んでいた
c0108460_1281560.jpg

しかし朝5時20分に自然と目が覚めた
起きだしてみると今日から1泊2日で「館山寺温泉」へ
招待旅行に参加すべく かあーさんは準備完了である
千里中央駅へ7時40分集合のため5時44分の南海電車に乗る予定とか…
c0108460_1284110.jpg

台風の大雨の中での観光旅行は やや心配ではあるが…
5時30分に義姉と出掛ける姿を見送り 再度寝ることにした
9時に起きだしたら大雨である…雨の音で目が覚めたのか…?
雨で周りの景色も遠景は見ない
裏の市川さんのナツメの木も果実がたわわに実って雨に濡れている
c0108460_1213865.jpg

前の九層川も濁流になっている
c0108460_129746.jpg

これだけの大雨だと紀南の せき止め湖が心配ではあるが…
一人静に台風雨を眺めている
c0108460_1294378.jpg

独身生活ともなれば食事は作らねばならない
朝と昼は毎日自分で作っているから問題はない
朝はパンとコーヒー・ヨーグルト・果物である
昼は四国太ソーメン2束を茹で 
卵2個でダシ巻きを焼き 薄く輪切りにしてソーメンに乗せる
御坊市産のひらてんも細く切って乗せる
それにめんつゆをぶっかけるだけで済ました
夕食はスパゲティーを200g茹で
牛肉・タマネギ・ニンジン・キャベツ・シイタケ・オクラ等
冷蔵庫で古くなりかけている野菜をかき集め野菜炒めをする
塩コショウとめんつゆと砂糖少々で味付けし
やや汁っぽい野菜炒めにスパを入れて馴染ませて完成
これで今晩と明日の昼の料理は出来た
昼食に多かったら残して卵でも加えて夕食のおかずにする予定
初めて挑戦したアレンジ料理だが 我ながらおいしかった
c0108460_20174192.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-20 12:13 | 休閑雑記 | Comments(2)

秋空か…? 台風空か…?

平成23年9月19日(月) 晴れ・曇り
昨日のうみべの森を育てる会定例活動は午前中で終わった
12時に帰りシャワーを浴びて1時前にはマイカーで出掛けた
中華料理「清華園」でラーメンとギョウザの昼食である
かあーさんは中華丼で〆て¥1500
…安くてうまくて早いので愛用している店ではある
休日は家族連れが多くて満席に近い
c0108460_15524651.jpg

「よってって」ではお彼岸の花とお供えを買う
大好物のガッチョはシーズンが終わったようで売っていない
オバアチャンのオモチも売り切れであった
c0108460_15551032.jpg

「グラングルトン」ではパンを買ったが
常食の食パン「きよみパン」が売り切れてないので
3斤予約して明日貰いに来ることになった
相変わらず客足の絶えないよくはやっている店である
ここで食後の無料サービスのコーヒーを頂いた
c0108460_15562379.jpg

今日は朝から20日~21日の「大人の林間・臨海学校」を
15号台風接近中のため中止にするとの連絡があった
だとすると21日の「里海公園人口磯浜検討会」の会議には出られそうである
りんくう駅まで行くので台風がきつければ これも中止になると思う
c0108460_15575857.jpg

午前中はきれいな秋空であったが昼近くからは雲が増えてきた
秋とは云え畑作業などしていると汗は止まらない
c0108460_15582621.jpg

①ナスビ・ピーマン・シシトウ・オクラの収穫
  遅くに自生してきたナスビが実をつけた
  ただ抜かずにほっておいただけなのに生命力の強さに感心する
  毎日水をやらなくても立派に実をつけている
  このように自力で生きていくものは可愛くて大事にしたい
c0108460_1559244.jpg

②川向こうの花壇で抜きもらした草や琉球朝顔があった
  これを再度きれいに抜き取る
③花壇のマリーゴールドや自生の朝顔を抜き取り埋め込む
  EM活性液の原液を2㍑投入し土をかぶせた
c0108460_15592616.jpg

④ホソネギの植替え
  夏場を切り抜けたホソネギは水もあまり貰えないので 痩せ細って貧弱である
  抜き取って跡地をスコップで深堀に耕し
  十分に肥料を埋め込んで畝を作り植え替えてやった
  たくさんネギヤキができるほど育って欲しいものである
c0108460_15594980.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-19 15:59 | 我が家のボランティア | Comments(0)

うみべの森を育てる会定例活動日:イベント片付け

平成23年9月18日(日) 晴れ
c0108460_17213412.jpg

(9:20~11:50) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…8名
昨日の降ったりやんだりのおかしな天気は
今日は朝から秋晴れのさわやかなものである
会員全員が昨夜遅くまでイベントサポートで
相当疲れていたと思うが早くからやってきて早速作業に入っていた
c0108460_1721286.jpg

うみべの森でもあちこちで彼岸花が芽を出している
中でもシロバナヒガンバナが1輪だけ咲いているのが目立つ
この辺りでは初めて見る花である
熊本産のヒガンバナの球根を植えたので混じっていたのかも…?
c0108460_1732569.jpg
c0108460_1734448.jpg

花の広場のヒノキ置場にアシナガバチが巣を作っていた
もうすぐイベント「丸太を切ってサンタを作ろう」のイベントで
整理する予定だっただけに早く発見できて幸いであった
ヒノキを積んだ間に巣をつくっていたので普通は丸い巣が細長い
c0108460_1741383.jpg

珍しい花を見たり危機一髪を避けられたり
うみべの森を育てる会にも運が向いてきたのかも知れない

本日の作業内容
1.「ウミホタル観察会」に使った道具類の洗浄
 ①ネットに入れた餌のコアジの取り出し
c0108460_1764795.jpg

 ②パケツに集めたコアジをうみべの森の
   各所のカニの餌にばらまく
   早速餌に何匹も飛びついてきていた
c0108460_1771838.jpg
c0108460_17222845.jpg

 ③捕獲容器の洗浄と乾燥
   水産技術センターで借りた30個の内1個紛失
   1個は投入れて引き揚げた時はロープだけだった
   ロープのくくり方が甘かったようである
c0108460_179201.jpg
c0108460_1722625.jpg

 ④捕獲容器に15mのロープ巻き
   完全に乾いていないが作業工程上止むを得ない
c0108460_178833.jpg

 ⑤観察用透明容器の洗浄
 ⑥ワイングラス&ガラス製水槽の洗浄と保管
 ⑦掬い網の洗浄
c0108460_1783916.jpg

2,ビオトープの2本のホースのヘドロ洗浄
 第1ホースは完全に止まっている
  ホースの落ち口の石臼に2個のタニシがいた
  オオタニシとは種類が違う
  ホース流入口にもいたタニシである
  ホースの中にタニシが生息しているのだろうか…?
 第2ホースも水が少ないので洗浄した
c0108460_17103159.jpg

3.ミーティング「ウミホタル観察会」の反省
 ①ビーチハウスの顕微鏡観察場所は
   うみ森の管轄外でるが顕微鏡に見せるウミホタルも
   資料台に乗せていないし調整もできていない
   森さんが1人で準備した→公園側にクレーム申し入れ
 ②雨が多いと塩分濃度が薄くなりウミホタルの動きがにぶる
   そのために昨夜は捕獲数が少なかった
 ③子供の体にウミホタルを付けてやると喜びは倍増した
   しかし「服に付けて汚れたらママに叱られるからイヤや!」
   と云う子どももおり やや悲しかった
c0108460_17121540.jpg

 ④1班2人のサポーターでは不足…もう1人欲しい
 ⑤パトナーとの息の合わせ方が難しい
 ⑥救い網が1個で十分だとの班ともっと数がいる班と
   見せ方が全く徹底していなかった
 ⑦事前シュミレイションを十分にやっておく必要がある
 ⑧イベント前に大雨があった時は前日に
   ウミホタルの捕獲をしておく必要がある
 ⑨柴田・森が中心になりウミホタルの
   すばらしい写真を残す企画も検討する
c0108460_17115263.jpg

「昨夜も遅くまでかかって全員がやや疲れ気味なので
洗浄&片付け作業が午前中に終了したので
本日の定例活動日は午前中に切り上げた
人数が居れば簡単な作業でも少数精鋭では
特定の人たちに負担が掛かり大変である…要対策」

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_17133089.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-18 17:13 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

「青白く光るウミホタルのわくわく観察会」 in せんなん里海公園

平成23年9月17日(土)② 曇り時々雨
c0108460_23281920.jpg

せんなん里海公園
「青白く光るウミホタルのわくわく観察会」
共催:大阪府公園協会せんなん里海公園管理事務所
    うみべの森を育てる会
    大阪府土木局岸和田土木事務所・地域支援課
一般募集 289名の応募者を抽選で
27組 約91名にしぼった
岸和田土木関係18名を加えて
(実参加者 29組 105名)
15:40 各種準備…釣り協会から貰ったコアジ95匹を3等分に切り
             ネットに詰める作業が大変であった
c0108460_23291470.jpg

16:11 うみべの森を育てる会会員集合…参加者 14名
     …公演事務所スタッフも参加して詳細な打合せ
      (この頃雨がまた降りだした)
c0108460_23305818.jpg

c0108460_23312420.jpg

16:50 準備…潮騒ビバレー休憩室に7グループのテーブル準備
          バケツ・ワイングラス・網・氷等
          海水を2㍑ペットボトルで氷にしていたが
          これをペットボトルから取り出すのに大変苦労していた
c0108460_23325558.jpg

          砂浜に7本の金杭を打ち込み
          顕微鏡観察用捕獲容器を6個投入
c0108460_2337022.jpg

17:15 会員軽食…(休憩室)…岸和田土木より提供された非常食
c0108460_23372628.jpg

17:50 会員多目的ホールへ移動
    …………………………………………
17:30 受付開始…(記念写真を撮り帰りにお土産に渡す)
     (Aグループ=たこ・いか・えび
      Bグループ=なまこ・かに・かれい
      岸和田土木関係)…7班に分ける
c0108460_23375837.jpg

18:06 開会 司会…奥野…多目的ホール
      挨拶 西台うみべの森を育てる会代表
c0108460_23411293.jpg

      挨拶 中谷主査…岸和田土木
      本日の詳細スケジュール説明&スタッフの紹介…奧野
c0108460_23394334.jpg

c0108460_23403424.jpg

18:19 「ウミホタルについて」…山田先生(貝塚市立遊学館)
c0108460_234305.jpg

18:37 グループに1個の餌の入った仕掛け提供
     …グループ毎にうみ森の担当者が指導
c0108460_23435414.jpg

18:42 ビーチハウス前の砂浜にグループ毎に移動
c0108460_234511100.jpg

18:48 各グループ毎に仕掛を海へ投入…先端を杭に結ぶ
c0108460_23463237.jpg

c0108460_2347123.jpg
c0108460_23484029.jpg

19:02 ビーチハウス内に準備された顕微鏡で
      ウミホタルの顕微鏡観察&休憩室で軽食(非常食提供)
      …Aグループ・Bグループ交代で行う
c0108460_23493338.jpg
c0108460_23504784.jpg
c0108460_23514751.jpg
c0108460_23521143.jpg
c0108460_23523274.jpg
c0108460_2353477.jpg
    
19:30 海岸へ移動…ウミホタル引き上げ
       仕掛容器をバケツに入れて休憩室へ移動
c0108460_23544059.jpg
c0108460_23551494.jpg

19:36 各班のうみ森のサポーターが主体で
       ウミホタルを集めてワイングラスにスプーンで落としながら見せる演出
c0108460_23565338.jpg
c0108460_23572890.jpg
c0108460_2358710.jpg
c0108460_2359773.jpg
c0108460_2359508.jpg
      
19:57 各人ウミホタルを海に放す…砂浜で光るウミホタルも観察
c0108460_002183.jpg

20:00 ビーチハウスへ移動
…アンケートと引き換えに記念写真と写真立てその他を
各組サポーターからグループへ贈呈
20:05 閉会挨拶 河野所長
c0108460_01480.jpg

20:15 解散
      スタッフ後片付け
20:30 ボランティアスタッフ解散
「今回は万全の準備をしたつもりであったが やはり問題も多々あった
ウミホタルの捕獲数も少ない…雨が多くて塩分濃度低下が原因か?
ワイングラスで見せる場面でも各班マチマチで やや混乱していた
会員にはもう少し徹底する必要がありそうだ
しかし雨が降らずに実施できたのは喜ばしいことであった」

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_144518.jpg
c0108460_144327.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-18 00:01 | うみべの森を育てる会 | Comments(0)

空ばかり見上げています

平成23年9月17日(土)① 曇り時々雨
c0108460_112784.jpg

朝早く起きて空ばかり見上げている
陽射しで喜んで飛び起きたのだが雨は降っている
陽が出たり突然黒雲が出て雨が降りだしたり
やきもきさせることを空模様は繰り返している
今日は夕方6時より110人のお客様を招待して
「ウミホタル鑑賞会」のイベントである
準備万端整っているので後は天候だけが気になる
天気予報通り6時から曇りであればいいが…
気を紛らすために畑や花壇を見回ったが
何時ものように身が入らない
アキナスはよなったなあー
c0108460_1124364.jpg

3年前のダイコンの種はやはり発芽率は悪いなあー
c0108460_113596.jpg

今頃カボチャが実がなっても大きなるんかなあー
c0108460_1134448.jpg

カミキリ虫にやられて成長の遅れているイチジクは今年は食べられないなあー
c0108460_1141218.jpg

とかひとごとみたいに考えて空ばかり見ていた
c0108460_1143837.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-17 11:04 | 休閑雑記 | Comments(1)

ニホンミツバチの巣にスズメバチ来襲!!

平成23年9月16日(金) 曇り
みさき里山クラブ定例活動日
(9:20~12:50) …孝子の森…参加会員 11名
孝子小学校には昔から日本ミツバチが
床下に大きな巣を作っている
今日はその巣にスズメバチが攻撃していた
c0108460_15593096.jpg

迎え撃ったニホンミツバチは
1匹のスズメバチに団子のように群がり
体温でスズメバチを殺している
c0108460_1559556.jpg

一方飛び回っているスズメバチは
ニホンミツバチを1匹づつ捕まえては飛び立ち
空中で針を刺し死ねば地上へ落としてまた引き返し
何度も同じ攻撃を加えている
c0108460_1601942.jpg

最後はどうなったかまで
観察できなかったのが残念である
c0108460_1604623.jpg

孝子の森は里より秋が来るのが早いのかも知れない
今がヒガンバナが各所で満開である
複雑な花の形をしており なかなかきれいである
c0108460_1615353.jpg
c0108460_1621476.jpg
c0108460_1624076.jpg

ミズヒキソウも咲き出したようだ
c0108460_1631264.jpg

ホタルガもユニークな飛び方で楽しませてくれる
c0108460_1643452.jpg

キノコも何種類も顔を出している
c0108460_1652436.jpg

本日の作業内容
1.ストレッチ体操…インストラクター 甲斐副代表
c0108460_1655553.jpg

2.南尾根北面のシダ刈り…刈払機 8台駆動
  *各所でシダが伸びだしたので 早いめに刈り取ると作業は楽である
    8台の刈払機なので広い斜面も瞬くうちに刈り取られていく
c0108460_1665794.jpg

c0108460_1675537.jpg

c0108460_1685357.jpg

3.サルトリイバラの葉の採集…1人
  *刈払機で刈り取られる前に 使えそうな葉を採集
   中孝子の清水さんの「オバアーちゃんのオモチ」で 柏餅の葉に使ってもらう
4.料理部…女性部2人
  *具沢山の味噌汁を大鍋いっぱいに炊く
c0108460_1693531.jpg

「今日は台風の影響で午後から大雨予報なので作業も午前中に終了し
全員弁当を食べたら 空模様を気にしながら あたふたと帰りだした」

「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_16113859.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-16 16:11 | みさき里山クラブ | Comments(2)

昼間咲いていたカラスウリの花!! in うみべの森

平成23年9月15日(木) 晴れ
「うみべの森を育てる会H23年9月度植物調査」
(9:50~12:30) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…6名+畑中先生
c0108460_1563155.jpg

1.植物調査
   何時もの通りアーチ→ビオトープ→おにぎり広場→通路→ツバキの森→小川沿い
   と同じ場所を歩いた
c0108460_157170.jpg

 ①カラスウリの花発見
   …アーチそばのビオトープの反対側の空き地に白い大きな花を見つけた
    カラスウリの花ようだが 夜しか咲かない花が 何故昼間咲いているのだろうか?
    しかしその美しさには見とれてしまう
c0108460_1572650.jpg
c0108460_1574458.jpg

 ②アキノノゲシは背丈が2mにもなっている カラスウリと隣同士で咲いていた
c0108460_1581399.jpg

 ③マユミの実…同じ場所にマユミの実が赤くなり始めていた
c0108460_1585044.jpg

 ④ヒヨドリジョウゴ…同じ場所→ここは山野草の宝庫になりそうだ
c0108460_15141892.jpg
c0108460_15143923.jpg

…女子部とカメラマンは真面目に植物調査をしていたが
  男子部はその他の作業も気になりだした 
2.ビオトープの2本のホースの洗浄…[中川]
   2本のホースは水が少ししか出ていない
   水道水逆流方式で洗浄
   ダムの流入口の取り付け金具部分には
   タニシらしきものが住み着いて水を止めていた
   金具を取り外しホースだけにした
c0108460_1593225.jpg

3.ビオトープ第3池の水漏れ箇所補修…[立石]
   第2池から第3池への流入口付近で
   大きな穴が開き横の水路へ水が流れ出していた
4.ビオトープの生き物たちについて
   畑中先生と何かと生き物についてミーティング
   男子部は植物より生物の方が興味があるようだ
c0108460_15101151.jpg
c0108460_15104389.jpg

「今日は夜しか見られないといわれている
カラスウリの花が昼間見られたと
全員が興奮気味である
それも一輪でなく何輪も見られた
c0108460_15112716.jpg

これを草刈りの犠牲にしない方法を検討する必要もある
24日の活動日には飯島さんがリーダーになり
女子部の皆さんに買ってはダメな草花や樹木に
大きな支柱を立てていくことを話し合った
c0108460_15122533.jpg

草刈りと山野草の保護とは相容れない問題であるが
ある程度は刈り取った方が後の成育がよい場合や
空間を作ってやったために
隠れていた山野草が育つこともある
このあたりをうまく組み合わせて山野草も増やしたい」
c0108460_15131614.jpg

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_15155614.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-15 15:16 | うみべの森を育てる会 | Comments(2)

琉球朝顔との定期的格闘

平成23年9月14日(水) 晴れ
c0108460_168075.jpg

残暑きびしい秋が続いている
それでも晴れていると外へ出たくなる
クーラーなしの我が家では内外温度は一緒だから外へ出やすいのかも知れない
キッチンに変わった花を見つけた…何だろう
c0108460_1681820.jpg

収穫して2日ほど置いていた白ゴーヤがはじけたようである
キューリと同じだと思っていたが案外種が少ない
c0108460_1684244.jpg

①道端に百日草の自生苗が6本あった これを花壇へ移殖
②畑に黄色コスモスとマリーゴールドの自生苗がある
   これも花壇へ移殖してやる
   今頃植えても花が咲くかどうかは不明だがそんなことは問題ではない 
   自力で生きようとしているものは大好きで直に支援の手をさしのべる
   現役時代仕事の上でも同じようなことをしていたように思う
c0108460_169455.jpg

③野菜類の昨年の種がどうやら芽が出てきたようである
   土が乾いていたのでたっぷりと水をやった
④川向かい花壇の草刈り
   琉球朝顔が侵食してくるので1ケ月以上ほっておけない
   土が崩れだしているので注意しながらの草刈りとなる
   又 川へ落ちたら笑いものになる
⑤川向かい土手の琉球朝顔刈り
   ここもほっておくとよその空き家を覆ってしまう
   越権行為ではあるが家の周りの朝顔のつるを駆除する
c0108460_16105366.jpg

⑥枯れ草焼き
c0108460_16114375.jpg

残暑のお陰で汗びっしょり⇒まだまだシャワーを楽しめそうである
c0108460_16121297.jpg
    
by TATE-misaki | 2011-09-14 16:12 | 我が家のボランティア | Comments(2)

「NPO法人まちづくり岬」H23年9月度役員会

平成23年9月13日(火)② 晴れ
c0108460_23195633.jpg

「NPO法人まちづくり岬」役員会が今月から夜に開催される
自転車で5分の場所だが 宇渡墓古墳の堀の横を通るのが楽しみである
わずかの間にお堀は真っ赤になっている
外来種のオオアカウキクサがはびこっているようだ
c0108460_23202993.jpg

しかし夕陽に映える御陵さんは久し振りである
遠くにはウキクサの上を鳥たちが歩きまわっているようだ
道草を食っているから到着には15分も掛かる
c0108460_23205011.jpg

(18:00~19:30) …たまり場…参加役員 7名
1.「大人の林間学校」関係
  ①「大人の林間学校だより」4号完成⇒PR誌として活用⇒活用状況説明  
  ②9月度⇒現在申込者 29名
   詳細スケジュールの説明
    *音楽教室⇒岬マンドリンクラブ
    *里山コーヒータイムにはピザを焼く
    *アジ釣りの釣り糸仕掛けは全て取り替える
    *ウミホタルの餌はコアジを検討
    *今回の入浴は海風館展望風呂を利用
    *マリンスポーツは希望者にカッターも検討
    *農産物の物品販売以外に海産物の販売も検討
  ③10月度⇒現在申込者 13名
  ④11月度⇒現在申込者 3名+団体申込み交渉中
  ⑤アクティブシニア協会の出前講座
   9月度 「楽しいボランティア活動紹介」 NPOアクティブエイジング理事長 野村順一氏
   10月度 「シニアーの食と健康」 京都ホリスティック協会会員 洞口 有功氏
   11月度 「楽しい里山整備の活動」 NPO烏帽子形山保全クラブ理事 岩野 朝男氏
c0108460_23212582.jpg

2.「岬高校」関係
  ①菜の花→コスモスへの取組み
     ぼつぼつ花が咲き出している⇒切花にして岬高校コスモスとしての販売検討
  ②菜種を岬町健康長寿まつりで配布したが
     ビニール袋に個包して 撒き時等記入して提供した方がよかった
  ③10月中旬には菜の花の種まきが必要
3.みさき里山クラブへの助成金申請
   「NPO法人まちづくり岬」のサブ団体として
   アクティブシニア協会に助成金申請⇒11月末締め切り
   別の助成金も検討中
c0108460_23215628.jpg

4.みさき公園駅売店…ボックスショップ⇒効果は少なかった
    「大人の林間学校だより」4号をPR用に置く
    「大人の林間学校」で製作した工作品を陳列する
5. 岬町役場のバス借用申請の経過説明
    バス使用料は無料 ガソリン&運転手こちら持ち
6.次回役員会 
   ①9月27日(火)
   ②原則として今後は第4火曜日…18:00~ たまり場 とする
   ③高橋理事多忙のため新野氏との交代を検討
c0108460_23223240.jpg

7.総会 11月6日(日) 18:00~ たまり場
8.その他
 ①「深日漁港ふれあいフェスタ」への出店検討
   …岬高校コスモス花束&菜の花の種
     「仁べ」のギョウザとか唐あげ等検討する
 ②草刈事業の見直し検討
   …収入が2万円の税金を賄えない⇒どこかのグループへ丸投げを検討
c0108460_2323267.jpg

「NPO法人まちづくり岬」役員会議事録作成
c0108460_2324183.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-13 23:24 | NPO法人まちづくり岬 | Comments(0)

畑の諸々の作業

平成23年9月13日(火)① 晴れ
c0108460_15105136.jpg

朝晩は涼しくて過ごしやすい やはり秋なんだ
夜などランニングでは寒く感じるし 窓を閉めないと寒くて寝られない
と云いながらも読書で4時ごろ寝ましたが…
…今は宮本輝と田辺聖子にはまっているが…
昼ごろまで惰眠をむさぼる予定が8時に電話で起こされた
c0108460_15113114.jpg

お陰で畑作業をすることが出来た
①水やり…野菜の種まきした畝がからからである
   昨日は水やりをサボったので…
   お詫びの印にたっぷりと水やりをした
c0108460_15121161.jpg

②カボチャの収穫
   自生苗のカボチャが勝手に育って実がたくさん実っている
   初めての種類なのでアジは不明である
   しばらく熟成させて嫁入り先を探さねばならない
c0108460_15123178.jpg

③生ゴミの埋め込み
   畑に生ゴミを常に埋め込んでいるので土は軟らかい
   緩詰類の皮やコーヒーのカスや何でも入っている
   EM活性液の原液をふりかけ埋め戻した
c0108460_15125859.jpg

④キュウリの跡地を耕し溝を掘り次の生ゴミ埋め込みの準備
c0108460_15132011.jpg

秋になり涼しくなったと云っても畑作業をしていたら汗びっしょりである
しかし日陰で一服していたらヒンヤリとしてくる
やや極端である…こんな時に風邪をひくのかもしれない
柑橘類を食べて飲んでいるので風邪には自信過剰なんだが…
要注意ではある
c0108460_1514147.jpg

by TATE-misaki | 2011-09-13 15:14 | 我が家のボランティア | Comments(2)

岬町での第二の人生の楽しい日々